答えて姐さん 腐女子の掲示板 「雑談」



低評価だけど読んでよかった作品

匿名

20/06/28 12:20

回答数:3

ちるちるで好評の作品は大抵おもしろい!
だけど時々、自分にはハマらないことってありますよね。

その逆で、ちるちるに限らず各電子書籍サイト等で
・評価の低い作品
・レビュー欄がからっぽの寂しい作品
だけど読んでみたら意外とよかった〜ということ、ないでしょうか?

低評価の基準はきっちり設けないので、自由に回答していただけたら嬉しいです。
小説でもコミックでも歓迎。

回答一覧

3. No Title

もう手放してしまったのですが、ホームラン・拳先生「僕は君の鳥になりたい。」(2005年)が好きでした。

主人公は姉の恋人に恋煩う15歳の高校1年生で、この子が姉想いの優しい子ではあるのですが、ど初っ端から教師と教室でセッ…をしていたりと中々貞操観念に疑問のある美少年君です。その姉の恋人はまさかの医大生で、もしかしたら今なら色々問題になってしまう設定かもしれません。

ただ、題材の割にさらりと物語が描かれており、諸々心苦しい場面もあるものの非常に読みやすくまとめられています。

ドラマCDにもなっている作品なのでもしかしたら私が知らないだけで根強く人気のあった作品なのかも。
普段あまり手に取らないタイプの絵柄ではあったのですが、今でも記憶に残る作品の一つです。

2. No Title

「狼は蒼い月を抱く」高塔望生さん

こちらも古い作品だからか評価は高くないですが、わたしは好きです。

元ヤクザの便利屋✕アメリカ帰りの外科医。
闇治験が絡む医局モノで、お飾り的な白衣ではなく、しっかりとお仕事しています。
ストーリーは、まぁ、ありがちで少し物足りない感はありますが、攻めがとにかくカッコイイ。
文体も叙情的で何処か哀しげで、孤独を抱えた大人同人の恋愛がしっとりと描かれています。

4

1. No Title

ちるちるが開設されたのが2008年からだそうで、それ以前に発売された作品は、どうしてもレビューが少ないです。

秀香穂里さんの「挑発の15秒」(2005年)
大好きです。
同じ会社のCMプランナーのコンペのお話。(15年前の作品なのでCMの仕事のやり方は、今とは違うでしょう)
受けが、30代のリアルゲイのオッサンで、超が付くほど社交的。どんちゃん騒ぎ大好きで、しょっちゅう記憶を飛ばす。さらに、貞操観念のハードルがものすごく低い。最高の受けじゃないか!
でも、CMプランナーとしての仕事には、一切妥協はないのです。
強いていうなら、たぶんこの受けキャラは時代を先取りし過ぎていたのか?と。
現在はオッサン受けは大好物の人は多いと思いますが、若くないし健気でないし、ビッチになり兼ねない受け、2005年の読者にはきつかったかなあ。

6

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP