王を統べる運命の子2

ou wo suberu unmei no ko

王を統べる運命の子2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神80
  • 萌×213
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
12
得点
473
評価数
108
平均
4.5 / 5
神率
74.1%
著者
樋口美沙緒 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
麻々原絵里依 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
ISBN
9784199009853

あらすじ

『王の鞘』として七使徒に選定され、
煌びやかな王宮へ──。
魔術師ユリウスに会えるかも、と期待と不安に
揺れるリオ。けれど、登城初日に出会ったのは、
身分の低いリオを蔑み、使徒など不要と公言する
貴族たち。七使徒排斥の空気が漂う中、
ついに国王との謁見の日が訪れて…!? 
魔女がリオを狙う理由や、ユリヤの呪いの謎、
第二王子の行方──全ての鍵を握る、
失われた記憶に迫る、緊迫の王宮編!!

表題作王を統べる運命の子2

ユリヤ・ルジ,25歳,王の剣
リオ・ヨナターン,16歳,王の鞘

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数12

壮大すぎる怒涛の展開に頭パニック!

何てところで終わるんだ。゚(゚´Д`゚)゚。
2巻は捲し立てるような怒涛の展開に目が回りそうでした。
次から次へと湧き起こる疑問と解決していく疑問ーー
物語の核心に触れる展開にハラハラし、ラストは涙です……

ーーネタバレしますのでご注意下さい。

王の鞘に選ばれたリオが王と謁見する機会が訪れ、
ドキドキのリオでしたが、王であるルスト・フロシフランは、何とあのユリヤ・ルジでした!
しかもユリヤの鞘であるリオを拒絶し、全く抱こうとしません。

ユリヤがリオに他の男と寝るのは自由だと言ったり、
「俺を愛さなくていい。俺もお前を愛していない」と冷たく突き放します。
あんなに優しく抱いていたくせに、あまりの変貌振りには怒りすら覚えました(`・д・´)
でもユリヤの言動にはすべて意味があり、とても分かりにくいけどリオへの溢れんばかりの愛があるのです。
それに、王としても非常に優れています!

結論から言いますと、リオは魔女が作った土人形です。
魔女が第二王子のユリヤから心臓を奪い、
新たに与えられたのがリオでした。
ここは、1巻でリオが土人形である事を匂わせる箇所があったので、やっぱり……と納得。
(紛らわしいのでユリヤ・ジルは以下、ルストと明記します。)

ルストは義弟であるユリヤを愛していました。
だからこそリオに惹かれる自分にブレーキをかけていたのです。
結果的には、リオのせいでユリヤは死んでしまったのですから……
ルストもリオもとても切ない(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
リオはユリウスへの恋情は憧れで、ルストへの愛情こそが自分の本当の気持ちだと気付きーーと、ラブストーリーも加速していきます。

そして今回は、何度もリオの命が狙われるドキドキ展開!
毒を飲んだり、切りつけられたり、連れ去られたりーー
何度も危険な目に遭いながらも、いつも既の所のところで助けられます。
ドキドキヒヤヒヤで、自分の感情が追いつかないよ(;´д`)

国と恵まれない子どもたちのために頑張ろうとしていたリオは、
本当は好きな人に認めてもらいたいだけの普通の男の子でした。
男娼のような役でも誇りを持ち、国民のために身を削って惜しみなく力を使う。
健気で優しいリオがとにかく愛すべきキャラで、
そんなリオに皆が心動かされます。
最後にはルストもリオを愛してると認め、義弟のためにリオを死なせるような事はしないと誓います。

実は、ルストはリオに首ったけでメロメロです(´>///<`)
リオを助けるためにキスをしたアランに嫉妬し、
リオへの好意を隠さないルークは近付けない(笑)
若き王は、意外と普通の恋する青年でした♡
こういうところは、とっても萌えました!

ほんの少しほのぼのターンを満喫したのち、
ラストに大きな爆弾が:(;゙゚'ω゚'):
賢者の集まりである『北の塔』がリオの抹殺を計画し、
それを請け負ったのが、なんとフェルナン(つД`)ノ
ずっと公平中立であった尊敬すべきフェルナン!
まさかの展開に脱力しました……
そこに助けに来たのはユリウス。
そして、ユリウスとルストは同一人物だということが分かり、
いつもリオの側にいてくれたルストの想いには胸打たれました。

先の戦争で命を落としかけたリオを助けるために、
ルストは自分の命をリオに捧げていたのです。
自分の命が短いとルストは知っていたからこそ、
リオを抱いて呪いを解くことをしなかったし、
いずれリオを王にするつもりで準備していたのだと思います。
そう思うと本当に切なくて痛くて泣けます……

ラストは短命の人形と自分の命を入れ替えてしまったルストに、
真実を知ったリオは真名を返し、命を手離しながらながら祈るのです……
「ーー神様。ユリヤに愛する人ができますように。
 そうして愛する人と、どうか幸せにしてあげて。」

最後は号泣。゚(゚´Д`゚)゚。
ルストの真名を知ると、そこもまた泣けちゃって……
優しすぎる王と優しすぎる王の鞘ーー
この二人にハッピーエンドなんて訪れるのでしょうか?
心配過ぎて夜も眠れないかも……
次巻の発売日が書かれていないので待つしかないのですが、
なるべく早くお願いしたいといか言いようがないです。
待ち切れないよ〜

※長くなってしまい、お目汚し失礼致します。

25

怒涛の展開ですよ!何てこった、パンナコッタ~!Σ( ̄□ ̄;)

「王を統べる運命の子」第二巻で、王宮編になります。
まだ完結してないですよ!

実は前巻ですが、それなりに切ないものの、主人公は想いを寄せる相手と結ばれと、(樋口先生にしては)優しい展開だったんですよね。
が、今回はめちゃくちゃ切ない。
こう、あまりに痛い上に切なすぎる・・・!
えーと、ラストでリオの失われた記憶、そして「王の呪い」の真実が明かされます。

いや、伏線はキッチリ張ってあったけど!
ここに来て、タイトルの意味に驚愕したけど・・・!
もう、泣けて泣けて仕方ないですよ。
なんでこんな過酷な運命を、リオは背負わされなきゃいけないのか。
悲しい。
悲しすぎるよ!
胸が張り裂けそうだよ!!
てか、ここでラストって、あまりに殺生ですよ!!!

ザックリした内容です。
主人公・リオが「王の鞘」として七使徒に選定され、王宮へー。
と言うのが前巻のラスト。
で、ここから、怒涛の王宮編。

初登城したリオを待っていたのは、身分の低い彼を蔑み七使徒を不要だと公言する貴族達。
そんな中、ついに国王との初対面が行われるんですね。
そこで見た、国王の正体とはー?
また、魔女の攻撃が激しさを増す中、ユリヤの呪いの謎、そして国を裏切ったとされる第二王子の行方、そしてリオの失われた記憶の真実が分かりー・・・と続きます。

えーと、実は今回、国王の正体が明かされるんですね。
で、なんとその正体ですが、大方の予想通り、ユリヤでして!
実は国王本人が、選定の館に身分を隠して入り、自分自身で七使徒を選定すると言う習わしとの事で。
いや、わりと早い段階で国王の正体が明かされるんですけど、これには歓喜ですよ。
思わずニヤケましたよ~!
むしろ、ここで裏切られたら、絶望しましたよ!!

まぁそんなワケで、鞘としての仕事=エッチをし、ユリヤの呪いを一刻も早く解こうとするリオ。
しかし、何故かそれを拒み、決してリオを抱こうとしないユリヤ。
それどころか、鞘としての能力を他の者にも分け与えればいいと、自分以外の人間と寝る事さえ示唆する。
そう、リオにとって、かなり切ない展開なんですよね。

これ、リオがですね、それでもすごく健気で、真っ直ぐなんですよ。
ユリヤの態度には何か理由があるんだと察し、それが自分の失われた記憶に関係あると確信する。
そこで、ユリヤを救う為、国を救う為、失われた記憶を取り戻すべく真実を探し始めるー。

う~ん・・・。
前巻ですが、あまりに謎だらけであちこち気になって仕方ありませんでしたが、今回はその謎の大部分が明かされます。
まさに怒涛の展開なんですけど、これがリオにとってはかなり切ない展開なんですよね。

三年前にハーデで終結した戦争。
そこで、魔女の討伐と共に、三日間もの間、完全に行方不明になったユリヤ。
彼が戻った時には、その身に「呪い」を負っていたんですね。
また、魔女の連れ子である第二王子。
戦争を引き起こし獄中に居るとされる彼ですが、実は意識の無いまま深い眠りについていた。
そう、魔女側に居たのは偽物だったんですね。
彼が三年前から眠りについている、その理由はー?

これ、三年前のハーデでの「三日間」が、全てのキモとなってきます。

リオですが、魔女にソックリの自分の容姿や、三年前以前の記憶が無い事から、自身が魔女に深く関わりがあり、自分の存在そのものが国を不幸にしてしまうのではと深く悩む。
また、ユリヤがひどい事を言い、リオをわざと遠ざけようとしたその理由。
そして、城の奥深く見つかった第二王子が、リオそっくりだったと言う驚きの、その真相。

もうこれ、最初から最後まで、ユリヤとリオはスレ違い状態なんですよね。
で、受け贔屓の私としては、ユリヤの冷たい態度にムカついて仕方なかったりするんですよね。
だって、リオがめちゃくちゃ健気なんですよ。
ただただ一途に、自分の命を賭してでも、ユリヤの呪いを解こうとする。

が、終盤であの三日間に起こった真実を知ると、もうダーっと泣けちゃって。
いやこれ、運命って、あまりに残酷すぎる・・・!

何故、ユリヤがこれほどまでに苦しみながら、それでも呪いを解こうとしなかったのか。
そして、リオの驚愕の正体。
一つネタバレすると、実はユリヤにとって、リオは憎むべき存在だったんですよね。
愛する人の命を、結果的に奪った。

もうね、真実が分かった時に、ユリヤのこれまでの苦しみと葛藤にも、切なくて切なくて。
彼にとって、リオは決して愛してはいけない相手だったんだなぁ。
それでも、想いを止める事は出来なかったんだなぁと。

そして、何より哀しいのがリオ。
彼もまた、全てを知ってしまうんですよね。
自分の悲しい正体に、誰によって今、生かされているか。
そして、ユリヤを苦しめている呪いを、真実誰が負わせたのか。

で、ここで衝撃のラストですよ。
もうもうもう、リオがマジで哀しすぎて、胸が張り裂けそう。
また、彼が最後の最後まで願う事に、涙が止まらないんだけど!
ここで以下次巻って、あまりにあんまりですよ!!
辛い。
辛すぎる。

ちなみに、二人のラブ部分もですね、今回で一気に進みます。
この二人、互いが互いを、めちゃくちゃ大切にしてる。
だからこそ、より切なくて仕方ないんですけど。
とりあえず、ユリヤの隠しきれない執着心だったり、ついつい出てしまう独占欲だったりに萌えまくりました。
あと、ユリウスの正体!
これにも思わずニヤリと。
そうよね!
そうこなくっちゃ!!

まぁそんな感じで、文句無しに面白かったですよ。
三巻発売まで、身悶えしながら待たなきゃいけないけど。
どうか、リオが報われて、二人が幸せになる未来が訪れて欲しい。

16

息つく暇もないくらい怒濤の展開に涙。

謎がどんどん明らかになる怒濤の展開。
2人の気持ちや他者の思惑も絡みあってすごく面白いです!
そして新たな事実がとにかく切なくて…(;ω;)

てっきり2巻でまとまるのかと思い込んでたので
まさかの展開に「嘘でしょ…嘘だと言って…」と号泣しながら
ページ捲った瞬間に目に入った【あとがき】の文字にしばし呆然。
頭真っ白で涙も引っ込んだ…。

確認したら【3巻】の文字が見えて心底安心しました。
(ここで終わってたら暴動が起きてたと思うわ…)

個人的にはネタバレなしで読むのをオススメします。
謎が多いので段々正しいフラグさえ見失って
ちょ…ちょっと待って??ってなるけどそれが面白い。
そして謎が解けてきた時に萌えます…!!!


さて。内容は書いて下さってるので感想を。
以下ネタバレが避けられないのでご注意です。


選定が終わって王宮に上がる場面から始まります。
まず1つめの謎、『王=ユリヤ』が確定しました。

鞘であるリオは王宮にあがったら初対面の王に抱かれなければいけない。
もしそれがどんなに醜い人物だったとしても。
覚悟を決めてても揺れ動くリオが見てて辛かったのでホッとしました。

けれどですね…!!
ユリヤはリオに素っ気なく冷たくあしらうのですよ。
個人的に攻めが受けに冷たくし受けが傷つくのに異様に萌える質なので
これには切なキュンが止まらず、リオの悲しみに涙しました。

だってユリヤは
「俺はお前を抱かない」
「抱かれたいなら他の男をどーぞ」(※意訳)
って平然と言うのですよ!?信じられん(絶許)

でも冷たくあしらってるくせに
実際男に抱かれようもんなら嫉妬で狂うし
相手の男を殺す勢いで殴り込みそうだし
ああああ~~~~ギャップ堪らん~~~!!!
これね、めっっっっっっちゃ萌えます!!!!!

そういう意味でアランの存在は萌えスパイスでした。

アランもアランでリオを殺したいほど憎んでいるけど
口でひどいこと言う割には戸惑いも垣間見えて…。
アランの本質を見抜いたリオの柔らかい感情にもジンワリ。
(そんでこの2人事情があってキスするの萌え禿げた…)
(治療の為なのに妙に艶めかしい描写でドキドキした…)

で2つ目の謎。
ユリウスとユリヤが同一人物かという疑惑。
同時に同じ場所で存在し、別人物とハッキリ映し出されます。

リオはユリウスとユリヤを混同して、
刷り込み・憧れ・恋心がごっちゃになっていました。
しかし別人物と認識したうえで『ユリウス』『ユリヤ』を区別することで
リオの恋心がはっきりと彩られていく描写がとても良かったです。

あれほど会いがってたユリウスを目の前に「ユリヤ」を選んだ時は
めちゃくちゃキュンキュンしました(∩´///`∩)
(2つめの謎は2転3転仕掛けあって要注目です♪)

何より切なキュンだったのは
ユリヤがリオに冷たくする理由です。

ユリヤは義弟である第二王子を愛してた、
って事実が発覚したときは兄弟萌え属性持ちには天を仰ぎましたね。(←ガチで)
そしてユリヤが愛していた第二王子の『現在の姿』にリオが関わっている…と。

ユリヤにとってリオは
自分から愛する人を奪った憎い相手でもあったのです。
こんな皮肉な運命ってありますか…?(;ω;)

憎むべき相手にどうしようもなく惹かれるユリヤ。
好きな相手の大切な人を奪ったと自責の念にかられるリオ。
苦しい展開に泣けて泣けてしょうがなかった。

私は第二王子がリオなのかな~と楽観視してたので
どんどん複雑な関係になっていくのがビックリというか。
ユリヤもリオも想いを口に出来ない関係になってしまい読んでて辛いです。

ちなみに4つめの謎。
リオと第二王子の繋がりは簡単なものじゃなかった。
同一人物ではない。別人。だけど・・・。

『王を統べる運命の子』の名の通りリオはユリヤの命すらも握っていました。
ぶっちゃけると、ユリヤかリオ どっちが死ぬか、みたいな展開です。
(そこに至る理由や過程が切な苦しいのですよ…)
複雑に絡み合う愛憎が綯い交ぜになった純愛に堪らない気持ちになります。

ユリヤ・リオ中心の感想を書きましたが、
他の魅力的なキャラ達や魔女との戦いも絡み合って展開し
とにかくページを捲る手が止まらない面白い作品です…!
(で、今読むと首を長くしながら3巻待ちも必須・泣)

ほんともう…この運命の先はどうなってしまうのか。。。

13

ネタバレ非推奨。まっさらな気持ちで読めるのは人生で一度きりだから。

いつものBLならネタバレするのも、されるのもさほど気にしない性質ですが、
この作品に関しては完全にネタバレアウト!!

というのも、このお話って
・攻が誰かはっきりしていない
・主人公リオの過去も実力もはっきりしていない
・ハピエンの保証もない
「あえて空欄だらけ」という特徴があるんです。

この謎を埋めたい!知らないことを知りたい!という好奇心が分厚いページをめくる原動力になるんです。そしてその原動力をもって自分で掴んだ答えだからこそ、心から感動できると思うんです。
空腹は最大の調味料なんて言いますが、ファンタジーBLストーリーにおいては好奇心こそ最大の調味料ですね。
伏線満載、最大限まで関心を煽る樋口先生のストーリーは好奇心のお腹を目一杯空かせて、楽しんでもらうのが一番。
もちろんネタバレではなく、プロの匠な文章で。
つまみ食いは厳禁ですよー。

で、実際読んでみると、
まあ……とんでもなく揺さぶられました。
展開も心情も。
予想が当たる・外れるとかそんなに単純なものじゃない。

これ、まっさらな気持ちで読めるのが一度きりなのが辛い。
できることなら記憶を消去して、何度でもこの感動とスリルを味わいたかった。
それくらい、あらゆる意味でドキドキです。心臓が痛いです。

そして予想通り2巻を読んでしまえば、もう1巻をまっさらな気持ちで読むこともできなくなりますのでご注意を。
あのシーンで、ユリウス、そしてユリヤの態度、言葉に込められた思いは?
悲惨なリオの境遇に隠された意味は?
さらーっと流し読みしてしまったあのシーン、言われてみれば確かに…??
見える!?見えるぞ!!登場人物の微妙な心理が!
といちいちびっくりしながら1巻を読み返していました。

とはいえ、まだここでも、全貌は明らかにはなりません。
次巻へ続くんです。
それも海外ドラマさながらの絶妙なタイミングで。

なんという焦らしプレイ。
結局のところ、発売日まで好奇心のお腹をたっぷり空かせて待つしかないのです。

9

3巻が待ちきれない

夢中で読みました。
リオの正体もユリヤとユリウスの正体も想像した通りだったけど、最後までページをめくる手が止まりませんでした。

ユリヤがリオを本当は愛しているのが読者には伝わるのに、リオには伝わっていないのがもどかしかったです。

思うに魔女の2番目の子である王子をユリヤが愛していたのは確かだとは思うのですが、可哀想で不憫だと気に掛けて愛情を注いでたのだと思いました。
だから本当の意味で愛したのはリオになってからだと思うんです。優しくて健気な人らしい感情を持った3番目の子は魅力的ですもの。
終盤の抱き合うようになってからの、執着や嫉妬にそれが現れていると思いました。

あんなに城の内部に魔女の手先が居るとは思いませんでした。でも良く練られていてハラハラしながら楽しんで読めました。

リオの命を狙った仲間の使徒を迷わず排除するユリヤと、愛するユリヤのために命を捧げて神に祈るリオに最後は泣きながら読みました。

ウルカの神にリオの願いが届いて奇跡が起きる事を願ってます。

5

緊迫の2巻!

完全ネタバレ私の感想のみの投稿なので、気をつけてください。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

2巻の半分ぐらいで、名前がキーワードだと分かってきて、
そこから最後の全てが分かるところがもう、たまらない!
途中から、ユリア(ルスト)がリオに王位を譲りたいのだと言うのも分かった。
だから「学べ」と言い、みんなの前でリオの凄さも見せつけた。

そこまでするほど愛した弟とは?

疑問、謎、知りたいこと:

1)第二王子ユリア(魔女の二番目の人形)とルストはどこまで親しかったのか。
  プラトニックだったのか。どのようにルストはユリアに惹かれていったのか、
  彼らの過ごした日々が知りたい。

2)魔女は人形を作っては失敗し、作っては失敗しを繰り返していたのだとは思うが、
  では、一番目の人形はどのように失敗したのだろうか。
  そして、ルストは何度も失うのは嫌だと言った。
  一番目の人形とも関係があったのだろうか。

3)リオは元々土人形。十月十日で死んでしまうほど短命。
  今後また生まれ変わっても長く生きられない?
  それをどう二人のハピエに持っていくのか、知りたい!
  いや、もうウルカの神に願うしかないのは分かってるけど^^;

樋口先生、まじで、早めに3巻お願いします(ToT)
待てませんよ!!!!!

長編だけれども、何度も読み直せるエモい素晴らしい作品!
萌えが半端ないし、ダレる箇所が全くない!

もう樋口先生の才能が恐ろしくて、嬉しい(*^◯^*)

間違いなく「神」作品!

4

面白かったです!

1巻&2巻セット【イラストラフ画集付き電子限定版】を購入して一気に読みました。面白かったです。2巻を読み始めたあたりから、読み終えてしまうのは残念だしでも続きは気になるしで複雑な気持ちになるほど。作画を担当されている麻々原先生のイラストラフ画集も良かったです。 身長対比図にワクワクしました!

使徒や登場する貴族たちが持つ紋章などの設定に惹かれました。点だったことが線になったときは脳内で「わー!!」と言ってしまうほど楽しかったです。
また、これぞ樋口作品!というような部分もこの作品の魅力のひとつだと思います。具体的にあげると、人の『立場』や『役割』についての捉え方や登場人物たちの思考の流れ、色んな思いを受け入れることができるタイプの受(柔軟とも少し違うような…)が出会っていく人たちによって成長していく過程などです。個人的にそういうところが樋口先生の作品を読んでていて好きだなと感じる部分なのでとても楽しめました。

いわゆるエロの部分は、多くはありませんが作品のバランス的にはちょうどよかったかなと思います。ただ、気になったのは『潮』描写。同じぐらいの時期に出た別作品でも同描写がありその時も思ったのですが、なんとなく作品の雰囲気と合わないなと感じました。完全に合わないというわけではないですが…特に必要性を感じなかったというか…うーん、本当になんとなく。曖昧ですみません。

実は樋口先生×ファンタジー作品の組み合わせには少し苦手意識があったのですが、それも杞憂に終わりました。
(途中で断念していたムシシリーズをリトライしてみようと思いました!)
全体を通してとても面白い作品でした。
三巻の発売が待ち遠しいです!!
解けた謎もあれば深まる謎もありまたまだ謎ばかりで早く続きが読みたいです。

3

息も付かせぬ展開

序章とも言える1巻でも十二分に面白かったのですが、2巻は更に面白く、ワクワクよりもハラハラするような展開が待ち受けていました。
特に中盤〜終盤部分の怒涛の展開が目まぐるしい。
読み進めると400P超の厚さがあっという間に減り、ページ数も残りわずかに。
ちょ、ちょっとちょっと…いやいやいや…
勝手に2巻で完結だと思っていたので、まさかの続く!に驚き。
しかもここで…?!と、樋口先生の引きの上手さに唸る。
泣きながら唸っています…
ああもう、続きが気になって仕方がないです。
それくらい夢中になって読めるお話でした。
以下、まとまりのない長い感想です。

伏線や謎が次々と明かされ、そのどれもが辛く切ない。
何が辛いって、主人公であるリオが健気な良い子なだけに辛いのです。
アランが言っていた「ルスト」とはユリヤの事でした。
やはり、と言うべきか、彼は国王だった。
国王は王と使徒を兼任しており、1部の者しか知らない極秘事項。
王の元へとつく事になった「王の鞘」リオですが、これまで以上にユリヤは素っ気無い態度で。
ユリヤの頑なな態度や、リオに憎しみの感情を向けるアラン、謎めいた第2王子、3年前の戦争について等、作中のリオと同じく、未だ多く残る疑問の数々に悶々としたまま読み進めていく事になります。

リオに対して冷たさすらも感じたユリヤの言動、何故リオはあの辺境の町で育ったのか。
全てに理由がありました。
ラストまで読み終えてから、1巻、そして2巻を読み返すと、ユリヤ・ユリウスの言葉や行動の端々にちゃんと繋がっているものがあるんですよね。
思わず、ひ、樋口先生〜!となりました…
伏線が思っていた以上に細かに散りばめられていました…お見事です…

決して愛してはいけない相手を愛してしまったユリヤ。
終盤を読んで、彼の抱え込んでいた葛藤を想像すると、もう、もう。
「俺を愛すな」「俺も愛さない」
これは自分自身にも言い聞かせていたのではないでしょうか。
しかし、どうしようもなく惹かれてしまう。
2番目の子を愛している。けれど、リオに対する愛情は2番目の子に抱いている愛情とは違うのです。
3番目の「リオ」という子だからこその、全く違う種類の愛なのですよ…
リオが見た遠い記憶の中で「そういう子供を幸せにしたい」と語っていたユリヤと「生まれ変われるのなら、彼を苦しめるような存在ではなく、彼に助けられ、彼を救える子供に生まれたい」と願っていた2番目の子。
ユリヤは貧しい町の子供達に働き口を与え、リオは第2王子だった時に願った通りの生活を送り、彼に助けられ彼を救える子になった。
奇しくもその通りになっているのが切ない。
過去に自分が言った言葉を何気なく口にしたリオを見て、ユリヤは一体どんな想いになったのだろうか。

一方、記憶を少しずつ取り戻していくリオ。
母親ですら愛してくれなかった自分のことを、見つけ出してくれた人。
「彼」じゃないと知りながら、自分に命を差し出してくれた優しい人。
3年前からリオはユリヤの事が好きだった。
愛した人を苦しめているのは自分だったと知った時のリオの絶望と悲しみが辛すぎる。
リオの悲しくも愛のある選択は、また残される事となってしまったユリヤにとっては酷なものでしょう。
お互いを大切に思い合っているのが分かるだけに胸が苦しくて仕方がない。
このままで終わるはずがないと思いつつ、早く2人が幸せになってくれる事を願わずにはいられません。
どうか報われて欲しい。

改めて見返すと本当にタイトルが秀逸です。
こう繋がって来るとは思ってもみませんでした。
リオと2番目の子は別人ですが、魂の根っこの部分は同じなのですね。
「俺の知っているどの子とも違う」と言ったユリヤ。
もしかしたら2番目の子の前に1番目の子も居たりしたのかな。
もし1番目が居るとするならば…?
2番目の子の体は無事で、まだあと三月と三日残っている。
そちらもどうなるのでしょうか。
樋口先生流ファンタジー、かなり切ないですがとても読ませます…


2巻の癒しはエミルとルースとゲオルクですね。
この3人が裏切る事なくリオの味方で、共に居てくれた事が唯一の救いでした。
エミルの事を少しでも疑ってしまってごめんなさい…まさかこんなに良い子だとは…
ルースだけがユリヤから警戒されているのには笑いました。
戦闘シーンも使徒の皆が動物へと姿を変化させて敵をバッサバッサと倒したり、この辺りのシーンは読んでいてすごくワクワクしますね!
ファンタジーはこうでなくっちゃ。
リオとユリヤに目が行きがちですが、脇を固めるキャラクター達もとても魅力的でした。
リオに辛く当たりつつ、完全には悪者になり切れないアランが気になります。
きっと彼は物凄く情の深い人なんじゃないかなと思うんです。

ところで、ユリヤとユリウスが同一人物だということが判明しましたが、エラド教団の集会からリオを助け出した際にユリウスだったのは誰なのでしょう…?
前衛部隊で戦った3人の内の1人と言われているユリウスも。
そして、幼馴染のアランはユリヤとユリウスが同一人物だという事は知っていたのかな?なんて。

息も付かせぬ怒涛の展開が続いた2巻。
1巻での「誰も信じるな」という言葉が2巻でも否応なしに突き刺さります。
未だ姿を見せない魔女。そもそも、彼女はどこから現れ王妃となったのか。
まだ回収し切れていない伏線も謎もたっぷりです。
ウルカの神の双生神、エラドの神。リオは。ユリヤは。
続きが気になって仕方がありません。
手に汗握るという言葉がぴったりの、BL的にもファンタジー的にも非常に読ませる作品でした。
3巻の発売が待ち遠しい。

2

耽美的 結末は大団円にしてほしい

感想だけ

過去の回想と今の状況を交互に繰り返して、挟み込むようにして話が進んでいくのですが、
前巻のリオが記憶を失って、導師とセスの手紙の内容と、リオが見た夢が軸になって展開していきます。

今もリオを取り戻そうとする魔女の目的と、眠り続けている第二王子とリオの関連と、元々その地域は2神教だった、など拗れの原因が分かるにつれ、
リオは、自分が今生きている意味と、命をかける場を求める気持ちが膨らんでいきます。
・・結局、リオは「よく生きること」じゃなく「良く死ぬこと」しか頭にない。幸せになってはいけないと思い込んでいるのが切ない。リオの、意味がある死に場所を求める気持ちは、益々強くなっていく。

リオの出生の秘密についての謎解きを読者がリオと一緒にしていくことになる進め方は、ドップリ物語に感情移入していくのでとても面白い。
リオが気の毒で、胸が痛みます。

焦れる進捗は、前半だけ。助走が終り上り詰めた所で、ジェットコースターが降下するように、後半は急展開。あっという間に、アレレ?な衝撃を受ける結末迄展開していきます。
残念だけど、結末はリオだけが満足する耽美的な終わり方。
お互いに愛する人の幸せを願いあって、想いが強い方が逝ってしまった。
あれは、生き残った方が未練を一生背負うので、死ぬより辛いよね。

あとがきに「3巻も読んで」って書いてあるのですけど、未だ完結していないようです。
結末は、是非ともハッピーエンドで締めくくってほしい。

0

まさかそうくるとは

何故か2巻で終わると思いこんでいたので、終わらず、めっちゃびっくり!そしてめっちゃツライ!ふらふら揺れるリオの幼い心情にこっちも引っ張りまわされ、最後はトドメを刺され、超辛かったので神にはできないです、ごめんなさい。本編420P弱+あとがき。3巻はいったいいつ出るのだ。超超超どシリアスが平気でファンタジー好きな方でしたら。

七使徒の選定が終わり、「王の鞘」として王宮に入ったリオ。王に拝謁したのですが、「今は必要ない」と鞘の仕事をさせてもらえず、代わりに色々見て読んで学べと言われます。そして民人にお披露目され、ウルカの神の洗礼を受け・・・と続きます。

登場人物はまた増えた。
<七使徒>
リオ・ヨナターン:鞘
アラン・ストリヴロ:ストリブロの領主、第一貴族。翼。
ユリヤ・ルジ:第一貴族、25歳、剣。
フェルナン・リブル:第一貴族、眼。
ゲオルグ・エチェーシフ:筋肉直情系?第二貴族、盾。
ルース・カドレツ:第二貴族、三男坊、弓。
レンドルフ:鍵。
<その他王宮関係者>
エミル・ジェルジ:第三貴族、リオの従者に志願してくれる。
ユリウス:セヴェルから都へ同行した魔導士。
ルスト:王様
ベトジフ:左宰相
イネラド・ラダエ:右宰相
ヘッセン:騎士団長
ユリヤ:眠り続ける第二王子

以下内容に関する感想。
辛かった・・ルストに振り回され自分の気持ちもままならないリオに同調してしまい、読んでいてしんどかった。そして「ルストはどうしたかったの!!」という怒りを持ったまま、2巻ばっさり終了!
読み終わった時、「は、え、ちょっと待ってここで終わりっすか???」と泣きそうになりました。あとがき読んで、3巻あると知って安堵するとともに、「先生、いつ出していただけるのでしょうか?!」と詰め寄りたい気持ちに。

樋口先生のことですから、おそらく甘々溺愛などを期待してはダメなのでしょうね。覚悟を決めました。何巻になってもいいですから、お願いします、リオに安寧を。よろしくお願いいたします。それとももうリオには会えないのでしょうか(号泣)

忍耐強く小説を読める方限定で、おススメします。はやく3巻読みたい。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う