ちいさな島のやさしい日々

chiisana shima no yasashii hibi

ちいさな島のやさしい日々
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
124
評価数
27
平均
4.6 / 5
神率
66.7%
著者
麻倉カムイ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784801968158

あらすじ

欲望と葛藤する島のお医者さんしーちゃんと
穴までピュアで天使な大学生ツトムの年の差ラブ再来!!!

「しーちゃんがして」
「ぜんぶしーちゃんにさわってほしい」

純粋なだけじゃない!?
エッチな身体に育ったツトムがひと回り年上のしーちゃんを翻弄する

ちいさな島の、ちいさな診療所で恋をして
愛を育んできた倉沢静と真崎ツトム。

ツトムが大学に進学して環境が変化しても互いに想いあうことに変わりない。
そのことを確信した静が提案したことは家族へのカミングアウト!

まず一番最初に伝えなきゃいけない人。
ツトムの父・修一郎に付き合っていることを伝えに行った静だったが
まともに話しもできず追い返されてしまう。
しかし、そんなことで別れるなんて選択肢はなく、
ツトムと協力して関係を認めてもらえるよう尽力する決意をするがーー?

ちいさな島で綴られるやさしい日々と恋のおはなし。

表題作ちいさな島のやさしい日々

倉沢静,32歳,ちいさな島の診療所の医師
真崎ツトム,19歳,医大生看護科

同時収録作品ちいさな島のやさしい日々

テッド,30歳,出向先の会社社長,アメリカ人
マサキ,41歳,会社員,ツトムの父

その他の収録作品

  • 4コマまんが
  • 過去番外編
  • カバー裏の漫画まで読んだあとに見るあとがき
  • カバー裏:おまけ漫画①ツトムの秘密②修一郎の気持ち

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

今作だけでも楽しめる

帯のセリフに惹かれ、続編ということを全く知らず手に取ったのですが、今作だけでも十分に面白かったです。
中でさらっと前回をあらすじをなぞっているので、読み進めるうちに理解できました。
個人的には、くっついてからの甘いお話が大好きなので、大満足です。

さらにただ甘いだけではなく、しっかりと葛藤や状況などが描かれていて、心理描写も丁寧でした。
2CPのお話が読めたのもお得感満載です。

過去番外編がとっても可愛くて癒されました。
確かに小さい子の突然に新たなことができているって、不思議ですもの。

お気に入り作品になったので、前作も読みたいと思います。
歳の差最高!!

1

嬉しい続刊です。

「ちいさな島のやさしい恋」の続刊が4年ぶりに発売です。
実は先日読んでパンダツトムの可愛さに萌えおちたところだったので、続刊発売に驚き大喜び。

ツトムとしーちゃんがお互いを思いやる、温かくて優しさ溢れる世界はそのままに、
ピュアなツトムがどエロに成長していて、やっぱりQpa作品ですね。
しかも、パンダニット帽を被ったツトムの破壊力に、またしてもやられました…カラーで見たい。

病んだ母の暴力で失語症的になったツトムと、
父方祖父母に引き取られた島で出会った高校生の静。
1巻は診療所の医者になった静と高校生ツトムが恋人関係に至るお話。

今回は静と大学生になったツトムとの関係を深めつつ、カミングアウトがメインに描かれています。
静の子ども時代からツトムとの出会い話、執着社長テッドと父マサキの恋話の続き、
ツトムの失語症を絡めたファンタジー作品など幅広い。
心に傷を負ったツトムが静に癒され成長しただけでなく、
静もまたツトムの存在に癒されて成長し、医者として島に戻ってきたことが解る内容です。

カミングアウト…重いテーマですが、ほのぼのテイストで優しい作品なので見やすいですね。
いつも天然な父ですが、ツトムを大事に想う気持ちが丁寧に描かれていて、
島に戻って祖父母も含め、全員で話し合う場面も、ツトムが大事にされているのが解る。
ツトムはこの島に来られて本当に良かった。

だからこそ、島の人間に知られないようにと願う祖父の想いが胸を打つ。
家族は二人の関係を認めて、ツトムが「一人立ちするまで」は隠すという条件も、
ずっと隠せじゃないのがスゴイ、一人立ちすれば自分で責任をとれると、
ツトムの強さを信用しているのが伝わるステキな場面でした。
もちろん、静への信頼があってこそですよね。

そして、一番驚いたのがツトムの成長。
医大で看護科なんですよね、目的がハッキリしていてブレてないわ。
しーちゃんと一緒にいる為に、今までずっと守って貰っていたツトムが、
しーちゃんを支えて守れるようになりたい、早く成長したいと頑張る姿にじんわり。
静もツトムの変化や成長に気付いているのがステキで、
一緒に肩を並べて歩けるパートナーを目指す、結局ツトム溺愛しーちゃんなんですけどね。

一番嬉しいエピソードが、過去番外編のファンタジー作品。
前巻では気がついたら喋れるようになっていた、ちびっ子ツトムのエピソードです。
助けたヒヨコがお喋りし、ケガが治る一週間のツトムとヒヨコとの交流で、
想いを言葉で伝える大切さや勇気を貰います。

言葉を発しないツトムの目に映る周囲の描写がすばらしい。
何より、しーちゃんから貰ったパンダのマスコットにそんな裏話があったなんて…本当のお守りです。
見かけはヒヨコですが、喋りは爺さんなので可愛さのギャップも好き。
おままごとにヒヨコとパンダと並べて遊ぶツトムですが、この絵面が最高に可愛い。
しーちゃんの膝に座るツトムが最強なんですけど、パンダ尽くしだと尚良し。

あとがきで、もっと描きたかった部分があると解り、全てを作品にする難しさが伝わりました。
そのなかで、過去番外編が収録されたことに感謝です。

画がお世辞にもうまいとは言えない、作画が不安定な作家さんですが、
それだからこそ、時折り抜きんでる神懸った作画の威力にハマるのかもしれない。

※Renta:修正は白い斜線です。

3

かわいくて癒されて、幸せな気持ちになる作品

かわええ〜
めっちゃ癒される^^
『ちいさな島のやさしい恋』の続編です。

大学で看護の勉強を始めたツトムと、
大学病院と島の診療所を行き来する静。
お互いが特別で大切で必要な2人は、
ついに大切な人々にカミングアウトすることに⁉︎

家族に告げる事を選んだのは、静の誠意の表れだと思います。
大切な人たちにだけは自分たちの事を知っていて欲しい、
認めて欲しいという気持ちだったのだと思います。

本作では〝特別〟が大切に描かれています。
静の特別はツトムだし、ツトムの特別は静。
そして父・修一郎の特別はやはりツトムです。
きっと、テッドにとっての特別は修一郎なのでしょうね。

誰かが誰かの〝特別〟になれる事自体が特別であり、
とても大切にすべき事なのだと教えてくれます。
恋愛だけでなく家族愛にも触れた、
とても素敵な作品になっていると思いました。

反対していた修一郎にも認められ、
家族3人で手を繋いで帰る姿には胸が熱くなりました。

かわいいお話なのに、
Hもたっぷりなんですよね^^
年々Hになるツトムは可愛いけど、
若いツトムを満足させないといけない静は大変だね^^;

過去番外編は、まさかのファンタジーでした。
小さい頃のツトムが庇護欲そそりますよね!
黒目がちのお顔がかわいい(〃ω〃)

4コマなんかもあって、とても楽しい一冊でした。
テッドと修一郎はまだ発展途上だし、
静とツトムの結婚式もぜひみてみたい!
続編希望します‼︎

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ