room share

room share
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×222
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
21
得点
249
評価数
65
平均
3.9 / 5
神率
36.9%
著者
イシノアヤ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784863493285

あらすじ

おおらか、だけど大ざっぱな性格の田中。イケメン、だけど面倒くさい性格の大原。真逆のふたりが同棲(?)してて、Hもしてて。でも、恋人になるための壁を越えるには…?
日常を細やかに描き出すイシノアヤが送る、ふたり暮らし男子の生活記録。

【目次】
1「ルームシェア」
2「まる」
3「コンビニエンス」
4「pussy cat」
5「なんぴとたりとも侵されざる聖なるリョーイキ」
6「チューがしたい」
7「アニマル」
8「不在と欠落と欠損」
9「笑顔」
10「禁句」
11「silly couple」
「room share EX.」(描きおろし)

(出版社より)

表題作room share

ルームシェアの同居人 田中・大学生
ルームシェアの同居人 大原・大学生

その他の収録作品

  • room share EX.(描きおろし)
  • カバー下漫画ー初めて会った日の様子

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数21

ツンデレ万歳!!

天然大雑把でワンコな太田と、イケメンでとらえどころがない大原。
大学の同級生同士で、身体の関係もある二人の、ルームシェア生活を描いた連作集。

とにかく大原がツンデレで可愛い!
たぶん、太田のことをセフレの同居人と思ってたんだろうけど、頭ではそう思っていても無意識に心が透けて見えているのがいい。
一方、恋人同士だと疑っていない太田はウザいヤツ(笑)だけど、大原にとっては裏表のない直球が効いたんだろうなぁ。
大原がどんどん太田にハマってく過程が、エピソードの積み重ねでわかるのがいい。
太田なしではいられない様子や、太田が愛しいからこそ何気ない一言が苦しい姿が、たまらなくいい。
最後の方で素直な大原も見れますが…やっぱり、太田に対してはツン、裏ではデレな大原が最高です!!

2

ワンコとニャンコ

な、なんて可愛い二人なの!
どこにでもいそうな今時の大学生二人のルームシェアの話…というか、これしっかり同棲ですよね。違うの?
やることやってるけど友達なの?セフレとはまた違うの?
ちょっとその辺がよくわかんなかったんだけど、明るくてざっくりした性格のワンコな田中くんのことを、実はすごく好きなんだよねニャンコな大原くん。というのは、よーくわかりました。
この大原くんのツンデレ配分がほんとに絶妙なんです。
美人で感情があまり動かないように見えるけど、自分の服(下着まで)着て出かけた田中くんにときめいていたり、本人の留守中に田中くんの部屋に入って下の名前をひそりと呼んでいたり、自分の気が向いた時だけ甘える仕草をしてみたり、いやほんとに良いツンデレです。
田中くんの粗忽者ぶりは、サザエさんがデフォな私でさえ(だからこそか)かなりイラッとくるレベルだけど、そういうとこも許しちゃうほど愛してるのですね~。…長続きするかは疑問。
大原くんが前にルームシェアしていた相手も出てきますが、そこに愛はなく…じゃあ田中くんはどういう経緯で入り込んできたのか。
最初から互いの性指向を知っていてのシェアなのか?なんてことを知りたくなりました。

イシノさんの漫画は一コマ一コマがポストカードになってもいいぐらい。
どんな些細なコマも構図に手を抜いていない感じが伝わってきます。
男の子が美しいと思える上限な年齢の二人と、センスのよい小物や背景。
同じ大きさに揃えてトランプ作りたいぐらいです。
徹底的にフリーハンドなのもすごいなあ。

2

何となく切ない。

イシノさんの著作で一番好きな話です。
大きな事件もなく、淡々とした大学生二人の同棲…………もといルームシェア生活。
内容としては椿びよりが更にBLらしくなった感じですが、何でしょう。
読み終わったあとに、不安というか、切ないというかそういう感情が残るんです。
何となく、二人は大学終わったらそのまま別れてしまうような雰囲気があるからでしょうか。いや、結構仲良しなんですけど何故?
そういう事を匂わすエピソードは一切ないんですよ。
それなのに、不思議な一作です。

1

淡々

イシノ先生の作品は
話によってかなり好みが分かれるんですけど、この作品はすごくよかったです。

話自体はすごくあっさり淡々としていてサラサラと読めます。
前に読んだイシノ先生の作品は、
キャラの考えてることがよくわからないようなところがあったのですが、
「room share」は全然そんなこともなくて、
大原がすごく田中のことが好きなことが伝わってきて、面白かったです。
寂しがりやな大原すごく可愛かったです。

一話一話笑えるところや、キュンとくるポイントがあって、
最後まで読み応えがありました。

「不在と欠落と欠損」の大原個人的にすごく大好きでした。

0

緩々日常

友人でもない。恋人でもない。
だけど、相手のことが気になる。大好き。お気に入り。
そんな関係のふたりが主人公の緩い日常です。

ルームシェアならではの話。大学生ならではの話。
そういうのも混ぜながら、まったりとした空間が描かれています。
急展開が良い意味でないため、最初から最後まで安心して読めました。
緩い雰囲気がとても落ち着きます。

絵柄もこの物語にはぴったりじゃないかと……!
全体的に、私の心に安らぎを与えてくれる一冊でした。

0

ふたり暮らし男子の理想型ですっ!

自分がイシノアヤさんの作風・絵柄とも大好きだからちょっと贔屓目かもしれません。
だけど、この話はOPERAで毎号見ていたときもギュン萌えを催すほどに、フツーの男子の共同生活の萌えと妄想を描いた作品として、自分の萌えツボにドンピシャ当てはまる!
ああー、いいな~こういう関係って♪
イシノアヤさんって、なんでこんなに何気ない日常を描くのがうまいんだろう!って、再び再認識する作品☆☆☆

ルームシェアで同居している、ツンとした大原と、何かと大原にくっついてくる天然ズボラでちょいやんちゃな子供みたいな田中。
大原はゲイで、この田中を実は意識してるんです。
2話目で唐突に二人がセックスの関係があることがわかります。
田中はおおらか(大雑把とも言うw)で、恋人だろ?なんて言ってるけど、大原にそういう言葉は見られない。
田中のズボラに文句を言いながらも愛しくて仕方ないっていうのが、各話の中で見られるのが、これがイイのです!

印象的なのが、大原がツンデレ猫だよっていうお話の「pussy cat」
近寄れば逃げて、構ってもらえないと部屋をうろうろして、自己アピールをする。
構えば、また逃げる。
ホント、素直じゃないんだからw
でもね、彼はとってもとっても田中が好きなんです。
田中が合宿で留守の間、寂しくてでも思い切り突っ張って意地張ってるのですが、そこで、田中の前に一緒に住んでいた彼氏(当人は恋人だと想っていたと言っている)に呼ばれて体の欲求不満を満たす場面があります。
えっ!?なんて不実な~と思うよりは、その元彼と田中との違いを、
その違いがあるからこそ、田中と大原は恋人になれるんだな~って実感できるのです。
あまり、その部分に罪悪感は抱いてないみたいだけど、でも田中を気にはしていました。

田中はノンケだったような感じがするのですが、どうやって大原と体の関係をもったんでしょうね?
自然に盛り上がって?それとも大原の誘い受け?
その点は全く不明なんですが、何かそれでも別にいいかな?って感じ。
部屋は散らかり放題の汚部屋だし、情緒はないし、まるで子供みたいにやんちゃだし、肉肉うるさいしwでも、その愛情の示し方は嫌いじゃない♪
洗濯物が乾かないから~って、よく大原の服を借りてるみたいなんだけど、全身パンツまで全て大原のものを身につけるシーンには萌えた!!(無頓着とも言うw)
酔っ払ったときの(田中は酒に弱いw)彼の姿がうざいほどに大原に絡む絡む!
どんなに大原が好きか、描き下ろしのラストを見ると、エヘヘヘ~♪って大原でなくても思っちゃいます!

イシノアヤさんといえば、極力セリフが少なく、シーンのつなぎで気持ちや状況を表してしまうという素晴らしい(?)見せ方が特徴なのですが、
田中はおしゃべりなので、彼が登場するシーンはセリフがきちんとあります。
だけど、大原は必要最低限しか話さないので、彼一人のシーンはセリフが少ないです。
そのメリハリも魅力なんですね。
全然甘くない感じなのに、実は甘い。
友達以上恋人未満みたいな関係が、日常を積み重ねることで、生活は変わらなくても気持ちが恋人になっていく、そんなエピソードが詰まった作品でした。

追記:ひょっとしてこのカプって『夢みた週末』に収録されている【GET OUT】から派生した本編じゃなかろうか?とおもうのですよ。するとこれが二人が関係デキるきっかけ?
ちょっと田中のキャラが違う気がするけれど・・・他に読んだ方どうでしょうか?

7

恋人への道かな

男二人の暮らしがリアル感を伴うみたいに日々を綴ってるような作品。
些細な事が気になったり、嬉しかったり怒って見たり、誰かと一緒だと感じる
日常がルームシェアした空間で過ぎて行く。
ルームシェアから始まる仄かな恋心、ツンデレ受け様と無邪気で明るい攻め様。
タイプの違う二人だけど、お互いに無いものを認めあっているような雰囲気もあり、
穏やかかと思えばぎゃいぎゃい言い合っていたり、何もしなくても傍にいる事が
当たり前になっていたり、気が付かないうちに大事な何かが育ってるって感じる作品。

3

かわいい~!

まさに犬×猫カップル!!

明るくていつも部屋が汚い田中とツンツンしててクールな大原。
一緒に住んでいて恋人関係のようだが、あまあまな感じがしない。
それは、やはり大原のツンデレっぷりが甘さを消してるのかな?

イチャイチャやベッタリがないが、かまって欲しくて田中がテレビを見てるとジャマしたり、でも、田中がキスしようとすると拒否ったり。

とにかく、この大原のツンデレっぷりがヤバイ!!!

こっそり田中の部屋へ行ってベットでゴロゴロしてみたり、田中が自分の服を着て照れたり

彼のツンデレっぷりはかなりかわいいです。萌


もちろん田中もいい味だしてるよ!!

貧乏学生のせいなのか、肉が食えず、豚の夢をみて大原の足をかじったり、お祭りではしゃいだりとほんとにワンちゃんみたいでかわいいです。笑


話自体は大きな山場もなく淡々と続いてます。

ちょっと変化が欲しいかな~って感じですが大原のツンデレっぷりは本当かわいいです。

雰囲気がある作品が好きな人にはいいかもしれない作品です。

2

モヤモヤを楽しむ作品

前から不思議に思っていたことがあります。
貞操観念の薄いキャラは大変苦手なのですが、なぜかイシノさんが描くとふつうに読めてしまう。
なぜだろう。

今回も出てきます、ビッチと言っていいのか分からないけど、きちんとした関係抜きにカラダだけというキャラ。だけど憎めない。愛おしい。

同じ大学に通う大原と田中はルームシェア中。単なるシェアメイトではなくてカラダの関係もある。
この関係を形にすることなく、気持ちを伝えることもない日常が大原目線で描かれています。

と言いますか。
田中の性格からして「付き合ってる」でしょう。
わりと早い段階で田中が大原に「恋人なんだから」と言うのに、大原は(恋人って…)みたいな反応。さらに以前のシェアメイトだった先輩も出てくるのですが(現在彼女持ちの先輩との行為シーンがあるので、そういうのが苦手な方は注意)、その先輩も「一緒に住んでたとき、オレは付き合ってると思ってた」みたいなことを言うんですよね。
結局大原は自分に向けられた好意にすごく鈍感な子なのです。自分の気持ちは自分のものだから分かる。今は田中のことが大好き。先輩のことも一緒に住んでいるときは好きだったのが反応から見て分かるのですが、「カラダの関係=相手も自分を好き」にならない子なんですよね、きっと。
先輩も田中もノンケなのでゲイコミュニティの事情は分からないだろうし、大原も何も言わないから何も変わらないわけですが、ずるい先輩(彼女がいるのに元シェアメイトもセフレとしてキープ)と違って田中なら何か変えられそうな空気が後半濃厚になっていきます。胸がきゅんきゅんします。

いやしかし先輩やだなあ。呼び出されて行っちゃう大原もいや。「今日は学校に行くから自分で処理はしない」という辺りで田中以外ともしているのは予測できたものの…。
1対1の関係こそ至上!と思っているわたしたち、ビッチ撲滅委員会(勝手に結成してますが)としては田中ばりに駅で正座させて説教したい気持ちになりますが、熱くなっても仕方ない…。価値観はひとそれぞれ。
大原からしたらセックスには意味がないんですよね。本当にただの処理のような。気持ちがなくてもできる。だけど田中は「好きな相手としかしない!」っていうタイプに見えるから、ふたりがどういう流れで今のような関係になったのか分からないけど、認識のズレがあるんだろうなと思った次第です。

気になったのは大学の大原の立ち位置。イケメン、モデル風、オシャレ。モテ要素しかないのに魔法使い予備軍の仲間…。たしかにネコなので童貞で間違いないかもしれないけど、一緒にいた子たちが怖気づくような外見なのになあ。最初の方ではイケてるグループっぽい人たちと一緒にいたような…。うーん?

横道のことばかりごちゃごちゃ書きましたが、スレてるっぽい大原の乙女風恋心が可愛い話でした。
先が気になるけど、気になるくらいでほんのり終わるところもイシノさんの作品らしい感じです。余韻を残してすべてを語らず。あとはご想像にお任せします、みたいな。
登場人物の描写が巧妙で引き込まれるので、ご想像が進む!という作品でした。

2

のらりくらりと愛してる


ルームシェアものを探し中にふと出会った作品。
大原語り。
大原は酷く寂しがりでひどく素直になれない。素直になれないからこそのいじらしさと同時に寂しがりが転じて転じて田中との喧嘩の元にもなってしまいそうで、元カレとの件は、一度田中に突き放された方が大原の為にもなりそう…。

お互いに依存し合わない境界線を敷いて、手を握りあっているような二人だなぁと思います。

ラブラブでも!
それがルームシェアという生活感にとても良く映し出されていて、類を見ない作者さんな気がしました。

始め片方が思った言葉を、時間を置いてもう片方が偶然思う場面が好きです。

いとおしい(*´`*)

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ