ついてない僕の人生は 思いがけない方向に動き出した――

食卓で恋を

shutaku de koi wo

食卓で恋を
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
33
評価数
9
平均
3.8 / 5
神率
11.1%
著者
三井ミツ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
キルタイムコミュニケーション
レーベル
Cerise Rose
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN
9784799213940

あらすじ

理不尽な理由で会社を退職、バイト先まで火事、と不幸が続く桐島 桜。ある朝、大事な面接前にまた不運に見舞われ届け物をするハメに…。その届け先のインテリアデザイナー住之江 多朗は、トラブルを知ると次の仕事が決まるまでは桐島を雇うと言い出して!?
食事の世話をしたり共に過ごしていく中で、気難しくも本当は優しく真っ直ぐな住之江に少しずつ惹かれてゆき――。不器用なふたりのハートフルラブ!

表題作食卓で恋を

住之江多朗,インテリアデザイナー
桐島桜,求職中

レビュー投稿数2

これから追いかけたい初作家さま!

初作家さま(*゚▽゚*)
こういうほのぼの系のお話、好きだなあ…癒し!
分厚い一冊で読み応え抜群!
とっても素敵な作品でした。

Hは最後にちょっとだけですが、それが必然って感じで
ゆっくり進む、不器用で真面目な彼らに似合っているかなと思いました。

人がよくてよく理不尽な目に遭う桐島くん。
仕事を辞めたあとに努めた食堂は火事。
無職になって面接に行く途中、牡蠣に当たって悶絶しているコイズミさんというヒトに頼まれて、面接をフイにして届けた先にいたのはインテリアデザイナーのイケメン住之江。

そんな縁で売れっ子住之江さんのオフィスで、
特にご飯面で働くコトになりました。

住之江さんは偏屈で言葉では分かりにくいけど、とっても優しいヒト。
そして回を追うごとにカッコよくなるからもうね…惚れるよね。

桐島くんの元上司(超勘違い野郎ww)が出てきて
泣いたり笑ったり楽しい作品でした。ラブも満載です。

3

攻めデレの破壊力

自分に嘘のつけない住之江がピンときちゃった桐島くん。桐島くんの不幸続きだったこれまでの人生はここにたどり着く幸福の序章だったわけですね!!!いいぞ住之江、もっと桐島くんを幸せにしてくれ。なんだかお父さんの気分です。

とってもテンポ良く読める1冊で、ギャグで笑わせてくれる所とキュンのバランスも良かった。たぶん私はこの作家さんと笑えるギャグのセンスが同じなんですね。何も引っかからず、するする読めました。その辺が一致するのは嬉しい。

気まぐれキャットな住之江(でもデレの威力がすごい)と流され意思弱い系受けかと思いきやちゃんと自分を持ってるワンコな桐島くん、いい!絶妙なカップルです!

住之江意外と恋愛脳ってところもツボです。
「とりあえずオトモダチからはじめろ!!(恋人になること前提に)」と強引に迫るところとか「メシ食わなくて俺が痩せたらどうすんだ(もっと一緒にいて桐島の飯が食いたい)」って駄々こねるところとか…可愛い!!!攻めにこういう可愛い面があるのに私は弱いんだ……。

そしてあと特筆すべきは桐島の元上司の加賀利。能面、目に光が無いとはこの事……。桐島くんの企画を横取りしたことも自分の利益のためかと思いきや、その方が企画を通すのに有利だったからと本人にとっては100%の善意!えー!?しかも桐島は自分が好きだと思い込んでるし、サイコパス…。
このネチネチサイコパスな加賀利がスパッと桐島くんに振られたのは気持ちよかったですね。言わなきゃ行けないことはちゃんと言う桐島くんのはっきりしたところ好きです。

エッチな書き下ろしも桐島くんが大変可愛かった。
住之江と全く同意見で、「セックス知りませんみたいな顔して抵抗ないの意外」なんですけどそこがエッチ!たまらん!「こういう僕はイヤですか?」ってダメじゃないです(ここ住之江とシンクロ率120%)!大好きです!純情そうな子が意外とエッチって男のロマンでしょうよ。でも桐島くんも男だもんね。好きな人とエッチなことしたいって思うのは当然ですね。

いろいろツボにハマって楽しめた一冊でした!
(ただ食卓で恋をってタイトルでおいしご飯とBLものを期待するとちょっと違うかも)

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う