セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

seven days

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神154
  • 萌×228
  • 萌59
  • 中立30
  • しゅみじゃない21

--

レビュー数
61
得点
1089
評価数
292
平均
3.9 / 5
神率
52.7%
作画
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス CRAFT Series
シリーズ
セブンデイズ
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784813051930

あらすじ

高校三年の篠弓弦は、月曜日の一番最初に告白してきた相手と必ずつきあい、週末に必ず別れると噂の後輩、芹生冬至と一週間限定の恋人としてつきあっている。
月曜日つきあうことになって、
火曜日意識して、水曜日近づいて、
木曜日恋を自覚して――!
残されたのは三日間!!
一緒にいることが当たり前になったふたりだけど…

表題作セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

その他の収録作品

  • FRIDAY
  • SATURDAY
  • SUNDAY
  • Good-bye for Now
  • POSTSCRIPT(橘紅緒)
  • POSTSCRIPT(宝井理人)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数61

NL派女子をBLに目覚めさせる要素を散りばめ尽くした作品

(※今回も若干作品を汚してしまいそうな残念レビューになっております。気分を害されそうな方は飛ばして頂けると幸いです。)

前回に引き続き非常に美しい夕暮れの表紙。もう私はこの2冊を飾っておくだけで7割満足したかなという気持ちで一杯です(訳:もうページめくらなくても十分なんじゃないかな、私)
今回は金曜から日曜日。お互いを意識しつつも恋愛ゲーム終了が迫っている2人。
やはりこの物語、どのキャラを見てもイマイチ感情移入するのが難しい。
弓弦の女友達・小池ちゃんが何度も弓弦の見た目と中身が違い過ぎると忠告するのですが、一体それの何がいけないんだろう?
弓弦は見た目が繊細で神経細やかそうなのに外見と真逆で大雑把。思いついた事を即行動に移すから突拍子がない。直情型だから頭より先に手と口が動いてしまう。
…人の魅力ってギャップだと私は思うんです。だから、こんなに萌え要素たっぷりなギャップを持っているのに、マイナス要素に考えてしまう感覚がもはや意味不明(ギャップ萌えNGなのか?)
その性格が面白いから小池ちゃんも他の友達もつるんでいるんでしょう?弓弦を振ってきた女の子達は一体弓弦の何を見ていたの?(←顔だろうな)
ただ唯一芹生だけはありのままの性格の弓弦を好きだと言い切った。でも、いい所も悪い所も全てひっくるめて丸ごと好きになってしまうのが恋だという事に彼は今まで気づかずに沢山の女の子と付き合ってきたんでしょうか。謎です。
更に、執事付きの豪邸に住む芹生!やはりこのキャラは出る作品を間違えた。これが少女マンガであれば何の違和感も感じずに受け止められたんです。イケメン、金持ち、上品でスマートな王子様キャラ。でもBLに必要か?弓弦は男性だから玉の輿なんて狙わないし、誰特なの?この設定。
そして当て馬(?)紫乃登場。これもまた少女マンガに出てきそうなやーつー。紫乃に嫉妬して駆け出して行ってしまう弓弦。
ああ、もうこれは少女マンガなのか?だんだん弓弦が口の悪いボーイッシュな女のコに見え始める私。違う!彼はヒロインじゃない!!そしてこれはBLなんだ!!!
さて、気を取り直していよいよ物語も大詰め。月曜日には自分と別れ他の女のコと付き合い始めると思い込んでいる弓弦は土曜日なのに芹生を誘います。
弓弦の家で際どい告白。ここの2人はきゅんきゅん来ました。一番萌えたのここかなぁ。
とっても美しく描かれたキスシーン。ピュアなのに、妙に艶っぽくて好きでした。
なんやかんやすれ違いや勘違いがありつつも、一週間付き合った2人は両思いになり付き合うことに。
ただなんと言うか、あまりに美しく終わり過ぎたせいか、この2人の間にあったモノが本当に恋だったのか、それとも恋と錯覚した深すぎる友情だったのかが最後までわかりませんでした。実際好きだと告白しているし、キスもしてる。でも、この2人は果たしてお互いを性的対象として見ていただろうか。これを書いてしまうとこの作品を汚してしまいそうなので極力触れないようにしていたのですが、私は、どうしてもこの2人のベッドシーンが上手く想像出来ないんですよ。朝チュンが限界かな…。
と、ここまで散々勝手な感想ばかり書いてしまいましたが、この作品は絵の美しさ、ピュアな少女マンガ風展開、キスのみで性的描写が一切描かれないという作風で、今までBLに手を出せずにいた多くのNL派の女性に「こういうBLもあるんだよ」と世に知らしめた大ヒット作であり、10年近く経った今でも名作として支持され続ける理由が今頃になって少しだけ理解出来た気がしました。
ただ最後に一つだけ。彼らノンケ×ノンケだったよね?同性を好きになることに対しては葛藤もなく、すんなりくっついて、周りにもバレていないっていうのが最後までちょっとモヤモヤ…。
これは私の勝手過ぎる妄想ですが、二人はいつか別々の道を歩み、このキラキラ輝いていた時期を懐かしく思い出す時が来るんじゃないかな。
プラトニックなまま、いつか必ず終わる青春期を爽やかに切り取り、決して汚さないよう大切にとっておきたい。そんな願いが込められているような作品だなと思いました。

0

恋に落ちてからは。

弓弦さんがカッコいい!
一週間の締めくくりにちゃんと自分の言葉で自分の気持ちを伝える。
「一週間の恋人ごっこじゃなくて、俺はちゃんと芹生とつきあいたい。」
ああ、たった一週間だったんだね。気持ち的には一ヶ月くらい経っているような。
濃い濃い一週間でした。(そしてキスどまり。)

一般に、出会って三ヶ月の間に何も無ければただの友達。とか言うけれど、恋になるのに一週間も要らないんだなぁって思いました。落ちる時には落ちてしまうもの。

個人的に、最近エロスばっかにまみれてたので。清々しい気持ちにもなりました。ふふ。

0

長い一週間

最高だった。実写映画から入ったが漫画もよかった。
二人のすれ違いが新快速電車並みだったが見ごたえがあった。
重すぎもせず、かといってスーッと終わるような感じでもない。
上下と分かれて読む長い一週間の流れが最高に面白かった

0

美しいです

BL好きになったきっかけのような本です。
毎回、BLを読んだことがない友人に「なんかオススメ貸して。」と言われたときに、1番始めに貸してます。
初心者向け、といいますか・・・凄く綺麗なお話で。BLに良いイメージを持っていない方でも読みやすいかな?と思います^^

ドラマCDもオススメです!プラトニック素敵ですね。

1

はっきりしない。

初めて読んだときは、正直「え……これが人気作?」と思い、正直その時は「しゅみじゃない」でした。
が、読書記録代わりにと片っ端からレビューを書く中で、一年ぶりに再読。
ラストを知った上で読むと、キャラクターの心情一つ一つを手にとって味わえるので、そこで初めて「いい作品だな」と思えました。

ただそれでも結局、心情の全てを相手にぶつけて開陳するということがないので、うやむやのままラストへという印象が強い。もだもだ展開が長い分、余計そこに不満が残りました。

要は、少女漫画っぽいのだと思います。
毎週別の女の子と一週間だけ付き合うイケメン男子、という設定も少女漫画にありそうだし、きちんと誤解を解かないのも少女漫画にありがち。
最後をスパッと綺麗に納めて欲しいタイプの人には向かない作品かと。
はっきり言うのは情緒がない、と感じる人には神作品だと思います。

2

最後良ければ…まぁ良いんじゃね?最後まで好きなキャラはいなかったけど。

前回しゅみじゃないに付けたので書くのが億劫です…。

来週の日曜に映画の試写会のハガキを貰った弓弦。
芹生を誘ったところ、答えを濁す…。

芹生の中では規則正しく決まったかのように付き合う相手は1週間って固定している。
お試しでもなんでもない。
想う人(一応紫乃になるかな)がいる時点で付き合う人最初からだめじゃね?
ってか、友達として弓弦と試写会行けばいいのに、何故?

芹生の家に行くが絵に書いたような豪邸執事付き。
お屋敷特有の階段から降りてくる紫乃。
ここは日本ですか?w

紫乃と初めて接触しますが…弓弦ストレスダメージ。耐えられず逃走w
羨ましいよなぁ、発言・行動の自由人って。

夏生(芹生兄)に「冬至とられちゃった」
この発言こえーよ。
まず、お前のじゃないし、夏生兄…普段から紫乃と芹生の関係が不安じゃないか?

次の日弓道部先輩に「例のウィークリーな彼女だぁ?」言われムッとする芹生。
え?その設定君が作ったんじゃね?

弓弦に「うち来ます?」と誘うが即答で「行かない」そりゃそーだ。
毎日帰る家にいつも紫乃がいると思うと不機嫌になるし、行くなんてありえんわ。

芹生くんは…顔が良い、家金持ち、寄ってくる女の子は絶えない…相手の事考える必要ないね。

あと私、弓弦の疑問と同じこと考えました。
別れた後、悪く言う子誰もいない。
弓弦は解ったらしいが、私は全然解らない…。

気分良くしてくれるなら尚更続けたいって思うだろうし、むしろ「あんなにしてくれたのに!」ってなりそう。
現に何人かはその後も携帯に掛けて来てる訳だし。(でも電話に出ない芹生)

あまりにもあっさりしている女の子たちも、うーん…なんかねー。
ここの登場人物には本当に好きっていう感情は設定されていないんですか?

中には一人くらい1週間しかないんだから!と、貢がせまくり!迫りまくり!とかっていなかったんですかね?

弓弦も試写会のハガキ破ってしまうし…。
あー、こう言うのを潔いとか思えないから。
自分で入手したものならともかく、人様から頂いたものを無駄にするってあり得ないから。

ただ、最後の雰囲気は良かったかな。
1週間の最後に「好きになれなかった 別れよう」言われるはずの台詞を言われなかった。

「俺とつきあってよ 芹生」



セブンデイズを読んで1週間ってこんなに長いものだったのかと困惑してしまう作品だった。
歳も歳だから、1週間なんて早い早い。
また今週始まったよぉ、月一の作業奉仕またかよぉ…なんての繰り返しなのに。

充実した時間とか、時は金なりとか、そんな事を考えてしまう感想でした。

2

うん、じれったい

この二人、想いは溢れてるのに互いに言葉にしないから非常にもどかしいですね!
お互い同じ部活で名前と顔は知ってる程度の中。
そんな2人ですがホントに軽い気持ちで「俺と付き合って」その一言で物語は始まっていきます。

「1週間っていう期間は俺の中で長くもないし短くもない。その人を知るには充分な期間だと思ってる。俺はいつだって付き合う時この人こそ特別な人になるんじゃないかって思ってる。」

これをしっかりと言わないから主人公は1週間が来たら他の子と同じく必ず終わりが来るって思ってんですよね、最後まで。

キスしてしまった後の省略もうーん・・・ですかね。
「何?いまの・・・」
「お前付き合っても必要以上に触れないんじゃないの?」
が、欲しかった!(^_^;)

翌日になって何事もなかったかのように接してたような・・・。
攻めは押しが弱いのでもっと受けが引っ張って行って欲しかった!最後は引っ張ってくれるんですが。

なんか散々書いていますが、しっかりキュンとする場面も散りばめられています。
イラストも展開もどろどろしたものはなく綺麗に描かれていますので青春系のキラキラしたのが好きな方はきっとハマると思います。

別にエロが欲しかったわけじゃないんですが若干萌え不足ですね(^_^;)すみません。

3

雰囲気が透明

芹生くんのセレブっぷりに吃驚。
執事ですか?!あのオジサマは執事ですか?!(* ̄□ ̄*;
そして紫乃…前作を読んだ時ものすっごい嫌な女だと思ったんですよね。
でも何か…あっれー?
何だろう…幼い?
自分の思ったこと感じたことに素直な人なんですね。
んー…余りそばにいて欲しくないタイプに変わりはないのですが、可愛いと思える不思議。
芹生兄で紫乃の恋人である夏生さん…結局最後まで顔が出なかったorz
とっても気になる夏生さんの顔。

歩道橋の上で弓弦が試写会のハガキを「要らない」って破り捨て、夕方の公園でタイムリミットになるまでの時間がとてもハラハラした。

綺麗、純粋…そんな透明感のある空気がとても好きでした。

※2冊ともにキス止まり

1

少女漫画みたいなBL

友達と同じ作者さんの「テンカウント」の話をした時に
これを読んだ事ないと言ったら、
腐女子として基本を押さえてないなんてダメだよ!!って
押し付けられて読みましたw

面白かった~~!
1巻だけ貸してもらってて読み終わったら続きが気になって
本屋に2巻を買いに走って行っちゃいました( ´///`)

攻めも受けも良い子でとにかくかわいかったです・・・!!><
じれったくてきゅんきゅんして少女マンガ読んでるみたいでした♪
たった一週間のことで2冊使ってるの描写が丁寧で
読み応えがあったのも良かった~

私もピザを学校で頼んで食べるみたいな青春したかったなwww

1

ちょっと期待はずれかな…

宝井先生の花のみぞ知るを友人に勧められ、花のみやこで、テンカウントと読み進め、私の中で1番だいっっっすきな作家さんになってしまったのですが、この作品だけは宝井先生の得意技である胸が苦しくなるくらいの切なさを感じられませんでした…。
それが何故か考えてみると、キャラクターに感情移入できず話に入り込めなかったのかなと…。どうして冬至が弓弦を好きになったのかあんまりピンとこないし、紫乃はただのビッチで魅力を感じられないのでどうして冬至がそこまで夢中だったのかもわかりませんでした…なんだかストーリーに置き去りにされたような感じが残り、モヤモヤとした読了感。いつものような、あーーーこの2人くっついてよかった!幸せ////という気持になれなかったのが残念です。一週間前提のおつきあいっていう設定も活かしきれてないような…?

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ