• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作困った瞳で強がって

坂本銀爾,倫理教師
綿貫榧,高校2年生

その他の収録作品

  • 困った瞳で強がって
  • 続・困った瞳で強がって
  • あとがき

あらすじ

「むぅー、何で俺にばっか絡むんだよ!?」倫理教師の坂本銀爾はいつも俺をいじめて愉しんでる。
俺はフツーの(ちょっとチビでマヌケかもしれないけど!)善良な高校生なのに!しかもアイツ、「お前の困った顔好きなんだ。
泣かせてみたくなる」と、えっちなことを仕掛けてきた!これって何のイジメ?でもその気持ちよさにカンジちゃって。
しかも、もっと…ってねだったりなんかしちゃって…!!俺、どうしちゃったの。

作品情報

作品名
困った瞳で強がって
著者
月宮零時 
イラスト
小路龍流 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
ISBN
9784877245160
3

(3)

(0)

萌々

(1)

(1)

中立

(1)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
1
得点
8
評価数
3
平均
3 / 5
神率
0%

レビュー投稿数1

アホっ子受

帯『も、我慢できないのっ…お願い。』

子狸っぽい童顔ショタ系高校生榧[受]と、銀ギツネと称される怠慢教師銀爾[攻]
受はアホっ子でショタで快楽に弱いタイプなのでこの時点で読む人を選びそう。
ショタからオヤジまで萌え~な自分的にはこの受は有りです。
教師×生徒っていうのも萌えキーワードなんですが、肝心のストーリーがですね、微妙というか全く面白くない事はないんだけど、面白いかと言われればう~んと首を傾げてしまう感じ。
煙草が吸いたい榧に銀爾が口移しで煙りを吸わせてやるシーンや、エロ中にネクタイ大活躍とかエロは一捻りしてあってそこは楽しめました。
ストーリー×、エロシーン○。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP