まっすぐな君に、また恋をする。 溺愛が止まらない美人彼氏と、うぶで素直な男子高生のアオハルラブストーリー

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作きみの春花 2

その他の収録作品

  • 描き下ろし 11話のあと
  • カバー下

あらすじ

“男子校のマドンナ”と呼ばれていた卓と平凡な高校生・純恋は、
卓の大学進学後も順調なお付き合いを続けていた。
しかし友人が放った、卓との関係を否定するような意見に、
純恋はどう向き合えばよいのか思い悩む。
一方卓も、年上の余裕を持って振る舞いたい反面、
純恋への独占欲が増していくことに焦りを感じていて――。
胸焦がれるアオハルラブストーリー、待望の第二巻!

作品情報

作品名
きみの春花 2
著者
有馬嵐 
媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリアコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784866576633
4.5

(113)

(76)

萌々

(26)

(9)

中立

(1)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
13
得点
512
評価数
113
平均
4.5 / 5
神率
67.3%

レビュー投稿数13

はやく2年後にならないかな

めちゃくちゃかわいい、かわいすぎるカップルで読んで幸せな気持ちになれました!!
純恋はなんて純粋でまっすぐな子なんでしょう。純粋すぎて眩しかったです!!笑
あざとさがあるのにまったくイラッとしないのが最強でした!
萌えポイントが多すぎました!!!!
卓はイケメンで年上なのに、甘えたり駄々っ子みたいになるところがかわいくて純恋とのやりとりがとにかく愛でたくなるかんじでキュンキュンしました!!

好みが分かれるので実際描かれるのかわかりませんが、2年後に純恋が抱かれるのが楽しみです!!
純恋はできれば受けが良かったなぁと思っていたので個人的には嬉しい展開でした。
この2人は攻め受け固定せずイチャイチャするのもいいかもと思いました。

8

胸キュン青春ラブ

純恋×卓


1巻での初エッチ以来、
2人のラブ度がますます加速する。

2巻では、
高校生の純恋と大
学生になった卓がいても、
2人はちゃんと時間を作って一緒に過ごすことができる。
それがめちゃくちゃ嬉しいです!

その中で、
純恋のホモ嫌いの友達が純恋と卓の関係を否定しようとする。
純恋はどう向き合えばいいのか悩んでいく。
葛藤する姿に心が揺れるのです。

平凡な高校生の純恋は、
ますます大人しくなって、
まっすぐな恋のパワーがどんどん強まっている。

美人で男らしい卓は、
大学生になってさらにキラキラオーラが輝いている。
他の人には見せない甘える姿に胸キュン必至!
年上の余裕を持ちつつも、
純恋への独占欲が増して焦りを感じてるみたいだね。

大胸焼けもしてしまうくらい
甘〜いイチャイチャシーンがたっくさんで、
手を繋いだりデートしたりは超ラブラブで、
心がキュンキュンして止まらないのです!

それにバイクもいいよね!
2人乗りだけじゃなく、
こらから一台ずつ乗ったりする姿を想像するだけでドキドキします!

卓が純恋を抱きたくなったのは、めっちゃいいね!
今回はリバポイントが萌え萌えで、
これからはリバーカップルもありだよね!
どっちでも大好き!
どんな形でも、
2人が幸せになれる関係を築いてくれたら最高です!

「話し合う相手がもし純恋なら、
十年でも二十年でも、
お互いの許せる範囲を探すと思よ」と卓が言う。

卓は純恋との関係を大切に思っていて、
一緒にお互いの限界や境界を見つけながら、
一生ものの関係を築いていきたいと強く願っている。

純恋も卓が好きだけで、それだけ考えている。
他のことなんてどうでもいいくらい、
純粋に卓への一途な想いでいっぱいなの。

卓が2人の未来への真剣な決意と意気込みが超尊い!
そして卓への愛と熱い思いが純恋の中で輝いている!
2人にとってお互いが
一生に一度の大切な存在であり続けたい姿が、まさに無敵!
絆は強くて、2人の愛は絶対に壊れないものと感じます!

これからも2人の恋愛の行方が
どんどんエスカレートしていくのを楽しみにしています。

高校生と大学生の
2人の恋愛模様がリアルすぎて、
お互いがめっちゃ好きで、
感情を尊重しながら、
試練を乗り越えて成長していく姿に
グワングワンと胸キュン!
甘〜い光景がたっぷりで、
読んでる間ずっとドキドキが止まりませんでした!

6

大好き同士の恋

東條が大学生になった後も順調にお付き合いを続けているふたりの日々が描かれた2巻。
東條は相変わらず自分をしっかり持っていてブレないカッコ良さがあり、純恋もまた変わらずピュアっピュアで本当に可愛かったです。

休みの日は一緒に過ごし、たまに学校に迎えに来てくれたりして。普段の生活の中で時間を作っては会っているふたり。
お互いに相手がすごく好きで会いたくて仕方がない!というのが伝わってくるので、ふたりの言動ひとつひとつが愛おしく思えました。

そんななか新たに純恋が仲良くなった先輩・佳木のゲイを嫌う発言によって、グルグルと悩んでしまうことになった純恋。
純恋は東條のことが好きで、東條もまた純恋が好きで。お互いの気持ちさえ一緒であれば恋人関係は成り立つけれど。
周りが自分たちを見たときの反応についてあまり考えてこなかった純恋は、モヤモヤした気持ちを抱えてしまうわけです。
でも佳木も悪気があっての発言ではなかったので、特に拗れることなく解決。
むしろ客観的な意見を聞けたことをプラスにして、ふたりの仲がまた深まることになるので良かったなと思いました。

そしてふたりの「2回目」にドキドキが止まりませんでした…!
攻めな純恋も男らしく見えていいのですが、やっぱり東條に攻めてほしい気持ちがあるので2年後が待ち遠しい(笑)
大好き同士の可愛い恋、また続きが読めるのを楽しみにしています。

4

遂に…!?!??!!?!?

こちらの1巻がとても大好きで2巻も購入しました。

2巻では高校の先輩後輩でしたが、2巻では卓は大学生になった為
大学生と高校生の恋愛のお話になります。

とにかく純恋は可愛いし、卓はかっこいいなぁと思いました。
純恋は可愛いがいっぱい詰まってるけど、かっこよくもあるんですよね。
1巻の時も純恋にそのような気持ちになったのですが、
2巻でも同じようなことを純恋に感じました。

今回は新しいキャラも出てきてひと悶着ありますが
その中にも純恋らしさがあって
心が浄化されるなぁと思いながら読んでいました。

1巻のときにあったリバ疑惑に関しては…
うん…!なるほど…!!
といった感じですね!(*´ω`*)

あとがきの感じだとまだ続くみたいなのでとても嬉しいです(*´ω`*)

2

かっこ良くてかわいい2人

も、も、も、萌えた〜〜〜!!!
1巻が本当に素晴らしかったので期待を大にして読み始め、読み終わった今大の字になっています。
はーーー…ものすごく良かったな…かわいかった…純恋も卓もかわいかった…

お互いに1学年ずつ進級して環境も少し変化していく2人。
付き合った後の出来上がっている2人のその後というものを見るのが好きで、この2人はいったいどうなるのかなあなんて思っていたのです。
繰り返しになりますが、ものすっっごく良かったです!
相手のことが本当に大切で、愛しくて、大好きでたまらなく思う気持ちがずっと溢れ出ているんです。
こんなの大好き。すごく良い。
その後のお話ということもあってほんのちょっと山あり谷ありな出来事もあったりするのですけれど、2人の関係性がとても安心感のあるものなのでハラハラせずに読めましたね。

最近はくっついてすぐに性描写へといってしまう作品の方が多いのかなあ…と感じることもあり(もちろんそちらも好きです)、互いへの好きの気持ちを大切に育んでいく様子がじっくりと丁寧に描かれていてとても好感が持てました。
純恋と卓。どちらもかわいくてかっこよくて優しい人です。
何が1番良かったかって、お互いがお互いのことを心からそう思っているのが良くって…!
前作を読んだ時にも感じましたが、彼らにとって左右だ上下だなんてものは関係なく、ただただ相手のことが好きで愛おしくて仕方がないんだろうなと思います。
彼らがその時思うがままの形でいいと思うのです。私はそれを愛でたい。

手を取り合って、2人でじっくりゆっくり時間をかけて育てる愛情も素敵だよね。
きっと読後はそんな気持ちでいっぱいになれる、甘い多幸感に満ちたお話でした!その後の2人も追いかけたいです。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP