俺のいちばんはお前だからね プレイボーイな幼馴染の、31回目の正直――

星降る夜は恋のつづきを

hoshihuruyoru ha koi no tuduki wo

星降る夜は恋のつづきを
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
26
評価数
11
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
恋緒ジノ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
ISBN
9784815500542

あらすじ

「花房、俺と付き合って」
――って何それ、一昨日までのカノジョはどうしたの!?

天文部に所属する花房の初恋は、幼馴染の草薙。
小学生の頃、一人で宇宙学の本を読む変わり者だった花房に、
草薙は分け隔てなく接してくれた。
それからずっと、「ナギちゃん」は花房の特別。
でも進学するにつれ、草薙は女遊びを始め、
花房にも別の友達ができた。

淡い初恋を今更どうこうするつもりなんてなかった。
なのにカノジョと別れたばかりの草薙が
突然「俺と付き合って」なんて言うから、
花房の心はかき乱されて…。

表題作星降る夜は恋のつづきを

草薙 高校生
花房 小学校からの幼馴染

同時収録作品俺のプレシャスな先輩 ~スーツは着たままで~

黒鉄 大学の後輩
羽仁 サラリーマン,大学のOB

同時収録作品アスワド

エドガー 織物商
アスワド 貧しい役者

同時収録作品つばきにゆきまる

椿 野良猫
雪丸 椿を世話する

その他の収録作品

  • その後のつばきとゆきまる
  • その後の星降るふたり
  • あとがき
  • カバー下:漫画「つばきとゆきまる」「星降る夜は恋のつづき」

レビュー投稿数2

表題作より同時収録(同人誌再録)が好き

4作品収録の短編集なのでじっくり読み応えのある作品とはいきませんでしたが。

表題作は、幼馴染男子高生のお話。
モテモテだけど毎度彼女と長続きしないナギが彼女と別れた翌日に「かわりに俺と付き合って」とかるーく花房に告白するが、ナギの事がずっと好きだった花房は冗談でそんなことを言うなと激怒。
怒った花房に「流星群を一緒に見に行こう」と誘うも、学校で「ナギが花房を好き」「ナギが花房を流星群の日誘った」と知れ渡り花房は女子たちに怒られ男子たちに揶揄われる。

なんか、ナギが本気だったのは分かるけどとにかく軽い。いい方もタイミングも。
そういう性格なんだから仕方ないけど、あまり萌えませんでした。


同時収録は
★大学生の主人公が春休みにゼミの元先輩が働く会社で警備員のバイトをし、夜オフィスでセックスする話。
★1895年のパリ。金持ち紳士と褐色少年の身分差&年の差ラブ。
★人と妖が共存する町での、人間と伝説の黒い魔物(獅子)の人外ラブ。(同人誌再録)

私は、ラストの人外ラブが可愛くてちょっぴり切なくて好きでした。
ページ数もこれが一番多かったですね。
描き下ろしもこのお話の後日談でした。

1

短くて残念

初読み作家様でした。絵が古く見えてしまい、発行年を確かめたら去年でびっくりしました。

4つの短編集で「つばきにゆきまる」が1番長くて読み応えありました。

ひとつひとつはそれぞれに面白いけど、何か物足りなかったです。

特に表題作の「星降る夜は恋のつづきを」は、もうちょっと読みたかったです。
モテモテでちょっと笑顔が胡散臭いナギちゃんと、もっさいようで可愛い花房くんの小学生の時のエピソードが可愛くて萌えました。

流星群見て花房も好きだったと勇気を出して告白して、付き合う約束をしたところで終わってました。

最終話に「その後の星降るふたり」で2人の初エッチが描かれてました。
慣れてる筈のナギが「こんなの初めて」って感じいる表情がとても良かったのでもっと続きが読みたかったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う