あなたはいやらしい人

anata ha iyarashii hito

あなたはいやらしい人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×225
  • 萌21
  • 中立6
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
17
得点
324
評価数
89
平均
3.8 / 5
神率
34.8%
著者
鹿島こたる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784801960633

あらすじ

容姿端麗、真面目で検挙率も高い敏腕刑事の宗形は誰もがうらやむ完璧人間。
しかし、宗形には誰にも言えない秘密がある――…。
それは、ドMで凄まじく淫乱な身体であるということ。
犯人逮捕後の昂りを鎮めるため、トイレの個室でオナニーの配信中継をしてしまうほど。
彼はあり余る性欲を抑えきれず、過激で危うい行為にひとり没頭する日々。

一方、宗形の“秘密"などつゆ知らず、純粋なまなざしで彼に憧れを抱く新米刑事のトオル。
宗形の艶やかで淫らなMの香りに誘われ、トオルは禁断の扉を開けてしまう――…。

性と純愛、その歪んだ関係の行きつく先は――…?
潜在的ドSなワンコ系新米刑事×過去に囚われたドMな淫乱刑事のエロティシズム・リビドー。

描き下ろしマンガ12ページ収録

表題作あなたはいやらしい人

清水トオル・新米刑事
宗形・敏腕刑事

レビュー投稿数17

植え付けられたものってデカい

【きれいな体】がわりとよかったので読んでみた

なんだろ? 日本人じゃないんだよな
自分が田舎者丸出しのヤツだからなのか リアル感皆無な絵空事みたいにしか読めなかったし

警察24時とか列島警察みたいなのみすぎて 刑事って言われる方とか 警ら隊 派出所のお巡りさんに至るまで どうみても日本人って人しか受け入れられなくなっちゃったのか? 

いかんせん綺麗すぎて日本警察じゃない そもそもあたし中の刑事のイメージって 柔道やってそうなガタイのいいあんちゃんが 黒かグレーのTシャツにチョッキって出で立ちしかしてないし いや 万が一そんな感じの刑事に今ここで出てこられても萌えれる気はしないが ←w


お話自体も 上司に植え付け仕込まれた悪癖から関係をもち それでも慕い続ける ある意味純愛なのかもしれないけど ほんとに申し訳ない誰にも感情移入できない挙げ句 壁にもモブ目線にもなれなかった

う~~~ん

これが海外モノならなんとかいけたのかな? 刑事って職業じゃなければ?とか 

ごめんなさい 何がダメだったのか自分でもよくわかんないけど 先入観や植え付けられたイメージで斜に構える癖のあるあたしには向いてない作品だった

1

なんだこの違和感…


カラーの表紙がとても綺麗で表紙買いしました。
作者さんは初コミック?だそうで。

記載はされていないのですが、
受けがどの攻めよりも体が大きかったのはビックリしました。

攻めは純粋で高校生のような男の子です。
途中、ドキッとするようなセリもあり良かったです。

ただ、過去に関係のある攻め(でも受けが身長高い)も終盤頃に登場しますが、堀深く書かれているのではないのでサラっと終わり、最後には「??」が残りました。

絵柄は少し前のような耽美さのあるタッチです。

そして全体的に(トーンのせいか?)暗い雰囲気があり、部分的には重くなりそうなものの、内容はサラってしてそこが逆に物足りなさを感じました。

読み終えて、あー特質して良かった!
というよりは、「中立」評価まではいかずとも、何か引っかかるものが邪魔をしている感じです。

1

ふ つ く し い …

表紙のインパクト、すごいですねぇ…
石膏像の如く、雄々しく、いやらしく、美しく…

絵画のような筆致も素晴らしいですが、受けも攻めも
キャラに新鮮さがあり、物語に、特有の色を滲ませていました。

端正な面立ちにハードボイルドな大人の色気漂わせる刑事の宗形。
圧倒的な存在感で上司や同僚から厚い信頼を寄せられる彼ですが、
実はその内に背徳的な欲望を秘める美しき変態でした。

ドMで淫乱、〝背徳〟に快感を覚えてしまう性質。
そんな誰にも言えない秘密を隠しながら刑事を続けるものの、
犯人逮捕の後には身体がどうしようもなく昂ってしまう。

その日も身体の熱を鎮めるために職場のトイレで自慰に耽り、
その様子をネット配信していたところ、不幸にも部下のトオルに
見つかってしまいます。
けれど、トオルはあられもない宗形の姿に引くどころか、
「お手伝い」を申し出てきて…秘密の関係が始まります。

煙草を咥える立ち姿が惚れ惚れするほどに格好いい宗形ですが、
いざ組み敷かれるとすごくえっちでした。
その鍛え抜かれた肉体を男に、しかも自分の部下に翻弄されている
というのに、身体が悦ぶのを抑えきれず、快楽に溺れずにいられない。

対するトオルは憧れの宗形の役に立てることに喜びつつ、
宗形の普段とは違う〝淫ら〟な顔に絡めとられてゆきます。

けれど、宗形は体が満たされるのと同時に罪悪感に苛まれ始めます。
ここまでしてくれる=「好き」に決まっているのに、
真面目な宗形は過去に囚われて腰が引けてしまいます。
純粋に自分を慕うトオルに歪んだ関係を背負わせ、
彼を汚したと思い悩んでしまうんですね…もどかしい…

でも、すれ違いの末にやっと恋人となった二人は極上に甘々でした。
クールな宗形が真っ赤な顔で「慣れてない…」ってかわいいなオイィ///

無垢なトオルの年下らしい甘えたな攻めっぷりも可愛いかったです。
宗形仕様でSではあるけれど、ソフトなのでそこまで痛々しくはありません。
でも、宗形を前にするとトオルの雄の部分がそそられてしまうようで
行為のあちこちに宗形への征服欲が感じられました♥

当て馬の登場ではさらに執着心を煽られ、なりふり構わず
独占欲むき出しなトオルの表情にぐっとくるものがありました。
他にも「…また突き放されたら刺しちゃうかも」のように
時折見せる無邪気さと病みの落差にドキっとさせられることも。

けれど、宗形はそんな未熟さも激しい愛も、全て慈しみ、
包み込み、男前に受けてしまうんですよね。ドMだしね。
やっぱりこの二人の相性いいよな…

こうして宗形の手によって立派なスパダリへ成長していくのでしょう…
年下の特権の甘い攻めも魅力的だけど、青臭さも甘ったるさも抜けて、
宗形をも超える大人の男に変身を遂げたトオルもきっと素敵ですよね。

0

洗脳はこわいよ

なかなかヘヴィーな作品でございます。
ガチムチ苦手なのですが、そういうひとでも作画が美しいので読めます。

捜査が終わるとからだの疼きが治らなくなってしまう宗形。
あるとき、それを新人刑事の清水トオルに見られてしまい…。

純朴そうに見えて、トオル、結構やりよります。
過去の出来事があったので、トオルの方の宗形に対する想いも浅いものじゃないんですよね。幻滅して然るべき場面を見ても退かないのがすごいです。むしろどんどん入り込む。見た目に反してかなり強い子でした。

宗形の方はカウンセリング受けてーと思ってしまった。
悪い先輩に躾けられてこんな性癖を植え付けられてしまったけれど、この先輩、真性のSですね。支配したいという欲だけで、宗形に対する執着も自分が躾けた玩具に向けるだけのものに思えました。
そんな気持ちでは、苦しみ続けた宗形を包み込むようにすべてを受け入れるトオルの愛情には勝てるわけもなく。

先輩登場前で終わっても良いくらい、読み応えと完成度の高さがあります。
ガチムチが好きかどうかで評価が分かれるところでしょうか。

0

日本人設定なのに絵柄が西洋人みたいです笑

そんなにモンゴロイド描きたくないのなら、新作は西洋が舞台だし、これからも座裏屋さんのように西洋舞台にしたらどうですか?笑

0

色々盛りだくさん!

外国人風な表紙とページをめくっても主人公が日本人に見えず、あれ?外国のお話?と思ったらトオルが現れやっぱり日本のお話だよね。と最初にまず思いました。

そして宗形の悲しい性癖。そうなってしまった経緯が後からわかりますが悲しいです。

トオルは宗形を尊敬している部下なのですが、宗形の一人自慰配信を見ても引くどころか、危ないから僕の前でヤってくださいって。

そしてエスカレートしていき手柄を挙げた後以外でも署内でもセックスをするようになり。
宗形は苦悩します。純真に慕ってくれる部下、こんなことまでつきあってくれる理由は?いつまでも道具として自分の性欲を満たしていてはいけないと。

でもトオルは義務で付き合ってる訳でもなく本当に宗形を救いたくて、役に立ちたくて、大好きでしてきたんですね。

仲直りエッチもエロエロでした。

そして宗形はこんな身体にした昔の先輩と決着を着けて。
先輩に敵対心剥き出しにしたり、先輩に逃げられ宗形に愛してるって言って!とか不安になるトオルが可愛かったです。

初めは宗形の為に刺激と快楽を与えていたのに、いつの間にかすっかり宗形をリードしているトオルでした。

宗形が所有される安堵感を得られて良かったなあと思いました。

絶対スーパー攻めでしょ?な受けが可愛いワンコ攻めに攻められるのもいいもんですね。
色々盛りだくさんなお話でした。

1

濡れ場は鹿島先生のタッチがすごく活きている

 鹿島先生の画力には本当に引き込まれますね。西洋人っぽい風貌だけど海外を舞台にするのではなく、敢えて日本が舞台で日本人同士の話であるところが、個人的に盛り上がるポイントの1つでもあります。日本人に夢見たっていいじゃない、と。SMが主軸となっていますが、攻めで年下のトオルは先輩の宗形の性癖に付き合わされるわけではなく、潜在的にSな部分を持っていたため、宗形を慈しみつつ自らも徐々にSMを楽しみ始めるようになっていくのが良かったですね。ヘタレかと思いきや、実は相手を辱めることに悦びを感じるタチの悪い年下攻めは大好きです。

 宗形がこういう性癖なので、過去にも人に言えないような関係を持っていて、それが後々影響して2人の間に暗い影を落とします。ただ、2回ほどそういうシーンがありますが、すれ違いが長く続き過ぎることはないので割と安定していたように感じました。ハラハラしっぱなしでがっつり刑事ものに浸りたいという方には少し物足りないかもしれないし、逆にあくまで2人の恋愛面に集中したいという方にはちょうど良いかなという印象。その辺で評価は分かれそうです。私としては巽との過去も詳しく読んでみたかったかも。でも、全体的にはストーリーもしっかりしていてテンポも良く、濡れ場は年下の言葉責めを十分楽しめて満足感のある作品でした。

0

独特の雰囲気がある作品

印象的な表紙で、おもわず手に取ってしまった一冊

絵の好みは分かれるでしょうが、刑事物という事も含めて、とても迫力のある作品でした

ストーリーは王道で、展開もなんとなくよめてしまうのですが、それでも描写が素晴らしく引き込まれます

エロさもふんだんにありますし、何より背徳感や愛したい愛されたい気持ちが、全体の大人びた雰囲気とギャップがあって、私にはそれが魅力的でした

受けが、かっこよくて美しくてエロい
攻めが、可愛くて健気で男らしい
王道ですよね
安心して読める一冊です

1

ある意味純愛?

冒頭からどエロくて、これはエロメインの作品?と思いつつページを捲ると、いやいやどうして、しっかりラブストーリーでした。トオルの純な愛と、過去の影を引きずる宗形さんの、二人の物語に思いました。二人とも刑事ということで、絵柄も相まって、ハードボイルドな雰囲気ばりばりです。
ストーリー的には、宗形さんが元先輩刑事に仕込まれて特殊な?性癖を持つようになり、それを後輩のトオルに知られたことから、体の関係がはじまり…事件を通して二人の関係に変化が起きて、宗形もトオルを想うようになる、という流れ。
わたしとしては、くっついたあとの二人のラブラブも良かったですし、その前の背徳感ある絡みもまた良かったので、二度おいしかったです。

2

好きです先輩

表紙も含めて作画がどーーーーーしても好みじゃなかった
好みじゃなかったのでずっと読まずに寝かせていたんですが
読まず嫌いは良くございません。
正直絵柄的にはあんまり好みじゃないというのは読み終えても変わりませんが
ストーリーも面白く
何よりもエロかったですヽ(*´∀`*)ノ
性的にというよりもセクシャル的に?
違うか、エロというよりもエロスを感じる一作でした。

仕事はきっちりな先輩。
ところが性的に仕込まれた身体を持て余し
あまつさえトイレでエロスにふける日々。
そんなふけっている先輩に遭遇した後輩君。
先輩が好きだった後輩君。
ここは俺が行かねばwな展開でございます。
や、すいません・・そんな間抜けじゃありません。

しこたま仕込まれてエロエロな先輩はもちろん
表紙までも醸し出すエロスなわけなのですが
個人的にプッシュしたいのはこの後輩君なのであります。
この後輩君。普段はワンコなのに
いざ!となると攻める攻める。
このド攻な表現がすごくツボでした。
淫乱な先輩のためなのかこれが本来の姿なのかしらんが
この攻、一見の価値あり!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う