それは幼なじみをやめる日

きっと僕ら恋人になる

kitto bokura koibito ni naru

きっと僕ら恋人になる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×214
  • 萌10
  • 中立8
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
13
得点
199
評価数
60
平均
3.6 / 5
神率
35%
著者
いちかわ壱 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
POEBACKS ~ポーバックス~
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784893938770

あらすじ

ライバルがプライドと恋をかけて勝負!
照れずには読めない一生懸命で純情な男子高校生たち赤面必至のキラキラまぶしすぎる超青春BL!

表題作きっと僕ら恋人になる

野田凛太郎・高1
土部(はにべ)真・高1

レビュー投稿数13

高校生4人組の素敵な関係性

特に劇的な展開があるわけでもなく、お話し的には本当にありがちな青春モノです。

別冊マーガレットあたりに載ってる少女漫画にありそうな、むしろBLには珍しいくらいの王道っぷり。
でも、何とも雰囲気が良いというか、キャラクターが生き生き動いている感じがしました。特にメインの高校生4人組の関係性が絶妙で、恋愛だけでなく男同士の友情も楽しめる、とってもお得な1冊です。

個人的には、主人公カプ以上に、恋愛にほぼ絡んでこなかった白雪くんの方に目が行ってしまいました。見た目で近寄りがたいクールビューティー系キャラと思いきや、サバサバしたオカン気質で言動も歯切れがよく、清々しいキャラで良かったです。

この子が、他の3人の誰に肩入れするでもなく3人全員にとっての「友達」ポジションを守り続けたからこそ、単なる三角関係の恋愛モノではない、4人組の青春モノになったのではないかな、と。

4人が所属しているバスケ部の、ダンディな監督さんや妙にイケメンなキャプテンなど気になる脇キャラがいて、続編出ないかなぁ、と思ってしまいました。

6

キラキラ青春

表紙絵がすごく私好みで買いました。

そしたら…なんかもう素敵!!
最近、社会人ものを読んでいたので、久しぶりの高校生で心が清々しくなりました笑
バスケ部の仲良し四人組のまこ、野田、梶、白雪の話なんですが、、
いや〜高校生いいね!もうキラキラしてます!これぞ青春ですよ、青春!!
まこは、幼馴染である野田に随分前から好意を寄せているんですが、やはり想いを伝えて関係が壊れるのが怖くて、もうこのままで満足だ。と思うようにしてるんですが、やっぱりそうもいかなかったり、しかもそこに梶がまこが好きだとカミングアウトしたり……
これ以上いくとネタバレになるのであまり語れませんが、とにかくキラッキラした話です。
「最近、あんまり清々しい青春もの読んでないなぁ…」という人にオススメです*\(^o^)/*

あと、個人的に白雪が好きだったので、白雪と梶の話とか見てみたかったり笑笑

5

梶くぅーん(*T^T)

久しぶりに神評価つけました。
良かったです!ドラマとか映画を見ているよう、盛り上げかたが上手いです。
設定がイケメン高校生、仲良し四人組、バスケ部のなかでの三角関係と言う、どのトッピングも美味しいに決まってる!って感じの大好物なものでした。

ドラマにもなった花よりナントカじゃないけど、ダーリンとハニーのこの二人がどうせ主役なんだよね、とわかっていても応援していたのは「俺じゃダメ?」の梶君でした。いつもふざけて軽かった梶がまこ(ハニー)に「まこが野田に必要以上にくっついてんのやだ」と激しく本音をぶつけるシーンはゾクゾクしました。

スピンオフとか番外編とかでいいから、梶くんとまこをくっつけたバージョン読んでみたいです。絶対無理だろうけど(*T^T)

2

完成された一冊。ちゃんと切ない。

片思い煩わせ受けくん、当て馬的になったイケメン友達、見守るクールオカン友達、気付くの遅い攻めくん、みんな本当にイイ子ばかりでキャラ立ちしてました。
話の展開もしっかり王道キュンキュン山谷ありで、ちゃあんと一冊にまとまっていて、まさに神業です。
本当に読み応えあるし満足できる一冊です。

1

DKの恋模様にキュンキュン(∩´///`∩)

すっごくキュンキュンしたー!!
男子高校生がわちゃわちゃしながらの両片思いや片思いの3角(4角?)関係に
萌えツボグリグリやられっぱなし。
青春の甘酸っぱさも相まって「DK堪んねぇな!」の一言に尽きました。。。
高校生のまだまだ子供である不安定さや、駆け引き知らずの青臭さに萌える(∩´///`∩)

受け:まこの片思いの描写が健気で切ないです。
"思いを伝えて隣にいられなくなるより友達として近距離にいるコトを選ぶ"
という強い意思があって、友達として軽口を叩きわちゃわちゃ触れ合いながらも、遠くから好きな人をじーっと眺めてるような心の距離感。この差にキュンキュン(∩´///`∩)
一途で健気で可愛い!

そんな受け:まこを好きな梶くん。
この子も一途で健気!まこが他の人を見てるのを横から見てる切なさに萌える(;∀;)
ちょっと強引に動いたのは、まこの傷つく顔が見てられなかったんだろうな…。
まこの振り向いてもらえるよういっぱいいっぱい愛情を伝えつつ、
ライバルの背中を押しちゃう隙間に付け入れない優しさもあって。
もぅ本当イイコすぎて、梶くんの思いは甘酸っぱくて、キュンキュン(∩´///`∩)

んで。攻め:リンちゃん。
リンちゃんの評価は分かれそうだなー…。典型的な臆病でズルイ男。
彼女作るのもまこの反応伺い。
まこの気持ちを知ってて、その上でわざと気持ちを試して、安心を得る。
最低なんです。でも、そういう不器用さや臆病なとこが男子高校生だと萌えるから不思議w
子供と大人の狭間にいる高校生だから、ダメなくらいがちょうど良い。
告白はビシっと決めてくれて、キスシーンにキュンキュン(∩´///`∩)

その三角関係を幼馴染の立場で心配し見守る白雪くんもいい男でした。
梶くんとはやっぱそういう感じになるのか…?
続編はないのだろうか…白雪のお話も読んでみたいなぁ。

3

キトキト高校生

幼馴染み含む4人の男子高校生グループのお話。
関西弁男子!
高校生ならではの、ちょっと臆病だったり、ちょっと見栄っ張りだったりっていう、初々しい恋の駆け引き。
登場キャラ達がみんなとっても生き生きしてて、かわいい!
しゃべり言葉も自然な関西ノリで、ちゃんとツッコミ所もボケ所も押さえてるし、
こういう、元気で普通の高校生のお話ってすきです。
絵も、サックリしてるようやけど、変にギャグ絵に逃げたりしないで、こなれていて見やすい。
かなり神よりの萌2です。

キトキト=活きがよくって新鮮、ピチピチ。みたいな意味の富山の方言。
この子らのイメージ、いろいろ考えてて、これが一番しっくりするかなて思ったの。

2

幼馴染み!!

やばいですね。梶くんイケメンですわ。とゆーか白雪さんステキすぎます。白雪さんは梶くん好きなんかな〜とか思ったんですが……
違うのかな(;・∀・)
個人的に白雪さん1番好きです(*´ω`*)

2

みんな弱くて一生懸命

 痛みを伴うけれどその分強くなって前向きで優しい気持ちになれる、高校生4人の青春の167ページでした。

 性格は悪いけどモテモテの黒王子に片想いしている主人公。そんな主人公を愛し慰めてくれる優しい白王子。2人の間で揺れる主人公。
 少女漫画を読んでいた頃から疑問でした。何故主人公はいつも黒王子を選ぶのかと。白王子を好きになれたら楽なのに。気持ちが揺れながらも、最終的に頭に浮かぶのは黒王子の顔。ラスト十数ページの黒王子の巻き返しがまたズルイんです。突然真剣な顔になって主人公への想いを熱く語りだしたりして。主人公を傷つけた態度には訳があったと。そんな事を今更言われても、白王子の立場は…と思うのですが、白王子の引き際がまた鮮やかで。
 白王子の健闘を称えて今後の幸せを祈る会が発足する瞬間です。

『分かったことがある。
 俺は“彼女”にはなれへんこと。
 けど
 彼女たちには終わりがあって
 俺には無いこと』

 彼女をとっかえひっかえのダーリン(本名:のだりんたろう)。常にダーリンの一番近くにいるハニー(本名:はにべまこと)。意味はないあだ名だけど、そこに特別な意味を込めて呼び合う2人。幸せで切ない両片想いにキュンキュンでした。
 そんな関係が壊れて泣き崩れるハニーを梶(本名:かじたにけい)が慰めるシーンでは涙が出ました。
 上手くいかないのは辛いですが、思い通りにならない感情を素直にぶつけ合って、それを受け止めてもらえるのは幸せ。恋愛感情だけではなく、男としてのこだわりや友情などの感情ひとつひとつがキラキラしています。確実に成長した4人。きっとみんな幸せになります。

2

もっとみたい4人組

結構読み応えがある作品であり、丸っと一冊表題作です。
4人の高校生が主要な登場人物たちなのですが、カップルになるのは1組だけです。

幼馴染の野田・ダーリンと土部・ハニーは、いわば両片想いです。
そこに友人・梶が加わり三角関係に…という展開です。

正直、私は野田より梶が良かったです。
野田は土部の気持ちを確かめるために思わせぶりなことを言ったり、彼女を作ったりしてかなり土部を振り回してくれました。
一方、梶は一途に想いを伝えているくれました。

一時は梶に気持ちが揺れた土部ですが、ずっと昔から野田のことが好きだという根本のところは揺るがなかったんです。
最後は野田も自分の気持ちと向き合い、逃げずに土部に向かっていきました。
やっぱりこの2人がくっ付くのねー…と少しがっかりしつつ、梶と白雪がいい雰囲気なのに萌えてしまいました。

本当は続編が読みたい作品ですが、今の所なにも出版されていないようですね…残念です。

1

梶くん幸せになって

主人公 まこ
想い人 野田
当て馬 梶
傍観者 白雪

当て馬がいると大体「君は受けよりもっといい子と付き合って幸せになって!」と思うんですが、梶くんほどそう思うキャラもいないです。
それほど主人公より梶くんを応援したくなる。

野田にバスケで負け、まこを取られ、情けないと落ち込む梶くんに、白雪くんが「お前だけが勝つために戦ったんだから お前がMVP」と言うセリフがすべてを表しています。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う