On Doorstep

on doorstep

On Doorstep
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神45
  • 萌×226
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

10

レビュー数
16
得点
360
評価数
88
平均
4.2 / 5
神率
51.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥628(税抜)  
ISBN
9784799732823

あらすじ

泥棒のジミーは、スリの現場を中年の男・リースに取り押さえられた。
仕返しをしようと、彼の家に空き巣に入ったが、
彼が元警官で、さらにある“トラウマ"を持っていることを知る。
複雑な過去を持つ大人の男への好奇心は、
傍に近付くほど、急速に恋心へと変わっていって――。

表題作の色気たっぷりな大量描き下ろし、
傲慢な芸能エージェント×落ちぶれた中年役者の読み切り「ラッキー・ビル」を収録、
オトナの男達のリアルな恋を描いた一冊。

表題作On Doorstep

ジミー スリの現行犯で受けに捕まった
リース 元警官の本屋店員

同時収録作品ラッキー・ビル

イアン エージェンシー
チャールズ 落ち目の俳優

その他の収録作品

  • ラッキー・ドランカー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

もうちょっと長く読みたい

面白かったです。
表紙より中の絵の方がきれい。(と感じました。)
スリの現場を押さえられた青年がその相手に惹かれていく、という物語なんだけど、そのお相手の持つ背景、青年がなぜ軽犯罪に手を染めてるのか、とかは、舞台がNYである理に適っていると感じました。
青年ジミーが書店勤務のリースに近づいて、そして恋をし、若さでグイグイ押し、想いは本当だったのに最初の思惑がばれ……
展開はかなりスピーディーです。ジミーがとても素直というか可愛くて、ワンコで。
スピーディーすぎて、もう終わり⁈って思うんだけど、それはきっとこっちもノって読んでるから。読者をノせる力量アリの作者さんだと思いました。
描き下ろしは言ってみればエロ補給なんだけど、ホント、リースが色っぽいです。

「ラッキー・ビル」
売れない俳優チャールズの前に現れたエージェントは実は…。
こんな一途な人、アメリカの演劇業界にいますかね?逆にいるのかな。正に「惚れ込む」姿。

「ラッキー・ドランカー」
チャールズとイアンはちゃっかり恋人になってます。イアンは酔うと強引・強気になる、なのに覚えてない、という話。

続き回作、楽しみな作者さんです。

1

眼福です……

なんかもう、なんだかんだ言えなくなる感じの作品です。
とにかくセクシー!!どこもかしこも!!!
煙草は好きじゃないんですが
このね、色気漂う二人にマストですよ本当……。

人間は悪い方にはあっさり変われるけど
良い方にはなかなか簡単には変われないですよね。
それが元警官に恋をしたから、なんて
すぐうまくはいきそうにないですけど
根はいいヤツだったんだね、ジミー。
年下らしい可愛らしさもあり、
まっすぐ向かってくれるところに絆されちゃうリース、
懐デカいです。大人の男です。

普段はなんともないような顔をしているのにトラウマ持ち設定、
ぐっときますね……。
そんな彼がジミーによって溶かされてしまう描き下ろし!!!
いつまででも眺めていたいです。

シリアスの中にちょっとくすっとする笑いを挟んでくれて
ずっしりし過ぎず加減が丁度いい気がします。

『ラッキー・ビル』
年下イケメン×目つきの悪いヒゲ、これまたたまりませんね……。
落ちぶれた役者ってあたり、ダメ男感があるんですが
ちゃんと向上心のある人で安心しましたし
そうでなきゃずっと想わ続きれたりしないですよね。
お互いを高め合える存在って素晴らしい!

読ませていただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです!!
絵柄も萌えツボもドンズバでした!!!
なんとも美し過ぎる……。

2

ああ、海外の作家さんなのですね。

正直、表紙の絵は好みではなかったのですが、試し読みの絵が好みだったので購入。
絵、うま!!!
で、この方、海外の方なんですね。
海外?でもアメリカの話にしてはスタイルがあまりに日本の漫画で、何か不思議な感じ。
と思ったら、韓国の方ですか。なるほど。
変に韓国や日本を舞台にするよりは、アメリカあたりの方がしっくりくるかもですね。
しかし、最近、Pixivあたりので好みな絵が大抵、韓国か台湾、中国で(笑)
お話は「これから何か起こるの?」と思ってるうちに終わってしまったのが、これでいいのか勿体ないのか。
しかし、とてもいい年上受けでした!

1

 

絵がうまいです
そしてアメリカに対する憧れをひしひしと感じます

どっちらかというと同時収録の「ラッキー・ビル」が好きだな
最後までキスすらしないけど。続編が見たいです
タイトルは「玄関先で」という意味です。本来はon a doorstepみたいにonの後ろに冠詞が必要だけどね
トラウマで部屋に入れられなかったけれど…ってことなんですかね?

0

違和感。

入荷待ちしていたら電子化の方が先になり、電子化まで待つんだったと後悔。表紙買いだったのもあって、実際カバーイラストが素敵なので紙で拝めたのは救いでした。

一読して感じたのは、海外モノのはずなのに内容が思いっきり日本のBL展開っていう違和感…。スタイリッシュな絵で年下ワンコ攻め×大人の美人受けのカップリングを純粋に愛でるだけなのであれば舞台はどこでもいいのかもしれないけれど、せっかく舞台がNYCなので、「NY感」をもっと満喫したかったなぁ。

このお話は大人な色気の年上受けと子供っぽく分かりやすい年下攻めのラブが軸で、大人として振舞おうとするリースの葛藤や、タバコを吸う仕草一つにしろ、リースを「大人っぽい」と感じるジミーの萌えシーンが印象的に描かれています。 アメリカンも年甲斐を意識したり、年上にドキドキしたりするんですね。←とんだ偏見。

ただ、ジミーが性的なキスや肉体関係をリースに迫る段階で、互いの性指向を確認しないのは不自然に感じました。BLだから成立するけど、性自認に対する個々の意識が高そうなNYで、確認のないままセックスに流れる状況って普通にあることなのでしょうか続き。同時収録作もそこがネックで 存分に楽しめませんでした。どちらも受けの芽生えがテーマ…?

リースのトラウマ解消への第一歩が、人の温かさに触れたことだっていうのはシンプルだけど深いと思います。ジミーと出会ったことですっかりトラウマが解消されたわけではなくて、少しだけ前に進んでみようという気持ちにさせてくれたことに意味があるんですね。

サクサク読めますが、人物の表情、キャラクターがストレートすぎて、妄想好きには少々萌えにくかったかも。絵で魅せるシーンはたくさんあるけど、セリフに掴まれるシーンが一つでもあったら、評価がかなり変わったのではないかと思います。

1

ドンピシャ

とにかく魅せ方が上手だなと思った。
お話自体は至ってシンプルなのだけど、
出会いから、好きになる過程、気付き。
それから。
順を追っていく過程がどれもキュンとさせてくれる演出が多かった。

人の財布を盗むなんて日常。
別に悪いことだなんて思っていなかった攻。
受との出会い。
その受が抱えた心のトラウマ。
最初は腹が立って、ムカついて。
でも、いつのまにか「あれ・・・え・・・」
落ちていたという表現がすっとくるような恋に落ちる瞬間。
あれよあれよと受を好きになって
つられるように攻を好きになる受もまた良い。

年の差カプの濡れ場も好き。

作画が好みなのもあるのですが
こういう描き方の作品がこの上なく好みなんだなと
再確認できた1冊でした。
もっと読みたかったなー萌えた(*>_<*)ノ

3

綺麗

綺麗な映画を見ているよう。絵も綺麗だし話も綺麗。ただ綺麗にまとまってて人間臭さとかはなく、クセにもならない。さらっとしたお話。トラウマ持ちフェチなので設定はたまらなかった

1

元刑事×スリ

アメリカンドラマのようなお話です。
スリで生計を立てている攻めが、スリ行為を元刑事の受けに見つかり、その腹いせに受けの家に空き巣に入る、という展開。

サクッと流れだけ書いても攻めがクズすぎるキャラなのですが、このクズがどんどん可愛く見えてくるマジック。良くも悪くも人間臭く、クズながらの魅力がある攻めも、体温の低そうなキツい顔立ちの受けも、どちらもセクシーで、大人の男の色気がムンムンでした。
作品自体もなかなか良かったですが、何より絵が素晴らしかった。評価としては絵が神、内容が萌寄りの萌×2といったところです。

とある事情から、他人を家に入れられないというトラウマのある受けで、そのトラウマが攻めのおバカな行為によって呼び覚まされるのですが、その後そのトラウマがなぁなぁになってしまったことに少々引っかかりました。そんなトラウマがあった割には、スリだと知っている攻めのことをふつうに家に招き入れているし、攻めと出来上がったあとに至ってはまったくトラウマが消えちゃっているような。トラウマについての決着が欲しかったな。


同時収録作が1点。こちらは過去にいざこざのあった同士続きの再会ものです。カップリングは俳優のエージェント×鳴かず飛ばずの売れない俳優。
エッチシーンはなかったけれど、描き下ろしの短編によるとエージェント×俳優という組み合わせのようです。昔受けにこてんぱんに言われたのをきっかけに受けのことが気になりはじめた攻めが、なかなかドMちっくで可愛げがあって萌えました。

4

二人の表情に萌えまくり

評価が高いので読んでみました。

ストーリーよりも何よりも彼らの表情に萌えまくりました。
なんといってもちょっとヤンチャな年下ワンコ系のジミー(攻め)
顔に何もかも出ちゃうタイプとリース(受け)にも思われているだけに、でかい図体の男がしゅん・・・・としたり、必死になっている顔がとにかくカワイイ。
特にぽろぽろ涙をこぼす泣き顔はズルイ。
こんな顔されたら、そりゃリースだって許すしかないよね・・・って思いながら読んでました。

そしてリースは「すらっとして色素薄い系で目元が色っぽい」とジミーが評しているように、美人系の目元に色気を湛えた人物。
元警官で相棒が殺された過去&トラウマ持ちのせいか少し表情に影が見え隠れして、ジミーほど表情を派手に変える事はないんだけど、ジミーの直球表現にあてられた時に思わず出ちゃう表情がこれまた絶品。

絵が綺麗だからこそ、細かい表情の違いを楽しむ事ができます。

ストーリーはリースが元NY警察官という事もありNYPDブルーみたいな海外ドラマをちょっと思い出しました。
リースのトラウマのきっかけでもある相棒の命を奪った襲撃犯人の手がか続きりを掴んで、逮捕まで行く骨太なものを勝手に想像していたけど、途中からそれには触れず、彼らの恋愛模様のほうに重きをおいて描かれていたので、あれ?あの話とトラウマ解消はもういいのかしら・・・?と少し釈然としない思いが残りました。
これに関してもしっかり着地点があれば文句なしの神でした。

5

美しい絵と美しい年下攻め

韓国では出生時に絵うま検査が行われている……みたいなTwitterジョークがありますけど、ほんと韓国からの黒船BL作家さんは絵がうまい。正しすぎるしうますぎる。だいたい美大出で外国人体型の男性を描くのが特にうまくてTwitterかTumblr見るとサスペンス系の洋ドラの流血絵がいっぱい上がってるイメージ(偏見)
ただそういう海外作家さんはGuilt|Pleasure=サン(おふたりはタイワニーズですけど)みたいにガチガチサスペンス! ヴァイオレンス!! みんなしぬ!!! みたいなBLというよりブロマンス寄りのイメージがあったんですけど本作はめちゃくちゃBLしてて萌えがあった。絵がうまくて萌えがあるとか隙がない。

ストーリー……ストーリーはですね、「年下デカワンコ×トラウマ持ち美人」という設定から想像してもらえればだいたいそのとおりです。といっても言葉選びや味付けにセンスがあって陳腐ではなく、属性が合う人には安心しておすすめできる一品。年上受けに敬意を払いつつ、ときには強引に迫るタイプの年下攻め、完璧です。年上受けが好きすぎて思わず泣いちゃう年下攻めほんと最高だな……。でも泣いて続きる年下攻めに対する受けの反応は「もしかして俺に自分のことを可哀相だと思ってほしいんじゃないよな?」そうそう! これこれ! 正直攻めのことはめちゃくちゃかわいく思ってるけど、言うことは言う年上受けが好きなんですよね……。良い飼い主だ……。そういうわけでキャラクター造型もドツボでした。

ところでわたしマンハッタン舞台のマンガが大好きなんですが、本作は別に舞台が東京でもなんら問題ない感じで、そこだけは少し残念……。ただ、海外の方が描く東京ってどうしても違和感があるし、かといって韓国が舞台だと意外に想像しにくいし、アジアの作家の方が描くにはアメリカはちょうどいいのかな。次作もマンハッタンが舞台なら、あの希望と閉塞がゴチャゴチャの街角と人々をどっぷり描いてほしいなあ。それで明るくBLしてくれたら唯一無二って感じだ。

しかしBLでは翻訳者の名前は出さないもんなのかな~? 本作にもクレジットがなかったけどすごく自然でうまい訳だと思いました。

6

独特な世界観が魅力的

表紙があまり好きではなくて(いや、失礼)購入に至らなかったのですが、評価がめちゃめちゃ高いので興味をそそられ購入してみました。

ネタバレ含んでいます。苦手な方はご注意を。





主人公はジミー。
表紙の向かって左側の黒髪の彼。
ジミーが地下鉄(地下鉄という表記は出てきませんが、「14番街 ユニオン・スクエア駅」という表現がされているので地下鉄だと思われる)の電車内でスリ行為を働いたときに中年の男性・リースに取り押さえられてしまう。

スリ行為を見逃す代わりに仕事を手伝えとリースに連れていかれるジミーですが…。

というお話。

はじめは好奇心でリースの家に忍び込んだりするジミーですが、リースの優しさや彼の顔に惹かれ、徐々に恋心を抱くようになる彼の恋心がなんとも可愛らしい。

リースの儚げで不安定そうな雰囲気。
リースの元警官という過去。
そして彼の抱える過去の事件から引き起こされるトラウマ。

徐々に見えてくる彼の過去と、男気。優しさ。
そういったものにぐっと引き込まれました。

そんなリースに恋をしてしまったジミーのわんこぶりも続きなんとも良い。

リースに向けられる好意と情熱。そうしたものに、少しずつほぐれていく彼のトラウマと、相反するように与えられる安心感。そんな最中に暴露してしまったジミーの「罰」。

ストーリー展開が非常にお上手で、またふと見せるしぐさや表情の描き方や見せ方がとてもいい。
シリアスな雰囲気になるかと思いきや所々で入るギャグもナイス。重すぎずコミカルすぎず、ないい塩梅なんです。

独特な絵柄と雰囲気がこの作家さんの持ち味なんでしょうか。

良くできたストーリーゆえにちょっと気になった点も。

ジミーはゲイっぽい。けれどリースはノンケさんなんじゃなかろうか。
そんな彼がジミーをあっさり受け入れるのにちょっと違和感を感じた。
それと過去の事件について。
もう少し描き込んでほしかったなあ…。これってもしかして続きがあるんでしょうか?
リースの過去の事件や、警官に復職するのか否か、も含めて、続編が出ると嬉しいです。

オジサン受け、ってあまり好きな設定ではないのでどうかなと思っていましたが、独特な世界観が非常にツボでした。



5

す、、すごく良かったです…

ネタバレありです。
あーーー、久しぶりにこれこれこれ!と、思う作品。かなりツボでした。
表紙を見て綺麗だなあと思って、そのまま衝動的に購入したのですが、本編の絵も表紙と同様美しい…。絵も美しいですが内容ももちろんよかった。
なーんの前情報もなく買うのが久しぶりだった為、最初受け攻め逆だと思ってました。
というのも受けのリースの登場が余りにカッコ良すぎて(ジミー(攻)がスリをしてるところをリース(受)が取り押さえる)
最初てっきり黒髪が受けでやんちゃ受けかなーなんて勘違いしてたのですが、まさかの(まさかでもないか)年上受け。いやーーー、ありがとうございます!!
で、スリを見逃してやる代わりに一つ頼みごとを聞けと言われた(攻)は、一日(受)の仕事先の本屋で着ぐるみバイトをやらされるわけですが、(攻)はどうにも腹の虫が収まらず、(受)を尾行して自宅を突き止めて、何か金目のものでも盗んでやろうとするわけです。
が、部屋に忍び込んだところで(受)が元警察官だったいうことが判明し、やべえ、となり結局何も盗らず逃げ出すのですが……

とにかく作品全体通してリース(受)が色っぽいし、続きジミー(攻)は一好きだと自覚すると一気に突っ走るところがワンコっぽくてかわいいわで…
「すらっとして色素薄い系で目元が色っぽい…」とジミーがリースのことを評していますがそうそうそう!って、全力で同意しました。
とにかくリース(受)がかっこいいし色っぽいんですよ。でも、ある事件がきっかけでリースにはトラウマがあり、弱いところもあってそのギャップがまたぐっとくる。
ジミーはジミーで一応察しはいいので、そんなリースのトラウマにもすぐ気がつくわけですが、「嫌われたくないし家に忍び込んだことは黙ったまま、リースにもっと近づきたい」ってもう完全にフラグ立てまくりで、いつリースにバレるかドキドキしてたら、まさかのwwwジミー、おいばかwwうっかりリースの部屋のこと口走ってバレちゃうとか間抜けすぎてwwあーーー、でもここで(受)があっさり許したりしないところがまた良かった。
そして、紆余曲折あってジミーが泣くところはもうリースと一緒に呆然としてしまったw
ごめんな…ひゃい!はいかわいい!!!
自分だったらこんなジミーの姿を見たらほだされて許しちゃいそうなもんですが、リースのトラウマは根強かった…
ジミー「もう仕事をやめるよ、きっと俺のことは見たくもないだろうし」
リース「お前が仕事をやめる必要はない」
ジミー「そ、、それって…」(ここの、もしかして、許してくれるの?と言いたげな表情が切ない)
リース「俺が辞めるから」

ずーーーーーーーんwwww

描き下ろしはほんともうご馳走様でした。桃色シーンのリースの感じる表情ほんと…はああぁぁぁぁ…もうぜひ読んで確認していただきたい。
あ。読み切りもすごく続きが気になる二人でした。もう作家買い決定だなー、というくらいツボな作品でした!!!!!

6

買って損はない作品

これがデビュー作?!とびっくりした作家さんです。
海外の作家さんなので、文化の違いを漫画という日本の文化で感じることができるところも面白かったです。
まず絵が綺麗。隙がない感じ。個性を感じつつも今流行の作家さんの絵や雰囲気に近しいスタイルなので、抵抗感なく読むことができます。
ストーリーも面白いのですが、もっとキャラクターの過去だったり、個性を掘り下げてもらう事が出来たら100倍面白くなりそう。
海外ドラマのBLを見ているような感覚があるかも。
エッチ度もそこそこあるのですがあまり多くないです。多すぎるとぐったりする作品もあるので、ちょうどいいと思いました。面白かった。

4

すごい作家さん

ほんと最高すぎ。
美しい絵柄で、丁寧に描かれる二人のドラマに入り込んじゃいます。シリアスかと思いきや、ちょっとしたところでギャグもありつつ、萌えるところは最高ーーっに萌えます!!!!
この作家さん、本当にすごいです。

3

単館上映の短編映画みたいで好き

人物像の描写や話の展開が静かで繊細。
2人の過去と生き方が交錯していく様は、まるで単館上映の短編映画みたいでとても良いです。
絵柄はジミー同様リースの顔が私の好みにどストライクなのでそれだけで大満足なのですが、全体的に線が丁寧で美しい。具体的にはサラサラ金髪ツヤツヤ黒髪、体脂肪少なめ胸板厚なのにスラリと長い脚、が素晴らしいですよ。
惜しむらくは、書き下ろしにある絡みでしょうか。単行本にするなら絡みも欲しいでしょ?書き下ろしで入れておいたよ感が。そこまでして必要かな…いや、要る。欲しいよそんなん。リース受けありがとう。
同様にラッキー・ビルも良いです。
こういう海外が舞台の話大好きなので流行るといいなぁ。
CTKさんは非BLの方がイロイロ描けるだろうけど、BL、非BL共に今後の期待相当です。

7

Theアメリカの若者×渋い大人のオシャレで色気のあるラブストーリー

アメリカを舞台にした渋い元警官とイマドキでやんちゃな若者の色気たっぷりのラブストーリーです!!
萌えましたーー!!!
絵柄も世界観もとってもオシャレで洋画みたいな雰囲気です。
元警官のおじさん受けは果たして何歳なのでしょうか?!
渋くて大人で寛容な受けも魅力的だし、若さ有り余りすぎて突っ走っちゃうけど情けないところもカッコ可愛い攻め。
攻めの情熱にほだされちゃう受けにも納得だし、とってもナイスなカップルでした!!
過去の事件のこともちらっとしか出てこなかったので、ぜひ続編希望です!!

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ