1巻が発売即重版! 前代未聞のサイコホラーBL

キリング・ストーキング 2

killing stalking

キリング・ストーキング 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
3
得点
96
評価数
27
平均
3.8 / 5
神率
51.9%
著者
クギ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリアコミックスユニ
発売日
価格
¥980(税抜)  
ISBN
9784866573328

あらすじ

想い人のサンウの家に軟禁されてしまったウジン。
サンウの留守中に脱出を試みるが、心の中は彼への恐怖と愛が渦巻いて——…。

表題作キリング・ストーキング 2

オ・サンウ,表では社交的なサイコパス
ユン・ウジン,いじめられっ子のストーカー

その他の収録作品

  • 第7話~第13話 

レビュー投稿数3

遅れてレビュー

1巻に引き続き。最終巻まで購入決定です。ウジンの境界性パーソナリティ障害(BPD)は、不安定な情緒や思考で、行動パターンや人間関係が影響される精神障害。どうしようもない自己否定や自信の欠如、虚しさや寂しさ、見捨てられ感などに付きまとわり、衝動的な行動や自傷に走り勝ち、現実感を失う乖離症状、ストレス性の幻覚がウジンに当てはまります。さらに、ウジンに特徴的なのはFP(Favorite Person大好きな人物)の症状で、一人の人物に極端な執着を持ち、この人物の影響によって自分の感情のあり方も、自己認識も存在価値も決まってしまうというもの。詳しく調べると2人の行動の意図や原因が分かったりして興味深いです。初めはサイコホラーBLってスリルあって面白そう程度の感覚で購入しましたが、見事に期待を裏切られました。あの時の衝撃とこういう作品を探していたんだという嬉しさが今でも忘れません。キリング・ストーキング大好きです。

0

引き続き魅力的な展開

1巻に引き続き、グロテスクさも増していきます。
しかし、お互いに
「愛」
が垣間見える箇所もあり、引き付けられます。

2巻も大変魅力的なBL・・・といっていいのか?という部分はありますが
「こんなBLは初めて」
であり引き付けられます。

1

2巻で完全にハマってしまった。

闇の深い韓国ドラマや映画を観ている感覚で、実際映像化できるレベルの内容だと思います。
展開に既視感はあるんですが、心理描写が巧みで見せ方も上手い。
2巻では完全にキャラが創り上げられていて、すっかり取り込まれ一気読みでした。

1巻よりもグロ描写は減りましたが、痛くて苦しい描写は変わらず拷問か。
心理的に閉塞感と緊迫感で呼吸できないシーンの連続はヤバかった。
新たなキャラが登場したことで、視野が広がり違う緊張感が…
心理的に攻めるサスペンス色を強めている感じでしょうか、続きが読みたい!

続きが読みたい…でもレジンで課金はしたくない…読みたい…ずっとループしてます。

片想いだったサンウの自宅に軟禁されたウジン。
両脚を折られ思うように動けない状態での軟禁生活で、サンウのいない間に逃げようとする。

絶対にこうなったらヤバいという展開に追い込まれていくこの恐怖感。
サンウはウジンをオモチャのように扱いながらも、
本人が気づかないままどんどん執着して、ウジンが離れないよう追い込んでいく。

1巻でも驚きましたが、貧相で弱そうに見えるウジンの精神は強靭。
窮地に追い込まれるとサンウを手玉に取ろうと自ら擦り寄る。
サンウに対して愛よりも恐怖の方が完全に上回っているウジンですが、
それでも生きる為に恐怖に打ち勝ち動ける、その背景が不遇な生育環境なのは明らかでそれも辛い。

後半は1巻の序盤に登場した地方に左遷された警官がメイン。
事件に巻き込まれ腐敗した警察によって父を亡くし、鬱積を晴らそうと警官になったものの、
思うようにはいかず左遷され、挽回しようと必死な警官が、
ひょんなことから事件を嗅ぎつけサンウの自宅に…。

サイコパスサンウが、ちっぽけなウジンの存在に掻き乱されている姿は執着愛。

レジンで全67話あると知りました…1巻6~7話なので10巻分はあるけどどうなるんだろ。
もうレジンで一気読みした方が早いし安い。

※紙本:修正は白抜き。今回はサンウのソロ。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う