陽だまりのオレンジ

hidamari no orange

陽だまりのオレンジ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×29
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

103

レビュー数
5
得点
90
評価数
26
平均
3.6 / 5
神率
23.1%
著者
悠ちとせ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784796413602

あらすじ

「またここに来てもいいですか?」
成績がふるわず追試が決まった高校一年生の七海は、美術準備室で全国模試三位の実力者・小鳥遊先輩と出会い、半ば強引に勉強を教えてもらう事に。容姿端麗で人を寄せつけない雰囲気を持つ先輩に、最初は苦手意識を持っていた七海。
しかし、優しく面倒見の良い本当の姿や、人前では見せない笑顔に心惹かれていく。
──この関係は期限つき。
先輩の心の中をもっと知りたいと逸る七海は…?

表題作陽だまりのオレンジ

七海鷹鴇,高校1年生,成績の悪い後輩
小鳥遊 慧,高校3年生,優等生の先輩

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数5

この表紙のこの表情に

絵が可愛い。表紙に一目惚れ。
最近序盤読んで、この二人の関係性がいずれ表紙になるの?この表情に?ひょー!ってテンションの上げ方を学んだので、今回も険悪な始まり方にワクワクが止まらない。

ストーリーは爽やかでした。学生らしい悩みに、学生らしい解決で、明るく朗らか。BL漫画的深みは正直薄いけれど、こんな作品もあり。男同士であることにもなんとも思ってない風だし、ほんと、高校生同士の恋愛でした。一般漫画基準で見ちゃうと、絵はとーってもうまいながら、この作品だけの何かは薄い。最近こんな感想よく書いてる気がしてきたな。

全国模試3位の生徒が就職するなんて、普通に考えたら高校がうんというはずがないよ。七海の言う通り選び放題なんだよ先輩。勉強できるのだから賢く生きてくれよ。

先輩ファッジ好きなのか…わたしも好きだったなぁ。
萌〜萌2 画力と、もっと読まれて欲しい気持ちをこめて萌2

0

あ~可愛い…ほんと可愛い…

悠ちとせ先生のこちらの作品。
ずっと、連載追っていました!
まとまって読むのが楽しみでした~!

2人の正反対な男子高校生。
二個上の優等生な小鳥遊と、お勉強が得意じゃない後輩の七海。

この七海のキャラが、無邪気な感じなんですね、初めは。
でも小鳥遊と知り合って、交流を深めるに連れて一途に相手を思いやったり、自分の小鳥遊に対する恋心に気がついて考える場面が増えるに連れて成長してるのがね…

もう、なんと言うか萌えるんですね~
可愛いじゃないか、小鳥遊にときめく七海。

対する小鳥遊も、全くタイプの違う七海に半ば強引に引っ張られつつ、彼の寂しさとかが引き出され。また、七海の一途に思う気持ちに包まれて小鳥遊の世界も変わって行くのが、良いですね。

決して派手な展開は有りません。だけど、惹かれる彼らの日常と、ときめく気持ちが素晴らしいのです。

ちゃんとえろい展開も、最後に御座いますが七海と小鳥遊の初なカップル感~っ!
いいの、これくらい萌えながら読み終えるくらいがこのキャラとお話にベストマッチですからね!

いや、心が洗われる(個人的にですよ~)
気持ちを鎮める何が出てる作品です。おすすめです。

1

青春っていいねえ✨

The!青春。甘酸っぱい~♥
という爽やかな作品。

成績がふるわず追試次第では留年の危機の高校一年生七海くん。
とあるきっかけで美術準備室の主(放課後をそこで過ごす理由あり)みたいな三年生の先輩・小鳥遊くんに出会い、勉強をみてもらううちに芽生える感情。

…あああ甘酸っぱい。

素直でまっすぐな七海くんに、頑なだった小鳥遊くんも素直になっていく過程での笑顔とか、夏祭りを楽しむ姿とか、近づいていく二人が可愛らしかったです。

高校を卒業する先輩と見送る後輩。
そして、それからの二人が描きおろしで少し読めます。
Hは描きおろしで少しだけ♥

物語の雰囲気に馴染んでいて、最後まで素敵でした。

1

あたたかい

2人の距離感がすごく穏やかで温かい。しっとりしすぎず、ギャグっぽいやりとりが随所にあるのが良い。中だるみせずに読めた。
1年を通して、二人の成長を少しずつ追いかけられたのが良かった。

1

ゆっくり流れる時間が素敵な作品

あー、あったかい。
陽だまりみたいなお話でした。
主人公の高校生二人を中心に進むストーリーなのですが、
恋敵もいないし、大きなトラブルもありません。
Hも番外編でちょこっとだけ。
もしかしたら物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ラストは自然に笑顔になれるーー
そんな、可愛くてキラキラした青春ラブです。


進級危機の七海は、超優秀な先輩・小鳥遊に勉強を見てもらうことにーー…

偶然知り合った二人が、時間をかけてゆっくり距離を縮めていきます。
美術準備室というシチュエーションが、とてもドキドキさせてくれます。
でも、何もエロいことはしない。
ただただ、ゆっくり時間が流れていきます。

はじめに意識し始めたのは七海なのですが、小鳥遊も七海といると心地よいと感じるようになっていくのです。
人付き合いを避けてきた小鳥遊にとって、一人でいることは慣れっこだし、当たり前のことでした。
小鳥遊の当たり前を壊してしまったのが、七海です。

とにかく、七海が大らかで優しい子でした。
自分の気持ちを押し付けないし、ザ・年下わんこ攻めって感じ。
読んでると、耳としっぽが見えてきます^^

ツンデレの小鳥遊は、実は寂しがり。
離婚した母親に心配をかけたくなくて、物分かりのいい子どもでいなければならなかった……
その寂しい気持ちに気付くのも七海なんです。

特段変わったことはないストーリーなのですが、性欲も駆け引きも感じさせない、純粋に人を想う、ピュアな気持ちに胸打たれます。
表裏がなく、まんま、素のままって感じ。
そこがとても良かった。

周りの友だちも先生も、無関心に思えた小鳥遊の母親も、
実はみんな味方でした。
夏祭り、受験、卒業式ーー
季節を感じさせる流れが気持ち良い、素敵な作品です。

エロは、キスと兜合わせだけ。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う