「セブンデイズ」DVDコンプリート版

seven days

「セブンデイズ」DVDコンプリート版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

4

レビュー数
1
得点
53
評価数
12件
平均
4.5 / 5
神率
75%
オリジナル媒体
コミック
DVD発売会社
ポニーキャニオン
収録時間
枚数
ふろく
特典映像
発売日

あらすじ

初回生産:コンプリートボックス(DVD3枚組)
「MONDAY→THURSDAY」「FRIDAY→SUNDAY」それぞれ各1枚と特典ディスク1枚をまとめた3枚組。
初回生産は原作者「橘 紅緒」「宝井理人」による書き下ろしコミックを特製ボックスに納めた特別仕様。

■「このBLがやばい」2010年コミック編5位にランクイン。
いま最も旬の一人といわれている漫画家・宝井理人のコミック、待望の映画化。
高校を舞台に学園の人気者2人の一週間の心の動きを2巻におさめた名作を
原作の雰囲気そのままに映画も前後編で劇場公開。
その2作それぞれと、特典映像をまとめたコンプリート版。

■主演は廣瀬智紀(舞台「弱虫ペダル」「ダイヤのA」ほか)と、山田ジェームス武(テレビドラマ「地獄先生ぬ~べ~」ほか)。
フレッシュなキャストが原作同様、胸キュンの1週間を演じます。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

大満足!!大好きな作品!!

いや~!素晴らしい!!
『セブンデイズ』は私にとって、BLで一番好きな特別な作品です。
そんな『セブンデイズ』が実写化されると知った時は、嬉しい反面、原作ぶち壊しだったらイヤだなぁと思っていました。
でも『セブンデイズ』の実写はとても評判が良かったので、DVD化をまだかまだかと待ってたんですが、期待以上でした!!
予約して買った甲斐があった!
初回特典のボックスも綺麗でした☆

もう…主役のお二人の美しさにまず感動。
美しいとは言ってもけして中性的という訳ではなく。
なよなよした女の子っぽい受けが苦手な私としては、大満足のキャスティングでした。

芹生冬至役の廣瀬智紀さん。
もう本当に芹生にしか見えない。
一見クールそうな、でも実はちょっとぼんやりというか少しだけ天然というか。
すごくふんわりした優しい喋り方がまた良かった!
そして随所にある流し目がカッコイイ!

そして篠弓弦役の山田ジェームス武さん。
ちょっとやんちゃな感じと喋り方が弓弦っぽい!
山田ジェームス武さんが弓弦で良かったと素直に思いました。
BL作品の実写版となると、結構受け役の俳続き優さんって無理に可愛く見せようとするというか、変になよなよした演技をする俳優さんが多いように思うんです。
でも山田ジェームス武さんは、ほんとそこらにいる男の子!って感じの仕草で良かった!
お顔はそりゃあもう美しいんですが(何このパッチリお目目は!ってなる(笑))、ほんと男の子!

そして映画そのもの。
本当に、原作にこんなに忠実な実写作品って滅多にないと思います。
台詞から映像から、ほぼ原作どおり。
原作の『セブンデイズ』って、表紙からすごく綺麗じゃないですか。
そして作品全体を通して爽やかで綺麗。
実写版もその雰囲気をとても大事に作られたのがわかりました。
景色がいちいち綺麗!

あとBLの実写版って、制服の色が変だったりするのが多いじゃないですか。
すごく明るい水色とかグリーンのブレザーとか。
あれすごく安っぽいというか作り物って感じがして嫌いなんですが、『セブンデイズ』は普通の制服って感じで良かったです。

そしてここはネタバレ?になりますが、キスシーン!良かった!!(笑)
BLの実写版って、キスを角度で誤魔化したりするの多いと思うんですけど、キスを角度で誤魔化すってBLに限らず男女ものでも微妙じゃないですか。
この役者さん達、キスNGってことは完全に役に入ってないのかな、みたいな。
でも『セブンデイズ』は違います!(笑)
いや~爽やかでいて甘いキスが…しかも何度も、しかも長い…眼福です。
特にラストの二人が思いを伝え合って、弓弦が感極まって泣いている所に芹生がグイッとキスするところとか…も~弓弦が可愛すぎて悶えました(笑)。
あのシーン、原作では弓弦は少し涙ぐんでる程度なのですが、実写では弓弦役の山田ジェームス武さんが役に入り過ぎて感極まって泣いちゃったらしいんです。
でもそれが良かったんで敢えて使ったと。
このシーンの前のシーンで、芹生から「俺、弓弦さんに大事な話がある」と言われる弓弦。
この時の弓弦の表情!
山田ジェームス武さんが役に入り込んでるのがひしひしと伝わってくる。
あぁ、芹生からもし「好きになれなかった。別れよう」って言われたらどうしよう…って恐怖が。
その後めでたく結ばれて泣いちゃう訳ですが。
いや~可愛かった…!!
そして泣いてる弓弦を見つめる芹生の「愛しい」って感じの眼差しが…たまらん!!(笑)
あと部屋でのキスシーンも素晴らしかったです。
芹生の余裕の無さとか、弓弦の色気とか半端ない。
部屋に行くことになる過程もね~…半端ない(笑)、二人の可愛さが。
「…うち来るの…、イヤ?」ってほのかに上目遣いで聞く弓弦と(でもなよなよはしてない!ここ大事!!(笑))、それにすごい勢いで首を横に振る芹生。
可愛すぎて変な声出そうになりました(笑)。
あとこの時の弓弦の服装好きです。
ブルーのブルゾン?みたいなのを着てるんですが、山田ジェームス武さん、ブルー似合う!

そしてそして!
初回盤だけかな?特典ディスクもすごく満足でした!
ネタバレになるので、ダメな方は読まないで下さい!

先行上映&舞台挨拶
廣瀬智紀さん、とにかく天然。フワフワしてる。
山田ジェームス武さん、ツッコミが冴え渡っている(笑)。
萌え&笑った箇所を箇条書きで。
但し詳しくは書きません!(笑)
①「芹生冬至の魅力は?」
廣「この一般社会において…、…生きていて!」
山「でっかくなった!(笑)」
②『セブンデイズ』の魅力。
廣瀬さん「みずみずしい」を連発。
山「ビッチョビチョですよ(笑)。そんなにみずみずしい言ってたら(笑)」
③恋人の誕生日を祝うならどんな?
廣瀬さん、キャラがおかしい。
何かチンピラ?(笑)
山「智紀くん恐いっ」
④山「今眠くなってるでしょ?」
廣「んーん。ジェームスの話眠くなんないよ?」
⑤次また共演するならどんな役がいい?
学校の頭同士、つまりヤンキーものと答える廣瀬さん。
山「絶対無理だよ!智紀くんケンカ売ったり出来ないでしょ!」
廣「出来るよ!オラオラお前、どこ見てんだぁ⁉」
山「無理無理無理!それ頭じゃなくて浮いてるだけだよ」
⑥原作にも収録のアフターストーリーを演じる。
モブ女子達の会話まで演じきる二人。
⑦アドリブのアフターストーリー。
何故かオネエな弓弦。
廣「弓弦さん。今日は何作ってくれたの?」
山「ビーフストロガノフ♪」
廣「…(笑)」
などなど!
他にも、たっっっくさん萌え&笑いがあったのですが、書きこなさないので止めます!(笑)
あんまり書いちゃっても、まだ観てない人がつまんなくなっちゃいますしね。

本編と特典映像含めて、観た後こんなに幸せな気分になれる映画は久々でした!
本当に買って良かった。
多分今日また観ます(笑)
何度も観ます(笑)
本当に、原作ファンでもそうでない方も必見です!!!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ