アラブのホテル王を抱くことを、僕だけが許されてる

濡れた王は千夜一夜の夢をみる

nureta ou ha senyaichiya no yume wo miru

濡れた王は千夜一夜の夢をみる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×219
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
165
評価数
45
平均
3.8 / 5
神率
22.2%
著者
おもい央 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784801969315

あらすじ

舞台は現代日本・東京。

ホテルマンの時生は桁外れの富豪・アザムに見初められ、スイートルームで一緒に生活する羽目に…!?
横暴な態度や突然のキスに振り回されながらも、見惚れるような美貌からまれに「デレ」を浴びると、ついときめいてしまう。
「可愛い。」
アラブ王に似つかわしくない感情を時生は抱き始めていた。
そうしてアザムを意識するほど、時生は何か大事な過去を忘れているような気がして――…?

千夜一夜に囁いた愛が、離ればなれになった二人を結ぶ、ラブ・ロマンス。
描き下ろし「後日譚 寝起きフェラえっち」収録!

表題作濡れた王は千夜一夜の夢をみる

日輪時生,高級ホテルドアマン
アザム・マジード,石油王の息子で次期社長候補

その他の収録作品

  • ドアマンは蜜月の夢を見る(描き下ろし)
  • カバー下おまけ漫画

レビュー投稿数11

美しく耽美なデビューコミックス

こちらが作家さまのデビュー作との事で非常に驚いています。
繊細で耽美で美麗な画、予想をしていなかった展開へ広がるストーリーと、本当に完成度が高いデビューコミックスです。
ドアマンとして働いていた時生が、勤務先のホテルの次期社長候補と言われているアラブの石油王の息子・アザムに見初められ…と、始まりはコミカルなのです。
そこからポンポンと恋愛に発展して、時生がアザムをでろでろに抱いちゃうのかな〜なんて思っていたんですよ。
いやいや、そんな簡単なお話ではなかった。
どちらかというとシリアスめの雰囲気です。
各話毎に過去の記憶が断片的に現れてハラハラし、最終話の手前で焦らされ、そしてラストへ…
とても丁寧に練られたお話だと思います。
初見で驚いて欲しい気持ちが大きく、ネタバレを躊躇してしまいます…
読後はきっと、初めに感じたあらすじと表紙のイメージとは異なった感想を抱くのではないでしょうか?
トラウマ救済BLがお好きな方や、予想が出来ない展開のお話がお好きな方におすすめの作品です。

そして、受けのアザムの一途なツンギレ襲い受けっぷりと、攻めの時生がどんどん執着攻めとして覚醒していく様子も見どころです。
麗しくも雄々しいアザムが、口悪いながらもだんだん可愛くなっていくのがたまらないですね。
ただ、アザムが幼少期に兄によって性的虐待を受けていたり、セックス時に時生による首絞め描写があるので、人によっては苦手要素もあるかなと思います。
私も兄は受けになって欲しい。

アザムを時にはさり気なくこき下ろし、時には母のような眼差しで見守る、お世話係のアブドゥルさんが良いサブキャラクターで大好きでした。
あとですね、手の血管の描写が画力の高さも相まってとっってもセクシーです!
これは好きな方もきっと多いはず。
服のシワや筋肉の筋も美しく、こちらも必見です!
紙本は細い白線と薄トーン修正なのですが、アザムの褐色肌に映えて逆に大変色っぽい事になっています。
ぜひ!紙の本で読んで頂きたい…!

8

作画の美しさが相俟って耽美的な印象

おおぅ…(´⊙ω⊙`)
情報量の多い作品で感情処理が追いつかない;

試し読みのイメージだとコミカル寄りの印象でしたが、単にアラブのホテル王に気に入られただけの逆玉の輿系のストーリーではなくて。すべての始まりとなる過去の記憶が小出しされる度に2転3転と驚き、最後の最後まで目が離せず楽しませてくれました。

特筆したいのが、アラブ受けの
+゚。* 美 *。゚+
+゚。* 美 *。゚+
+゚。* 美 *。゚+
もうね。試し読みやインタビュー記事見て下さい。
繊細なまつげ、佇むオーラ。
艶めかしい筋肉美ーーー!!!(∩´///`∩)~333

内容が耽美な印象があって作画の美しさとの相乗効果がありましたね。過去回想シーンは残酷さと共にぞくぞくっとする美しさがなんとも言えない気持ちになりました(;///;)読者の感情まで惑わす美しさは罪や…。

あと攻めオーラのある受けなので、時々脳がバグを起こして攻め受けの認識があやうくなるセリフやらキスのポジションやらに思わず笑ってしまうw個人的にはそういう部分も楽しかったです。

(性的虐待シーンがありますので苦手な方はご注意を)


さてさて。

攻め:時生。高級ホテルのドアマン。人当たりが良く人畜無害な雰囲気の青年です。この人の引き出しが多くて感情振り回された…。(インタビュー記事ではヘタレお兄ちゃんと書かれていました。)

受け:アザム。石油王の息子でホテル事業を任されることに。上に立つ者の風格と暴君っぷりは攻めオーラ満載で・す・が!受け!!ギャップ良きヾ(*´∀`*)ノ

時生はアザムから出会った瞬間に「俺の嫁になれ」と命令され、否応なしに嫁にされそうになり。納得出来ないまましぶしぶホテル内で軟禁状態にされた初日の夜、アザムがアナニーをしているのを目撃してしまってーーーと始まります。


始まりは"アラブ~!!!"って感じのコミカルさなんですが、2話目からジワジワと話向きが変わっていくのですね。お話の構成が上手いのですよ。1話毎に過去の回想を少しずつ少しずつ出していって、物語の核心に迫っていく。最後の最後までアッと言わせてきてゾクゾクっとしました。

再会モノでアザムが日本に来たのは時生に会うためだったんですが、時生はアザムと過ごした日々を完全に忘れています。時生が忘れてしまった理由は徐々に明かされるんですが、アザムが性的なトラウマを持っていることと深く関わってくるのですね。

これがも~~~~色々と衝撃で!!!

幼いアザムは兄から陵辱されていました。そんな中で唯一の拠り所だったのが時生だったのですね。(なぜ時生とアザムが知り合ったかは描かれておらず。一緒の布団で寝て読み聞かせをしたりお世話係みたいなことを時生はしていました。でも敬語で話していないから純粋に友達…?立ち位置が謎…。)

アザムが兄から何をされているのか、時生は知っていましたが何も出来ませんでした。行為が終わった頃に泣いて眠るアザムをそっと取り返しに行くだけ…。しかしその状態のアザムを残して日本に帰ることが決まってしまい。。。時生は心の奥底に記憶を閉じ込めてしまっていたのです。

上にも書いたのですが、残酷さと喪失感とアザムの涙が……痛いんです。切ないんです。こういった表現は適切じゃないかもしれませんが、多くを語らない耽美的な美しさを感じてしまいました。鬼畜兄と幼い時生の会話にこの物語の肝があってゾクゾクするんですよ(;ω;)時生の印象がガラリと変わる…。肝が据わった恐ろしい子…。

あと兄の存在感がすごい。ただの外道のままでいてくれたら罵ってやりたいのに…憎めない感じになっちゃって感情が迷子…。(カバー下で兄について言及されてるから尚更)

そんな過去を踏まえて出会った現在。アザムは強気に嫁にすると言う割には肝心なところでヒュッと引いちゃうし、時生は記憶を取り戻すけれど段々とおかしな方向へ行っちゃいます。

私は時生を知れば知るほど怖かったです…。
封じ込めた記憶とともに本来の性格も閉じ込めてたのかな?と思いました。

アザムは俺様受けかと思えば健気可愛くなるし、可愛いかと思えば暴君だし、いじらしさが可愛くて可愛くてでもカッコいいみたいな。(伝われ…!) あとエロイ。体がエロイ。開発されまくった体でエロイのに時々性的トラウマが影を落とすんですね。子供の時の姿とダブって切な気持ちにもなる。いやはや良き受け様でした…(;人;)拝

6

絵も綺麗でストーリーも良かったんだけど

セッ中の受けの言葉遣いがただのチンピラで凄く気が散ってしまった…!
途中から、ギャル男受けの本読んでたっけ?となってしまいました。
もうちょっと王様の言葉遣いに品があれば最高でした!
パーティーの告白シーンがとても素敵だった
ので、そこから余計に気になってしまいました。。笑

2

美しかったです

褐色でガタイが良い受けのアザムが美しく、色っぽくて最高な作品でした。

アザムが次期社長候補として登場した時は傲慢で俺様でしたが、実は子どもの頃に兄から性的虐待を受けていた可哀想な人です。

そのアザムの小さい時に一時期側に居たのが、攻めの時生なんです。

時生もホテルのドアマンとして登場した時は、押しに弱い人の良さそうな印象でした。

時生が記憶に蓋をしていたアザムとの思い出を再会して思い出してからは、徐々に2人の印象が変わって来ます。兄のベッドからアザムを連れ帰る時生と兄とのやり取りとか、時生の表情にゾクゾクしました。

アザムと時生の仲に嫉妬した令嬢にアザムが刺された事から、アザムは時生に別れを告げて自国に戻ります。アザムは時生を守る為に別れを切り出しますが、一旦は納得したかのように時生は元の仕事に戻ります。

アザムの国にあるホテルの本店に無理矢理転勤してました。激怒して帰れと言うアザムに、アザムがいなければ死んでなくても生きているとは言えないと熱烈に告白してました。

可愛いアザムと予想外に肉食で男らしい時生の、受けの方が攻めより体格の良いカップルでした。

カバー下を読んでますますアザムの兄に興味を持ちました。スピンオフを是非お願いします。

1

褐色スパダリ男前受け

アラブの石油王攻めはたくさんありましたが、受けは珍しくて良かったです。
前半はギャグかな?と思ったら、話が進むにつれシリアスに。

アザムは幼い頃、歳の離れた兄に性的イタズラをされていて
それが忘れられないトラウマになっています。
その描写はとても心抉られるとともに、ぐっときました…。
攻めも、凡人かと思いきや芯がしっかりしているし、昔から強かでしっかりした人でした。かっこいい。

エッチ描写はわりと少なめですが、画力があって濃いので大満足。
首絞めプレイがあってドキドキしました。

かっこよくて褐色でガチムチでスーパー攻め様って感じのキャラの受けが見たい人におすすめです。
私もそういうタイプの受けが好きなので、とても良かったです。

1

褐色肌はエロい(当社比)

庶民ホテルドアマン×アラブのホテル王

褐色肌俺様受の乱れる姿が…エロすぎます。
普段は偉そう(実際めちゃくちゃエラい)なのに
攻に押し倒されてからはもうね…エロ甘。

絵が巧いのです。
アラブの王子様下まつげバリバリの超美形です。
対して庶民派な攻くんは地味ですがイケメンです。

幼い頃に出会っていた二人。
辛い過去を忘れて欲しくて離れたのに…
とある言葉を鍵にして忘れていた記憶を呼び覚まし。

波乱万丈な過去と出会い・そして別れからの再会。
絵柄の美麗さと相まって、とってもドラマチックなお話だと思います。

そして裸体が肉厚で素晴らしいです。
Hシーンは結構ボリュームがあってエロは楽しめますうふふ(*´艸`*)

カバー下に登場人物の一コマがあるんですが
私としてはアキラ(21)×支配人(42)の組み合わせ激推しです!
是非ともスピンオフを~っ✨
オールバックメガネの支配人が乱れる姿を見たい…読みたいです!

0

受けの過去が重くてツライ

おー、そっちが受け?って感じでワクワクしたのですが、
受けの過去が辛過ぎました……
紆余曲折あってのハッピーエンドで、全体的にみると素敵な話に思えるのですが、結構仄暗いエピソードが多いです。


ホテルマンの時生は、ある日、石油王の次男・アザムに見初められます。
スイートルームで軟禁生活を送る時生は、アザムの後ろを使った自慰を目撃してしまいーー…!

腹筋バッキバキの褐色イケメン受け!と喜んだのですが、
アザムのお尻が疼く理由が重かった……
大きくネタバレしますが、アザムは兄から酷く一方的な近親相姦を受けていました。
あとがきまで読まないと分からない設定なのですが、
兄は自分が受けた屈辱を弟にも与えていた、心の弱いペドです。

ずっと、兄とアザムの関係性がよく分からなくてモヤモヤしながら読んでいました。
うーん。本編から読み取れない設定っていかがなものでしょう?

そして、兄に抱かれた小さなアザムを兄の部屋まで迎えに行っていたのが、幼い頃の時生。
うん?何でアザムの家に時生が居たのか?
ここもよく分からないんだよなぁ^^;

幼いアザムの心の拠り所ーーそれが時生です。
でも、アザムが時生を想う度、兄に抱かれた忌まわしい記憶思い出して苦しむと思った時生は、アザムの手を離してしまいます。

ここもね、幼い時生にはどうすることもできなかったのかもしれないけど、なんか酷くないっ?て思ってしまった。
そして、時生はアザムの幸せを祈りながら、自分の記憶にも蓋をしてしまうのです。
ーーって、いい感じにしてるけどやっぱり酷くない?

それでもずっと時生を忘れなかったアザムが迎えに来るんです。
でも、時生はアザムを覚えてない……
強引だけど寂しがりやなアザムが可愛いんだよ。
一途な襲い受けですよ!

初めは拒否ってた時生も、自慰を見た事でアザムを意識します。
そして、ある言葉をきっかけに記憶を取り戻した時生。
そんな時、アザムが刺される事件が起こりーーという展開。

このままハッピーエンド?と思ったらもうひと騒動。
しかも、この事件をきっかけに、時生を危険に晒したくないアザムは時生から離れていくのです。

自分がした事が、今度は時生自身に跳ね返ってきます。
でも内心、離れる必要ある?って思っちゃった……
なんだかとっても焦ったい。
最終的には、アザムを諦めなかった時生が追いかけて来てハッピーエンドに向かいます。

実は時生も結構ダークな一面があったり、ちょっと盛り沢山すぎた印象が否めませんでした^^;
ハッピーエンドなのですが、何だか手放しで喜べなかったです。
一見すると素敵な物語なんですけどね……

ちなみに、大人になった兄は登場しません。
ここはホッ。

4

前半と後半の印象が異なる作品

初読み作家さん。
良い所もたくさんあるけど、全体としては色々と惜しい作品でした。

幼少期の記憶があやふやな日本人攻(時生)と褐色アラブ王受(アザム)の再開モノ。
過去と今、「君のため」を理由に、独りよがりに相手を遠ざけあう切ない系のお話。
幼少期の記憶をすったもんだしながら、最後はきちんと話し合い、一緒に生きていくことを確認するラブ&セレブ&アラブな作品です。

もちろんハピエン。
表紙やタイトルでご想像の通り、エロも十分。絵も綺麗。
純情暴君受感もバッチリ出ています。
雄みのある受。大変結構。
特に中盤の入浴エッチはアツいです。
受が攻を捕食するかのような大迫力を楽しめます。

うん。でも。これ。

めっちゃ闇属性BLだった。

読めば読むほど、登場人物の皆さんの闇を感じる。
しかも一見普通そうな雰囲気だったから、心の準備ができてなかったよ。
封印した過去あり、近親相姦あり、刺傷事件あり、絞首プレイあり……
というわけで、前半と後半で印象が異なる作品でした。

プラスちょっとトリッキーだなーと思った箇所が何点かあって、
① 攻様のスイッチの入り方がわからない

暴君アザムの「俺の嫁になれ」宣言後、ホテルに軟禁されていた時生。
アザムの強引さに驚きや戸惑いを感じてはいても、時生からアザムへのラブの素振りはまだほとんどありませんでした。
しかし発熱しているアザムの看病中に、急に発情してアザムとエッチな展開へ。

なんで??どこでエロスイッチ入ったの??

その後も特にラブラブな感じはなかったのに、
社交パーティーでは当て馬女子に向けて堂々とアザムの伴侶宣言をする時生。

だから、どこで嫉妬スイッチ入ったの??

おそらく幼少期の記憶とか、本能的に惹かれたとかそんな感じかなとは思うのですが、完全に説明不足。
結局、行動のよめないエキセントリックな攻という印象になってしまい、イマイチ時生の感情に乗り切れませんでした。


② プロポーズの直後に真逆の主張

なんやかんやで心を交わすようになり、中盤のセックス後、アザムは時生にプロポーズします。
「この命果てるまで俺はおまえと共にあることを誓う」
感動的ですね。良い言葉です。

しかしその直後にヤンデレ当て馬女子による刺傷事件が起こると、
アザムは「お前とは一緒にいられない」とすぐさま婚約破棄を申し出る。
理由は、「自分の傍にいると時生にも危険が及ぶから」。

えー?!「命果てるまで共にある」って、アザムのあらゆる状況も想定しての言葉ではなかったの?
と驚きです。
本当、アザム様、最初の超強引な勢いはどうしたの??
気持ちはわかるけど、こうも簡単に覆されると、言葉そのものの価値を下げてしまうのでは……??とモヤモヤ。


他にも、
なぜ時生はかつてアラブ王ご子息の寝室に出入りできていたの?とか
コールボーイを呼んで遊んだ意味は?とか
ヤンデレ女子さん、アザムを刺しておいてさらに時生にこの態度なの?とか
「?」ポイントが作中連発。
でも、納得できる説明はなくて、その代わりにあるのは千夜一夜物語や、人工山での人工降雨の話とかで。
そこじゃない。
欲しい解説はそこじゃない。

とまぁ、モヤモヤを抱えながらのゴールとなってしまいました。

ちょっともったいない。
設定てんこもりだったせいもあるのかな。

絵は綺麗、雄っぽい受は好みだし、エッチシーンもエロくて素敵でしたので、次回はもう少しシンプルでわかりやすいお話を読んでみたいです。

4

美麗です。期待のホープ

電子で連載されている時からまとまるのを待っていた作品。
すでにアツいレビューが上がっていますので感想だけ…

まとまるのを待って…いざ読んだのですが、第一印象は「あれ?こういう話だったの?」というもの。
あんまり良い意味でなく。
冒頭の「トンデモ俺様アラブ」に興味があったので、読み進めてどんどんシリアスになっていった時「あれれ」となってしまった。
シリアスが嫌いなわけではありません。逆に好きな方だけど、要するにストーリーの組み立てのバランスがあまり良くないんだろうと思う。
それに、内容よりも長く感じた。
これは、絵の美麗さとはまた別の「画力」というか、絵一枚、眼の表情一つで内容を語ることがまだ出来ず、「話」が長くなっているんだと思う。
その上色んな要素を詰め込みすぎたかも。
例えばアザムを襲う女とか。この話はマジいらない。
でも、こちらがデビュー作なんですよね?それを考えたら十分すごいですね。
これから大いに期待したいです。
絵柄は非常に美麗。ただし私は電子の表紙の方が好きだったのに〜…

3

待ってたこんなアラブ受け!!!

GW明けの仕事が辛過ぎて、5/7 早朝5時に読みました!!!

原油暴落した石油王が受けにというような内容をSNSでみましたが、わたしは絶対っっっっ!!!美貌も財力も知力も兼ね備えた横柄アラブ受けが好きです!!!!!!!!!!!!

車から降りた途端、鳩がおそらく趣味の一つであろう鷹狩りのごとくとまるアザム!!
長身美貌と輝く尊大さを見せつけてながらの登場です。いきなり、時生にプロポーズ!!!

しかも、アザムに入るなと言われた寝室をこっそり覗くと、なんと後ろを自分で慰めてる!!!これだけで期待感バリ上がりました!
時生は上司に退職土産にもらったボラギノールが役立つことがなさそうで一安心。

アザムの滑らかな肢体に聳えるお乳首、美しすぎる!!!!!!!!
お胸のいただきはそれほど出てこないのですが、電子で買ったわたしは最大限に拡大してスクショしました!!!!
おちくびこそ我が生命力!!!!

いろいろ盛り沢山ストーリーなので、もっとエピソード絞ってもよかったのではらないかと思います。仄暗いアザムの実兄とか、、
すごいなーて唸る痺れるコマたくさんあるのに、ちょっとまとまりなく唐突なくとこがあって、ひたすらもったいないなーと思いました。

ギャグ寄りで突っ走っしるか、エロましましにするか、シリアスでいくなら、もっと絞ったほうがよかったなーと思います。

それでも、お金を出して買う価値ありです。
絵柄最高です。

期待の新星現れました。
おもい央先生、次おちくび増し増でお願いします。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う