コミック

  • お試しとはいえ、好きすぎる

お試しとはいえ、好きすぎる

otameshi tohaie sukisugiru

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作お試しとはいえ、好きすぎる

瀧本慎太郎,ジムのインストラクター
大神広樹,ドラッグストア店員

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

あらすじ

「俺のこと本気で惚れさせてみろよ、慎太郎」

ドラッグストアで働く大神広樹は、毎日閉店間際に来店する年下の常連客・瀧本慎太郎と
世間話をすることが仕事中のひそかな楽しみだった。

ひょんなことから「ずっと好きでした」と慎太郎に告白され、
その真剣さに胸を打たれた広樹は「お試し」で恋人になることに。
デートを重ねて慎太郎の意外な一面を知っていく広樹だけど…?

描き下ろしはキスのその先…! 16P収録!

作品情報

作品名
お試しとはいえ、好きすぎる
著者
悠ちとせ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビボピーコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784799757765
4.1

(73)

(31)

萌々

(27)

(13)

中立

(2)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
12
得点
304
評価数
73
平均
4.1 / 5
神率
42.5%

レビュー投稿数12

お互いを想い合う

試し読みで気になって購入。
ドラッグストアの店員さんな受けの大神くんとそんな彼に一目惚れしちゃうジムのインストラクターな瀧本くん。
何気ない設定がありそうな感じでキュンとします。

割と早い段階で攻めが受けに告白するのですが、この告白が一生懸命で誠実でとても良かった!
そしてそれを真剣に受け止めて関係を積み上げていく受け。二人の互いを思う姿が尊かったです。
時間をかけて身体を繋げる描写もこの作品に合ってて良かった。

絵が綺麗でスッキリした絵柄もあって漫画として読みやすいです。
あと二人のファッションがさりげなくオシャレで好き!
表紙のイラストがまさに恋に落ちる瞬間を捉えていてこの作品を表してるなぁ…と思ったので、このジャケに惹かれた方は買って間違いないです♡

0

真面目だから余裕がない

 ドラッグストアの店員の広樹と常連客である慎太郎との話です。慎太郎からの一目惚れで、慎太郎は広樹とお試しで付き合うことになります。
 二人は、映画、食事、水族館等のデートの見本のようなデートをし、お互いの関係を深めていきますが、ともかく真面目で清い交際だと思いました。
 最初の頃は、広樹は慎太郎の職業が分かりませんでしたが、のちに慎太郎がジムのインストラクターであることが分かります。慎太郎が広樹をジムの一日体験に誘い、その後も広樹にゆるく入会を勧誘してくるところが本当にインストラクターなのだなと感じました。

0

爽やかな恋物語

何故かかなりラストに近いところまで本屋の店員と勘違いしてましたが、ドラッグストアの店員、慎太郎さんと、ジムのインストラクター広樹のカップル。
爽やかすぎてまぶしい。。

慎太郎は明るくて太陽のような人、
一方の広樹も爽やかイケメンですが、一途で真面目。悪い人が出てこない漫画で、心が疲れている時にぜひオススメしたい一冊です。

広樹は慎太郎に一目惚れするのですが、慎太郎はノンケなので戸惑う。
しかし、控えめで真摯な広樹と、最初は友人のように接しているうちに、友人として以上の関係に進んでみようと思う。
慎太郎hがくよくよしない性格で思い切りがいいので気持ちが良いですね。

やっぱり友人からHを含めた恋人になるにはそれなりの壁があると思うのですが、爽やかな勢いで読ませました。

もう一捻り、恋のきっかけがあると良かったかも。

0

常連客✕ドラッグストア店員

店員と客という関係からお試しで付き合うことになった広樹と慎太郎のお話です。

告白をして、デートをして、と段階を踏んで付き合っていく二人が微笑ましいです。
当て馬もいないのでBL初心者さんも安心して読めます。

ebookjapanは白抜き修正でした。
本編では抜き合いのみですが、描き下ろしは初夜です。
指一本から慣れていく準備期間を設けてしっかりと慣らしていきます。
そして、早く繋がりたいからと解してくる広樹が可愛くて、広樹に煽られて止まらなくなる慎太郎も良かったです。

0

明るく朗らか

悠先生の作品は『陽だまりのオレンジ』のみ既読です。とにかく作画が綺麗だなという印象。絵は大変お上手ながら、正直BL的うまみが薄いな〜と思ってましたが、今作も似た感想です。登場人物が健全で明るく朗らかで嫌な気持ちになりにくいところはとても読みやすい。ただ何かしらのフックになるような毒はないというか。自分と相性が悪いだけで、軽めの作品が読みたい方にはおすすめの作家さん。
エッチシーンはあまり描かないポリシーの作家さんかと思っていましたが、描き下ろしでまぁまぁ描かれてました。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP