ぼくと彼が結婚に至った理由

boku to kare ga kekkon ni itatta riyuu

ぼくと彼が結婚に至った理由
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

159

レビュー数
8
得点
108
評価数
31
平均
3.6 / 5
神率
22.6%
著者
桜井りょう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784778128968

あらすじ

同性婚が認められ、ゲイの光也も結婚を考えるようになったある日。勤め先のパティスリーで再会した中学時代の同級生・武晴に、彼の子供・匠の世話を突然頼まれる。シングルパパで他に頼れる人がいないという。仕方なく一晩だけ預かるつもりが、武晴の強引さと匠のおねだりに負け同居に。すると、なぜかノンケの武晴が光也と結婚したがるそぶりをみせ――。

表題作ぼくと彼が結婚に至った理由

山本武晴,シングルファーザー,元同級生
菊池光也,パティスリー勤務

その他の収録作品

  • よく似た親子(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数8

怖すぎた......

攻めの強引さについて、こちらのレビューを事前に読んでいたので心構えはできていたのですが、予想をはるかに超えていました。
想像を絶する強引さ。
強引すぎて、ちょっと大丈夫ですか...?と言いたくなるくらい。

成人すぎた大人の行動としては、疑問符でいっぱいになる身勝手さでした。
その強引さは、最初から最後まで続いていくので、私は恐怖を感じました。

受けがなんど窘めようと試みても、暖簾に腕押し。
確かに流されてしまう受けも受けですが、彼だけが問題ではないはずです。

先の方もおっしゃられていますが、攻めを受け入れられるかどうかが、この物語を受け入れられるかの基準になると思います。
私はだめでした。

0

好きだから悩む

同性婚がOKとなっても、家族にどう打ち明けるかや、どうプロポーズをするのが良いかなどを悩む姿に感情移入ができ、愛に溢れた作品でした。特に光也に感情移入しながら読んでいました。
お互いのことで悩んだり、匠くんを思って喧嘩っぽくなったり、武晴と光也が、友人・恋人・家族という色々な関わり合いの中で変わっていく感情、それから一途に変わらない感情、両方が伝わってきて素敵でした。
ただ、こんなに武晴は光也を昔から好きで特別に思っていたのに、なぜ女性と結婚できたり子を授かったりしたのか、その点が一つどうしても引っかかってしまいました。子供の匠くんはめちゃくちゃ可愛いし、ある意味匠くんの存在が2人の仲をより深くしてくれたと思えるほどに、匠くんは超重要で大切な存在です。武晴は"運命"と言ってますが、光也への思いを凄く感じる部分が素敵でお気に入りな反面、"でも女性と結婚してたしなー"という思いが拭えないので、ごめんなさい神評価には出来ませんでした(><;)私の性格がひねくれてるのかも、すんません。素敵な作品でした!!

2

子育てBL


同性婚が認められるようになった時代のお話。
重い、暗いという要素はほぼ無く、ずっとコミカルな印象。

正直、攻・武晴の強引さには最初から最後まで馴染めませんでした…。
受・光也に関しては現実的な考え方で共感持てる部分が多かった。
ただ、光也は両親が言っているように偏屈な性格ではあるので
そんな光也を受け止め、話を進めていく為にはこのくらいの強引さは必要だったのだろうなと思いました。

武晴の子である匠はあざと可愛い!
泣き落としとか使っちゃう辺り、将来有望です。笑
武晴の父親も結構出てくるのですが、
光也も作中で言ってるように、まさにこの親にしてこの子あり!
親子三代そっくり!笑

光也が武晴を振り回すようなところもあるかと思いきや結局最後までは光也は振り回されっぱなしという印象。
ただ、とにかく幸せそうで何よりだなーと。
周囲の人がみんな優しい‼︎
ハラハラや心抉られるような展開は一切無しなので安心して読めました。

武晴、光也、匠の3人でこれからめいいっぱい幸せに暮らしていって欲しい!

0

桜井りょう先生にはまってしまいました。

予定になかった書店での衝動買い。

今、めちゃくちゃ子育てBLとか、ハピエン予測される作品に吸引力を感じています。

だって、こちらの作品は表紙からハピエン。
同性婚で、ちびっこ有りきの子育て要素有り。しかも、桜井りょう先生のきれいな作画ですから、惹かれるのも当然ですよね…
こんなに、ゴールがわかるのに読ませる力が素晴らしかったです。

桜井りょう先生の、コミカルな会話のテンポとか作画がたまらない上に、同性婚に至るまでの受けの光也の葛藤と、どんどん攻めの武晴に巻き込まれ、絆されていくのが本当に楽しかったです!

武晴の強引さも、なかなか凄いんですが許せてしまう魅力的なキャラでした。武晴の実子の匠くん。
匠くんも可愛いのです。武晴の父も登場して、何だか一家総出の光也獲得作戦のようでした。
桜井りょう先生の描くえっちも、たっぷりございます。何だか、個人的なお得感が溢れた作品でした。衝動買いして良かった…

この作品を機会に、桜井りょう先生の過去作も読み出して止まりません。
ハピエン、とても良かったです!

5

お子ちゃまの可愛さにメロメロです

時々こういった家族モノが、無性に読みたくなります。それに加え、可愛いお子ちゃまが登場した日には、我慢なんてできるはずがありません(笑)。

なので、ワクワクしながら読みました。
おまけに、同性婚もOKになった世界なので、背徳感なんてものも感じずに(ゲイの光也は気にしてましたが)気楽にサクサク読めます。

攻めの武晴の強引さは少し気になりましたが、光也にはあのくらいがいいんじゃないかと思ったり。武晴一家全員が、武晴と同じ感じなのは微笑ましかったりもしましたし。
何よりも、武晴の息子・匠君が可愛くて、何度も心の中で「天使か!」と叫んでました。この匠君のおねだりが悶えるほどに可愛くて、光也の心が決まったのも匠君のおかげと言っても過言ではないのですが、こんな可愛いおねだりを誰が断れるのでしょうか…。いや、世界中に誰もいないに違いない(キリっ)!!

という感じで、Lの部分よりもお子ちゃまの可愛さにメロメロにされました。いや、Lの部分も萌えはあったのですが、お子ちゃまの可愛さに負けたというか、何というか…(苦笑)。

2

同性婚が認められた世界

同性婚が認められた世界と言っても異世界ではありません。法改正があった数年後の日本の設定です。


桜井りょう先生の良いところで深刻さは無く、コメディタッチとしたあっさりとした感じで進みます。
同性婚した勤め先のオーナーが幸せそうな様子を見て、ゲイの光也もパートナーについて考えるようになります。

そんな折に中学時代の同級生の武晴に再会するのです。彼は光也が素っ気なくしても、親しげにしてくる人懐っこさがありました。今回も再会して間もないのに同居する父親が骨折してしまったので、一人息子を保育園に迎えに行って仕事が終わるまで預かってくれないかと頼むのです。

それから武晴の父親が退院するまで、実家に同居して子育てを手伝う事になるのです。その間に光也はネットで知り合った男性に会いに行ったりしてました。光也の相手が男性と知った武晴から自分では駄目かと迫られて、身体の関係を持ってしまうのです。


終始武晴は好きだと気持ちを伝えているし、結婚したい意志は揺るぎないのです。それが光也には何も考えていない様に見えて、武晴の事が信用出来ずにいたのでした。

私には光也の両親が言っていたように、光也がとても偏屈な人物に見えました。細かい事に拘ってばかりで、自分の気持ちが見えてないんです。あれほど結婚に渋っていたのに祖父と現れた武晴の息子の匠に「とーちゃん泣かせた嫌い」って言われたのがショックで、半ギレ気味に結婚を承諾していました。何だかな。


あれだけ心配していたのにお互いの家族に歓迎されて、あっさり職場や同級生にも受け入れられていました。心配していた匠の保育園の保護者達にも人気パティスリーのパティシエだと知られて、羨ましがられていました。

光也のような偏屈な人物には、強引で大らかな武晴のような相手で良かったのだと思いました。

こんなに同性婚に寛容な世界に、将来的に日本もなれば良いと思いながら読みました。

3

強引さが好きかどうか

同級生の再会もので、結婚・子育てものでもあります。
同性婚が認められた世界のお話なので、男性同士という葛藤はなく、比較的トントン拍子に進んでいくストーリー。


パティシエの光也は、中学の同級生だった武晴と再会します。
タイプの武晴にときめくも、武晴には匠という息子がいてーー…

バツイチ子持ちの武晴が、ゲイの光也にグイグイ迫ります。
この武晴が強引だし、人の話を聞かない。
結構、一方的な印象を受けました。
そんな武晴に光也が絆され、流されていく〜という展開です。
武晴に流されてHも早々にしちゃってるし^^;

武晴がずっと光也を好きだった感じなのですが、それにしては結婚もしてるしねぇ……
息子を利用したり、外堀から埋めて逃げ場をなくしていく感じで、意外と策士な印象。
ただ、息子の匠はとても可愛いかったです^^

両想い結婚ハッピーエンドなんだけど、ちょっと武晴が怖かったのは私だけでしょうか……?

3

ほんわか優しいマリッジBL

同性婚OKになった世界。
同性同士の結婚や人生を真面目に考えるBL。

重くなりがちなテーマだけど、攻めがまあホント一貫してポジティブなのと
彼の息子がめちゃくちゃいいコで可愛らしいので、真面目ながらも楽しく読める。

だいたい受けの目線で物語は進んでいくんだけど
受けの考えがちで後ろ向きのところを引っ張り上げてくれる
能天気攻めとナイスアシストな息子ちゃんがカッコいいぞ✨

中学時代の同級生が田舎で再開して恋をして結ばれて
ちゃんと結婚して家を建てちゃう(笑)まで。
とても面白くてほんわかするお話でした。

Hは最後の方に少しだけ~っ✨

4

はな0415

訂正補足!
Hは最後に少しだけ~ッといいましたが
いやいや途中結構ガッツリしていました
すみません…結構Hです♥

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う