獣と狩人

kemono to karyuudo

獣と狩人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
硯遼 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
デイジーコミックス
レーベル
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

狩人のアルヴァンは、殺した魔獣の子を気紛れから育てることに。
育った獣は、アルヴァンからのエッチなご褒美が大好きで……?
屈強でしかし老齢な狩人は魔性の無垢さに翻弄されながら、
今、人生の意味を見つける。

表題作獣と狩人

アルヴァン,狩人
リュバン,魔獣

レビュー投稿数1

がっつり獣姦

気まぐれで魔獣の子を育てると、その子はとても懐いてきて愛らしいのですが、どこで覚えてきたのかえっちなことが大好きで、リュバンはアルヴァンの手を舐めてきます。舐め方もえっちで指の間も丹念に舐めている様子がとてもそそります。そして家に帰ったらご褒美に性器を扱いて抜いてあげるのですが、拙い言葉で「キモチ キモチ」と繰り返すのでまた抜いてほしいのだと思い叱るのですが、拙い言葉で伝わらないだけでリュバンはアルヴァンのことを気にかけていたのだとわかり胸が締め付けられるようでした。
色々と考える余地を与えてもらってるような感じの作品なので場合によってはもやっとするかもしれませんが、私は好きです。

2

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う