惚れたが最期。

BL古典セレクション3 怪談 奇談

kaidan kidan

BL古典セレクション3 怪談 奇談
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
王谷晶 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
左右社
レーベル
発売日
ISBN
9784865282405

あらすじ

誰もが知っている古典作品の性別を変え、ボーイズラブ化した大好評シリーズ第三弾。 ラフカディオ・ハーンの紡いだ名作の数々が、エッジの効いた文体で最注目の小説家・王谷晶の手により、世にも美しく恐ろしいBL怪談として生まれ直す! 凍りつくほどの美男・雪、男たちに辱められる耳なし芳一をはじめ、欲望に取り憑かれた男たちの絶頂と絶叫のBL怪談9篇。 はじめての古典、はじめてのBLにも最適な一冊。

★初回のみ漫画家・中村明日美子による装画イラストカード封入! ★

レビュー投稿数1

日本の古典怪談BL

純和風ホラーにBLはよく似合う。オカルト好き且つBL好きの私みたいな人間にはぴったりの企画。ついでに江戸時代BLもロマンがあって大好き。しかし男色大鑑漫画版もそうだったけど悲恋が多い。花の命の若衆は使い捨てられる感じで可哀想。

しかし今作はホラーなのでやられっぱなしではない。霊となって恐ろしい復讐を遂げる話もある。亡くなってからも愛し続ける話もある。中村明日美子さんの表紙絵の雪女ならぬ雪男(美青年)とか耳なし芳一のほんのりBL版とかもっとドロドロした男同士の恋愛話が全部で9編。

有名な古典をBL風に書き直したといった感じの作品。文章も読みやすくスラスラ読めます。雨月物語のBL臭を濃くした小説も読んだ事があるけどあの時代はしっとりと「まぐわう」とか「睦みあう」とかの表現がしっくりくるなあと思います。日本人がまだまだ奥ゆかしいイメージだった時代のお話です。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う