二人の共依存は、さらなる深淵へ――。 日本版描き下ろしエピソード収録!

キリング・ストーキング 3

killing stalking

キリング・ストーキング 3
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
91
評価数
19
平均
4.8 / 5
神率
78.9%
著者
クギ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリアコミックスユニ
発売日
ISBN
9784866574004

あらすじ

「これで本当に一緒にいられる。死ぬまでずっとな」想い人のサンウに軟禁されているウジンは、徐々にサンウからの愛情を感じるようになっていた。そんな時、突然学園祭に連れていかれ、サンウと女学生の仲睦まじい姿を見せつけられる。軟禁から逃げ出すチャンスの中、ウジンに込み上げる感情は――。

表題作キリング・ストーキング 3

オ・サンウ
ユン・ウジン,ストーカー

その他の収録作品

  • お風呂場で(描き下ろし)

レビュー投稿数3

惹き込まれる作品

エロとホラーって狂っていて魅力的だなと感じました。私の今までで読んだBL漫画の上位の衝撃作です。また今回のお話は、サンウとウジンの駆け引き?心理戦がとてもドキドキハラハラでフェラシーンも最高でした。次回が完結だと知ったので、復習して楽しみに待っています。

0

加速していく闇

レンタにて60ページ分の試し読みをして一気に惹き込まれました。
BLであまりにも猟奇的過ぎたり受けが一方的に搾取されていたら嫌だなと避けていたのですが、想像していたより肉体的猟奇が少なく読みやすかったです。(映画のSAWや羊たちの沈黙まではいかないという意味です。)
どっちもどっちという感情が先にきてしまったのでウジンに対しての感情移入が少なく済んだおかげかもしれません。

3巻もいい狂いっぷりでした。
サンウの懐きようが怖い。買い物デート、ウジンにすりすり、他キャラとセックス中にウジンと手を繋いだりなど。
でも依存・共犯させることは忘れないというのがいい。
そしてウジンの狂気の花が咲いてしまった。

今作サンウの後輩の女性キャラが出ずっぱりです。半分以上登場しています。
その女性との性行為もガッツリです。女性のサンウに向けたポエムも数ページに渡ってあり。
だからこそ後半の展開の痛々しさがより過激に感じられました。
ウジンの高校時代の話もありです。

この作品読むとパーソナリティー障害について調べたくなります。
どちらかというとウジンはサイコパスよりソシオパスに近いんじゃないかな。
凶暴性だったり、ウジンに対しての執着だったり、母親に対しての接し方を見ると後天的っぽいので。演技かもしれないけれど。
ウジンの境界性パーソナリティー障害の症状も如実に書かれていました。

電子は、レジン、レンタとシーモア。完結済み全67話で1巻につき6話収録だとすると、10巻くらいまで出ることになるのかな。
先の楽しみができました。

修正(紙)
白抜き フェラのみ

1

苦しい

ウジンが特に辛い回だと思う。

サンウは学園での人気者でみんなと遊びに行くと言ってウジンに逃げるチャンスを与えたように見せて外で待ってた。

サンウはウジンに人を殺させる。そのシーンはとても辛い。

ウジンはいじめられ体質で精神的な障害を持っているようなのでサンウはそこを責めてすごく辛くなります。

2人に愛はあるかもしれないけどそれは相当に歪んでいるもので、簡単に壊れてしまいそうで、壊れてしまった時は殺されてしまいそうだと思った。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う