β愛されサンドウィッチオメガバース!

βですが左右に愛されて困ってます

β desuga sayuu ni aisarete komattemasu

βですが左右に愛されて困ってます
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
3
得点
4
評価数
5
平均
1.6 / 5
神率
0%
著者
羽柴紀子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784040640532

あらすじ

βの俺だけ、蚊帳の外――だと思っていた。設計士として働く野上智は、転職して新しい会社に。そこで再会したのは、高校時代の友人たち笹川と曽我。彼らとは昔は仲がよかったが、"ある時"から野上は距離を置いていた。笹川と曽我はαとΩ。2人が番になる場面を偶然見てしまっていた野上は、その日からセックス恐怖症になっていて…。

表題作βですが左右に愛されて困ってます

野上智(β,リバ)会社員 / 笹川(α)御曹司
曽我日和(Ω),リーマン,高校同級生笹川の番

同時収録作品βですが左右に愛されて困ってます

笹川篤人(α)・番
曽我日和(Ω)・番

同時収録作品オレの弟子がこんなにエロイ!

藤堂・作家
小湊・作家志望ライター・藤堂の弟子

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下イラスト

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

オメガバースαβΩサンドウィッチ

表題作と描き下ろし+同時収録の2作品で、表題作が少し多い感じです。

複数でエロ重視のイメージが強い作家さんですが、今回は初のオメガバース作品。
オメガバースで、α攻め、βリバ、Ω受けでのサンドウィッチは珍しいかも。
個人的には初めて読んだ気がします。

そして、意外なことにエロ重視ではないんですよね…
仲良し高校同級生だった3人が、社会人になって番になった二人と再会して始まる三角関係。

それぞれがバース性らしいキャラです。
エリートαが執着で抑制が効かない番への愛や、番以外に見せる弱さ、
Ωの自己肯定感の低さと葛藤、バース性を越えた欲情。

一番焦点が当てられているのがβで、高校時代に番二人のヒートを見てセックス恐怖症になり、
再会で二人にセックスへの恐怖心を取り除いて貰うだけでなく、
αとΩという番の二人にとってβは異物だと、
高校時代からずっと悩んでいたβのトラウマも描かれています。

三角関係ですが取り合いというのではなく、
それぞれの良い部分を良いとこ取りする感覚で、三人で幸せになろうというスタンス。

Ωは番になる前から二人共欲しかったという設定で、αに嫉妬する気持ちはありますが、
三人の関係を続ける内に、βへの執着も見せ始める。
元々番の二人に望まれての関係なので、何かあればβが一番不利な気はしますが、
一番大事にされているのはβという三角関係です。

やっぱり見どころはサンドウィッチですよね。
セックス恐怖症なので、最後までしないまま快楽を覚えさせる描写だったので、
最後に脱童貞から脱処女という展開。
個人的には発情したΩとβのエッチを、すっと見ていたαが堪らずというのがエロかった。

シーモア限定描き下ろしが良かった。
Ωには巣作り本能があって、ヒート期は番の匂いがついた衣服に包まれると落ち着くと説明するα。
βのパンツまで取り込んでいるΩに、パンツ泥棒はダメと納得しないβですが、
番二人の衣類に埋もれてβのパンツをスンスン嗅ぐΩ…この絵面が可愛いくて堪りません。

★オレの弟子がこんなにもエロイ!★
作家黒髪攻め×天然チョロい受け。

憧れの小説家に弟子入りした、作家志望のライター。
生活力のない先生の世話を焼く弟子という関係の二人が、
小説の資料の為にと先生に迫られてカラダを繋ぐ。

天然ちょろスケ受けって最高ですよね…
好きな気持ちに気付いて、先生に会いに行けなくなるウブさもよかったです。

※シーモア:修正は白抜きです。

1

うーん

この作者様の作品は三角関係、多角関係で多いですね
  
NTR系が性癖なんでしょうね

嫌いではないですが、愛しあってる描写が希薄なのでなんかモヤモヤします

0

サンドイッチ3P

α×β×Ωのサンドイッチ3P。

評価を下げてしまって申し訳ないですが
これは・・・ストーリーがどうこうでは無くて
完全に個人的な性癖で私には合いませんでした。

まず第一に自分が誰視点で見るかですが、
私は基本的に商業BLは攻め推しになってしまう傾向がありまして…
今回ももれなくαの笹川が好みでした。
そんな中で、私の中でこの作品は「α→Ω→β」な要素が大きく
主人公のβに萌えられなかった気がします。

幼馴染の笹川αと曽我Ω、そして高校から仲良くなった野上βと
仲良し三人だったけど笹川と曽我が番になり疎外感を感じて姿を消した野上。
しかし、曽我が金持ち笹川に頼んで野上を探しだして会社に引き抜き
また3人で暮らし始める。。。
最終的にはラブラブサンドイッチでしたが
「笹川は曽我が好き」「曽我は笹川と野上が好き」「野上は仲間外れが嫌」
のイメージが根付いてしまってラブラブおせっせにも
私の気持ちが付いていけませんでした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ