捜査官は愛を知る ご購入特典書き下ろしペーパー

sousakan wa ai wo shiru

捜査官は愛を知る ご購入特典書き下ろしペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
捜査官は愛を知る(但フェア開催店購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念・フェア開催店限定特典書き下ろしペーパー
B5版4つ折り片面にてイラスト0.5頁+小説3.5頁
篠森が玲於奈と健康診断のために半休を取った日のお話です

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

もうすぐ三人家族

本編で百合永と篠森が互いの気持ちを確かめ合ってからひと月ほどのお話。

篠森が愛兎・玲於奈の健康診断のために半休を取り、のんびり朝食を食べていると、百合永がやってきます。合鍵を持つ百合永が篠森のマンションを訪ねるのは、週二回ほど。それでも「お帰り」と告げてしまう篠森は、百合永への愛を自覚して幸せな気持ちに満たされます。

百合永が玲於奈を抱っこして、「病院にお供させていただいていいでしょうか?」と問うと、玲於奈は大人しくしています。どうやら許可を得られた模様。
百合永と玲於奈の距離が縮まっているのを知り、嬉しくなる篠森。三人が家族の絆で結ばれる日も近いのかもしれない、と楽しみで緩んだ口元に百合永が口づけてきます。どうやら百合永は、自分が同伴することを篠森が喜んでいると勘違いしたようです。


本編の書き下ろしで百合永と篠森が家族になる未来に触れられていたのですが、私は玲於奈のことを失念していました。玲於奈は篠森の寂しさを慰めてきた大切な家族。三人?が仲良く暮らせたら、篠森は嬉しいに決まっていますね。
一緒に暮らし始めたら、ひょっとしたら百合永と篠森が喧嘩することもあるかもしれません。そんなとき、玲於奈はどうするのでしょうか。仲直りさせようとするのかな。そんなお話も読んでみたいです。

2

少しづつ家族になる

本品は『捜査官は愛を知る』の
フェア書店限定特典ペーパーです。

本編後、
篠森が半休を取った日のお話です。

篠森が半日の有休をとったその日は
12月にしては暖かい日でした。

玲於奈を外出させるには
ちょうどよい小春日和だと思いながら
篠森がいつもよりのんびりと
朝食を食べていると
玄関のドアが開く音がします。

特に連絡はありませんでしたが
百合永が帰って来たようです。

百合永はいずれここに
越してくるつもりのようですが
今はまだ二宮家の離れ住まいで
合鍵が遣われるのは
週2度あるかないかです。

なので厳密には「訪問」ですが
百合永がドアを開ける音を聞くと
反射的に「帰ってきた」と思うのは
心にめばえた愛のせいでしょう。

3日ぶりに顔を見た恋人は
ゆっくりしている篠森を見て
微苦笑を浮かべますが

篠森の半休は
玲於奈のためのもので…

A4サイズ片面モノクロ印刷ですが
いつものペーパーよりも
イラストが約半分に縮小している分
長めのお話になっております。

篠森は玲於奈の日常的な世話を
管理人夫婦に任せていますが

3月に1度の健康診断には
飼い主である自分が
連れていく事にしているのです。

百合永は牧草を食む玲於奈を見て
絶食しなくても検査に影響がないのか
と思ったようですが

今日の検査は視診と触診が主で
レントゲンなどの本格的な検査は
年に1度なのだというと

百合永はどすこい兎だらけの
どすこいランド病院が頭に浮かんだと
妙な顔つきになります。

百合永の酷いいい様に
篠森と玲於奈は激しく反論すしますが
百合永が悪びれる事はありません(笑)

それでも百合永が
こんな時間にやって来たのは
玲於奈との親睦を深める為だったらしく
健康診断に同行することになり

篠森が考えている以上に
ふたりの距離が縮まっている事を
篠森が嬉しく思う

…という幕引きまで
篠森と百合永、百合永と玲於奈の
絡みがとっても楽しいSSでした♪

百合永を愛した事で
篠森の心の隙間が埋まり
予想外の幸せに包まれます。

百合永も恋人を喜ばせるのは
吝かではない男なので
2人を包む空気が甘~いです♡

玲於奈と3人家族として
暮らす日は遠くないようですよ。

※他特典(レビュー済)
コミコミ特典は本作の後のお話です。

2
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ