No one's perfect

No one's perfect
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
28
評価数
8
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
ちゃばす 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
インテルフィン
レーベル
PriaLコミック
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784892124075

あらすじ

一見紳士な38歳エリートサラリーマンの須賀(スガ)には最高の恋人が居る。
体格も良く、筋肉質でカッコいい!そしてなりより、底抜けに優しい―。
そんな最高な恋人 虎(トラ)に須賀はいつも甘えてばかり。
須賀はもともとゲイで、虎の他にも5人の恋人が居るが、虎は気にせず笑顔と優しいキスで出迎えてくれる。だけど本当に虎は須賀だけが恋人なのか・・?
怒らず浮気を許してくれるのは、虎も浮気をしているから??虎の真意は一体――!!

表題作No one's perfect

梶谷正虎,須賀と半同棲中の恋人
須賀雅海,エリートサラリーマン,正虎公認で5股

その他の収録作品

  • もう一つのお話(治三郎編)
  • トラスガ春夏秋冬

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

続きが楽しみ‎(^^)

初コミックスだそうで。作画もストーリーもとても丁寧に作られているな、という感じと後書きから、ちゃばす先生の作品への意気込みが感じられました。次巻が予定されているとの事なので、今巻(日本語あってる?)でのモヤモヤがスッキリして「わぁお♡」なラストになる事を期待しています。ジサブローのお話の続きもぜひ読んでみたいっ♪

2

描き下ろしの続きはスピンでガッツリ読みたい!!!!!

5股してるエリートサラリーマン須賀が、唯一5股を許してくれてる虎に甘え、自分のマンションではなく虎のアパートにほぼ住んでる状態。
虎の部屋のカレンダーには他の男たちとの予定のマーク。
「明日は〇君とデートだから晩御飯はいらない」や「明日は嫉妬深い青井Jr(副社長)と会うから体に痕(キスマーク等)は残してはダメ」など、虎の優しさに甘えまくりの須賀。

5股のうちの一人・治三郎(昼間はリーマン)がニューハーフバーでナオミとして趣味で働いてるところで”ナオミ”に虎の事を相談したら、理解があるのではなく虚栄張ってるだけだと指摘される。
そんな中、いつも通り青井Jrのお迎えの為急いで支度していた須賀はネクタイを忘れ虎の自宅に戻ったら泣いている虎を見てしまう。
改心し、他の男たちと分かれる須賀。


最初は、なぜこんなだらしないオッサンに虎が惚れているのかもわからず読み続けていましたが、4・5話で虎と須賀の出逢った時のお話が描かれていて、虎の一途さの理由を知り切なさと萌がドッと増しました♡
回想に入る直前に、別れた青井Jrのせいで揉めたところで”現在”は終わったので次巻が楽しみです♪

描き下ろしで入ってる治三郎のお話がこれまた可愛い!!!
ぜひぜひ続きが読みたいです♡

0

1巻は目を惹く設定の裏付けが弱い気がします…。

ちるちるさんのタイトルには入っていませんが
本には「1」の巻数表記がありました。続きものです。

評価は、中立寄り萌えか・萌え寄り中立か…。
中立だと厳しめかな?と迷いつつ
再読ターンに入るとくすみを感じてしまったので;すみません

pixivコミックで試し読みをして
ニコニコと普通にいい人そうな受けが5股という設定に興味を持ち購入。
好みが分かれそうな設定を新人作家さんがチャレンジというのは評価したいです。
反面、ちょっと拙さは否めなかったかな?と。
熱意は伝わるけれどちょいちょい惜しい感じが引っかかりました。
(生意気なこと書いてすみません;)

さて。
受け:須賀は5股中。
攻め:正虎はそれを理解した上で須賀と恋人関係を築いていました。
正虎は須賀のデート日を把握し、ひたすら甲斐甲斐しく世話を焼く。
須賀はそんな正虎の優しさに感謝しつつ甘えている形になります。

けれど正虎は須賀に見えないところで泣いていた。
それを知った須賀はーーーと展開します。


……そもそもなんですけど。
なんで須賀が沢山恋人を作っているのかが分からなくてですね。
2股ぐらいならともかく5股って普通に面倒だよなぁ…と。
そんでもって正虎以外の恋人に対して「好き」という感情が見えないのが更に謎で。

淫乱だとかセックス依存だとか1人じゃ耐えられない人だとか、
何かしら納得出来るバックボーンがあればシックリきたんだけどな。
私の読解力では「優しすぎて断れない人」って理由しか見つけられなかった。

臆病すぎて正虎一筋になるのが怖いというような描写もありましたが、
正虎と付き合う前から3股してるのでそれとこれは関係ないよね???と。
続き物なので今後明らかになるのかもしれません。
ただ1巻の段階では5股の必要性が理解出来なくて話に集中出来ませんでした;

あと違和感があったのが、
複数の恋人の中に勤め先の副社長(病み執着系)も含まれててですね。
出勤してデスクに付いた後に副社長室に呼び出され(部下はそれを把握してる)、
顔中痣だらけでボッコボコになってデスクに戻ったら大問題すぎません…!?!?
普通に不自然すぎてこれまた集中出来ない…(頭抱え)

1巻ではよくわかんないな、というのが率直な感想です。
5股で目を惹いた割に…というのもありました。

正虎が須賀に尽くした理由。
こちらは過去を振り返るお話が入っていてわかりやすかったです。
思春期で一番辛かった時に須賀に助けられるシーンはジンワリしました。
も~!一途に須賀を想う大型年下ワンコの姿が可愛くて可愛くてッッッ!!!(←性癖です)

あと表紙の雰囲気がすごく好き。
生活面では正虎が須賀を甘やかしているけれど、
精神依存でいえば表紙のように須賀が正虎を甘やかしてるのかもしれないなと思いました。
なんか正虎は須賀を拠り所に生きてる感が強いんですよね。忠犬的なね。可愛い。

多分描き下ろしかな?
須賀の4番目の恋人・治三郎(ナオミ)の番外編も収録されていました。
それ以外にも4コマ~カバー下もあって描き下ろしは多めかと思います。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ