君が世界一だと言ってくれた

城下の白鳩

jouka no shirohato

城下の白鳩
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
23
評価数
9
平均
3 / 5
神率
11.1%
著者
野木薫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784829686379

あらすじ

異国人の薬師・エルヴェが営む薬屋に飛び込んできた、傍若無人な男。
彼は、宮廷で話題の詩人・ネロだった。
ひそかに彼に憧れていたエルヴェはショックを受けるが、ネロの奔放さと誇り高さに魅せられていく──。
ふたりが紡ぐ、想いの詩。

本当に、人を振り回すのが好きだな。
──それがお前なら仕方ない。

表題作城下の白鳩

(仮)ネロ・イストリオ,吟遊詩人
(仮)エルヴェ・ベルニエ,異国人の薬師

その他の収録作品

  • 城下の白鳩 コロナエ・ミルトス
  • 城下の白鳩 番外編

レビュー投稿数4

優しい雰囲気の素敵なお話

とっても素敵な表紙に惹かれて拝読させて頂きました。
表紙の雰囲気そのままに、温かく優しいお話です。
恋愛というより〝信頼〟〝信用〟…そんな言葉が浮かびました。

薬師であるエルヴェと宮廷で話題の詩人・ネロ、二人が紡ぐ物語です。
ネロとエルヴェの出会い編である「城下の白鳩」、その続編「城下の白鳩 コロナエ・ミルトス」という構成です。
続編では、ネロに薬を盛った容疑でエルヴェが投獄されてしまい……という事件も起きて!

全体を通してエルヴェが自由奔放なネロに振り回されます。
ただ、我が儘でも傲慢でもなく自然体なネロに、嫌な気持ちにはなりませんでした。むしろ魅力的!
表情も豊かで、恋に落ちた!と分かる瞬間の表情は、ハッとするほど可愛い^^
エルヴェが言ってくれた「君が世界一の詩人」だという言葉……その一言だけで前向きになれるネロにほっこりしました。

好きだとも愛してるとも言わない二人。
でも、雰囲気や言動で伝わる想いがあるんです。
エルヴェが投獄された時も、心配するのはネロの事ばかり。
エルヴェはネロが活躍できる場所を失わせないことばかり考えていて、本当にいい男だなと思いました。
強い信頼関係で結ばれているのがよく分かるエピソードです。

信頼という言葉が持つ精神的な支柱が意味するところは、愛に近いのかなと思いました。
うーん、むしろ愛自体なのかな。
恋は奇跡と運命で、愛は意思と本能だったりするのかな。
とにかく、キスもハグもない二人に大きな愛を感じました。
カバー下も素敵で、自然と笑顔になります^^

とても素敵な作品なのですが、ただ一つ残念なところ。
それは、初版本には誤植があること。
当該箇所は、番外編の最後のページ の1コマ目「”お前”の同居人でもあるんだ」というセリフで、正しくは「”俺の”同居人でもあるんだ」となるそうです。
読んでいて、多分そうなんだろうなと思ったのでTwitterを確認して納得しました。
Twitter上には修正後の画像が上げられていましたので、是非ご確認頂きたいです。
※二刷目以降は修正されるそうです。

とはいえ、野木先生あまり気にしないで〜
次回作も期待してます!!

2

受け攻めの妄想も膨らむ

小説のイラストで先に知った作家様です。カバーイラストやレーベルから、すっごく期待していました。

線が細いのに表情豊かな絵柄がとっても好みです。伊東七つ生先生や青井秋先生が大好きなので、またアーティスティックで個性的な世界観を描いてくれる作家さんが出てこられた!と興奮気味に読み始めましたが、正直一読だけではストーリーがよくつかめませんでした…。舞台となっている時代や国は明記されておらず、知識がないのでなんとなく中世ヨーロッパ?といった雰囲気で楽しませてもらいました。

宮廷お抱えの吟遊詩人・ネロと、移民で薬師・エルヴェのお話。二人の出会いは偶然の一瞬でした。ネロはエルヴェの珍しい瞳の色がずっと忘れられずに探し歩き、彼が営む薬屋を突き止める。エルヴェはネロ・イストリオという見ず知らずの詩人の歌声に魅了されていたところ、それが毎日自分の店に押しかけてくる騒がしい男のことだったと知る。とても萌えるシチュエーションでした。

ネロがいろんなギャップを詰め込んだカリスマキャラ。芸術的才能があって武術も長けていて、アグレッシブで楽天的で、その上美人で…恐れるものがないからこそ危なっかしい。そして何かに興味を持ったらなりふり構わず追いかける。こういう人、憧れちゃうよなぁ。

そんなネロにロックオンされてしまったエルヴェは、ネロの才能もさることながら、キャラに毒気を抜かれちゃったというか、その無邪気で衒いのない部分にやられちゃったんじゃないかな。エルヴェに会いにくる時のネロはいつも鳩の羽やらフンやらにまみれていて、あげくには三つ編みの間から鳩が出てきちゃうとことかかわいい笑

「コロナエ・ミルトス」編では二人が接近してしまったゆえに危機が訪れます。ネロの機転で悲劇は免れますが…。

このエピソードがちょっとわかりづらくて、エルヴェは薬師の免許を剥奪されても職は終われなかったし、ネロも詩人として舞台を追われることはなかったんですよね。ハラハラさせられますが、鬱展開には至りません。

番外編ではどうやら二人は半同居状態の様子。そこでもネロのやんちゃぶりがうかがえて微笑ましいです。その後もずっと尻に敷かれ続けそうなエルヴェ…。

風景や衣装が綺麗だし、お手入れが大変そうなネロの長髪も二次元だから許される美しさ笑

カラー絵だとネロはブルーがかっているけれど、本編のモノクロ画では個人的にイエローベースの色白さんでイメージしてました。とにかくネロが麗しいです。

たまにセリフが現代的すぎるのと、吹き出しが細切れでわたしには少し読みにくい違和感がありましたが、お話全体の雰囲気は好きでした。

1

ん?????

絵がとても素敵です。
世界観が作風にとても合っています…!
知らない国の物語を読むワクワク感はありました。

が。
うーーん、これBLなんでしょうか;

私自身がわかりやすいぐらいガッツリBLしてるのを好むこともあり、かなりフワッとしていたな~という印象です。これは匂わせてるのかな…?と感じるシーンは何カ所かありましたが…。BL主体に描かれていない(ように感じる)上に、ストーリーもフワッとしてるので読み終えた感想は「????」でした(;´Д`)

CannaさんのTwitterで試し読みが公開されていますが、その雰囲気が最後まで続きますので嗜好に合えば良い作品だと思います。色々辛口なことを書きましたが一応事件やなんやかやありますし、きっと彼らの人生が交わった時BLが生まれているんだと思います。ただ私にはよくわかりませんでした。


というわけで完全に嗜好にあわなかった者のレビューです。
フィルターかかってますのでご注意。
評価は絵や世界観は良かったので中立であげます。


改めて吟遊詩人をググったら中世ヨーロッパと出てきたので舞台はその辺りかな?

吟遊詩人のネロは芸術振興に積極的な国王に大変気に入られて城で暮らしています。けれど自由奔放な性格は城に雁字搦めになる質ではなく、たまたま見かけた薬師・エルヴェが異国人であることに興味をもって城を抜け出し会いにやってきます。

エルヴェは城で薬の商いをしているときにどこからともなく聞こえてくる詩をとても気に入って聞き惚れていました。突然押しかけてきた正体不明の男が詩人・ネロだと知って戸惑いながらも親交を深めていきーーーと展開します。


このあとに事件が起こってネロが殺されかかったり、エルヴェに容疑がかかったりとなんやかやあるんですが、3回ぐらい読んでやっと事件の概要を理解したというか…、BLなのかなぁ…というか、なんの意図を込めて描かれたのかなぁという疑問とか。

事件によってネロとエルヴェの関係が深まったといえばそれまでなんですが、なんせ終始フワッとしてるし、出会った頃と現在の違いが全くないんですよ。ずっと仲の良い友達のまま…みたいな。なんとなく深い関係になったんだろうなぁ…という雰囲気は察せられるけれど、私のような嗜好の読者的には頑張ってアンテナ張ってやっと感じる"雰囲気だけ"なんですよね…。友情に萌えを見出す方向けの作品かなぁと思います。

特別にエロ至上主義ではないですが、個人的に友情と恋愛の差はハッキリ見たいから『BLジャンル』を嗜むのであって曖昧なモノはあまり欲してないので「チューぐらいしろやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(#`皿´)و ̑̑ グヌヌ」が一番の本音です←

辛口なことを書きましたが絵は本当素敵です。
カバー下のイラストは逢瀬を楽しんでいる親密さを感じられてすごく好き…!

6

【作者様の好きな世界の発表会】という感じ

嫌な気持ちにさせてしまうかもしれないレビューになりますので、ご注意ください。
そしてはじめに生意気なことを書いてますが、申し訳ありません(T-T)

この作品を読んだ印象は、作者様の独走といった感じでした。
詩人や城下の様子など物語の世界観はとても素敵でした。キャラデザも美しくて、艶もありかなり魅力的な登場人物たちでした。

が、読んでいてわりと早い段階で置いていかれてました。

私自身の読解力や洞察力の問題も勿論あると思います。
美しい世界観の中でも、まぁキャラクターたちの立ち位置や感情、情緒など理解していくのがいちいち面倒くさい。察していくスタイルですかね。
萌えるシーンもなく、読み進めましたが最後まで調子は変わらず、雰囲気だけは完璧だなぁと思って読み終わりました。
淡々と登場人物たちの日々は流れていくのに、読み手として感情移入など特になく物語が終わる。キスもセッも描写もなく、察して自分の中で答えを与える作品。

作者様の好きな世界観、描かれていたものはとても美しく素敵で、書きたかったんや!!って感じはガッツリ伝わりましたが、受け手の私は、え、これジャンルbl??と検討違いなことを思ってしまいました。ロマンチック?萌え?どこにあったんだ?といった印象。

素敵な舞台、魅力的なキャラクター、設定、世界観があるので読者をもう少し意識された作品なら良かったなと思いました。

この作品を面白いと、好きだなと思われた方々には本当に失礼なことを書いたと思っております。
が、こういった意見もあると大きな心でご容赦いただければと思います。

絵は好きなので別の作品がでたら読みたいなと思いました。




2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う