誰かの"お兄ちゃん"じゃなくて "名前"を呼んでほしいー。

俺はニーチャ

ore wa nitya

俺はニーチャ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神105
  • 萌×233
  • 萌14
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
16
得点
703
評価数
159
平均
4.5 / 5
神率
66%
著者
三田六十 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥667(税抜)  
ISBN
9784864423595

あらすじ

6人兄妹の長男で両親は共働き。高2ながら家事と兄妹の面倒をみてきたニーチャ。家族や同級生たちからも"ニーチャ"と呼ばれ、名前で呼ばれることなどほとんどない。風俗店の店長・安達に名前を呼ばれたニーチャ。心に満たされるものを感じ、「もっと店長に名前を呼ばれたい」と風俗店でバイトすることに…?!
風俗店店長と男子校生の年の差ラブストーリー。新旗手・三田六十のデビューコミックス!

表題作俺はニーチャ

安達 亮平, 風俗店店長
原 希, 17歳, 高校生

その他の収録作品

  • A day I will be yours.
  • あとがき

レビュー投稿数16

優しいBL

とにかく、ほっこりして温かくなるBLです。
久しぶりに、やわらかいお話読みました。
作家さん初読み、初コミックスだそうです。

高校生の受け、6人兄弟の長男で
まだ、小さい兄弟の面倒をみるできたお兄ちゃん。
この、「お兄ちゃん」という呼び方がこのお話の肝です。
どこの家庭でも今まで名前で呼びあってた夫婦が子どもが産まれると、なぜか自然と「パパママ」と呼び合うようになりますよね?
子どもも上の子は、名前でなくお兄ちゃんお姉ちゃんてごく自然に呼ぶこと多いと思います。
主人公の高校生希は、おにーちゃんがニーチャになったのか下の子達がそう呼んだのか、家族だけでなく友達からも「ニーチャ」と呼ばれます。
それが嫌ではなくても、あるときひょんなことから関わることになった風俗店の店長に名前で呼ばれ心が満たされていくことを知ります。

希は高校2年の17歳、そして風俗店店長の安達さんは30代。
そんな歳の差カプがお互いの気持ちに気付き
相手を思いやり、大切に二人の恋を育んでいくお話です。
とにかく、受けが可愛い。そして人として素晴らしい!
素直で真っ直ぐで一生懸命に生きて
一生懸命に恋をする希を涙無しでは応援できません。
そして、見た目に反して意外と優しい安達さん。
希をどん底から何度も救い上げてくれます。

とにかく可愛いのは
安達さんの好みはムキムキと知り
一生懸命太ろうと、太るまで安達さんには会わないと決めて頑張る希。
そして、そのことを知って
完全に希に堕ちる安達さんも可愛いです。

また、この2人を黙って応援する
風俗店の人達。
このさりげなさが、最高なんです。

このお話は、希と安達さんが
主役のBLではあるけれど
本人達だけでなく、2人が生きて行くなかで
関わっていくすべての人
家族だったり、学校の友達だったり
職場の仲間や従業員だったりの
温かい愛が詰まってる作品です。

エロエロのBLではないけれど
大好きな気持ちが自然に相手を求める姿が
すごく素敵だと思えました。
最後はちょっとうるっと来ました。
ほっこりしたい方にぜひお薦めしたい作品です。



8

一途に年上の人を想う男子校生の姿がとってもキュートな年の差BLです

ひょんなことから知り合った風俗店の店長と男子校生の二人の間が恋愛感情を育んでいく様子をとても丁寧に描いたBLです。
不器用でピュアな恋愛が好きな方にオススメの一冊。

~感想とネタバレ~

共働きの両親に代わって5人の弟妹の世話をする男子校生・希君が本作の主人公。
弟妹の世話に追われて友達づきあいも我慢する責任感ある性格ゆえ、みんなから"ニーチャ"と呼ばれて慕われている希君なのですが、心の底ではお兄ちゃんではなく一人の男の子として見て欲しいと思っています。

そんな希君がある時家族の食費が入った財布をスられてしまうところから物語が動きだします。
(お兄ちゃんなのに失敗してしまった希君が雨にうたれながら項垂れるシーンがとってもキュート!)
途方にくれる希君が頼ったのがひょんなことから知り合った風俗店の店長・安達さんなのですが、その安達さんが誰も呼んでくれなかった希君の名前を呼んでくれたことで、希君の中で安達さんが気になる存在になっていくというストーリー。

名前を呼んでくれたことが嬉しくて安達さんが店長をつとめる風俗でアルバイトをすることを決める希君ですが、この後の二人の関係が深まっていく描写がとても丁寧で何度も胸がきゅんとしました。

最初は遊ぶ金欲しさにバイトに来ていたと思っていた安達さんが希君の人となりを知って優しく声をかけるシーン。
弟が倒れたと連絡があり狼狽える希君を「俺が車を回すからしっかりしろ」と安達さんがはげますシーン。
病院で希君の5人の弟妹に囲まれて疲れ果た安達さんが、希君の日常に改めて思いを馳せるシーン。
そして車を出してくれた安達さんに対して自分でも理解しがたい感情を希君が抱いてしまうシーンなどなど。

希君と安達さんが互いを知って一歩一歩距離を縮めていく描写がとても丁寧に描かれています。
作中に登場するほかのキャラクター、黒服のまほ君やお店で働くお姉さんたちも希君と安達さんの進展を見守っているところがあり、全編を通じて優しい萌えに包まれる作品です。
三田先生のインタビューを読むと、作中で広がる風景(商店街に黒服男子が出入りして喋ったり喫煙したり、来店した中高校生に気軽に話しかけては店に戻っていく)は実際に先生がかつて見たものだそうですが、そういうリアリティも作品の中でブレない優しい空気感に繋がっているのかと思ったり。
とにかく世界観に浸れる作品なのでオススメしたいです。

6

萌えに悶えまくりの神作品

これがデビューコミックスとは驚きました…
発売時から健気受けがカワイイと評判で、紙本を購入しかけて戻したこと数回…
やっと電子発売され一気読み、なぜあの時に買わなかったのかと激しく後悔しています。
受けの可愛さはもちろんですが、それ以上にアラサーゲイ店長の雑な優しさが好みでした。

とにかく雰囲気ある柔軟なラインの作画で、身長差と体格差を生かした描写がすばらしい!
繊細な表情描写に仕草、せつなさやあたたかい気持ちが溢れ出てみえる画力、全てがいいです。
それにしても、こんなに可愛くてエロ萌えする作品って久々の出会いかも…
こういうのをエモーショナルな作画というんでしょうか。

6人弟妹の長男で共働きの両親を助け、家事や弟妹の面倒で一日が終わる高校生のお兄ちゃんニーチャ。
自分のことは二の次で、頼りにされるのが当たり前…
本当は自分も誰かに甘えて、ちゃんと希と名前で呼んで欲しいという気持ちをどこかに抱えている。

ニーチャがとにかく健気なんですが、擦れてないのが更にいい。
だからこそ、家族の為に必死で行動できるんだろうな…そのニーチャが爆発する経緯がせつなかった。
すられた財布の食費5万円を、17歳の高校生が一人で抱え込んで自力で解決しようとする姿…
頼れない環境、相談できない環境、生きるのに必死な大人達がリアルです。

ゲスな店長の素股で手にした5万ですが、実は荒っぽい店長の隠れた配慮になぜか安堵。
それよりも驚いたのが、素股でひどい目にあいながら、
店長に希と呼ばれ、特別な感情を抱いたニーチャが何とかバイトに漕ぎつけたことかも。
店長がゲスでなく、実は男気のあるいい人で本当に良かったです。

頼れて甘えられる大人の店長に、希が惹かれてしまうのは必然の流れで、
店長の前では何かと泣き顔の希が可愛くて仕方がない。
そんな希を店長が放っておける訳もなく、
二人が気持ちを通じ合わせていく経緯が、すごく良かったです…あの感じ大好きです。

店長好みのカラダになるまで会わないと、お菓子やパン食べ放題で肉をつけようとする希ですが、
一ケ月で体重変わらず…なんて羨ましい!!!さすが成長期の男子ですね…。

1ヶ月ぶりに会った二人のやりとり、泣いて抱きついた希が見上げてキス…惚れるわ。
しかも、髪の毛の描写もこだわりを感じる。
従業員まほが気を利かせた個室で、最後まではしないからと迫る店長安達のオス味がエロい。
いつものくたびれたオヤジ感のない、めちゃくちゃ男前のアラサーにみえる!

重たい→実は重たくない。後ろから乗っかられるのこわい、顔みえないのこわい→対面座位に。
○○あたってるのこわい→当ててるからな…このやりとりがたまらない。
この流れで何かと甘えて怖がる希がこれまた可愛くて、もうずっと見ていたいわ。
卒業式終わりに安達の部屋で最後まで…この満たされ感がいいです。

希の弟妹がメチャクチャ可愛いくて、病院での安達と弟妹の賑やかなやりとりにほんわかしました。
幼児や小学生の細かい描写に作品へのこだわりを感じました。

Hシーンに一切局部描写はないんですが、ハグやキスだけで充分エロいなんて希少。
もちろん今後は作家買いです…次回作品を楽しみにしています。

※シーモア:修正不要な描写ですが、エロ萌えがハンパない…おススメです。

6

頑張り屋さんの高校生が健気でかわいそうでかわいくて萌える!

初コミックスだそうで、帯が気になり購入しました。

攻がアラサーの風俗店の店長、受の子が高校生という一見アブナイ年の差なのですが、読後はとても純粋で心が洗われたような気持ちにさせてくれる尊すぎるお話でした。

これからは作者さん買いすると思います!

以下感想とネタバレーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高校生なのに、友人と遊びにもいかずに小学生や保育園の妹弟たちの面倒や家事をする主人公のニーチャ。
「俺はお兄ちゃんだから」と自分の気持ちを我慢して、家族に尽くす姿が本当に健気です。
ある日、預かっている家族1ヶ月分の食費をスられてしまい、途方にくれている所に再会したのが、風俗店店長の安達さん。

安達さんにとっては、ニーチャは最初「迷惑をかけられた奴」「邪魔な存在」なのですが、人出が足りないこともあり、裏方のバイトをしてもらうことに。
他のお客さんに見つからないように、ニーチャを抱き上げてカウンターに隠す安達さんがとにかくかっこいいです!!

バイトをはじめた後も安達さんから「信用してない」「もう来なくてもいい」「遊ぶ金欲しさ」と思われているのに、ニーチャは「借りたお金を返したい」「安達さんに名前を呼ばれたい」と健気に思っている所が泣かせます。

弟の一人が病気になった時に、気が動転していたニーチャを助けてくれた安達さん。ニーチャが高校生なのに妹や弟たちの面倒をみて、バイトもして…と大変な日々を理解してくれて、ニーチャが気弱になった時に
そっと肯定してあげる安達さん。
この二人の関係性がとにかく、お互いがお互いのために必要だなと感じてとても尊いのです。

とにかく読んでほしいのが、書きおろしのショートストーリーで、本編を読んだあとに読むと感動がひとしおです。
ずっと制服を着てくるなと言われていたニーチャが最後に制服を見せにいったのが安達さんで、
しかもそれを脱がしたのも安達さんで…!!
本人に気がつかれずに第二ボタンを取っていった安達さん。このページみた瞬間、萌え死ねると思いました。

本当に本当にせつに続編を願っています。

5

可愛い…

1冊丸々ひたすらキュンキュンさせられて、ひたすら可愛さに昇天しかけた凄い本です!!内容も良くて、でも…暗くはならずキュン萌えさせてくれたのが良かった!!風俗店の店長も良い男で優しい…この2人をもっともっと読んでいたいです!!
デビューコミックスなので、コレから追っ掛け決定です!!

5

名前を呼ぶのは安達さんだけ

可愛い男子高生と年上風俗店店長の表紙です。帯で隠れてたけど、店長の膝の上にのってます。ズボン脱いで。

タイトルの「ニーチャ」って何?と思ったのですが、主人公、希くんの事でした。6人兄妹の長男で、常に一生懸命面倒見てる希くんは名前ではなく、にいちゃん→「ニーチャ」と呼ばれています。

自分の楽しみより、兄妹達の方を何より大切に思う、今時こんな健気な子いるかな、と思いましたが、やっぱり精神的に限界もあるようで。そんな時風俗店店長の安達さんとの出会い、そしてその店で雑用バイトをする事になります。

絵は細いけど、優しいタッチで大好きです。安達さんの風貌も良いですね。30過ぎのおじさん設定ですが、あごひげも筋肉質の体も色っぽく、希くんとの体格差も良いです。

初めは安達さんの印象悪かったです。ゲイでガラの悪い、危ない人な感じでした。でも希くんの弟が病院に運ばれて、待合室で子供慣れしてないのに、兄妹達の面倒を四苦八苦しながら見てくれたり、失くしたお財布を取り戻してくれたりと、希くんと一緒でどんどん印象が変わっていきました。

大好きな場面は病院帰り、送ってくれた安達さんに、希くんが涙を流して本音を言うところです。本当に安達さんにだけは泣き顔を見せる希くんが、可愛いすぎます。その後のキスまでの場面展開がドラマみたいです。

後半で、高校卒業した希くんですが、その後の安達さんとの関係、もっと先が読みたいです。希くんの両親に会ったら?とか、希くんを甘やかしている安達さん、2人のデートとか。

5

決めた!次回作も絶対に買う‼︎

こんなに読み終わるのが悲しかった作品は久しぶりです。
とても可愛くて温かいお話でした。

希こと「ニーチャ」は大家族の長男で、弟妹たちの面倒の他、家事までこなす高校生。
家でも学校でもニーチャと呼ばれ皆んなのお兄ちゃん的存在だが、本当はまた名前で呼ばれてみたくて…

頑張りすぎの希…
もっと周りを頼れたら助けてくれる人はいたと思うんだけど、不器用なんだろうね。

そんな希はある日、食費5万円が入った大切な財布をすられてしまう。
誰にも言えず、以前に知り合った風俗店店長の店を訪れバイトを希望するが、高校生は雇えないと断られてしまう。
代わりに素股を強要され拒否すると、5万円渡され追い払われる。
それでも店長に名前を呼ばれて嬉しくなってしまった希は、5万円分は働かせて欲しいと裏方でバイトすることに…

何もかもが初めての希は、店の声を聞いただけで真っ赤になり、女の子たちに囲まれて半泣きになり、店長にキスされては怒り…とにかくかわいいのオンパレードです。
また、安達店長は顔はもちろんのこと、体型とかさりげない優しさとか、いちいち萌えです。

本当は家のことだって嫌になる時がある希が、唯一自分を晒け出せるのが店長の前だけであり、店長の前でだけは泣き虫になります。
頑張って頑張って我慢して…そんな子が自分の前でだけ弱さをみせたら、そりゃもう好きになっちゃうでしょ!
とにかく、希が健気で健気で涙が出ます。

店長の好みの男はガチムチ系だと知り、お菓子をドカ食いして太ろうとするとか…もぉー、どんだけ可愛いの!
店長ももうメロメロですよ‼︎
従業員のまほの配慮も良かったし、何より彼もとても優しい子だと思いました。

希がみんなのニーチャから、店長だけの「希」になれて本当に良かったです。
これからも、たくさん希を甘やかして欲しい!

台詞から表情から、とにかく萌え転がりましたよ。
絵も可愛くて綺麗で、これがデビュー作だなんて驚愕…
これから一流の作家さんになっていくのでしょうね。
あとがきも素敵だったし、今後も応援しています!

5

2020年、めちゃくちゃ期待している作家様

BLアワード2020が絶賛投票受付中ですが、私的2019年のニューカマー部門第1位は三田六十さんに決定です♡
本作もセカンドコミックスももう何度読み返したことか。
お気に入り通り越して宝物の域です。

本作はもうねぇ、ピュアなDK・希くんの可愛さに尽きます!
大家族の長男で家事も育児もこなせるしっかり者なんだけど、でも実際はわりと等身大の子供で、それが余計に胸にぎゅっとくるんです。
バイトを始めるキッカケが「名前を呼んでもらえるかも!」だとか、店長好みの見た目になって驚かせたいから理由も言わずにしばらくバイトを休んだりだとか、お菓子でムチムチになろうとしたりだとか、そんな子供じみた発想を「子供だなぁ」と微笑ましく思いつつ、でもこの歳なりに一生懸命考えて行動してるのが解るから愛おしいなぁって感情しか湧いてこない。
とにかく可愛くて可愛くて仕方ないのです。

ストーリーは、やさしくて読み終わった後ほっこりとあたたかい気持ちにさせてもらえる王道系。
「やさしい」は三田六十さんの作風の特徴なのかな。
「紅椿」とまだ2冊しか読んでいないながらも、チリチリとした痛みをやさしさによって包み込んでいくような、そういう類いの「やさしさ」を描かれる作家様だなぁと感じています。
誰にも名前で読んでもらえない男の子が「誰かに名前を呼んでほしい」という気持ちを切実に募らせていく。
このお話の中で描かれているその欲求は「誰かに愛してほしい」だとか「誰かの特別になりたい」だとかと同じで、突き詰めると奥底にあるのは「孤独感」なのですよね。
単なる「さみしい」とかじゃなくて。
三田六十さんの作風の「やさしさ」が包み込んでいるものはこの孤独感なんだろうな。

繰り返して読むほどに宝物になっていくようなお話を描かれる作家様なので、まだ読まれていない方はぜひ。

今月発売のCabで新連載が始まるようで楽しみです。

【電子】ebj版:修正白抜き、カバー下×、裏表紙×

4

風俗店が舞台のピュアBLに、キュン泣きしました。

アワード2020締切間近に慌ててノミネート作品を読んでいる私です。評価入れるのが精一杯でレビュー書く時間は全然取れないでいたんだけど、この一冊について、どーしても、無性に書きたくなってしまった。

6人兄妹の長男として、働く母親代わりに弟妹を見ながら家事をこなす希。
家族からも友達からも“ニーチャ”と呼ばれ慕われてはいるけれど、ときには一人の高校生になって「希」と名前を呼ばれたい。
そんな願いを叶えて名前を呼んでくれたのは、近所の風俗店店長だった——。

風俗店バイトと店長とのカップリングということで、エッチな展開に走っちゃうのかな?と思ったら全然そんなことはなくて(バイトも裏方の雑用だしね)、むしろ風俗店が舞台なのにこんなピュアな物語に!?と驚くほどに、優しい優しいお話でした。

希が本っ当ーーに可愛くて、胸キュンが止まらなかったです。
小さな妹が刺繍してくれたがま口を大切に使っていたり、店内の個室から漏れ聞こえるエッチな声に真っ赤になったり、「希」と呼ばれるたびに喜びが隠せなかったり、表情や反応がとにかくピュアでウブで可愛すぎる!
「もう〜!こんな純なDKいていーんすかー!」ってジタバタしたわ…。
そういうコマが出てくるたびに、きゅーんと胸が締め付けられちゃった。

頑張り屋さんだけど、希はまだまだ高校生。
ずっとお兄ちゃんをやってきて、甘えたくても甘えられないままに育ってきた希が、やっと甘えられた存在。
そして、“お兄ちゃんでいること”以外のアイデンティティを与えてくれた存在。

そんな店長との出会いが、もらったものが、喜びが、少しずつ恋になっていく。

「キュン」が高まりすぎて、胸いっぱいになってじんわりと涙が。キュン泣きとかあるんだ。
あー、もっと読みたい。この2人。

『紅椿』に繋がる、繊細な描写と巧みな言葉の使い方。
タイプの違う作品だからわかる、これはやはりセンスなんでしょうね。

3

久々の神作品!胸キュンBLです

久々に心がギューっとなるBLに出会えました。。。
設定は風俗店店長と男子高生と言うなかなかゲスい設定なのですが(笑)
中身は全然違います!純度100%!!
癖のある絵ですが、優しい雰囲気が物語に合っていましたし、
登場人物のふとした表情にキュンとします。
特に希君の表情の変化には激萌で、希くんの恋する瞳が、もう最高!l
店長のギャップも良かったーーーーカッコイイーーーー。
はぁ、ラブラブな続きが読みたい。。。
店長も希君の為に素面の仕事に転職して希君と仲良く同棲してる番外編とかね。
妄想が泊まらない(笑)

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う