鹿島こたる先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

鹿島こたる先生インタビュー 「運命」も「本能」もねじ伏せて、守りたい愛がある。おっとり使用人β×高慢美人α!! コミックス『革命のα』

2019/09/05 16:40

世継ぎを成すべく、Ωと要結婚なのに… 軍モノ下克上も同時収録

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第2098回
鹿島こたる/三交社/デイジーコミックス
コミックス『革命のα』9月10日発売
サイン本プレゼントあり! 詳しくはインタビュー後に!

 

STORY
世はα全盛期。すべての富と権力はαの元に集中し、私利私欲のままにそれを貪る。媚びへつらうΩ・βの姿を見下ろして――…。そんな格差社会に一石を投じる考えの持ち主であるモーリスは、輝くブロンドに陶器のような白い肌それはそれは美しく、賢く、気高い、名門セシェル家の御曹司α。側仕えの使用人β・シモンと良い仲だが、家督を継ぐ身であるが故子を成すΩとの結婚は、避けて通れぬ道と定められていた。性が、地位が、運命が、「愛」を翻弄する。絢爛耽美オメガバース。

 
――作品紹介をお願いします
『革命のα』17~8世紀フランスっぽい世界で、身分制度をオメガバースの設定とリンクさせています。受のαは攻のβを生涯の伴侶にしたいけれど、世継ぎを求められる受はΩとの婚姻が避けられず…という状況の中で、二人は愛を貫けるのか!? というお話です。


『軍服のオーダー』砂漠のブートキャンプで部下×上官の新兵調教プレイです! 上に楯突いて左遷されヤケクソ気味の受に何か自分ができることはないだろうか…と考えた末、攻が新兵調教プレイを持ちかけます。


――主人公たちはどんな攻×受ですか?
『革命のα』乳兄弟の側仕えβ(シモン)×名家嫡男スパダリ女王α(モーリス)
モーリスは運命も本能もねじ伏せてシモンを愛し抜くつもりですが、シモンはモーリスを愛しているからこそ、彼の将来までも捨ててしまっていいのだろうか? と悩みます。
フワフワふえぇ攻×ギラギラフハハ受です。



またモーリスは発情(ラット)によって動物的になってしまうαだからこそ、自身の人間性や理性に基づいた選択をすることを重視しています。そんな訳で初めは本能への反抗という意味でもボトムを選んだモーリスですが、そのままずっと受です。シモンがたくさん世話して構ってくれるのが嬉しいんだと思います。

『軍服のオーダー』真面目で受への忠誠心篤い部下攻(ウォン)×プライドが高く自分にも他人にも厳しい上官受(ミラー)
ミラーは普段は乗っかり受ですが、本当は押し倒されたい願望があります。シモンよりは大人の余裕ある従者攻が敬愛する女王受のために頑張ります。


――当て馬や重要な脇役は?
モーリスの運命のΩ・クロードです。この世界の他のΩとは違い、自立心や向上心の高い人柄がモーリスの興味を引きます。本来主人公タイプのキャラのような気がします(笑)


――今作のこだわりはどのあたりでしょう?
高慢で尊大な受け描写を頑張りました! 上から目線でデロデロに甘える受は本当に最高だなと思います。読み返したところ受が攻の唇を噛む・攻が受の隠毛にキスがマイブームのようです


あと『革命のα』は服と髪が時間泥棒でした…永遠に描いてしまいます…
文化はルイ14~16世くらいをちゃんぽんした感じなのですが、ルイ14世時代のトレンドがワンレン長髪+ハイヒールで最高です。袖のボリュームも素敵です。


――苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください
長髪が許される世界観だ!!!!! と調子に乗って全員長髪にしたところめちゃくちゃ大変でした!

――今作にまつわる裏話はありますか?
今まで描いた受の名前がみんなマ行なことに気づきました。

――執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
下の親知らずを両方抜いたというか掘削しました(水平埋没) めちゃくちゃ大変でした!

――発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
ドキドキです!! ちょっと手に取りづらい世界観かもしれませんが、中身は普遍的なラブの物語なのでぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです!

――ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
ここまでお読みいただきありがとうございました! 今作は女王受や帝王受、主従カプが好きな方に特にオススメです! あとどちらも金髪受けです!
どうぞよろしくお願いいたします!


担当編集より
鹿島こたる先生の流麗な線で描かれる、艶やかな肢体と溢れるれフリルレース&巻き毛愛を「これでもか!」と詰め込んでいただいたオメガバース黎明期…!!
先生の3冊目のコミックスとなります今作『革命のα』は、そんなバース世界が広がった、トリコロールな国旗とバラがよく似合いそうな、とある時代・とある国の過渡期が舞台となっています。
物語の中心となるモーリス(α)は、側仕えの使用人シモン(β)と愛をささやく仲ですが、家督を継ぐ身である為、子を成すΩとの結婚を父から口うるさく求められます。そんな中、モーリスの屋敷に運命のΩが現れて―――……というストーリーの軸は、様々な愛のカタチで象られます。家を守ること、好きな人と共に生きること、好きな人のしあわせを守ること、そして、自己を大切にすること。
大切で譲れない愛のカタチを、全部丸っとひっくるめて受け止めるスパダリ女王のα受け、ご注目ください。


特典に関してですが、是非是非一冊通してお読みいただいた後に、ご高覧くださいませ。萌え悶え死ねること確定です。

 

コミックス『革命のα

 

特典情報

 

 

アニメイト(一部店舗を除く):限定描き下ろし漫画ペーパー  
とらのあな(一部店舗を除く):限定描き下ろし漫画ペーパー 
コミコミスタジオ(一部店舗を除く):描き下ろし漫画ペーパー 
ホーリンラブブックス様等 協力書店:描き下ろし漫画ペーパー<共通> 
電子:W特典
(描き下ろし漫画ペーパー<共通>&電子版限定漫画2P)
※詳細はデイジーコミックスTwitterをご覧ください

 

ちるちるユーザーサイン本プレゼント

 

発売を記念して、直筆イラスト入りサイン本をちるちるユーザーにプレゼント! 以下のボタンよりご応募ください!

直筆イラスト入りサイン本プレゼント応募

 

(C)鹿島こたる/英和出版社

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント2

投稿順|最新順

これは面白そう!耽美というか一定の世代以上の人にはわかると思いますがオ◯カル様とアン◯レみたい。エリートのαと結婚して子供を作るのがΩの幸せ、みたいな展開に飽きがきてたのでぜひ読んでみたい話です。

最近は目にすることの少ない絢爛耽美。
画の美しさに思わず溜息がでました。

PAGE TOP