小説Chara vol.40 2019年 7月号(雑誌著者等複数)

小説Chara vol.40 2019年 7月号(雑誌著者等複数)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN

あらすじ

◆表紙イラスト図書カード応募者全員サービス!!
表紙:小中大豆/夏河シオリ『月の光の降る森に』
POSTER:小山田あみ

その他の収録作品

  • 宮緒葵・CUTみずかねりょう「悪食」
  • 海野幸・CUT湖水きよ「あなたは三つ数えたら恋に落ちます」
  • 松岡なつき・CUT彩「美神の奴隷」
  • 高遠琉加・CUT小椋ムク「吐き気がするほど甘い言葉で」
  • 火崎 勇・CUT麻々原絵里依 「メールの向こうの恋」
  • 原作:渡海奈穂 作画:マミタ「狼は闇夜に潜む」番外編「狼と人の仔は旅をする」
  • 秀香穂里・CUTCiel「地味な俺が突然モテて困ってます」番外編「課外授業は六畳一間で」
  • 作画:小野浜こわし 原作:中原一也「俺が好きなら咬んでみろ」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

海野先生と高遠先生のお話と、中原先生のコミカライズが一押し!

相変わらず読み応え満点な雑誌。ようやく読み終えましたのでレビュー。良いわ!と思ったのは5,6,8かな。数的には萌が多かったので、萌にしました。以下長文すいません。

1.「悪食」宮緒 葵先生、ill みずかね先生! 雑誌で63Pほど。
祖父と二人で暮らす18歳の水琴(みこと)。人には見えないものを見て絵を描いていましたが、ある日東京から画商が水琴の絵に惚れたと訪ねてきて・・というお話。ダークファンタジーかな。宮緒先生の執着どろどろワンコという感じではなかったですが、ある種執着もの。萌。

2.「月の光の降る森に」 小中大豆先生 表紙の子たちのお話61Pほど。
亡くなった祖父のくそ田舎の家に移り住んだ小説家の梗介(きょうすけ)。縁側の正面にある月ケ森という小山がどうしても気になり、ある日登ったのはいいもののすっかり迷子、スマホは圏外。落ち着こうと持ってきたおにぎりを食べ始めると、近くのしげみから「おにぎり、美味しそう」だの「あ、黄色いの食べた!」だのと聞こえてきて・・と続きます。輪廻やパラレルワールド要素もあるせつなめファンタジー。ケモっ子も出てきて可愛いですがパラレルワールドものは拘りあってダメでした。中立より萌。

3.「地味な俺が突然モテて困ってます」の番外編 秀香穂里先生 12P
3Pものだった本編の後日談。受けが強く出たので「おお、やった!」という気分です。萌。

4.「狼は闇夜に潜む」新作コミカライズ番外編26P 渡海奈穂先生、作画マミタ先生
本編後日談。教師を辞め久住と各地を転戦するようになった桂。しりあったある子が事故にあい・・と云うお話。受けが人間として強くなった!!!これも「やった!」という気分です!萌2より萌。

5.ワンシーンのコミカライズ7P。
「俺が好きなら咬んでみろ」 作画小野浜こわし先生、原作中原一也先生
あの受けの血を飲むシーン!大爆笑!!!本編大好きだった方にはめっちゃおススメ!萌2.

6.「あなたは三つ数えたら恋に落ちます」海野 幸先生、56P
ああ、海野先生らしい、めっちゃ良くってめっちゃ面白かった!!!!!!!いやこれはおススメしたい!
お人よしのあまり連帯保証人になってしまい500万の借金を抱えた琉星(りゅうせい)。取り立てに来た人に拉致されそうになったところを「待った、そいつはこっちによこせ」と黒づくめの別の取立人が割り込んできて・・というお話。催眠術がらみのお話、いやー面白かった!

7.「美神の奴隷」松岡なつき先生「FLESH&BLOOD」の新作番外編16P。
漂流船から見つけた黄金の神像を手にした海斗。神様の不思議な声が聞こえて・・というお話。
本編読んでないので、ふーんといった印象です、ごめんなさい。

8.「吐き気がするほど甘い言葉で」高遠琉加先生 ill 小椋ムク先生
お互いに盛大に傷つけて傷つけて、イタめなお話なんだけど、その分読後は安堵感でいっぱいなお話でした。ジュエリーデザイナーさんと、同じ会社の企画部の人のお話。良かった、これ。

9.「メールの向こうの恋」火崎 勇先生 ill 麻々原絵里依先生♡
リフォーム会社に勤める卯月。ある日スマホに見知らぬアカウントからのメールが届いたのですがその内容が「同性に恋してしまった」とカミングアウトする内容で・・というお話。
メールでのぐるぐる話という印象でした。強気イケメンっぽいのに、なんか可愛くって笑ってしまった。

あー読み応え満点・・・

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ