ブライト・プリズン 学園の美しき生け贄

bright prison

ブライト・プリズン 学園の美しき生け贄
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神136
  • 萌×245
  • 萌18
  • 中立13
  • しゅみじゃない15

118

レビュー数
30
得点
927
評価数
227
平均
4.2 / 5
神率
59.9%
著者
犬飼のの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
シリーズ
ブライト・プリズン
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784062867672

あらすじ

世間から隔絶された学園内で十八歳の薔は学園管理部隊の隊長・常盤に反発していた。しかし特待生に選ばれ、彼と深く関わることに!?

表題作ブライト・プリズン 学園の美しき生け贄

常盤,教団御三家西王子家の嫡男で龍虎隊隊長
薔,教団・王鱗学園の高校3年生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数30

絵も設定もキャラクターも全部良い

レビューを書くのも恐れ多いくらい、面白かったです!
ここの皆さんのレビューを信じて購入して、本当に良かった。読めて幸せでした。

あらすじについては皆さんの素敵レビューを参考にして頂いて、私は誰得感想文です。

★いきなりネタバレします★





ミステリ的な要素が強く、そのセンはないと一度思わせた“結果”が、一回転してもう一度、真実としてやって来るのが面白かった!
最初にそれはないと分かった時点で、主人公目線で他の可能性を色々考えさせられた上での、意表を突く展開で、寝た子を起こす(?)勢いのある結末でした。

そして常盤(攻め)のキャラが凄く良いなと思いました。
この作品は、登場人物の書き分けが本当にシッカリ出来ていて、読んで行くうちに個性的な彼らに夢中になってしまいます。好きキャラが出来たり、この子とこの子は今後どうなるのかな?などと興味をそそられます。

その中で、常盤がずば抜けて魅力的だったと思います。
制服ブーツ制帽姿で颯爽と馬に乗って登場。
地位もあり、文武両道の美男で、全てを持っているように見える常盤の弱み。
それが薔(受け)です。
完璧に見えて、ただ強いだけじゃない、優しさと脆さを持っている常盤のキャラクターがすごく良かった。

とにもかくにも、宗教団体の全寮制教育校という舞台が素敵すぎなのです。
影があり、裏があり、陥れられたり秘密があったり嵌められたり襲われたりと、息つく間もないようなドキドキ展開です。
そして、不幸になって行く人間が多い中で、薔の前向きさ、健気さ、正義感と精神的なタフさが、この物語を明るいものにしています。

余談ですが、小冊子の番外編「雛鳥」は、薔が常盤のもとに、ケーキを食べさせてあげようと持参するお話で、あまりの可愛さに頬がゆるみました。
本編がダークな世界なので、こういうホっとする日常のお話がオマケでついているとすごく嬉しいですね。

次巻も絶対買います!!

9

お楽しみ福袋のようだっ

作者様ご自身が、自分の萌えを詰め込んだらこんな感じになりました、と仰っておりますが。
まさに萌えが凝縮されておりました!
あらすじに釣られてよかったっ。
閉鎖的空間に幼少より閉じ込められた少年たち。
同性愛は禁忌、けれども義兄弟の絆を結ぶことは暗黙の了解という慣習。
少年たちを守り、厳しく見守る大人。
馬に跨る軍服っ!制帽っっ!!
肝心のシーンでは和装っ! 絹の布団に朱襦袢っっ!!
………妄想が暴走でたまりません。

彩さんの挿絵が秀逸です。キャラがイメージ通りで美しく、且つ主人公はきちんと凛々しい男子。これで挿絵の雰囲気との差異が大きかったら自分的にはかなりのイメージダウンでした。
もちろんストーリーもきちーんと面白かった。
登場人物が皆さま個性的で、キャラが立ってる。先が気になること気になること。
いろんな視点でのエピが読みたい。
「もしやこの人は…」と、つい想像してしまった結果が気になる。

次巻が楽しみです。

8

濃ゆいのが読みたい時にどうぞ

「普段、耽美ぽい作品読まないんだよね…」という方にもオススメです



・宗教団体(淫祀教団つまり邪神教)が母体の全寮制学園。

・建物はもちろんゴージャスで和洋折衷

・自分の生い立ちは不明で外の世界から隔離されている少年たち

・名前は皆、偽名(竜生名)で花や樹木の名前

・宗教施設は五重の塔

・表紙左、攻めの常盤様(竜虎隊隊長)の移動は馬

・神子選びと神託の儀式が同性間のセックス



という
作者様が「好きなものをつめこんだ」という濃密!!妖艶!!淫靡!!な世界観なのですが…



主人公の薔(ショウ)が
そこまで薔薇っぽい…可憐!!みたいなかんじの性格ではないので安心して(?)読めます。



内容が濃ゆいので、現実から離れたい時にどうぞ。



あと、特に制服・軍服フェチの気は無かった私もときめいた彩先生の作画がとてもキレイなので必見です

7

やばいです|゚Д゚)))

このサイトで知って我慢できず
本日購入…

素晴らしい!

なんといっても、
閉鎖空間の中での独特な世界観

それに合った綺麗なイラストの数々、神です《゚Д゚》

これを読まなかったらあなたのBL人生大分損してます。

5

独特の世界観に飲み込まれました

評判の作品なのですが、犬飼さんはあまり萌えるタイプじゃない作品との出会いが多かったせいか手を出しそびれている間に続々とシリーズ化されレビューを見ているうちに読みたくてしかたなくなりました。
というわけで思い切って現在の最新刊4巻までまとめて買ってしまいました。
なので、余計にどっぷり浸かり早く続きを読ませてください〜と切望しています。

この第1巻では、龍神を信仰する無垢な少年たちの成長物語かなと思っていたらそんな簡単なものじゃないらしいことはすぐにわかりました。
登場人物たちの数が多いのですがキャクター設定も詳細で深みがあるせいか、混乱することなくサクサク読めます。
私は人が多く設定が複雑だと、名前が覚えきれなかったり関係性や言動など混乱して何度か前に戻ったり見直すことが多いのに、この作品では全くそういうがなく、どんどん引き込まれていき厚めの1冊を一気読みしてしまいました。

またのこイラストがいいんですよね。
彩さんはF&Bでもその世界を一段と鮮やかに表現してくださいましたが、ここでもただでさえ面白い作品の世界観を倍増させたと思います。
衣装も素敵です。高校の制服もですがなんといっても龍虎隊の軍服チックなかっちりとストイックさと妖しさがいいです。帽子とロングコートに萌えました。
評価は当然神ですがそれを超えるので、小説に神+イラストにも神で、神×2を捧げたいです。

贔屓生2組の竹蜜という名前から竹光を思い浮かべてしまいましたが、そこにも意味があったとは、そいう細かい部分にも小さな伏線があるのかと感心しました。

最後に発覚した椿が知っている秘密が気になります。
なんで?誰がそうしたの?
もちろん他にも伏線や気になるあれこれはたくさんあるので、とりあえず2巻読みに行きます。

5

一巻ってこんな感じだったんだ...

シリーズ5巻を呼んで、久しぶりに1巻を読んでみました
。完全に5巻まで読んだうえでの感想なので、読まれてない方はスルーしてください。





なんだか薔がとても未熟で若くて驚きました!常盤に対して、初めはあんなに反抗的だったのね... そして自分でも常盤への憧れに気づいていないという笑
初めのエッチシーンはなんだか可哀想でしたね...。でも、薔がちゃっかり常盤の神業に感じちゃってるのが健気。常盤も、弟じゃないと分かればすぐ抱いちゃう辺り、悪い男ですね。でも、弟じゃなくても薔のことは特別だし、彼に惹かれてたんだと考えると嬉しくなります。後で、弟だとわかってめちゃくちゃ後悔するわけですが、これがないとBLが成り立ちませんものね。こうして常盤の欲望のおかげで、薔は毎月男に抱かれないと、死ぬという身体になりました。笑
薔くん、悩んだら走り出す癖、この頃からあったんですね。5巻でも走り出していましたが、読んでいる側はハラハラするので自重してほしいです。笑 でも可愛いから許す。笑
そして楓雅さん、この頃から椿に対する想いを微妙に表していたのですね。そして薔に対しても、今だから微笑ましく読める場面が沢山ありました。
一方の椿は.....常盤と別れ、未練も無く剣蘭に抱かれろと彼に命令されて辛そうでした。常盤もそう考えたら酷いやつですね。椿が常盤のことを本気で愛していないことを知ってあっさり別れてしまうとは...。でもまあ、薔と惹かれ合う運命だったのかもしれませんね。

レビューというか、独り言に近い形になってしまいました。1巻だけだと、よくわからないことが沢山ありますが粘り強く読んで行けばこの世界の魅力にはまっていきます。ぜひぜひオススメのシリーズです。

5

リアルとファンタジーのバランスが絶妙な学園BL

気になりつつも手をつけていなかったこのシリーズ。既刊全て読了した記念にレビューします。
主人公・薔たちが通う私立王燐学園は龍神を祀る八十一鱗教団という宗教団体が運営している全寮制の男子校なのですが、ここから色々なトンデモ設定が湧いてきていてシステムを理解するのに少々時間がかかりました。贔屓生?龍虎隊??神子ってどういうことーー???と理解力の乏しい私は序盤の方で早速頭が混乱してしまったのですが、ストーリーにぐいぐいと引き込まれてあっという間に読み終えてしまいました。犬飼先生さすがです…!学園ファンタジーと銘打たれていますが、舞台は一応現代日本。しかし、高い塀に囲まれて外界から切り離されたも同然のこの学園の中は時代遅れとハイテクノロジーが混ざり合った非常に奇妙な空間です。敷地内の施設のセキュリティーなどは現代並みにハイテクなのですが、その外では交通手段として未だに馬が使われたりしていて…想像してみると少し笑ってしまいそうですがその独特な雰囲気がこの作品の世界観とマッチしているのです。さて、肝心の内容ですが、5巻まで読んだ後もう一度1巻に立ち戻って読んでみると薔くんの成長ぶりが実感できてとても感動しました!最初の頃はまだ苦労知らずの子供っぽい性格で他人に対しての興味も薄い子だったんですね〜でもこれから常盤との愛や椿への嫉妬、他の贔屓生との友情?を知って薔くんは段々と精神的に成熟していきます。また、常盤との関係についてですが1回目の儀式の時はまだお互いの過去のことや秘めた想いを分かち合っていないので、エッチも愛が感じられないレイプまがいのものなのが悲しいです…薔くんとっても痛そう。
なんだか備忘録のようなレビューになってしまいましたが、久しぶりにどハマりしたBL小説なので未読の方には是非是非オススメしたいです!かなりおもしろいですよ^^

3

タイトルが秀逸です。

「暴君竜シリーズ」が面白かったので、「ブライト・プリズン」も気になってしまい、読んでみたらこちらも中毒性が高くて嬉しいビックリでした。

暴君竜シリーズは「竜」、ブライト・プリズンシリーズは「龍」が出てきますが、漢字の違いをつけた事に何か意味はあるんでしょうか?

宗教集団の信者の子供(男子)が親元から離され強制的に入学させられる学園内でのストーリーで、表向きは健全な宗教集団ながら、一部の人間しか知らない実態は龍神のために男と性行為をしないといけない役目の神子を選出するための学園でした。真実を知った神子候補の贔屓生は驚愕して拒否したいと思ったり、それでも神子になりたいと思ったり人により様々でした。

一般の信者には神子は尊敬されているはずですが、事情が分かると…なるほどタイトル通り「輝かしい刑務所」だなって思いました。タイトルの意味が深いです。

その神子候補を支える竜虎隊隊長、常磐は15年前に離ればなれになった弟を探しています。

読み進めていくと、常磐の弟が誰か問題では、黒と思ってたのが白だったと言うミステリー小説の雰囲気あり、薔と竹蜜の取っ組み合いの場面では、あっちも嫉妬してたと思ったら、こっちも別口でお互いに嫉妬してたという対比ありで、ストーリー展開も心情表現もおもしろいです。

主役CPは常磐×薔なんですけども、みんな魅力があるので、話の続きと共に他のCPの動向も気になってしかたありません。剣蘭×椿では椿になつく剣蘭がかわいくて、薔×杏樹!?になりそうなシーンも妙にドキドキし、風雅と薔も良い関係で…でも私がこの巻で一番気になったのは少ししか出てこなかった柏木×白菊でした。

既刊は既に何冊か出ていて、展開は大分進んでいるとは思うので読み進めていきたいです。

3

厨二世界の極み・・!!

いやー凄かった。流石耽美を追求するBL小説は伊達じゃないなー。怒涛の厨二設定×厨二展開にクラクラしてしまった。 途中で脳内が麻痺し出したけれど、後半も目まぐるしい展開にガツンとこられて酔い気味です。世界観にぴったりの美麗なイラストにも酔いが助長されます。

こういう背徳感あふれるダークな内容や、細かく作り込まれた設定や情報を最大限に詰め込めるのは、小説というコンテンツならでは。二巻がとても気になる終わり方だけれど、他の小説でお口直ししようっとww

今後一巻で広げられた風呂敷がどう畳まれていくのか気になりますが、一巻での掴みはOKだな。読後も脳内で耽美世界の妄想が止まらない。

3

続き気になる·····

表紙に惹かれて購入しました。

こういう普通じゃない感じの学園ものが大好きです。私は覚えが悪いのでこれ誰だっけ?と思うことがあったのですが、初めのページに登場人物紹介があったのですぐに思い出すことができたので良かったです。

何度もハラハラさせられたり、はじめの方は常磐の思っていることが全然わからないしで気になりすぎて一気に読んでしまいました。

ほかの登場人物も、いい感じの雰囲気が何組かいて······。
椿がお気に入りで剣蘭との絡みがとても気になりました。

あとがきでシリーズものと知って飛び跳ねるくらい嬉しかったです。はやく買いに行きたい。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ