ずーっとお世話できる君が好き。

君はパーフェクト

kimi wa perfect

君はパーフェクト
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×236
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
254
評価数
62
平均
4.1 / 5
神率
29%
著者
未散ソノオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784040641768

あらすじ

パーフェクトな男・木関創也は、極度の世話焼き体質。
同期のものぐさ男子・野間ゆずは、創也にとって好きなだけ世話ができる貴重な存在!
お世話する方もされる方も「幸せ」なのに、思わぬ横槍が入って…!?

人をダメにする世話焼き男×見た目は王子のものぐさ君、究極のわれ鍋とじ蓋ラブ!

表題作君はパーフェクト

木関創也・リーマン・極度の世話焼き体質
野間ゆず・リーマン・同期のものぐさ男子

その他の収録作品

  • みんなパーフェクト(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数15

美しく独特な空気感に脱帽

独特な空気感が好き。感覚が引きずられるというか、世界観に引き込まれる。
なんていうか、それ以上言い表せない。

サラリーマン同士のBLで、攻・完璧になんでも器用にこなしてしまい病的な世話焼き×受・めんどくさがりで職場でも椅子に座るかお散歩してるかの世話のしがいがある男。

攻がただの依存させたがり、ダメにさせたい人じゃなくて「3年毎日僕にかまわれた後、とつぜん明日僕がいなくなっても平気じゃないとダメなんです」っていうセリフが心をひっかいた。
この考え方、実に面白いなって。
他の作品は未読だけれど、未散ソノオさんという作家の異様さ(褒めてる)が片鱗として見えてくる。こういう瞬間がすごく好きだ。他の作品も読んでみたくなる。
きっと他の作品も、こういうゾクっとする考え方が見えてくる予感がして、とっかかりとしていい初読になったなと思う。

受もダメにされすぎず、きちんと自分の意志でもって動く。
気品があり、孤高、それでいて口下手でめんどくさがり。周りから何もしていないと思われている。
ただのダメな男ではこの作品が台無しになっている。攻とのつりあいが取れたいい受だった。

終わり方も非常にきれい。
スッキリした画角、無駄をそいで、シンプルに、けれど物足りなさを感じさせない。
セックスシーンは喘ぎ声ひとつ立てないし、擬音もほぼない、たったの3Pしかない。けれど、攻の満足感、受の安心感が伝わってくる絶妙なバランス。

1

われ鍋にとじ蓋のいい関係♡

この続編が出て読みたくて、まず本作から読んだ。

そでの先生の言葉「欠けていても割れていても〜大丈夫です。そういう話を描きたいです」に感動。

異常に世話焼きな創也と運命の相手ゆず。
世話される側が依存しちゃうとダメ、その点ゆずは完璧。
創也が逆に依存しているというw
まさに、われ鍋にとじ蓋のいい関係✨

創也が世話をやきすぎて家族崩壊してしまったことがさりげなく描かれていた。
深刻で暗い内容なのに、からっとした描写が先生らしく、陰惨な場面が苦手な私にとってはありがたい。

さりげないセリフとかやりとりがやっぱりいい。
すんと染みてくる。

何もしないと思われているゆずが、たまに言うことにハッとさせられたり。

創也と同じ人種?でライバル的な立川が、創也とは本質的に違うとゆずはわかっている所とか。 

あとがき「とじ蓋がいる以上、われた鍋でもパーフェクトです」にまた感動。

イケメンで頭良く仕事できる創也が、ゆずのお世話をしたくて仕方ないの微笑ましい。

世話をやかれながらゆずが超然としているのが、その精神性も相まって普段ぼーっとしていても美しいのがいい(創也にプリンセスと言われているw)

ゆずが創也の負担になっていないか気遣いできるのもナイス、

そういえば
Wミッション!の理一郎も、犬しか興味なく仕事しない変人と言われていた。
でも本人は超然としていて、そんな理一郎を好きになってくれる人もいて。
ゆずを見て思い出した。

未散先生が描く個性的なキャラ、とても好き。

お世話を焼くキャラといえば、KOH-BOKUの匡!
完璧に!過保護なほどw
創也もそうだから。
相手のことが好きで好きで…誰の手にも渡したくない、自分だけがお世話したい、てのが萌え〜です

0

You are my perfect !君こそがパーフェクト。

「とじ蓋がいる以上、割れた鍋でもパーフェクトです。」という、巻末の作者のあとがきも温かい。
しかしこれは単純な「割れ鍋にとじ蓋」というあるあるカップルのお話では無い。

細やかに行き届いたお世話をしまくる、木関。彼の愛情は、「ゆずゆず」だけに注がれる。
それはもう、「運命の人だから」。
木関の様に構われて、愛されたら。こんなにも甲斐甲斐しくお世話されたなら。
息が詰まるという人もきっといるだろう。私なら、こんなイケメンに傅かれて。良いなぁ、と羨ましく思うのだが。事はそう簡単では無い。木関がゆずゆずを愛し、お世話するのには条件があるのだ。
『いやがらず、慣れず、飽きず、増長せず。感謝を忘れない人。』これは、意外にも難しい事だ。
最初は感謝していたとしても、人はその事に慣れて、増長して行くのがオチだ。ワガママになるか、依存されてしまう。
常に平常心であるかの様に見えている「ゆずゆず」は、木関に感謝し、飽きる事も無い。
溺れそうな程に注がれる愛情に依存する事も無い。つまり。パーフェクトイケメンの木関にとって、これ以上ない程にパーフェクトに理想的なのだ。
幼ない頃から、傾倒と依存との闘いに幾度と無く敗れて来た木関にとって。
「ゆずゆず」こそが「運命の人」。
珍しい事に。中盤からは木関の様な人が他にも現れる。立川さんもまた自分の溢れる気持ちを受け入れてくれる人を探している。そんなイケメンの甲斐甲斐しい人たちが沢山居てたまるか⁈ とも思うんだけど、立川さんもまた自分の相手を見つける。木関のおかげで。ここ、ちょっと笑えます。
こんな、人に愛情を注ぎたい人たちと、人に感謝する人たちばかりなら。
この世界はもっと楽しくて楽なのにね。
彼等の科白の中には刺さる言葉がいっぱいあって。
私はそれこそ「ゆずゆず」が木関に言った科白にはとても共感する。
「だいたいの連中にとっては、機嫌がいい人間ってだけで、異様なんだ。」
きっと。大抵の人は他人には神妙にしていて欲しいものなのだ。
人が機嫌の良いことが許せない人だっている。それでいて、自分の機嫌の悪さを当然の様に受け入れさせようとする。何故、よく知りもしないあなたの機嫌の悪さを私が受け入れ無くてはならないのか?と不思議に思う。あなたを甘やかせるほど、私はあなたを愛してはいない、と。
そんな社会の中で。木関と「ゆずゆず」の、関係も。人となりも。まるでファンタジーなのだ。
仕事の本質を見ないで、「ゆずゆず」を解雇しようと目論む課長。
「ゆずゆず」のお世話をひたすらするだけでは無い、仕事の本質がきちんと見えている木関。
残念ながら、木関の様な人はなかなか居ない。木関は「キセキ」なのだ。我々にとっても。
「ゆずゆず」にとっても。出逢えた幸せを思うとき、それこそがパーフェクト。
こんな風に生きられたら良いな、と本気で思う。
明日からは少しだけ。怯えず、自分らしく。機嫌良く過ごしてみようと思う。
異様だと思われたっていい。
そんな風に思わせてくれた2人でした。

それにしても。2人のルックスがまた。パーフェクトイケメン♡
シュッとした細身のスーツ姿。ややタレ目の流し目に宿る色気。骨張った指先。
目にも幸せ♡ パーフェクト!

2

どちらがパーフェクト?

続巻が出ると知ったので慌ててこちらを購入しました。

未散ソノオ先生は主要キャラ以外はモブとしか言えない雑な感じのタッチが独特だと思います。

それによって主人公達にフォーカスが当たって、尚更キラキラと輝いて素敵に見えるんですよね。

今回の創也もゆずもキラキラした素敵リーマンでした。
創也の余りのパーフェクトぶりにタイトルの「君はパーフェクト」はてっきり創也の事だと思っていました。ところが読み進めているうちに、創也にとってのパーフェクトがゆずだという事に気が付きました。

そして何事にも動じない強さを持つゆずが、創也よりよほど男らしい事が分かりました。

割れ鍋に綴じ蓋という表現がピッタリで、他に誰も割り込む余地無しな2人の関係が好きだと思いました。

続巻への期待を込めて神よりの萌2です。

0

甘やかされる才能

作者さんの作品はこちらが初読みです。
始めの方は内容に頭がなかなか追いついていかなくて、ハマれるのかコレって思ってたんですが、段々面白くなってきました。

甘やかされる才能を持ってるゆずと、何か出来る事があると思ったらやらずにいられない創也。
創也はその世話焼きゆえ父親を駄目にし、母親も彼の元を去っていった。
甘やかされる事は受け入れるけど、甘やかされなくても生きていける。ゆずはそんな存在で創也にとってはまさにパーフェクト。
そんな二人の間にピンチが訪れるお話でした。

私がまだ出会ってないだけかもしれませんが、こういった登場人物のお話は読んだことがなかったのでとても新鮮で興味深かった。
当て馬として登場する立川も面白いキャラで、いい具合に創也の気持ちを引っかきまわしてくれました。
一方ゆずはあんなだけど、筋の通った性格で揺らぎがないので安心して見れました。

代わりにトイレ行って欲しーってたまに思うことあるなぁ。寒い時とかね笑

0

だいたいみんな大丈夫

pixiv comicの単話で読んでいて、その頃は未散先生なのにハマらないな〜ぐらいに思って買った後温めていたのですが、読んだら最高でした。やっぱり単話で読むのは自分に向いていません。まとまって読むことで繋がってくる。

◾︎木関(優秀な営業マン/異常な世話焼き)×ゆずゆず(縁故採用の同期)

著者近影のコメントが好きです。
ゆずが依存しているように見えて、本当に依存しているのは木関というのが面白い。いなくなったときに本当に苦しむのは木関だ。もちろん、恋人関係になった今は、双方いなくなったときに苦しむと思います。

攻めが自分でゴムつける描写が好きで、こちらの作品にはそれがあったので喜び。結構珍しいんですよね。

立川と木関が親戚になるの嫌だな笑

縁故採用でも"社長の"は超強力カードで、自分が飛ばされる可能性が高いから露骨なイジメには普通あわない気もする。

萌2〜神

1

そのうちトイレも代わりに出来るよ、きっと

未散ソノオさんの作品って破れ鍋に綴じ蓋とか共依存とかがテーマみたいなところあると思うんですけど、なんだか閉じた世界で暗いなーって感じにはならないんですよね。共依存ならではのお互い2人だけ…の良さが行き過ぎないようにうまーくキャラの良い第三者が介入してくる。どの作品もテンポの良いストーリー運びと淀みのないオシャレな会話のやり取りで、ほんと面白い。すごいなーといつも思う作家さん。

超世話焼き体質の木関は今、同期で縁故入社のグータラ社員野間ゆず(ゆずゆず)のお世話をしている。2人とも寮住まい。
木関は世話焼なだけでなくとてもバイタリティーに溢れているインテリ(京大卒)です。
早く起きて出社前に朝ランして、シャワー浴びて、ゆずゆずを起こして(物理)起こして(意識)ご飯食べさせて諸々のお世話をし、出社すれば仕事は自分の容量いっぱいになるくらいまでしないと物足りず、寮に戻ればまたゆずゆずのお世話を焼いてやっと充実感を得られるような人物。

そう今作の破れ鍋はグータラなゆずゆずと見せかけて木関の方が重度。
木関にはその完璧な世話焼き体質によって家族や友人をダメにしてしまった過去があり、自分に世話を焼かれてもダメにならない運命の人を探していたんですね。
しかもこの運命の人ってのが自分と同じく足に痣がありくっ付けると❤︎型になるっていうかなり強いやつ。笑
うん、その痣があったゆずゆずは運命の人で間違いない!

なのでそのゆずゆずが仕事をクビになりかけ寮を出て行く、となった時の木関の懸命さはちょっと心配になるくらいだった。
でも今作におけるキャラの良い第三者、立川が引っ掻き回すようで良い役回りををしてくれます。
ゆずゆずも男気を見せるし、木関も不安から解放され思う存分世話を焼きつづける事が出来そうな良いエンドでした。

…ゆずゆずこれから報告書くらいは出そうね!笑

1

創也とゆずは2人で一つ!!!!

同じ外壁施工会社に勤める、高学歴、高身長、さらにイケメンで仕事もできる創也と、社長のコネで入社した仕事もせずにいつも椅子に座ってるゆず。

創也は極度の世話焼き体質で、そんな創也にとってゆずは思う存分世話をやける運命の相手。
同じ寮に住んでいて、朝ゆずを起こし、朝食を食べさせ、服を着替えさせ出社する・・・一日中世話焼き放題です。
いつも創也に世話を焼かれているゆずですが、創也に依存するわけでもなく、きちんと自分を持っていて、創也を大切ぬ思っているのがよかったです。

本当に運命共同体な2人を、ずっと見ていたくなる、萌の詰まった作品でした。

1

ゆずは最強

これも、癖になる未散ソノオ作品。
未散先生の作品の好きな所って、登場するキャラクターが、なんだか不思議な強靭さを持っっていて、そこが他にないおもしろさで癖になる感じ。
この作品の木関は、自身のお世話焼き体質で、一歩間違うと超やばそうな闇属性になりかねないのに、ちゃんと踏みとどまっていられる強さがあるし、それにも増して、お世話されてるゆずの方に、木関の全てを受け止めて、自然に許す強靭さがあるのがいいよね。
際限なく溢れ出る割れ鍋の木関と、割れ鍋を閉じるふたの野間。
いつまでも、二人幸せに過ごしてほしいカップルです。

1

凸と凹綺麗に合わさる関係

究極の世話焼き体質な創也は、全力で世話を焼きたいのに自分が世話を焼くと相手はそれに依存しダメになってしまう。
そんな中で出会った「構われる才能」を持ったゆず。
トイレで用を足す以外のすべてをベッタベタに甘やかし構いまくっても、依存は一切しないゆずは運命の相手でもあり容赦なく世話を焼く創也。
そんな中、寮の食堂に創也の同類が現れて危機感を抱く創也。

もぉ~二人の熟年夫婦も顔負けのベッタリぶりはすごかったです♪
嬉しそう&幸せそうにゆずの世話を焼く創也は特にすごかった!
付き合ってる付き合ってないの勘違いなど、何かとかみ合ってないところもあるのは可愛かったです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う