後輩の雄っぱいが好きすぎる

kouhai no oppai ga sukisugiru

後輩の雄っぱいが好きすぎる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
70
評価数
18
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
にたこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
電子発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784815501501

あらすじ

妄想だけでイっちゃう♥
ノンケのワンコ系後輩×真面目でクールな先輩

なんて理想の…雄っぱい!

仕事はできるのに、上司や同僚とそりが合わず一匹狼の岡田。
そんな彼のストレス発散法は、ガチムチ系のゲイビデオでオナニーすること。
ある日、岡田は上司から新入社員のOJT担当を命じられる。
なんと新人の加藤は、岡田の理想とする〝雄っぱい〟の持ち主だった!!
その夜から岡田は、イケないと思いながらも
いやらしい妄想をエスカレートさせていき──!?

ワンコ系後輩×雄っぱい大好き先輩のえっちな妄想爆発BL

表題作後輩の雄っぱいが好きすぎる

加藤,20代,新卒後輩
岡田,30代,リーマン

レビュー投稿数4

雄っぱいわんこ

10年勤める会社で馴染みきれず、癒しはガチムチゲイビデオ鑑賞の岡田。
教育担当することになった新卒入社の素直で朗らかな加藤がなんとも素晴らしい雄っぱいの持ち主で…。

会社の先輩後輩、エッチな雄っぱい妄想、看病イベント…と、お付き合いに至るまでの流れとしてはあるあるで何でも雄っぱいで解決しようとする加藤じゃないですけど、雄っぱいで押し切られた感がしなくもない(笑)

感情・表情豊かで大型わんこな加藤と接するうちに解れていく岡田の態度と表情がいい感じで、会社でひとりぼっちだった岡田と上京してひとりぼっちだった加藤と、ぼっち同士だったふたりなので出会えてよかったなあ、と思いました。

あとがきで作者様が攻めの雄っぱいを揉みながら突かれる受けサイコ〜ッとおっしゃっており、もうほんと同意しかなくて。
受けのたわわな雄っぱいもイイんですけど、攻めのがっちり雄っぱいも最高。
加藤のパイズリは岡田と同様もっと見たかった〜!

0

私にとっては良い意味での“表紙詐欺”

雄っぱいと言われたら読まずにいられません。
正直、素敵な雄っぱいの持ち主が受けだったら更に滾りますが攻めでも問題ありません。
というかノンケ年下ワンコ攻めが好物なのでそれプラス雄っぱいって贅沢だな!?

ジャケでは黒髪の先輩が、雄っぱいくん(呼び方)より若々しいな…と思いましたが
本編を読ませていただいたところしっかり年上らしい&男らしい見た目でテンション上がりました!
逆に、可愛らしい先輩を求めて読んだ方にはがっかりかもしれませんけども…。

素直で明るい後輩の加藤くんの、ぱっつんぱつんの雄っぱい本当にたまらないです。
是非拝んでみたい……。
普段は不愛想だった岡田さんも、加藤くんといると色んな表情になってこちらまで嬉しくなってしまいました。
しかも真面目そうな彼がついしてしまう加藤くんとの妄想、
電車内でのイヤラシイこと、裸エプロンでのご奉仕、ナイスでした。
岡田さんは言葉責めもされたい人なんですねぇ。えっちなんだから。そこも良きです。

ノンケの加藤くんがゲイの岡田さんを受け入れてくれた過程は
そんなにスムーズでいいのかなとも思いましたが
加藤くんだからOKです(?)

6話と描き下ろしの岡田さんが表紙くらいの可愛い感じになってしまったのは残念ですが
加藤くんと恋人になったので若返ったのかもしれない(わけない)
お互い職場でムラムラしてしまうのは仕方がないので
我満した後の方が燃えると思って頑張って欲しいですww

1

泣き虫雄っぱい×クールなむっつり

会社ではクールで仕事ができる男……しかし、素の顔はガチムチ雄っぱい好きのゲイ。
そんな岡田の前に、理想の雄っぱいを持つ後輩・加藤が現れて……と、いうお話。

年下わんこな加藤とのラブストーリーも可愛いのですが、何より孤独だった岡田の生活が潤っていく姿にほっこりしました。
一人が当たり前だった岡田が、加藤といることの楽しさを知り、一人の寂しさを思い出していきます。
加藤がいないと寂しいと感じる岡田が可愛くて、少しずつ柔らかい雰囲気になっていくところも良かったです。

そして、全然勃たなかった岡田のtnkが立ち上がる!
いろんなシチュで加藤に抱かれる岡田の妄想が面白くて、普段とのギャップに笑ってしまった。

両思いになるまでがあっさりしていた印象ですが、Hはガッツリしてます♡
絶倫な加藤にヘロヘロな岡田……なのに、雄っぱいに釣られて許しちゃうという流れも(笑)

サラッと読めて読後感もいいです。
加藤のパイズリ、もっとちゃんと見たかったなあw

3

飛び込んでらっしゃーい

雄っぱいが元々好きな訳ではないのですが、単話配信のカバーイラストの
「飛び込んでいらっしゃい!」とでも言っているようなたくましい胸と笑顔、そこに誘われる頬を染めたサラリーマンの図が何ともいえず面白く好きでした。そのカラーイラストもちゃんと収録されていて嬉しい。
テーマである雄っぱいの描写は、興味のない人も引き寄せられるほど魅力的に描かれてます。健全で体育会系な豊かさ!って感じの、嫌味がなく包容力ある加藤らしい胸なんです。

サラリーマンの岡田の元に、好きなタイプのムチムチ新入社員加藤が後輩につく!
爽やかで裏表の無い素直な加藤。罪悪感を抱きつつも彼への妄想は止まらない…!というお話。

この妄想ってのがベタな連続で笑いました。こう書くのは逆効果かも知れませんが、男性用AVまたは中学生が巨乳に抱くみたいな、満員電車でムギュッとしちゃってドキドキ!とか(笑) これは岡田の経験の無さ故でもあるのですが、ベタだし全然変態的でなく、何だか可愛さすらありました。
この妄想と現実のやりとりがどんなに続いても読みたいくらい面白かったです。

くっついてからは行為シーンも充分あるのですが、ちょっとBLにありがちな感じになってしまった気がして余りのれませんでした。岡田が30代男性に見えなかったり、会社のトイレでしたりとか(差し出したお尻は良かったです)。
そこが楽しめれば良かったのですが、全体を通した満足感は萌評価でした。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う