ミッドナイトレイン

midnight rain

ミッドナイトレイン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

194

レビュー数
8
得点
138
評価数
39
平均
3.7 / 5
神率
41%
著者
CTK 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビボピーコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥712(税込)
ISBN
9784799742570

あらすじ

――雨が降りしきる真夜中、
借金を返すだけの単調な毎日を送るイーサンのもとに
傷を負った目つきの悪い男・マイクが突然現れる。

以前一度顔を合わせたことがあるだけのイーサンへ
不遜な態度ながらも無防備に身を委ねて介抱を受けるマイクに、
イーサンは堪えようのない衝動を覚えて――。

借金生活に絶望する男×喧嘩っ早い一匹狼、
世間から爪弾きされた男たちの本能の恋とセックス。

表題作ミッドナイトレイン

イーサン,親の借金返済に疲れた男
マイク,傷だらけの一匹狼

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

ただひとつの希望

イーサンの過ごす何もない毎日に飛び込んで来たマイクが
これほど口が悪く強気なタイプでなければ
もしかしたらイーサンは介抱してあげたいと思わなかったかもしれませんね。
ツレないどころではないマイクが見せる隙と無意識時の切実な願いは
イーサンを突き動かすには充分すぎるものだったのでしょう。
普通なら素情も知らない男を家になんて上げないでしょうけど
初対面から愛想も無い代わりに嘘も無い人間だとわかったのかな。

とにかくあんなに素っ気なくてイーサンといる心地よさに慣れてはいけないと
自分に言い聞かせるマイクが!
抗えなくなっていくその姿ときたらもうめちゃくちゃ興奮します!!
でもマイクってイーサンが初めての相手じゃないのにゲイじゃないってどういうことなのかなんとかして聞きだしたいけど絶対教えてくれなさそうww

イーサンは普段の穏やかさがHだと多少言葉責めっぽくなるの最高……!!!
しかもとにかくセクシー過ぎですよね、ひげも目元も髪型も全て!!
マイクの目つきの悪さも大概ヤバいですが(もちろん良い意味で!)
好みの絵柄にも程がある……アメージング……。

それまで幸せとはほど遠い二人が出会ったから
どんなささいな事も嬉しく思えるだろうなぁ。
マイクが何かで怒ってもイーサンはちゃんと照れ隠しだってわかってくれるし
大事なことはしっかり話し合えるんだもの、
これからは不幸せとは無縁になれそうですね。

描き下ろしのマイクの可愛さプライスレス!!!

4

強いけど弱い男は滾る

好き。本当に好き。

強く陰のある屈強な男イーサンが、なぜマイクに固執(執着?)するのか・・・。
飄々とマイクを介抱し世話を焼き軽口をたたくが、
実はマイクが腹を刺され助けを求めてきたときに死のうと思っていたと分かった時は
もぉ何とも言えない萌と尊みが押し寄せてきました!

自分が人生に疲れ死が頭をよぎった時に、死にたくないと助けを求める姿はイーサンの心に大きなものを打ち込んだんでしょうね。
だからこそ、無償の愛でマイクを包み捕まえておこうとする姿には胸がぎゅーーーっと切なくなっちゃいました。

3

クールなのにどこか可愛い男たち

コミックスのキャッチコピーよりもpixivコミックで連載してるときの
【クールなのにどこか可愛い男たちのドラマチックBL!】のほうが個人的にはシックリきました。
アングラな世界で生きてきた彼らが幸せに触れた時の反応が可愛いのです(;///;)

クールで裏社会を匂わせるお話でありながらも
独りで生きる者同士が温もりを通わせ、生活が変わり、生きる楽しみが沸いてくる。
現在の生活に疲れ切っている中に訪れる変化がとても良かったです。


さてさて。
ただただ借金を返し続けるだけの生活に鬱屈している攻め。
あと3年頑張ればそれも終わる。
けれどその先に希望を見出せず絶望に覆われている最中、アパートの呼び鈴が鳴ります。

ドアを開けると全身傷だらけで腹から血を流した男(受け)が。
その男は以前コインランドリーで言葉を交わしたことのある相手でした。
傷の介抱しているうちにどことなく感じる色っぽさに性衝動に駆られて…。

介抱をしたあともなし崩しで生活を共にするようになる2人。
受けはガラリと一変した生活に戸惑いアパートを出て行こうとするけど攻めは強く引き留めます。
そしていつしかセックスする関係にもなってーーーと展開します。


表紙の黒髪ヒゲが攻めです!
出だしの雰囲気だと借金返済のために裏の仕事でもしているのかと思ったら普通に工場勤務でビックリ。
でもバックボーンを掘り下げれば後ろ暗い過去がワラワラ出てきそうな人ではありました。やたら身体ムキムキだし、返済相手のボスに簡単に稼げる仕事に誘われてたので、裏仕事の才能があるのかな。

けれど作品内では寂しがりで、
受けと一緒に生活出来る毎日が楽しくてしょーがない!ってダダ漏れ感がなんだか可愛く見えます。
そう。ヒゲで胸毛でオッサンなんだけど、可愛いのです…!!

で、受けに殴られてもニコニコしてるような人なのに、
エッチになると若干Sっ気がでるのが良き良き(∩´///`∩)
個人的に胸毛はちょっと…派なんですが、この攻めの胸毛は有りの有り!!!
胸毛が色っぽいと感じたのは初めてかも知れん…////

受けはいわゆる流れ者なのかな?
裏仕事で流れてしばらく留まって、また流れてく…という生活を送っていたのを匂わせてました。
強面で目つきが悪く、態度も悪く、喧嘩っ早いとなれば、目を付けられてボコられるのも茶飯事。
こちらもこちらで孤独な生活を送っていたそうです。

攻めと生活するようになって、攻めから与えられるモノがむず痒く。
"こういうのを幸せというのだろうな"と感じつつも、慣れてないからその感情が受け入れられない。
この辺りの変化が可愛くてニヨニヨしました( ´艸`) ♪

で。攻めは甘い雰囲気で触れ合おうとするけれど、
受けは照れ隠しの意味合いもあり即座に手が出るw
なんかも~~~このやり取りが可愛くて可愛くて…!
攻めも受けも幸せそうでジーンときます(;///;)

孤独に生きてきた者同士が寄り添い合うというのかな。
熱を通わせて心の拠り所になっていくのにキュンくる作品でした。

9

イーサンが、、、

怪我した野良猫を拾ったおじさんのお話。
年若い野良ネコちゃんがとってもかわいい。
おじさんのお顔や雄っぱいもとっても好み。
絵とか全体の雰囲気はとっても好き。
野良ネコちゃんがかわいくて、かまい倒したくなった挙句に、うっかりセックスにまでなだれ込んじゃう流れはよくあることだし、野良ネコちゃんの方もいつの間にか居心地がよくなっちゃってっていう流れも普通に納得できる。
ただね、ここで私の厄介な性癖が言うの、オッサンの方が受けならいいのにって。
ここからもう一ひねり、リバった上で逆転しておじさんの受け固定になったりすると欣喜雀躍ったりしちゃうんだけど、まあそれは個人的な願望なので、これはこれでよかったと思うよ。


3

♯ツンデレ萌え

ちょーっと物足りないかな…
父親の借金を真面目に働いて返済するイーサンとアウトローな一匹狼マイクの物語。

夜のコインランドリーで一度だけ会話を交わした2人。
先の見えない毎日に絶望していたとき、傷だらけのマイクがイーサンの家に転がり込んできて…
甲斐甲斐しく世話を焼くイーサンだが、マイクは人の善意を素直に信じることができず…

何度も出て行こうとするマイクだが、いつしか互いを必要とするようになった2人のやりとりや、マイクの葛藤が上手く描かれていたと思います。
ただ、イーサンが借金を返している相手のオジ様のことや、イーサンの仕事相手や内容など…曖昧な点が多々あったようにも思います。

それを差し置いても、お互いが惹かれ合い求め合う姿だったり、マイクを受け入れて素直になろうと努力をみせるイーサンの姿だったり…萌えポイントはそこそこあります。

作中雨のシーンが多く、タイトルを意識させられます。
マイクがイーサンの手を取り側にいる事を決めた後、降っていた雨が上がっていました。
まるで、雨が2人の心の象徴だったかのように…

0

ヒゲおじさんがかわいい

ちるちるのあらすじから想像できる範疇を超えてこなかった………。
「借金生活に絶望する男×喧嘩っ早い一匹狼・世間から爪弾きされた男たちの本能の恋とセックス」というそのまま。

孤独に生きてきた社会の底辺にいるような二人が寄り添うまでなんだけど、全てが想像通りに進んでいくというか、おぉぉ〜!そうくるかー!!みたいな意外性がなくてあまり面白くなかった……。

攻めのイーサンがふっと死にたくなってしまうほどの状況な割には、バッググラウンドがどこか曖昧で中途半端なので、なんちゃってシリアス風くらいにしか感じない。
もっと掘り下げて欲しかったなぁ。
それと台詞回しが妙に頭に入ってこないというか、しっくりこないのは何故なんだろ。

でも絵はとっても綺麗で満足。

おじさん二人はとーってもかわいい。
特にヒゲおじさんなイーサンがかわいい。
人生に疲れちゃった寂しがり屋のヒゲおじさんのイーサンが、手負いの気の荒いネコちゃんに対して何かと笑顔で接しているところが痛々しくてかわいそうで、かわいい。

ストーリーは「中立」なんだけど、ヒゲおじさんかわいいなということで「萌」です。

0

重厚感を保って欲しい

 CTK先生の雰囲気あるタッチは哀愁が漂っていて好きなんですが、ストーリーが粗削りな印象を受けました。キャラ設定もビジュアルも素敵なんだけれど、2人がくっつくまではかなりトントン拍子でことが進んでいきます。重厚感溢れる導入に対して、勢い任せであっさりな展開だったような。

 あと、せっかくこんなに美麗な絵なのに、唐突にデフォルメされるコマが多く、毎回そこで重厚感が消えてしまうのが残念でした。デフォルメは緩急をつけたり、笑いを生み出したりするのに効果的な方法だと思いますが、この作品ではもう少し控えた方が雰囲気に統一感が出たんじゃないかなと思います。

1

かっこいいのは絵だけだった…

ごめんなさい、だいぶん辛口。

画面はどのページ開いても上手いし、カッコいいし、ペラペラめくって眼福の連続なんですが、いかんせん話がテンプレに沿って作りました的なお手本のような王道展開のBLなので、ワクワクしながらページをめくるという感覚がまったく生まれなくって、中盤ぐらいからひたすら流し読みでした。
画面のカッコよさとストーリーのありきたりさのギャップが余計に期待外れ感を増長させるのかもしれません。勝手な言い様でほんとごめんなさいですが。

漫画を読んでるというよりも、腐女子が私こういうのが萌えます!性癖ドンピシャです!って描いたものを読んでるような気分でした。

でも画面はほんとどこめくってもカッコよかった!
表紙イラストもめっちゃツボだし、もしSNSで作者のイラストが流れてきたら間違いなくプロフ画面見に行くだろうな。

※紙版カバー下あり

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ