βの同僚を慕うβホスト×βを見下すαホストのアンマッチラブ

世界で一番嫌いなα

sekai de ichiban kirai na alpha

世界で一番嫌いなα
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
33
評価数
8
平均
4.1 / 5
神率
37.5%
著者
秋芳ぴぃこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784046802279

あらすじ

「アイツが最低なαだって、分かってんのに――」

ホストクラブ『DEAREST』で、初めての“βのホスト”となった眞。
思いを寄せる同僚の蛍嗣の気を引くため、ナンバー1の座を狙いたいが上手くいかない。
そんな中、過去に蛍嗣を傷つけた憎きα・雅臣から、ホストの極意を教えてやると言われ、あるものを渡される。
それは、「誰でもΩの発情期みたいになる」という薬で――…?

『βの憂鬱』スピンオフ作品が登場!

ラブラブな後日談を描いた、
描きおろし漫画9Pを収録!

表題作世界で一番嫌いなα

眞,β,売れないホスト
雅臣,α,No.1ホスト

その他の収録作品

  • After story(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数2

動悸とまらん

前作にて、怒れる愛のサイドキャラだった眞×当て馬クズ攻めだった雅臣2人のスピンオフ。前作を読んだ人向け。攻めが受けになるとかクズをラブするとかそう言うシチュエーションは...最高だと思います‼︎ただただ興奮。

まず攻めの眞、心意気が男前でまたかっこいい!彼が真っ直ぐな人であるお陰で、お話がさっぱりと進んで(いい意味で)大変読みやすかったです。信頼できる漢〜!

そして、受けの雅臣は、過去アリ可愛い成分増量で前作よりキュートな仕上がりになっておりますが、クズ力(ぢから)とイケメンパワーは健在で、こちらもかっこいい。個人的に、前作のメイン2人が今作から急に雅臣に同情し出したりせず、しっかり警戒していたのがとても良かったです。前作2人も過去の蟠りを解消できてよかったのでは!あ〜、よかった!


全体の筋が通っており、オメガバースと言う世界観を現実感を持たせつつさらりと描き出した良作だと思いました!登場人物一人一人の感情がとても丁寧で人間らしく、作家さんのキャラクターに対する愛情を感じました。


それから、今作でのサイドキャラΩくんですが、彼の気持ちを思うと苦しくなります...。でも彼に対してブレずにクズ対応し続けた雅臣が好きです♡そして、強い気持ちと行動力のある若者って応援したくなってしまいます!彼がどこかで、最強αさん専属の攻め様となり愛に溢れた日々を手に入れる事を、心よりお祈りします。これは私の個人的な趣味です

0

クズαスピンオフでキュンとなる(五七五)

前作【βの憂鬱】でスピンオフが読みたかった眞の救済作きました。
この作品だけで読むとわかりづらいので、前作から読まれることをオススメします。

βが主人公のオメガバースの今作はβ×α。
しかも眞のお相手は前作でクズαとして描かれていた雅臣~!
前作の読後、手酷く振られろ!って思ってたけど、トラウマ持ちのかわい子ちゃんになって戻ってきました。

今作でもドラマチックな「魂の番」がいないなか、αの社会的地位に対するβやΩの劣等感にも似た感情が挟まれていてピリッとする場面もあり、良きアクセントになっていました。

蛍嗣の気を引くため、ナンバー1ホストを目指す眞に極意を教えてやると提案したのは、かつて蛍嗣を傷つけた雅臣。
酒と薬の勢いで雅臣にのしかかる眞·····と体から始まる関係です。

最初はお互い下心しかなく、恋愛感情がない分、遠慮ない言葉のやりとりで友だちみたいが付き合いがはじまります。

そこに、かつての雅臣に罪悪感を感じる翡翠も絡み、屈折した関係性から生まれる新しい感情と、思いがけないところでひっくりかえる相手への想いが描かれていました。

眞も雅臣もリスタートがきれてよかった。
歪な雅臣を助長することになった翡翠もホッとしたろうし、蛍嗣も雅臣から謝罪されてひとつ区切りがついたと思います。

眞の裏表のない感情を次から次へとぶつけられて「傲慢の城壁」が崩れていく雅臣が可愛いんですよねぇ。
巻末の描きおろしの控えめなオネダリがまたいい。

■眞
前作の内勤からホストへジョブチェンジ。
大学生の頃から憧れていた蛍嗣と、気になる雅臣に揺れ動き、翡翠や同僚たちを巻き込みながら突き進む彼の姿にソワソワして楽しく読みました。

■雅臣
眞にホストの心得を教えたり、スタイリストを紹介したり意外と面倒みのいい子。
やっと蛍嗣に謝ったな~よしよし。

人間的な弱さ=可愛げではないけれど、雅臣の忌まわしい過去が彼の「クズ」な部分を作り上げたと思うと、うん、そうだよね。って思ってしまいます。

良い面と悪い面の両方を見ることで、雅臣の人間らしさを感じることができたし、眞に見せるはにかんだ笑顔が可愛かったです。

眞も言ってましたが、意外な人の弱いところを見て、可愛いさを感じてしまうんだよ·····。

そして個人的に攻から転じた受はどエロい気がするので眞には是非、頑張っていただきたい!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う