クロスオーバー×セックス

crossover×sex

クロスオーバー×セックス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
49
評価数
12
平均
4.2 / 5
神率
58.3%
著者
佐野由岐彦 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
¥705(税抜)  
ISBN
9784866534541

あらすじ

ヤクザの世界で生きる伊織は、ある日傘下のゲイ風俗店で幼馴染の晴冬と再会。

晴冬がカラダを売って借金を返している事を知る。

幼少期、晴冬を助けられず悔やんでいた伊織は、強引に自宅へ連れて帰り保護するも、

なんと晴冬の”顧客”は、伊織が絶対に逆らえない相手・組の会長だった…!!

「伊織…もっと奥まで犯してやれ」残酷な会長の命令で股をひらく晴冬を目の当たりにした伊織はーー!?

表題作クロスオーバー×セックス

崎村伊織,ヤクザ
晴冬,ゲイ風俗勤務

同時収録作品クロスオーバー×セックス

水上,晴冬を気に入っているヤクザの会長
晴冬,伊織を慕う

レビュー投稿数4

人には薦められないw

正直これは人を選ぶ作品ですね。
NTRとか苦手な人は絶対合わないと思います。
酷いプレイが多い話なので普通のラブラブが好きな人は止めた方がいいです。


自分は恋愛脳ではキスも躊躇うような純愛が好きなのに、性癖はモブレ、複数プレイ、NTRなんでもこいなので、両方満足する事ってあまり無いんですが、これはかなり良い感じでした。

登場人物は主に3人。
ヤクザの伊織、ゲイ風俗で働く晴冬、ヤクザの水上会長です。
伊織と晴冬は幼馴染ですが、再会したのがゲイ風俗店。
色々あって伊織の家に晴冬を住まわせる事にしますが、次の日会長の部屋に呼ばれた伊織は、会長と晴冬のプレイを見せつけられる事になります。

この会長が本当に性格悪くてですね、逆らえない2人を的確に苦しめるんですよ。
伊織に見せつけながらのプレイで、伊織の反応が悪くなってくると、晴冬を抱けと言ってみたり、初デート初チューしてる所を呼びつけて、晴冬がキスだけはしたくないと言ってるのに無理やりしてみたり、その後伊織も呼びつけて、伊織の見ている前で最後までしようとしたり、極悪非道なんです。

しかし伊織も黙って見ているだけではなく、晴冬を会長から救い出す為に頑張っているんです!会長の悪趣味なプレイ中、ギリギリしながら黙って見ていた伊織が、仕事の褒美に晴冬の仕事を辞めさせる事を要求する所はとってもカッコいいです!

それに比べると晴冬はちょっとヌケてるんですよね。騙されて借金背負うし、自分は伊織の事が好きなのに伊織の気持ちは誤解するし、風俗店店長に捕まって危ない目に遭うし。
でもその分素直で可愛い!
酔っ払った伊織にすげぇかわいいと言われてデレッデレになる所とか、本当に可愛いですよ!
風俗店で働いている割りに純真なままなんですよね。

内容が酷い割には純愛なので、何だか恋愛脳の方も満たされました。
でも本当に人を選ぶと思いますので、手に取る際は気を付けて下さい。

1

性癖部門ぶっちぎり第1位即殿堂入り作品

ずーーーーーーーーっとこういう受けちゃんが攻めくんの前で他の人に恥ずかしいことされて恥ずかしがりながらイク作品を探してました。それだけじゃなくて、受けちゃんに「◯◯(受けちゃんの名前)がイクところ見てください」ってわざわざ攻めくんの前で(※断れない状況下で)言わせてくれないかなーと思いながら生きてきました。
この作品は、ちるちるの作家インタビューで見て、買おうか迷うな〜って思ってました。でも本屋で見かけて残り1冊だったから思い切って買ったらもう優勝でしたよ。
ストーリーはヤクザが絡んでるので一般人の私たちからしたらぶっ飛んでんなーとは思いますが、ヤクザモノならこんな感じか♪と思えるので大丈夫です。
この大性癖シチュが好きなら読んで後悔は無いですが、多分人を選ぶ性癖であることは間違いないので、そこだけは気をつけてください。

1

性癖ドストライク(人を選ぶ)

三話目までは、合掌するしかないほどドストライク。
以後の話も綺麗にまとめて下さっています。

今作の受けは売り専ですが、一番精神に来るのは攻め以外からのキスだと思っているので、それを二回も描いてくれたご褒美だなこれ…ど真ん中撃ち抜かれました…。
内容はヘビー。ですが、先生の絵がライトなので軽く読めます。

ただ、私は神評価以外つけられませんが、人を選ぶ作品だとは思います。
最近のdrapは他作品でも攻めているものもあるので、いいぞもっとやれくださいと個人的には思っています。

1

悪趣味なシチュなのに萌えてしまう(∩´///`;)

雑誌で1話を読み関係性のしんどさに萌えて、コミックスが出たら買う!って決めてました。

一応楽しく読み終えたんですが気持ちのコンディションが良くないと合わなったかも…;というのが率直な感想。というのも登場人物にゲスが多く、救いのない場面があります。精神的にキツい場面も全てひっくり変るほどのハピエンでスッキリ!と開放感を得るのが楽しみだったんですが、個人的には開放感までには至らなかったかな…;ちょっとモヤモヤしたものが残ってしまいました(。_。;)(※あくまで個人的な感想なのでちゃんとハピエンです!)

ただ、他者が加わると精神的にキツい状況になる2人が、家で2人っきりの時間だけはホッと幸せそうに見えるコントラストが良かった。キャラ達が強かったのか悲壮感が少なめで、状況に反して重すぎず読めたのも良かったです。


さてさて。
登場人物は主に3人。

攻め:伊織はヤクザです。父親もヤクザ(チンピラ)で子供の時は暴力を振るわれていました。その当時に出会った晴冬の為に"ちゃんとした大人"になりたかったけれど結局ヤクザの世界に踏み込んでしまった人です。

受け:晴冬はゲイ風俗で働いています。伊織と出会った当時は親がネグレクト+母親の彼氏に暴力を振るわれていました。その後ある理由で多額の借金を抱えていてその返済の為にヤクザに飼われているような状態。基本的に明るくて前向きな子です。

当て馬?というのかな…。水上はヤクザの会長。伊織の上司的存在で、晴冬を飼っている人です。嗜虐趣味があって晴冬の泣き顔をゾクゾクと楽しんでいます。(晴冬の身体をネチネチイジって楽しむけど、水上本人はEDだったりする。)

「いつか必ず迎えにいく」
伊織は子供の頃の約束を忘れられずにいました。けれど晴冬を迎えに行ったときは既に引っ越していてーーー。約束を果たせないまま過去を引きずっていた矢先に再会し、晴冬の現在の状況を知ります。

今度こそ晴冬と守ろうとする伊織でしたが、水上には逆らえない。

伊織と晴冬の関係を察知した水上はここぞとばかりに2人の嫌がることばかりするのですね。昼間は水上の悪趣味に付き合わされ、夜は家で少しの幸せと安らぎの時間を得る。ただの幼馴染みだと思っていた関係が次第に変わっていってーーーと展開します。


水上がホンッット悪趣味です(;ω;)
なんですが傷つき萌え属性持ちには切なキュンなとこもある…。

水上は伊織の前でわざわざ晴冬を調教するから、
晴冬が「見ないで」って泣くのがシンドイんですよ。゚(゚´Д`゚)゚。
伊織は水上に逆らえないので歯を食いしばってその状況に耐えててね。
水上のニタリとした顔が気持ち悪いのなんのって!

でも伊織の苦しそうな顔に萌えズキューンとなったのも否めない(∩´///`;)
どうしよ、攻めが苦しむのめっちゃ萌えるやつやん…。
(伊織は下睫のある美人タイプの攻めだから更に良き!)

晴冬の誕生日に合わせた水上の嫌がらせが最高に悪趣味なんですが、
抵抗してこなかった晴冬が本気で嫌がるのが切なキュンでした(;ω;)
(可哀想でシンドイけど萌えちゃう…。)

一見伊織は逆らえないままに見せていたけれど、
ちゃーんと晴冬と水上の縁を絶つ準備をしていたのがカッコよかったです。

ただ事件とごっちゃになり見せ場としてはちょっと薄かったかな…。
あと晴冬の借金の原因がメスのように刺さるのかと思ったら
ボヤッとしたまま(伊織が呆れただけなのも微妙…)でスッキリしませんでした。

評価が難しいな…。
読後感は中立~萌え。シチュや幼馴染み設定は萌え×2。
うーん(。_。)……ど真ん中評価☆3で上げます。

2

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う