僕と契約しませんか――?

荊の中の花

ibara no naka no hana

荊の中の花
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
45
評価数
15
平均
3.3 / 5
神率
20%
著者
カモ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784040643496

あらすじ

爽やか御曹司の真っ黒でグチャグチャな執着愛・・・!

借金を抱えた父親の勝手な行動に耐えられず、妹とともに家を出たあさぎ。
途方に暮れていたところに手を差し伸べてくれたのは…たまたまカフェで話しただけの財閥の息子・要で――!

『僕と契約しませんか―?』拒否権がない怪しい共同生活がはじまる――!


エリート御曹司の一途で重い愛が炸裂!!!

表題作荊の中の花

柊 要・あさぎを助ける御曹司
桜庭あさぎ・不遇なカフェ店員

レビュー投稿数6

最高な執着愛

ひとつの作品に二つの執着愛が描かれてました
可哀想なあさぎ(受け)が病気の妹を連れて毒親から逃げる途中、出会ったばかりの要(攻め)に救いの手を差し伸べられ、契約を結び、軟禁される。
初対面かと思いきや、実は同じ中学で要は当時からあさぎが好きだったという。
偶然だと思ってたらすべて仕組まれたもので、読んでいて脳内に表紙の要のニヤケ顔がちらつきます。

あさぎの幼馴染で親友の竹も登場しますが、竹のあさぎへの執着愛もまた最高です。中学校のときあさぎの一番になるため手段を選ばない感じが…笑

王道の展開でしょうか。
描写が特に好きです。そして何より好きなのは、周りは苦しかったりドロッドロなのに、あさぎは要に愛され、なにも知らず幸せそうに笑い、大きくて生活感のない家に暮らす。まさにタイトル通り。

シンプルな絵柄でとても読みやすくて、カモ先生の初コミックスのようですが完成度が高く、今後も注目していきたいです。
この作品、紙で購入したあと描き下ろしが読みたくて電子にも購入し、何度も読み返しました
要とあさぎが幸せになればいいと思いながら、竹に「活躍」してほしい気持ちも。
「続きはどこ!?」とそう叫びたくなるような一作です

3

執着愛

執着攻め好きにはぜひとも読んでもらいたい執着執着ド執着な作品。笑顔可愛い不幸な努力家の受けが拾われて囲われるわけですが、受けちゃんは執着されていることも腹黒い攻めの本質にも気づかずに絆されるわけですが、そこもまたいい…!親友の受けちゃんへの執着に、攻めがここぞとばかりにやり返すのも爽快です。やれやれもっとやれ。
攻めの黒い顔も汚れの知らぬ受けの無垢な笑顔もとても好きで、田中さんと話している過去のシーンの顔は本当に好きです。とにかくめっちゃ好みの作品。

0

終わりよね?

某サイトでこちらの書籍が【荊の中の花(1)】と表記してありましたが、私的には多分1冊完結だと思っています。

しかし、しょっぱなからネタバレするなら1巻だと思ってもおかしくない終わり方です。
読み方によってはメリバですね。私の中ではハピエンですが♡

母親は不倫相手と出ていきそれからおかしくなった父親もいずれ出ていき、年の離れた体の弱い妹と二人で暮らしてきたあさぎ。
ある日仕事から帰ったら知らない男に妹が襲われかけてて殴ったところ相手は「父親に金は払ってる」と言い出す。その場にいた父親も悪びれもしない。
雪の中妹を抱え逃げるが行く当ても金もないあさぎは、昼間出会った大手飲料メーカー柊の御曹司・要に声を掛けられる。
要の手配で妹を入院させあさぎは要のマンションへ。
そこで今後の妹の治療費や学費の面倒を見る代わりにあさぎは誰とも連絡を取らず要のマンションに住み続けるという契約を持ちかける要。


あさぎの親友・竹内も入り乱れたどっろどろの執着愛です。
中学時代あさぎは要と仲良くなるも親友ポジションを死守したかった竹内によって陥れられ要はあさぎの信用を無くします。が、その後家庭の事情で柊に引き取られた要は転校し苗字も変わる。
その要が財力を手にして満を持してあさぎを手に入れるまでのストーリー。
もぉ終盤は要の策士っぷりのおさらいがぞっくぞくしちゃいました♡
あさぎは何も知らないまま絆されてハピエン状態です。
あさぎと話しているときの聖母のような要が、協力者の秘書や、正体に気づいた竹内の前で見せる表情が最高に悪者顔でたまりませんでした!!
最後に策士が笑って終わるドロドロっぷりがドツボでした!

1

病んデレだけどなんかいいです

攻め君が病んでます。執着心の塊だけど不憫な環境で生きてきた受け君への愛だけは本物。
受け君にだけは優しいし、彼のためになら受け君の妹にももちろん優しく接することはできる。
でも、そんな優しさとは裏腹に敵への復讐はちゃんとやり返す人。
ここまで病んでるのもそれなりの理由もあるし、皆さんが書かれてるように復讐のところはすごく面白かったです。
少しだけ、一気に絆されちゃうのが早かった受け君をもう少し絆される理由が欲しかったとかもっと復讐のあとがみたいとかが残ってて気になってます。
続き読みたいですけど、受け君が篭のなかとはいえ、幸せそうなので良かったです。
メリバかもしれないけど私としてはハッピーエンドかなと。萌×2でさせていただきました。

0

執拗な執着愛

闇が深い。
メリバなのかハッピーエンドなのか……
底知れない執着愛を描いた作品です。

執着の強い御曹司×妹思いの兄

あさぎがカフェで偶然知り合ったのは柊要という御曹司。
体の弱い妹のために献身的に働くあさぎですが、
ある日父親が妹を金で男に売ってーー…!

とんでもない毒親ですよ(ง `ω´)ง
危機一髪あさぎは妹を連れて家を飛び出すのですが、
行くあてもないところを要に助けられます。
この要、表情が怖い……
ホラーですよ(^◇^;)
絶対何かあると予感させます!

そして、要は妹の治療費・教育費を保証する代わりに、
あさぎに要と同居することを提案します。
その条件は、友人との連絡・一人での外出を禁じるというもの。
妹を守るために承諾するあさぎですが、
唯一大切な親友との連絡も許可されません。

一体、なんなんだ?と思うわけですが、
実は2人は高校の同級生で、誤解から喧嘩別れした仲なのです。
要はそれからずっとあさぎを探して観察していたという、
とんでもない執着愛に満ちた男でした。
しかし、要の優しさを疑わないあさぎは絆されていき、
二人は結ばれます。
そして、要はどうしても許せない男にも復讐を果たすのですが、
その相手が意外だったので驚いたし、正直怖かったです。

全て仕組まれた計画とは知らずに要に感謝し、
純粋な好意だと思っているあさぎが哀れです。
これから先、二人がどうなっていくのか?
妹はどこに住むのか?
疑問が残る終わり方ではありましたが、
あさぎが真実を知らなければハッピーエンドなのかもしれませんーー…


Renta! 修正はトーン

1

不完全燃焼

表題作と描き下ろし、執着愛のシリアスダーク作品です。

凄くモヤモヤして終わってしまった…続刊じゃないですよね?

大切な花はガラスの檻に入れて誰の手にも触れられないようにしよう…から始まる、
いかにも執着愛の監禁ヤンデレ系ですが、凌辱ではありません。

年の離れた病弱な妹を抱え、毒親から逃げるあさぎ。
先日知り合った御曹司の柊に助けられ、全面ガラス張りのタワーマンションへ。
あさぎが誰とも連絡を取らずこの家で暮らすことを条件に、
柊が妹の面倒を見るという契約を結ぶ。

更に不幸が襲うあさぎを柊が支えになり、
今まで一人で抱えていた不安を受け止めてくれる柊に、心を開いて寄りかかるあさぎ。
ひとつ気に掛けていたのは、中学からたった一人の親友である竹内に連絡できないことだった。

実は過去に因縁のある柊とは中学ぶりの再会、誤解が解けてカラダの関係を持つ二人。
そして、あさぎの知らないところで、柊と竹内が執着バトルの復讐劇という、
腹黒ヤンデレ執着攻め二人の本当の顔を知らないあさぎ…。

不遇なのに健気で一生懸命なあさぎが、二人を惹きつけるのは解らなくもない。
攻めの闇バトルは楽しんで読んでましたが、
最終何も知らないままで、あさぎは柊との生活を送るエンドでえ?

全てバレてそこからどう展開していくかが執着愛の見せ場。
その見せ場もなく終わってどうするの?と、不完全燃焼な私。
展開が面白かっただけに、残念です。

柊の補佐田中が中々いいキャラで、描き下ろしネタの田中目線は面白かった。

※シーモア:修正なしのトーン描写です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う