ねこまた。(4)

nekomata

ねこまた。(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
琥狗ハヤテ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
ラバココミックス
発売日
価格
ISBN
9784832235915

あらすじ

一軒に一匹憑いている人々を見守る存在"ねこまた"。でも、岡っ引きの仁兵衛の家には何故か4匹も‼︎さらに彼自身にも"黒ねこまた"が憑いていて…。
人間大好き"ねこまた"たちが大活躍(?)のほっこり4コマ&朱鞘の浪人・三好の過去や"ねこまた"たちの数奇な運命を描いた長編を収録。

表題作ねこまた。(4)

レビュー投稿数1

家と人。守りたい、それがねこまたの存在理由

琥狗ハヤテ先生による人外非BL作品。そして江戸時代もの。
「ねこまた。」4巻です。

引き続き、仁兵衛とねこまた達のほのぼのしい日常と江戸の暮らしが描かれていますが、3巻で登場した訳ありの浪人・三好の存在が大きくなってくる。
三好がなぜ浪人になったのか。
三好が背負っているものは何なのか。
なぜ白ねこまたが三好の旅笠についているのか。
人の消えた、音の消えた屋敷。
むなしい。体に穴が開いたよう。全てが消えていくよう。
何かを覚悟して旅笠を被る三好に思わずすがる。おいていかないで……

交互に入ってくる黒ねこまたと仁兵衛の心が通ったあったかくて優しい日常との対比が、三好と白ねこまたの哀れとこれからの悲劇を暗示しているよう。

さて、4巻のラストは仁兵衛が連れてきて家ねこまたになった縞ねこまたと灰ねこまたのお話。
元々は同じ家の母屋と離れの屋根についていた縞と灰。縞は母屋だから自分が偉い、と縄張り意識。
だが、ある日母屋で火事が起きる。
あっという間に燃え広がる炎に2人は抱き合って震えていたが、駆けつけた仁兵衛が笠に降りろ!と助けてくれたのだった…
今も縞と灰の2人は火が大嫌い。仁兵衛が火を使うときはすぐに消してしまいます。
仁兵衛は2人の心をよくわかっている。二度と悲しい思いはさせないよ、とねこまた達みんなに誓うのです。
泣ける…

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う