コワモテだけど、少女漫画みたいな恋に憧れる!

ただただ好きというだけで

tada tada suki to iu dakede

ただただ好きというだけで
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×249
  • 萌25
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
22
得点
432
評価数
113
平均
3.9 / 5
神率
27.4%
著者
ときたほのじ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865893922

あらすじ

独占欲が強いイケメン王子様
×
恥ずかしがり屋の純情ヤンキー

こう見えて、ひんひん鳴きます。

荒くれ者が学園イチの人気者に
エロかわいく乱されちゃう

他校の不良達とケンカに明け暮れていた荒くれ高校生・十時 猛(ととき たける)。
ガタイの良さと、いかつい顔のせいでクラスでは鼻つまみ者。
そんな彼の想い人は学園イチの王子様・吉澤テオ(よしざわ)。
吉澤の姿を見る度に胸を高鳴らせ女の子みたいに頬を染めていた。
ある日突然、十時の片思いに気付いた吉澤に「恋人ごっこ」を持ちかけられてしまい…!?
ギャップがかわいい恋愛模様を楽しめるデビューコミックス。

表題作ただただ好きというだけで

吉澤 テオ,高校生,イケメンの優等生
十時 猛,高校生,純情ヤンキー

その他の収録作品

  • ただただ君を知るために

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数22

結局可愛い高校生で良かったです

かわいい!!!
ヤンキーもの大好きなので迷わず買いました!!
絵もすごくキレイでブレがない!!
え?これデビューコミックなの?ってくらい綺麗でした!

ヤンキーなのによく泣く…
しかも、涙脆いとかじゃなくて、攻めのテオくんへの気持ちを伝えようとしたり、
テオくんに試されちゃったりしたらついつい泣いちゃう…みたいな。

テオくんもいくら優等生でスパダリ感出してても、
受けくんヤンキーで喧嘩強くてガタイ良くても、
やっぱり高校生。
ちょっとチラチラ見える不器用なとこも良かったです。

そんな不器用なところもあるのに、
ヤンキーにありがちな敵チームが喧嘩売りにくるみたいなシーンでは
お互いを守るために頑張るところがまたキュンキュンでした。

全体的なストーリーはありがちかもしれませんが、
ヤンキーが自分のことになったら泣いちゃうっていうとこに私は萌えました(笑)

3

泣き虫ヤンキー、可愛すぎ注意報。

ときたほのじ先生のデビューコミックス。
男子高校生を泣かせたい性癖にグサグサっと刺さりました。
優しくされて惚れてしまうところや、直ぐにぽろぽろと泣いてしまう十時くんに、始終キュンとさせられてしまいました。
吉澤くんは、爽やか系のイケメン。
何と表現すれば良いのか迷いますが……普通に良い子で安心しました(女王様系だったらどうしようと思っていたので……)
お話の内容も、多少の衝突はあれどイチャイチャしている場面が多く、甘々系のBLが好きな方に是非、オススメしたいと思いました。
「こう見えてひんひん鳴きます」という帯の文句も素敵です。
表紙のイラストとのギャップが……♡

2

ほっこりする作品

元々短髪で目付き悪い子受けが好きだったため、書店にて表紙買いさせていただきました。
帯に書いてある煽り文を見るとがっつりそういう描写がされてるのかなって思うのですが、全編通すとそこまで多くの性描写があるわけではないように感じました。
しかし、とにかく受けの十時が純情で可愛いしテオが男前で素敵な作品でした!
お互いがお互いを思ってる幸せなカップルです。本当にふたりとも可愛い……!!
初めて人に薦めた商業BLです。

2

不器用で泣き虫な彼の恋に胸キュン

ときたほのじ先生デビューコミックス!
隠れ束縛系攻め×泣き虫強面受け

その見た目から望まない喧嘩を吹っかけられる日々。クラスには馴染めず孤立していた十時は、秘密の恋をしていた。
その相手は同じクラスのイケメン、テオ。
見つめていられるだけで充分だと思っていた十時はあることをきっかけにテオと急接近し、「付き合ってみる」ことになる。



お試しから始まった恋人という関係はテオが十時を知る度に深く、本物に変わっていきます。また、元々他人想いで優しい性格の十時は、テオと共にいられることで徐々に張りつめていた緊張を解き、今まで距離を取っていたクラスの仲間たちとも打ち解けていきます。
後半、十時は過去の精算のために因縁のあった不良と対峙することとなりますが、そのことでテオは怪我をしてしまいます。十時は当然責任を感じ涙を流しますが、テオと一緒にいたい、嫌わないでほしいと願う姿は読者としてもとても心が締め付けられました。自己犠牲の精神が強く、自分を守ることが苦手で一人で完結させようとした十時にテオが「頼ってくれないと寂しい」と言ってくれたシーンは作中で一番のお気に入りです!
また、描き下ろしではテオが十時を知るきっかけとなった場面が描かれています。無愛想なヤツかと思ったらただ不器用なだけ。それを自分以外は全く気が付いていないなんて、テオが十時に興味を持った理由も頷けました。

この一冊ですっかりときたほのじ先生のファンになってしまいました!
次作の「お前の恋は俺のもの」も素晴らしかったので、先生にご興味を持たれた方はぜひ読んでみてくださいね。

1

表紙や煽り文とは印象がちがうかも?

強面で周囲からは不良と言われているけれど本当はいい子でめちゃくちゃピュア!!というギャップにやられました…。
十時とっても可愛いです…。
そういうギャップが好きな方にはすごくオススメです!

イラストも終始綺麗です。
エロはありますがそれがメインではないかと思います。

欲を言えば、十時がテオを好きになった部分やテオの気持ちの変化など、もっと掘り下げてほしいなぁと思いましたが、少ない話数の中で綺麗にまとまっていて十分に楽しめる内容でした。

0

٩( 'ω' )و { 受けのかわいいところ3ヶ条 }

帯の購買意欲を煽る秀逸さといったら…!

表面の『こう見えてひんひん鳴きます』も目を惹きますが裏面も要チェック。
コワモテ男子・十時(受け)のかわいいところ と題して3点。

1. すぐ赤くなる
2. ベッドで乱れる
3. 恋人が大好き!

表裏の帯を見て可愛いじゃないか!と思ったら是非是非(﹡´◡`﹡ )

あ、もちろん、表紙の子が受けですよー!
嬉し泣きするし、悲し泣きするし、ベッドで極まって泣くし、
本当にひんひんしてますv
コワモテ男子の泣き顔にキュンキュンしました♪

内容はド王道、優等生とヤンキーの少女漫画みたいな恋 です。
昼休みの屋上・放課後デートや勉強デート・修学旅行と、高校生ワールドたっぷり。
ふゅーじょんさん発刊なので何か外してくるのかなーと思ったけれど、
良い意味で普通に可愛い高校生カップルでした。


強面でガタイが良く、売られた喧嘩を買ってるうちに
ヤンキーのレッテルを貼られてしまった受け。
友達もおらず、遠巻きに見られるだけの学校生活で、唯一攻めだけが話しかけてきて。
密かに恋心を抱いています。
しかし受けは無自覚でダダ漏れするタイプw
攻めと顔を合わせると赤面する受けなので、あっさり恋心がバレてしまいー。


ストーリー自体は割とアッサリした印象。
自分と一緒にいると悪く思われる!とヤンキー受けが離れようとしたり、
攻めと付き合い出してからクラスメイトと馴染むようになったり、
次第に女子人気が出始め、攻めがヤキモチを妬くようになったり…。
どれも優等生×ヤンキーCPでよく見るなーという流れではあります。

が、しかし!受けの可愛さにとにかくキュンキュンです///
"攻めが好き好き大好き!"が常にダダ漏れてるわ、
感情の振れ幅ですぐにボロボロ涙零すわ、(攻め関連のこと限定で)
攻めに嫌われたくないといういじらしさ。
ピュアで純情な健気さにヤラレました(∩´///`∩)

そんな受けを間近で見てる攻めもヤラレっぱなしw
受けは可愛いなーと微笑ましく眺めてます。
最初こそ余裕のある態度で接していたけれど、
受けの良さがクラスメイトに伝わりだしてから徐々に余裕がなくなって…。
ベッタリ引っ付いて独占欲を出すのが可愛かったです♪

ちょっとした喧嘩はするけれど基本ほのぼのと仲のいいカップル。
切なさ要素は薄めで、可愛さにニヨニヨする作品でした(﹡´◡`﹡ )

10

可愛くて純で男気のあるヤンキー受け最高!

とにかくヤンキーの受けが可愛くて仕方なかったです!!
女々しい可愛さじゃなくて男気があって攻めのことを大切に思うからこそなので、いじらしくて、攻めがコロッとほだされちゃうのも納得です。
攻めも完璧に見えてヤキモチ妬いてることも上手く出せなかったり、大人気ない態度を取ったりしちゃうところも未熟な高校生らしくてまた可愛かったです。
受けが攻めより長身でガタイが良いのも萌えます!
惜しいのは、受けが何故元々攻めのことをそこまで好きだったのかが描かれてなかったこと。
最初に受け→攻めへの想いがあったからこそ成り立つ関係性なのですが、その辺りが気になりました。
とはいえキャラの表情も豊かで、デビュー作とは思えない完成度の高さでした!!

3

泣き虫の純情ヤンキー受け、大変美味しかったです。

「こう見えてひんひん鳴きます」という美味しい帯の文字につられた方は、もしかしたらちょっと物足りないかも…。
煽り文ほど「ひんひん」はしていないです。

純情ヤンキー十時が密かに想いを寄せている吉澤。吉澤は十時の想いを見抜いて、もしかしたら自分はゲイかもしれない。男なら好きになれるか確認してみたいとお試しで付き合うことになります。
この攻めが腹黒でヤンキー君の純情を弄ぶような展開だったら嫌だなぁと思ったけど、吉澤も裏表のないいいやつで終始基本ラブラブです。なので読んでてほっこり。

純情ヤンキー受けが大好きなので、大変楽しく美味しく読めました。健気ヤンキー受けが好きな人にとってはたまらん一冊でしょう。
ヤンキー君が攻めの事を想うあまり身を引こうと思ったり、コワモテ顔なのにポロポロ泣いちゃったり、攻めよりも身長が高くてガタイがいいのに受けになるというのも、健気ヤンキー受けの伝統芸みたいなもんですがやっぱりいいですねぇ。眼福だし可愛い〜♡

ただ私は純情健気ヤンキー受けの神本として「獅子も〜」が大好きっ!!なんですが、受け攻めの容姿(両者の髪型や受けの八重歯)や女子にモテモテ王子様系×一匹狼の純情ヤンキーというキャラなど含めて既視感があり、新鮮さを感じられなかったところがちょっと残念です。

2

ガタイいい男前ヤンキー受け

主人公の十時がカワイイし、カッコイイしで最高でした。自分の好きなヤンキー受け。体つき良くて身長が高いけど攻められるの最高ですね。

エロ描写も女体化とかキャラ崩壊なく、顔は男の可愛いらしい部分を出して、体は男らしく描かれていたのでよかったです。
エロ以外の日常でも色々な表情をしていて、普段の男前な顔つきや少し笑った顔、アワアワしてる顔とか、はもちろん、同じ少し笑った顔とかでも描きわけがされ、十時の魅力が伝わりました。きっと作者さんヤンキー受けが好きなんでしょうね。軽い流血表現も萌えました。

ただ、逆に攻めの吉澤やストーリーが典型的で、特にエロ時の吉澤の十時に対する反応が固定的な感じがしました。
吉澤が読者目線に立ち過ぎてるのかな。
十時が好きになった吉澤の魅力をもう少し出して欲しかったです。メインキャラなのにモブキャラ感がやや。

ともあれ、十時が最高でした。

1

これぞ萌えるヤンキー受けの表情だな、と

ヤンキー受けと表紙の煽り「ひんひん鳴きます」に惹かれて即購入しました。
イケメン優等生、吉澤の気まぐれで付き合うことになったけれど、喧嘩負けなしのヤンキー、十時は吉澤に片想いしていてめちゃくちゃ純情!しかも表情から想いがダダ漏れとか!とにかく十時の表情が可愛くて終始吉澤の心を鷲掴んでいく様が、読んでいてほっこりするというか温まるというか。。吉澤がキュンとかギューン↑となるシーンの度にこちらも同様に思うほど感情移入しちゃいました。
ただ、えっちな絡みもあったのですが煽りほどひんひん鳴いてなかったのが残念です。…というか私の期待度が高すぎただけなのですが(^^;;
ヤンキー受けは正義ですね!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ