お前の恋はおれのもの

omae no koi wa ore no mono

お前の恋はおれのもの
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×225
  • 萌14
  • 中立6
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
12
得点
253
評価数
70
平均
3.8 / 5
神率
30%
著者
ときたほのじ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865894820

あらすじ

ゴリラ相手に欲情するかよ!

柔道部主将・持月と空手部主将・石尾は犬猿の仲。
狭い武道場を奪い合って、いさかいを起こす日々。
ある日、着替えをしている持月の裸体を見て顔を赤くした石尾。
どうにかして石尾にひと泡吹かせたかった持月は、とある作戦を思いついた。
それはお色気作戦で石尾を動揺させること。
ところ構わず抱きついたり押し倒したり迫ったりetc.…。
純情で熱血漢な空手部主将×一途だけど不器用者、
ガタイの良い男子たちがドタバタしながら紡ぐラブストーリー。

表題作お前の恋はおれのもの

石尾龍司(α),高校生,空手部主将
持月 椿(Ω),高校生,柔道部主将

その他の収録作品

  • とくべつな朝の話
  • カバー下漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

最後の短編に萌え

オメガバース物でした。
でもいつものと違ってΩでも堂々としていて、体格も良く柔道部の主将までつとめて。

空手部主将の石尾(α)と柔道部主将の持月(Ω)は毎回道場を巡って犬猿の仲?かと思いきや実は…で。

Ωを思いやるα。
対等でケンカもしてでも本当は好きで。

あのお嬢様は必要?なんだか存在に違和感。しかも女の子のαでも男の子のΩの首を噛むんですね。
持月への石尾への気持ちの揺るがせ要員なのでしょうが変な子でした。
手近なαを本能的に求めてるだけじゃ?な揺さぶりに持月は悩みますが…。

きっちりしてる石尾がきちんと身辺整理をつけて何年もかかってやっと持月と番になる所は良かったです。って最後の短編じゃん!

0

喧嘩ップル好きにおすすめの一作!

最強の喧嘩ップル!
硬派な空手部主将α×強気受け柔道部主将Ω

自分の身は自分で守る!書いて字の如く”強い”Ωの椿は空手部主将の石尾とは犬猿の仲。顔を合わせれば喧嘩ばかりで馬が全く合わないいけ好かない男・石尾にどうにか一泡吹かせてやろうと目論んだ椿は、あることをすると石尾が面白いくらいに反応を示すことに気が付く。
それから椿は石尾を追いかけ回し、しつこく迫って面白がっていたが、遂に我慢の限界に達した石尾の行動に驚きながらも何故か心臓はうるさく鳴っていてーー



抑制剤で完璧にヒートを抑え、且つ自身も強く、たくましくあることでΩというハンデをもろともせずに生活してきた椿。しかし石尾に項を噛まれ(ヒートではなかったため番は不成立)、自覚を促されたことをきっかけに自身のΩという性に向き合い始める。
石尾はといえば、椿が気になって気になって仕方がないといった様子だが、実は婚約者がおりそのことから椿と拗れることに……
拗れた原因は主にこの婚約者にあるわけですが、蓋を開けてみれば石尾はいつだって椿のことを一番に考えて先回りし、行動しようとしていたことに愛の深さを感じます。
また、この婚約者は女性なのですが拉致した椿の項に噛みつくシーンがあります。そしてそのままα女性に椿が抱かれてしまうかと思いきや、そこはしっかりと助けにくる石尾のキレ顔がとても良かったです。
その後、1話の自覚させるために項を噛んだ件以降、全く手を出す素振りのなかった石尾は椿を家に連れて行き初めて繋がります。ここでグッときたのは石尾の婚約者であった女性の歯形のついた項に石尾が何度も噛みつくシーン。石尾は見るからに椿大好き!ですが、ここまであまりその愛情を椿が理解し受け取れる場面がなかったのでこの独占欲と嫉妬心の見えるカットには思わずにやりとしてしまいました。
その後、高校を卒業したら番になると石尾は椿に宣言しますが、現実的にはなかなか難しかったようで実際に番になったのはそれから数年後。長い間続けてきた為、癖で薬をうっかり飲みそうになってしまう椿ですが、具合的にはヒートはもうすぐのよう。
「先に始めてようぜ」と石尾を誘う椿は男らしいものの、ベッドでは堪らなく可愛い姿を見せてくれるギャップが最高です!そうして、遂に番になった二人は、喧嘩をしつつ仲良くしつつ、素晴らしいパートナーとして歩き始めるという締め括りでした。

番が成立した後、ショーウインドウに映る項の咬み痕に嬉しそうに微笑む椿が愛おしくて、胸がギュッとなりました。というのも、その少し前のページ、石尾が椿の項を噛む前に椿が今まで自身がΩであることで苦しんだ姿が描かれています。前向きに生きてきた椿にも涙を流し、傷付いた過去があったことにとても切なくなりました。なので、石尾という最高のパートナーを見つけ、彼と番になるために今までがあったのだと言える椿は力だけでなく本当の意味の強さを持ったキャラクターなのだなと少し目頭が熱くなりました。

それにしても石尾の我慢強さは半端なかったですね!なんて硬派な男なんだ……と思いつつカバー裏を覗くと、あのシーンやこのシーンで石尾がどんな思いでいたかが読めて最高だったので私は紙推奨です!また、ときたほのじ先生の描く身体が本当に素晴らしくて……パーフェクトボディをなぞりながら「これはお前に抱かれるための身体だ」と言う椿のエロさといったら……!
絵が本当にお上手で眼福です。今後のご活躍にも期待しております!

余談ですが、椿はその後女の子を産んだそうです(先生のツイッターより)

2

オメガバースを活かせてない

 肉体的にも精神的にも強い男同士のオメガバースということで期待して読み始めました。結論から言うと、受けでΩの椿の方が常に一枚上手な感じは良かったのですが、肝心のオメガバース設定がゆるゆる過ぎたように思います。椿は抑制剤がちゃんと効くΩで、普段学校のα達から欲情されることがないほどなのに、龍司に近付いた途端体が火照ったような気がしたり、龍司もそれに当てられたりします。ということは結局フェロモンが出ているのでは? それともこの時点で2人とも既に相手に好意を持っていたからなんでしょうか。フェロモンも抑制できていて且つ魂の番でなくても、好意があれば発情する設定だったんですかね。また、その後すぐに龍司が椿のうなじを噛むんですが、そこではなぜか番になることは避けられます。火照ってはいたけれど発情していたわけではないからか? 噛み方が軽かったからか? ちょっと疑問を感じる部分が多かったですね。

 あとは椿を襲うピンチとして、男ではなく女のαを登場させるところは新しくて良いなぁと思ったのですが、彼女が発情を誘発させるために椿のうなじを噛んでも、椿の中で本能と理性の間での葛藤がまったくなく、龍司が好きだから他のαからは何されても影響はない、と淡々とシーンが流されてしまい、オメガバース設定は必要だったのかと再び疑問を抱きました。

 また、私はオメガバースの世界でうなじを噛むという行為は一歩間違えれば番になってしまう重大な責任を伴うものだと思っていたので、椿が2回も軽く噛まれてしまう上に何の影響もなかったところがストーリーとして安直過ぎるかなとも感じました。発情期中でさえなければ無責任にいくら噛んでも、また軽い気持ちで噛まれても平気なのでしょうか? 全体的に複雑な設定はないものにして、ストーリーに都合の良いところだけオメガバース設定を用いたような、そんな印象を受けてしまいました。

0

真っ直ぐ誠実な奥手男前×雄っぱいが眩しいお色気泣きぼくろ

オメガバース設定ですが、αΩどちらもガッチリ体型の男前なのが大変良い。
でも受けの持月の方はいう程ゴリラではないです。(戦闘力のことを言っているならゴリラかもしれない…笑)
腰細いし腹筋エロいし雄っぱい肌蹴すぎだし無意識に色気だだ漏れで石尾を煽るし…。
そのくせ料理が上手くて弟妹の世話をする家庭的な面もあります。
個人的にはこういうギャップに弱いのです…。
石尾の方も実は好きな子になかなか手を出せない奥手さんで、意外でした。
弱みを見つけたとばかりにぐいぐい来る持月に対して
真っ赤になってわたわたしてしまう所がとても可愛い。
帯にはケンカップルと書かれていたので、どんなものかと思っていたのですが
激しいのは序盤の方だけで、そこまで始終喧嘩しているわけではありません。
喧嘩というよりは石尾に構ってほしいとかΩは弱者だからと変に構えられるのが嫌だとか
そういう感情から、持月の方が積極的に絡みに行っているだけなように見えました。

そんな、表面上は強そうに見えて本当はΩ特有の悩みも抱えている持月の内情が
この物語の軸になっている印象です。
Ωに生まれたことで起こる様々な苦難に今まで必死に耐えてきた持月が
石尾から向けられる真っ直ぐな想いのおかげで、やっと報われた気持ちになる…
そんなラストシーンにはグッときました。
ポンコツだけれど、肝心な時にはやる男!な石尾に感謝です。

2

ガタイ良い×ガタイ良い 男子高校生オメガバース

この作品のcpは、
石尾くん(空手部主将α)×望月くん(柔道部主将Ω)

ガタイの良い者同士を描いたオメガバース作品です。
赤面石尾のポンコツで誠実なところ、望月の滲み出る色気に、頭がくらくらしました。
石尾くんの「卒業したらお前を番にする」宣言が、甘酸っぱくて、とても可愛いです……!!

ほのじ先生の描く男子高校生は、可愛いの暴力です……!!
次回作でも可愛らしい男子高校生をたくさん見ることができたら嬉しいです!!

0

もうちょっとエロくてもよかったなぁ~(笑)

裏表紙『ゴリラ相手に欲情するかよ!』の素直じゃない可愛い一言につられて、にやにやしながらジャケ買いしてしまった1冊。

空手部長と柔道部長のケンカップルなので、はだけた道着の間からガチムチの雄っぱいを惜しげもなくさらしてくれるのは、筋肉大好きの私にはおいしい展開ではあったものの、その先が長かった…。オメガバース設定なので、早いうちから濃厚な絡みがガンガンあるのかと思いきや、攻めが頑ななまでの奥手くんで、ゴリラ受け君が疼く身体をもて余している状態。

これはこれでなかなかおいしいシチュなのですが、行為中に相手をひどく傷つけてしまうかもしれないという優しさからきているからとはいえ、ここまで我慢されてしまうと、気づかいを通り越して相手は拷問だろうなぁ~と思いました。確かにポンコツだ(笑)

途中、話を盛り上げるためか許嫁(女性)が入るのですが、ちょっとゴリラ君に精神的ダメージを与えるくらいで引っ掻き回すというほどではなかったので、たいして気にはなりませんでした。

腕っぷしも気も強いゴリラ君になったのはΩとして辛い過去を過ごしてきたからというのが切なくなる反面、心から好きだと思える相手に巡りあえて番になったことで、Ωで本当によかったと思えるくらい甘々に心も身体も愛されて幸せになってほしいと思わせる、ピュアで可愛いガチムチ君たちの話でした!

ううう〰️、でもやっぱり私にはエロが足りないなぁ〰️。せっかくのガチムチ受けなのに〰️。濃厚な絡みもっと見たかった(笑)

0

本能で惹かれ合う2人

会えばいがみ合う空手部主将の石尾龍司(α 攻)と柔道部主将の持月椿(Ω 受)が、まさかこんなに可愛く仲良くなるとは(〃ω〃)運動部で共に主将で体格良くて、萌え要素がつまり放題です笑!!
特に最初石尾は素っ気なかったんですが、まさかの発言…"美味しそうなんだよ 発情期じゃなくても"やばい(〃ω〃)
石尾に甘噛みされてから体が疼く持月が、石尾に許嫁の志津香(α)がいることを知った時の反応!!嫉妬最高(⊙▽⊙)/志津香からむしろ言い寄られる持月に"俺のだ"発言してくれた石尾に拍手!!!お互い好きって伝えあった2人が恥ずかしそうで可愛らしくて萌え(〃ω〃)
なかなか進展しない関係にイライラする持月に、志津香は発情期誘発剤を渡します。抱いて欲しいと伝えても手を出さない石尾、でも好きだと目を見て伝えてくれる…自分だけが浅ましい…そんな不安定な気分の中志津香にさらわれる持月。志津香から噛まれても、石尾の時とは明らかな違いに、αだからではなく あいつがいいんだと気がつきます(^^)そこへ石尾登場!気持ちが通じあった2人は、めでたく結ばれたのでした(〃ω〃)絵が綺麗でエロシーンも素敵(^^)素敵と言えばラスト…道場で石尾は"卒業したらお前を番にする"と持月に伝えます!!テレの2人にデレる私でした(〃ω〃)
描き下ろしは、飲むのが日課だった発情期抑制剤を定期的に止める持月が、石尾とついに番になるお話です(^^)2人は"椿"と"龍司"と呼び合う仲(〃ω〃)

αだからではなく、お前だから噛まれて嬉しい!αとかΩとかではなく、本能で惹かれ合う、互いを唯一の存在と感じることが出来る2人が素敵♫萌えキュン満載のお話です(^^)石尾の真面目なところがカッコよくて、欲情すると可愛くエッチな表情になる持月が可愛かったです!!

0

ポンコツ×ゴリラ=かわいい!

作家買いです、筋肉作家さん大好きです。
筋肉好きな人にはお勧めします!
ストーリーも特に過剰な癖など無いので、普通に読める作品だと思います。
漢前ゴリラが受けってすごくいいです!無条件で神評価です!

読んでて思ったのが、オメガバースじゃなくてもいいんじゃ?と。
他の方も書いているように、作中にαだΩだって単語がでてくるからオメガバースだって思い出すけど、その単語がなくても成り立つ漫画だよねー?筋肉DKケンカップルのお話だよねー?と思いながら読んでいました。

不幸なΩも出てこないし俺様αも出てこないので、「オメガバースってなんか苦手…手つけてみよかな…?どうしようかな…?」と迷ってる方に薦めてみたい漫画です。

1

好みの肉体美。

前作はタイミングを逃してしまったので、まずは新作をと購入してみました。
冷静にレーベルを確認したのはその後。
今さらですが、作家さん同様初オメガバース作品となりました。

喧嘩上等な会話にどこがオメガバースなのか分からないまま読み進め、時おり台詞に含まれる「Ω」と「α」の単語。
概ね、会話と焦れったい恋心で展開されていくのでこれといって気になることもなく。
設定重視の横やりも二人の絆を強くするスパイス止まりとなり。
意識しまくったせいか、作品への評価よりも今後オメガバース作品を読めるか読めないかの判断作品となってしまいました。
残念ながら白黒の絵になってしまうと期待していた肉体美は感じられず、書き下ろしでは椿の女性よりな表情に違和感を感じてもしまいます。
ただ、食わず嫌いをひとつ克服できた初心者に優しい作品でした。

0

いいガタイが眼福でした

前コミックスでヤンキーの可愛い泣き顔、ご馳走様でした!!
今回は空手部主将・石尾と柔道部主将・持月のケンカップルと聞き
どんなふうに恋に展開するのか非常に愉しみでしたが…。
おっと…オメガバースなんですね…。
私自身が理解しきれていないせいか、
どうしても本能が先走ってしまうという先入観が抜けません。すみません。
もっと深い魅力がきっとあるんでしょうけども。
小学生並の嫌がらせをしてるうちに好きとか思っちゃったんだ…??あれ??となり、
ガラにも無く戸惑って振り回される持月が可愛かったですが
ちょっと物足りなさを感じてしまいました…。
石尾は持月の事を思うあまり遠ざけようと忠告してくれていますが
持月にとっては挑発されているとしか受け取らず
逆効果だったようですねww
石尾の幼馴染・志津香が思ったよりあっさり手を引いたので
特に二人を炊き付ける様な事にはならなかったような…。
あれこれ言ってしまって申し訳ありませんが
純情で優しい攻めは好きですし
素晴らしい雄っぱいと腹筋だったので萌とさせていただきます。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ