純情ビッチの片想い〜男の娘デリバリーの目隠しプレイ【合冊版】

junjou bitch no kata omoi otokonoko deliveryno me kakushi play

純情ビッチの片想い〜男の娘デリバリーの目隠しプレイ【合冊版】
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
著者
みえちかつ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
秋水社ORIGINAL
レーベル
BL宣言
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

抱きしめてくる腕が、熱い吐息が、一途に求めてくるキスが、もっとほしい…。たばたは家の事情と自分の性癖から割のいいアルバイト・男の娘デリバリーにいそしんでいる。好きな人はいる。でも恋愛に発展する可能性はないものと諦めてもいる。自分たち以外誰もいない早朝の教室で、想い人・はせと二人きりで過ごせる時間さえあれば、それでいいと思っていた。そんなある日、デリバリー先に現れたのは大学生くらいの怪しい男で…!?

純情ビッチの片想い〜男の娘デリバリーの目隠しプレイ【合冊版】全86ページ

純情ビッチの片想い〜男の娘デリバリーの目隠しプレイ【合冊版】全90ページ

表題作純情ビッチの片想い〜男の娘デリバリーの目隠しプレイ【合冊版】

ハセ,高校生
たばた,高校生

レビュー投稿数1

可愛い子が可愛いこと言うのって天使通り越して悪魔かな。

このゆるふわなセーラー服の表紙を見て、何となく避けてたんです。
男の娘モノとBLは、私の中では違うジャンルなので。
試し読みをしてみたら、思いがけず可愛いお話だったので。合冊版が出たのを機に読んでみました。これを書いている時点で まだ完結しておらず、合冊版と言っても2巻目。
どこまで続くのか、してやられた!って感じです。

「たばた」には誰にも言えない秘密がある。不憫なこの子は、家の借金の為と、人には知られたく無い自身の性癖からなる欲情を、何とか処理する為に。ウリをやっている。
「たばた」は同級生のハセが好きだ。本人には決して言えない気持ちを、客に重ねて抱かれようと妄想する。そんなある日。客を装って訪れたのは、当のハセ本人だった…。
勿論。ハセも「たばた」を好きで。「たばた」にウリなんてさせたく無い。
けれど、所詮高校生のハセには為す術も無い。
根底に流れる事情は陰鬱な筈なのに。互いを想いやる2人の気持ちがとにかく可愛くて。
ほこほこなのだ。ハセは「たばた」がウリをやっている事がショックで。客を装ってまで「たばた」を抱く。結構激しめなんだけど、その愛撫は優しい。
そして、こういったBLにありがちなオレ様感は全く無い。ハセは、「たばた」が愛おし過ぎて。大切に想っているので。それがどうしたって溢れてしまうのだ。
「たばた」愛しさのあまりに溢れてしまう言葉。
「可愛い子が可愛いこと言うのって、天使通り越して悪魔かな?と、俺は思う。」
なんて。言ってしまえるハセのが可愛い過ぎて悪魔だよ。
「終始可愛いの、どうにかなんないの?勘弁してくださいよ。」
顔を真っ赤にしながら言うハセの、丁寧語も好き。

好きな相手と両想いになれたのに、お金の為にウリを辞めない「たばた」。
もう、ハセ以外には抱かれたく無いんだけど。そうも言っていられなくて。
女子の注目を一身に集めるイケメンのハセに、自分は相応しく無いのでは?と、苦しむのだけど、それでも好きでいる事をやめられない。切なさが苦しくて。
タイトルの様には「たばた」はビッチじゃ無い。エチは好きで、愛するハセを欲しがってしまうし、ハセがブワーッてなる程にエロくなってしまうけれど。一途な恋人なんである。

「たばた」のお母さんは入院中。父親とは不仲そうで何やら不穏な予感。
ハセは早く大人になりたいと健気に思っている。早くスパダリ化して、幸せになって欲しい。
クラスメイトの武川くんが、軽音部に頼まれてPVを製作するのに、「たばた」に出演して欲しいみたいだけど、独占欲の塊のハセは許可しない。「たばた」の可愛いPVを見てみたい。それがキッカケになって、「たばた」の未来が開けたらいいのになぁって願ってる。
可愛い恋人たちの未来が明るいものでありますように。

6

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う