S・O・S? Salt or Sugar?

S・O・S? Salt or Sugar?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神44
  • 萌×221
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
317
評価数
71
平均
4.5 / 5
神率
62%
著者
未散ソノオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403665844

あらすじ

未散ソノオの最新作はロミジュリ風味のグルメバトルロマンチカ!

いつのまに、こんな指の先まで
好きがじゅわっと
染みてたんだろう?

製薬会社の営業・押尾は、ライバル会社の敏腕営業・佐藤のことを、出会ったこともないのに激しく意識していた。
ところが偶然、食の好みが合うことがわかり、急接近!
同僚に隠れて食べ歩きを重ねていたが……⁉︎
(出版社より)

表題作S・O・S? Salt or Sugar?

佐藤成人 外資系製薬会社MR
押尾 明治創業の昔ながら会社のMR

その他の収録作品

  • アフターザフェスティバル
  • ミッション
  • Say you love me.

レビュー投稿数13

ニコニコ仲良しのライバル関係

未散ソノオさんの新刊です。
作者さんの既刊で例えるならば、『タイラント』などのような痛さや共依存はなく、『野良猫に首輪を』『上質な男とH』などのようなスタイリッシュさもなく、どちらかといえば『デンタルダーリン』系のほのぼの甘々なお仕事BLでした。
個人的に未散さんの作品では『デンタルダーリン』がいちばん好きなので、今回も大変楽しめました。

今作は製薬会社のMR同士のお話です。出会いは、ライバル会社のMRの有能さにムカついている受けが、大雪の時にエンストで危ない目に遭っていた男を助けたら、その男が当のライバル会社のMRだった、というもの。

顔を知らないので、助けた時点では相手がライバルだとは知らない受けですが、一度車を停めたら自分も遭難しかねない状況で見知らぬ男を迷いなく助ける受けが大変男前でした。その助けられた男・攻めもその男気に完落ち。リアルに命の恩人である受けに懐いてしまいます。

攻めは飄々としたタイプの有能イケメン。そのイケメンがニコニコ受けに懐いてくるのが大変可愛らしかったです。食べることが大好きという共通点のある2人なので、お互いに自分の知っている美味しいお店に連れて行ったりの付き合いが始まり、やがて親密な関係に。
仕事の上ではライバルで、立場的には敵同士のロミジュリ関係。でも仲が良く、ノンケ同士なのにラブラブな様子にほのぼのモエモエしました。

絵は正直ヘタウマだし、キャラの顔が違ったり身体のデッサンがおかしかったりはするのですが、未散さんは個人的には絵のうまさとは違う次元で好きな作家さんです。
同じように未散さんの作風が好きな方には今回も楽しめる作品なのではないかと思います。
1冊まるまる同じカプの話で、描き下ろしのおまけマンガなどがちょろっと収録されています。

11

押尾の食レポが

おもしろかった!
この本、カバーイラストで損してると思う。
「表紙買いしたいBL 2017年10月」のTOPにあったみたいだけど、この時はスルーだったし、最近、未散さんにはまって集中的に読んでいるから網にかかったけど、作家買いじゃなければ、このタイトル、このカバーイラストの本は買ってないと思う。
ほんと、作家買いしてよかった。

ライバル会社のキャラ被り営業、お互い会ったこともない相手を意識していたが、ある偶然で知り合って、、
とにかく、押尾のキャラクターがすごく好き。
押尾がいい子だから、二人が出会う前の、仕事上で意識している描写が先ずいいし、二人の出会いのエピソードもいい。
佐藤が押尾に恋に落ちるのがよくわかる。
そして、押尾に恋しながらも、佐藤の距離の詰め方もいいし、佐藤の気持ちを知ってからの押尾の腹のくくり方もいい。
エロも、そうよ!初めてはこうでなっくっちゃ!と納得の描かれ方。
押尾はほんとに食レポが上手。
絵も未散先生の作品の中ではかわいくて読みやすいので、未散ソノオ未体験者さんにぜひ読んでいただいて、お話作りのうまさを知っていただきたいな。

4

雀影

セルフツッコミ
この二人、思いが通じ合って屋外でキスってシーンがあるんですけど、相当盛り上がってもちゃんと理性が働いて、キスで思いとどまる。
で、「青姦になっちゃうとこだった~」みたいなセリフがありの、仕切り直してちゃんとお部屋で初めてセックスになるの。
この、二人の気持ちの流れがしっかりしている所がとっても「神」

控えめに言っても最高です

未散先生大好きです
このお話も大好きです

ロミジュリ風 うまいこと言いますね
独特の絵柄や雰囲気なので、ギスギス感は柔らかめですがそれがかえってリアルでした
社会って自分一人の力だけではどうにもならないことがたくさんありますよね

砂糖と塩のネーミングも流石
いつのまにか、恋に落ちているような、最初からロックオンされていたような、ほんとに流れるように関係が深まっていく過程が好きです

今回の攻めのお顔立ちがいつもとちょっと違う雰囲気でドキドキしました

0

初めて購入したBL

BLに興味を持った頃に書店で棚を眺めた際に表紙が安全だったので、思い切って購入したら初心者に優しい内容で無事に愛好者にしてくれた作品です
佐藤さんが何を考えているのかが本人がしゃべる他に不明なのですが、単に運命的な出会いに素直に恋をして本気で落としにかかっていただけって言う本当に安心で安全なお話でした
押尾さんが素直で素直で嫌なところが全くなく、自分の快不快に正直だし、不穏な空気等には繊細なようにも見えるのに決断がとても潔く魅力的に描かれていて佐藤さんがどんな風に好きなのか、押尾さんを見てると分かるのです
付き合い初めのドキドキもニヤニヤ読めてしまいます
親切にすることが得意な佐藤さんと甘えて感謝して返す押尾さんはピッタリだし、押尾さんの食レポを楽しんで大口開けて笑うようになった佐藤さん見て幸せに感じました

0

こんな営業さんは贔屓しちゃう

 冒頭で既にハマりそうな予感がし、中盤ではもうすっかり佐藤と押尾それぞれの魅力の虜になっていて、読み終わる頃にはまだ読み終わりたくない!と思ってしまうほど、萌えがたっぷり詰まった本当に素敵な作品でした。萌えばかりでなく、MRという職業の実質的な業務もしっかりストーリーに落とし込んであって、お仕事BLとしての読み応えも抜群。いろんなアンテナを張って、先回りして行動する能力もあり、何でもそつなくこなしてしまう佐藤と、外食知識を誰よりも貪欲に吸収しに行き、自身も筋金入りの美食家な押尾。2人とも営業であるにも関わらず、不思議とがつがつした空気はなく(穏やかな性格だからかな)、上品なリーマン同士の掛け合いが楽しめました。

 一番すごいなと思ったところは、2人ともノンケなのに恋に落ちていく流れがとても自然に思えたことです。もちろん今まで自分が同性もイケると自覚したことはなかったでしょうけれど、潜在的に偏見がなく、恋をしたら性別など問題にはならないという考えがどこかにあったんだろうなぁとすんなり飲み込めたんです。未散先生の丁寧でキャラクターへの愛が存分に感じられる描き方が、2人を自然に動かしてくれたんだなと感じました。無害そうなのに、一旦この人だ!と決めたら間を置かずに積極的に行動する佐藤、同性への抵抗のなさと好奇心からうっかり流されてばかりのように見えて、ここぞという時に自分の意志をはっきりと主張する押尾。そんな2人のギャップにも、魅了されずにはいられません。美味しそうな料理の描写も含め、私にとってはどこをとってもパーフェクトな1冊でした。

0

絵柄のヌケ感もクセになってきた

すごく、すっごく面白かった〜!
未散ソノオさんの頭の中、覗きたい。どの作品もホント面白い。
さて本作は、同業他社のライバル同士が、食を通じて恋に落ちるロミジュリもの、です。

食と恋って関連性ありますよね。
本作の2人は、味覚やお金の掛け方が合致してて、それはダイレクトに心も結びつけた。
2人が、仕事上のライバルであるのに同僚たちに黙って食べ歩きをする時のワクワク感。かなり贅沢でかなり豪勢な献立の数々が、正にめしテロ状態。
そしてどうでしょう、美味しいモノは何でも食べてみたいっていうのは、sexual fluidity と通じるように思うのですが?
押尾の言葉で『うまいもんがうまいだけ』。
楽しいから楽しい。好きだから好き。最早固定観念は揺らいで、自由な風が吹いてます。
彼らは一応ノンケ設定なのに、ごくごく自然に恋愛関係に移行していきますよ。
彼らの勤める会社同士が合併することになって、周囲はピリピリ・ギスギス。でも隠れ社内恋愛の2人の周りは、ホワホワの恋心と美味しそうな食事の香りがいつも漂ってます。
ラストも甘々で、読後感はハッピー。カバー下もほのぼのlove。
神に限りなく近い萌x2で!

5

おいしそうな食べ物最高!

食べ物が出てくる作品がとにかく好きで、ちるちるの膨大な作品一覧の中から表紙においしそうな食べ物が描かれている作品をピックアップしたときに購入した作品です。
表紙のハンバーガー、食べたすぎる。

ライバル社のMR2人のグルメ満載なお話でした。
老舗サワイワ製薬で外食番長の名をほしいままにする押尾はある日、吹雪の中で立ち往生していた車を見つける。運転手を救い出して無事駅まで送り届けるが、のちにその人物がフェルマーファーマシューティカルズの佐藤だと分かって…。

ライバル社ながら、おいしい店を求めて張り合うふたりがかわいいです。営業で相手を出し抜くよりも、「相手の度肝を抜く食べ物を紹介する」ことが目的になっていて、たくさんのおいしそうな食べ物が出てくるので、こちらも大満足。未散さんの描く食べ物がまた尋常じゃなくおいしそうです。

味覚の合う、お金の遣い方が似ているひとって無理しないで付き合えるから一緒にいて楽しい。
そう思える相手が、ライバル社ながらずっと尊敬してきたひとならなおさらですよね。
惹かれる条件が揃っているとは言え、佐藤の物事の運び方というか誘導するのがうまいなあと感心しきりでした。

会社の合併騒動や社長との遭遇など問題目白押しですが、その度に佐藤の情報や支えがあって、押尾の中でどうしたって佐藤の存在が大きくなるのが分かります。
だし巻き玉子のエピソードと社長の言うMRの話は、全く関係のない仕事をしている人間でも「そうか!」と納得してしまいました。

食べ物に夢中で、タイトルの意味に気付くの遅れました。なるほど。

描き下ろし3つも可愛くて、佐藤のびっくり情報にびっくりして、押尾が珍しくかっこいい!
食べ物出てくる作品好きだけどまだ未読という方には、ぜひとも手に取って読んでいただきたい作品です。かなりの満足度でした。

4

相性抜群なMR!!

MRという職業は本当に何から何まで大変だな…と
冒頭から思ってしまったわけですが
主人公の押尾の人間性に惹かれまくりです!!
なんていうか…親切って言うのじゃ生ぬるいしなぁ…。
ライバル会社の見ず知らずのMRに負けたくなかったり
そのMR・佐藤と運命的な出会いをした後でも
負けん気だけじゃなく素直さが魅力的!!!
個人的には随分仲良くなっていって
佐藤と食事すると楽しくてしょうがないのに
ライバル会社だから罪の意識を感じてしまう真面目さん…。
筋は通すし急に凛々しい面を見せてくれたり、
とてもいいキャラです!

佐藤は本当に何でも出来る男で
本来であればこういう攻めはあまり得意じゃないはずなんですけど
ツリ目でスーッとしていて(←)パーフェクトイケメンの圧迫感が無い!!
あくまでも私規準で申し訳ございませんが…。
あまりにも言動がスマートで「まいりました!!!」ですよ…。
その無敵のMRが押尾に本気を出すのもむちゃくちゃ納得です。
タイプは違うのに、ここまでしっくりくるんだね!と感心してしまいました。
口説き方も手慣れてるようだけど嫌味な感じがしないのってなんでだろう…。
スーッとしているからかな(2回目)

会社合併とか考えるだけでも胃が痛くなりそうですが
あの二人がいるならば無問題!な気がします。
やっぱり仕事自体も大事ですけど、根本的には人柄ですよね…。

あと、結構なグルメ作品ですが
高級割烹とかだけじゃなく、庶民も楽しめそうな料理が登場したりして
ちょっと嬉しかったです。
高い料理を食べるよりBL本を買いたいと思ってしまう人間なのでww
だから佐藤が毎月驚きの食費で「うわー!」となりましたが
美味しいもの食べると幸せですもんね。
好きな人とだったら尚更!

でもどうして二人はあんなにシュッとしていられるんだろう…いいなぁ…。

3

製薬会社お仕事BL

◾︎佐藤(ナルちゃん 外資系)×押尾
ライバル製薬会社MRのCPです。未散ソノオ先生らしく、お仕事BLの完成度が高い!医者の奴隷のイメージがあるMRですが、最近はどうなんでしょう?
お仕事BLかつ美味しいご飯BLでもあります。お仕事BLもご飯BLも萌がそっちのけになる可能性があるんですけど、この作品はしっかり萌えさせてくれます。
佐藤と押尾が同じMRでありながら、キャラ付けがしっかりしているので役割分担が明確で話が分かりやすくなっています。

惜しむらくは作画がイマイチな決めゴマがあるところ。単行本化で修正して欲しかった。あと、未散先生の作品はいつも表紙で損している気がする。「KOH-BOKU」なんかはやはり表紙からいい漫画の凄みがある。

0

タイトルもおしゃれ

おもしろい!
やっぱり先生のお仕事BL好き。
製薬会社のMRがライバル会社のMRと知り合い、美味しいお店を紹介し合ううち惹かれ合う。味覚が合うって重要よね。

攻めの佐藤が紳士的に口説くのもいいし、受けの押尾の潔さがいい。
もだもだの逆!
かわいいのに男前。

押尾は最初は少し戸惑うけど自分の気持ちを認め、前向きに段階を踏んでいく。
それを見てキュンとする佐藤もいい。 

仕事としてもライバルでありながら協力し合うのがいい。
ちゅうもたくさん見られて満足
えちの感想を食レポのように話す押尾ツボw

会社合併で雰囲気が悪い社内に居心地が悪い押尾。
でも佐藤がいて一緒に美味しいものを食べるとしあわせ…てことを描きたかったのだと先生の言葉から。

タイトルのルビ「ソルト オア シュガー?」は2人の名前と、そんなシチュエーションを表しているのかなと。
SOSとしても押尾の心情や佐藤へ助けを求める状況かなと(違うかもだけど)思いました

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う