犬飼のの先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

犬飼のの先生インタビュー 遊郭と鬼と刀のファンタジー! 貴族軍人×人気太夫の恋は… 小説『愛煉の檻 約束の恋刀』

2015/12/01 17:31

二度と刀は打たない… しかし、恋人を救うため!?
美しき天才刀匠の太刀風忍は刀とともに危険な鬼を生み出してしまい、罪悪感に苦しむ日々。現在はその身を遊郭に置いています。初恋の相手である貴族軍人のミハイルは、鬼を倒す手段を探るうち、罠にかかって捕らわれの身に……。二度と刀は打たないと決めていた忍ですが、愛するミハイルを救うため苦渋の選択を迫られ!? 12月4日発売、犬飼のの先生の新刊小説『愛煉の檻 約束の恋刀』。昨年の『愛煉の檻 紫乃太夫の初恋』に続く完結編です。遊郭と鬼と刀のファンタジーBL! 犬飼ワールドに思いっきりハマりましょう!! それでは「801 AUTHORS 108」第783回、犬飼のの先生どうぞ!

Q. 作品紹介をお願いします!
遊郭と鬼と刀のファンタジーBL『愛煉の檻』の二巻目、完結編です。
以下、一巻のネタバレになりますが……半人半鬼の天才刀匠・太刀風忍は、刀を打つたびに愛する男(ミハイル)に似た鬼を生みだしてしまう危険体質。
忍が打った妖刀を手にした人間は、美しく残酷な鬼になります。
人々を恐怖に陥れてしまった忍は死を選びますが、どうしても生き返ってしまうため、二度と刀を打たないと決めて遊郭に身を潜めることに。しかしミハイルと再会したことで運命が動き始め、忍は鬼を殲滅する唯一の手段を選び……というあたりまで一巻で書きましたので、今回はその続きになります。相変わらず波瀾万丈な二人です。

Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
貴族軍人・執着系の男前(攻)×普段は攻めの健気な陰間(受)

攻めのミハイルは、北の大国の伯爵。銀髪碧眼、白軍服の剣豪。愛情深い絶倫。

受けの忍は黒髪黒目の元刀匠で、現在は奥吉原の人気太夫。色っぽくて客あしらいも上手ですが、寝子客の前では紫襦袢を着て、ミハイルの前では緋襦袢を着るなど、きっちり切り替えている乙女なところもあります。

Q. 当て馬や重要な脇役は?
攻めのミハイルに似た鬼は、ミハイルと忍の間に生まれた子供に相当する……という設定なので、脇である鬼が結構重要な存在です。鬼の正体に関しては一巻にいくつもの伏線が張ってあるので、気づいていただけたら嬉しいです。

Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
体位です。濡れ場のシチュエーションを含め、○○に掴まって……とか、○○越しに……とか、小山田あみ先生の迫力たっぷりの極艶挿絵と共にお送りしますので、お楽しみいただけたら幸いです。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露願います!
高齢犬が死にかけまして……何も食べないので薬を呑ませるのに苦労したり、流動食や点滴で連日大変でした。家中が血飛沫だらけになったことも……。あと数日の命だろうと覚悟して凹み切っていたのですが、奇跡的に快復してピンピンしています。貧血状態であれだけ血を吐いて何故生きていられるんだ(チワワなのに……)と不思議なくらいの奇跡です。そのうえ長寿犬として獣医師会から表彰され、表彰式でちょっと泣きました。
そんなこんなでホッとしたのも束の間、犬の介護で執筆日数が足りなくなり、格安旅館やレンタルルームで自ら缶詰めになるという経験をしました。ネットも携帯もない暗くて狭い部屋で、黙々と書いた思い出……。

Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
完結編ということで緊張していますが……小山田あみ先生の素晴らしいイラストを、本の形で手に取れることが楽しみで仕方ありません。元刀匠という、普段はあまり書かない攻め風味の受けに挑戦できてよかったです。

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
最後までご高覧いただきありがとうございます。
一巻目の『愛煉の檻 紫乃太夫の初恋』をお持ちの方は、二巻『愛煉の檻 約束の恋刀』を。どちらもお持ちでない方は、この機会に二冊とも是非よろしくお願い致します。
今回の新刊が今年最後の本になります。一年間ありがとうございました。
来年も頑張りますので、よろしくお願い致します!!

講談社 ホワイトハート編集部より
大ヒット「ブライト・プリズン」シリーズとは一味もふた味も違いながら、これぞ犬飼ワールド! の興奮が味わえる『愛煉の檻』。第2弾がついに登場です!
なんといってもこの世界観にどっぷり浸ってください。美しさ、激しさ、濃厚で妖艶な死の香り……。天才刀匠と貴族軍人の悲恋をこの上なく引き立たせる舞台の見事さは犬飼ファンならずともご満足いただけるはず。初巻から読んでいただいた方には、あっと驚くストーリー上の仕掛けも満載です。
小山田あみ先生の壮麗でどこか切なさの漂うイラストは、今作でも大迫力。カバーイラストはもちろん、挿絵のモノクロイラスト一点一点にも、編集部一同身悶えておりました。ロマンチックなシーズンにお楽しみいただける、愛にあふれた1冊をお届けします♡

(c)犬飼のの/小山田あみ/講談社

関連作家・声優

コメント4

投稿順|最新順

犬飼先生の作品の中でも一番好きな世界観だったので
終わっちゃうの悲しいけど見届けるのすごく楽しみです!!
そして小山田先生のイラストも今回も素晴らしい。早く中の他の絵も見たいです。

待ってました☆
もう予約済み。楽しみだなあ。
そして小山田さんの表紙が神すぎる…。なんて素敵なんでしょう。

この絵師さんの絵が素晴らしすぎる。コミック出てるのかな読んでみたい。

待ちに待った続編!
完結たとのこと、楽しみすぎる!

PAGE TOP