大注目作家bov先生の最新刊★

フェイクゴシップ

fake gossip

フェイクゴシップ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×217
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
185
評価数
49
平均
3.9 / 5
神率
36.7%
著者
bov 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人uno!
発売日
電子発売日
ISBN
9784801973862

あらすじ

カメラマンの杉村はスクープ狙いで若手俳優・椎名 蓮を尾行する日々。
ある日、ファンと勘違いされ椎名の家に招かれることに…!?
優しく接してくれる椎名に良心が痛む杉村だったが、
なんと椎名はパパラッチに恨みを持ったドS男だった!!
「アンタをゲイに仕立てるんだよ」
ネタを探るどころか、復讐心からエッチなお仕置き(?)をされてしまい…!

“あの人”を追いかけ3ヶ月と16日…
前衛アーティスト×サイコなコミュ障スト●カーの
ヤバすぎLOVEストーリー『アバンギャルドとスト●カー』も同時収録!

【収録作品】
フェイクゴシップ act.1~2
アバンギャルドとスト●カー 1~3
描き下ろし

表題作フェイクゴシップ

椎名蓮,23歳,人気若手俳優
杉村直哉,25歳,文學青堂所属のカメラマン

同時収録作品アバンギャルドとスト●カー

田辺栄作,28歳,アーティスト→リーマン
天ケ瀬輝星,20歳,居酒屋でバイトしている大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下キャライラスト

レビュー投稿数10

好みが分かれそうな作品ではあるが

『性癖ヤバめなオトコに狙われました。』で鮮烈なデビューを飾ったbov先生。
ごめんなさい、『性癖~』の方は今一つツボに入らず、でいたのです。

が、今作品に収録されている『アバンギャルドとスト●カー』を電子で単話読みしてコミックス化されたら絶対に買う、と決めていました。

本作品は2CPのお話が収録されています。
1つ目は表題作『フェイクゴシップ』。もう一つは『アバンギャルドとスト●カー』。

ということでレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。




表題作『フェイクゴシップ』
雑誌のカメラマンである杉村は若手俳優の椎名のゴシップを取るために彼に張り付いている。ゴシップ、ではなくカメラマンとして名を馳せたいと思っている杉村ではあるが、いかんせん仕事がない。いやいやながら椎名を追いかけている。

そんなある日椎名に声を掛けられる。
自分のファンだと勘違いした椎名に、家に上がらせてもらうことになった杉村はゴシップのネタがないかと目を光らせるが、実はそれは椎名の罠で…。

というお話。

とある事情からスクープ誌に復讐心を抱いている椎名の手によって、杉村はあんなことやこんなことを致されてしまうが。

bovさんらしい、ってうのかな。
とにかくハードな濡れ場が続きます。縛られたり、お道具使われたり、写真を撮られたり。痛いことも結構されちゃいます。

あ、やば。
これって『性癖~』と同じで受けちゃんが酷いことされちゃう系のお話?

と思いつつ読み進めたのですが。
ああ、こういうオチですか!


後半は『アバンギャルドとスト●カー』。
分量としては『フェイクゴシップ』と『アバンギャルドとスト●カー』は同じくらい。


主人公は居酒屋「魚頂天」でバイトする大学生のダイヤくん。
人見知りでコミュ障の彼は、目下絶賛片想い中。そのお相手は「魚頂天」の常連客の栄作だ。

アーティストで独特のセンスを持ち、そしてこっそり優しい。そんな栄作に惚れぬいて、行き過ぎた好意はストーカー行為へと変化していき―。

bovさん作品は、「好き」(愛情と言い換えてもいいかも)と、ハードなセックス、が混ざってるんですね。出会ってすぐにセックス、という流れがあまり好きではない方には不向きな作家さまかもしれません。

しかもその濡れ場がハード。
痛いこととか、変態的な行為とか、そういったものが混在しているので苦手な方はとことん苦手かも。

が、今作品は、そのハードなプレイを受けさんの方が望んでいる、ということもあって悲壮感はなし。受けちゃんがハードなプレイを受け入れる、その理由は2CPで異なるのですが、特に表題作『フェイクゴシップ』の方は単純にハードなプレイが好き、という展開なのでエロ度は高いですが甘さはあまりありません。

でも、そこかしこに受けさんが攻めさんに対して愛情を抱いていることが分かる描写も盛り込まれているので、一見エロ度が高く受けさんが非道なプレイを強要される、といった風に見えて、実は甘々。その展開がめちゃめちゃドツボに突き刺さりました。

「好き」なら何をしても良いのか、という展開の『アバンギャルドとスト●カー』。この作品も「ストーカー」という部分がベースになっていますが、受けちゃんの一途な想いとコミカルさのバランスが秀逸です。読み手に不快感を与えないギリギリを攻め込む、そのbov先生の手腕が光った感じがしました。

どちらも突き抜けたエロと執着心が描かれています。それ故に好みも分かれそう。が、この世界観がbov先生の真髄なのでしょうかね。

画力も高く、その画力で描かれる濡れ場はさすがの一言。
痛みと快楽、そこをきっちり描き切ることのできる画力で描かれる濡れ場は、それはとってもエロくて読みごたえがありました。

評価で悩みましたが、カバー下とか、描き下ろしがめちゃめちゃ可愛らしかったので、ちょびっとおまけして萌え×2よりの神評価で。

7

かなり面白い!!がアバンギャルド?かも

単行本待っていました!
「フェイクゴシップ」を単話で読んで
なんかこれやっべーやつ来たねwって思ってから
楽しみに待っていたら
「アバンギャルドとスト●カー」と
二本立てでコミックスになったんですね。
俳優×記者の「フェイクゴシップ」と
芸術家?×ストーカー大学生の
「アバンギャルドとスト●カー」の2カプのお話が入っています。
はっきり言ってどちらもとっても面白いんでおススメ!!です
が確かに好き嫌いはわかれる?かなって作品。。
ってか作家さまですよね。bov先生は。
作画は上手ですが
SM的な加虐プレイ?がほんとに上手で
個性的でもある先生のエロ+笑い?な作風がなんともいい塩梅ってゆうかちょっとへんてこ?かも?
「性癖ヤバめな男〜でブレイクした作者さまですが
私もこちらのが面白かったです。
2カプのお話ですが私はかなり満足。いや大満足です。
てかふたつのお話が入ってるくらいがちょうどいいのかも…
いつもなら1カプでじっくり一冊読みたい派ですが
かなり濃厚な一冊なので
この二本立てバランス的にも最高ではないでしょうか?
性癖ヤバめ男で
こんな悪い顔の攻めはじめて見たって
レビューで言われておりましたが
こんな悪い顔の受けもはじめて見たかもしれないって感じです。もうかわいくなくてひどい表情で笑ってしまいました。
痛いプレイもありますが
全体的にはかなりコメディ指数高いです。
「アバンギャルドとストーカー」は
内容的にもアーティストを志す攻め君が
本当の意味でイカれてる受けくんと出会い
自分のふつうさ?を受け入れていくってなかなかいいお話なので
お話的にはこちらの方が万人には受けそう?
しかしストーカーネタだからそうでもない?
とにかくちょっと変化球がいける人には
読んで頂きたい作品たちですね。
もう少しラブ指数が高くてもいいかなとも思いますが
性癖ヤバめの方がラブ多めになりつつあるという展開らしく色々楽しみ、、
bov先生次回作も買ってしまうと思います。


3

流石の凄いプレイ

『性癖ヤバめなオトコに狙われました』でbov先生の作品に初めて出会いましたが、今回も相変わらず凄いプレイでした。

今回2本立てでしたが、プレイが濃厚な為か、物足りないということもなく、読後にぐったりするような満足感があります。

表題のフェイクゴシップですが、俳優がパパラッチにお仕置きしちゃうお話でした。
性癖〜1巻の愛の無いプレイがあんまり得意じゃなかったので、そっち系か?と心配してましたが、俳優の慣れてなさそうなお仕置きからのパパラッチが上手だったオチで安心しました。
初めてのプレイだったろうに、がっつりSMにハマっている2人がなんとも微笑ましいです。

アバンギャルドとスト●カーですが、スト●カーのダイヤくんがかなり危ない感じのスト●カーでした。プレイは普通めなのが多いのに、思考回路がかなり凄い。スト●カーの重い愛ってこんななんだと感心しました。
あと滑り台の上でのプレイが危なそうで(物理的に)ヒヤヒヤしました。あんなに暴れたら落ちて怪我するよ〜!とハラハラです。

うっかり普通の性癖の人に勧めるとダメなタイプの本でしたが、激しめなSMも大丈夫なら面白いですよ。ただ痛いのが苦手な人は一部注意です。

性癖〜がダメだった人でもこちらなら読めるのでは、と思います。

2

刺激が欲しい時に

表題作『フェイクゴシップ』
序盤から既視感のある拘束された受け。
『性癖ヤバめのオトコに狙われました。』を彷彿とさせる先生の癖全開という感じです。
ただ、『性癖ヤバめの〜』よりもまだこちらのほうが受けの杉村がパパラッチで、攻めの俳優の椎名の恨みの対象であるということで椎名の矛先が杉村に向いてしまった、というのも受け入れやすいのかな、と思います。
とはいえやっていることはやっぱりえげつないくて、そこまでするの?と言いたくなる様々な道具を使ったエグい責めのオンパレード。
なのに「黙って喘いでろ!!」にはつい笑ってしまいました。ほんとどっち?

めちゃくちゃにヤられているのに杉村の根性がかなり図太くて強かで、逆に椎名を脅してある契約を交わすことに。
杉村のうしろの目覚めからののめり込みがすごいし、加虐スイッチの入った椎名との相性が抜群。
日常品での乳首の痛めつけ方がとんでもなかった〜…。あれは絶対痛い。
身体の関係はどっぷりと深いのに1・2話構成でお互いの気持ちが固まる前に終わってしまったのが残念でした。

同時収録の『アバンギャルドとスト●カー』1〜3話。
天然無自覚暴走系のダイヤにストーキングされている英作。
ダイヤもなかなかにぶっ飛んでいて、ピュアと狂気との紙一重感がヤバい。
こちらのプレイもいろいろと濃いめでした。

先生の独特なセンスで描かれるストレートではない愛情表現は好みは分かれるかと思いますが、個人的には刺激が欲しい時にぴったりでクセになりそうな読み心地の作品です。

2

汁多めのエロ

初めての作家さんです。

絵が綺麗でエロシーンいい
受けの方が少しガタイいいのも良き
汁多めで若干SMチックです

ただところどころ、は〇だ先生がチラつく
恍惚な表情とかゲス顔とか…うーん
個人的にはそこまでドSでもない少し口の悪い俳優って感じ

絵はめちゃめちゃ綺麗
受けの可愛い顔と美人顔の使い分けが上手いです

同時収録の受けの狂気じみた顔がすごく良かったです
攻めが意外とちゃんとしていたので攻めもゲスに堕ちてくれたらな~と…w

もっと狂った感じのストーリーが合いそうな絵だと思いました!

汁多めの少し狂気じみた甘エロ読みたい方におススメかと!!!

1

テンポが良くて面白い

電子の広告で見かけた「拘束具を着けたドM受け」に惹かれたので購入しました。

個性的な絵柄の感じなどから、読む前は「ディープでドロドロしたエロメインの作風かな?」と予想していたんですが、実際は全然違いました。
会話のテンポが良くコミカルで「明るいエロラブコメ」って感じだったので、読みやすかったし面白かったです。
テンションも高めですごく好みでした。
言葉選びも面白くて私はツボにハマってしまい、3回ぐらいリアルに吹き出しました。
まさか笑える箇所がある明るい作風だとは思っていなかったので予想外でした。

「中編二本立て」なので2カプ出てきますが、キャラもみんな個性強めで魅力的です。

【フェイクゴシップ】(表題作)の方は、攻めのオンオフのギャップが良かったです。プレイ中はドSだけど、それ以外では「冷静な受けに翻弄される攻め」って感じで「年下攻め」らしい可愛さがありました。

【アバンギャルドとスト●カー】の方は、「行動はイッちゃっててアブナイけど、メンタルは健気で一途な陰キャ受け」が可愛かったです。「無自覚スト●カーのヤバさ」と「健気な可愛さ」のバランスが絶妙でした。
そしてそのヤバい受けを好きになる「変人に憧れる凡人の攻め」も共感できるキャラで良かったです。
相手がヤバい子だって分かってても好きになっちゃう過程に説得力がありました。
受けが暴走しがちで笑えるし、エロ可愛いし、ラブラブなハピエンで読後感も良かったです。

好きな作風なので神評価と迷ったんですが、中編だからボリューム的にちょっと物足りなさも感じてしまったため萌×2です。
特に表題作の方はまだお互いに「ライク」な感じで、これから「ラブ」に進展しそうな気配のまま終わってしまったので、もうちょっと続きを読みたかったなと思いました。

表情の描き方が独特なので好みがハッキリ別れそうな作風ですが、会話のテンポが良いエロラブコメが好きな方や、オリジナリティ強めな作品を探している方にはオススメです。

1

いい歪み

表題作+1作品収録。どちらもパンチのきいたお話でした。

表題作は俳優×パパラッチという敵対する関係にあるふたりが、お仕置き的な行為から気持ちが芽生えちゃう…?というお話でした。
スイッチの入った椎名の振り切れた逆襲はどこまでエスカレートするのだろうか?と恐ろしくなりながら読み進めましたが、本当にコワいのは杉村の方だったかもしれません。
眼差しは無機質なのに歪むように笑う口元のアンバランスさに何度もゾクッとしました。

復讐プレイでソレに目覚めてしまった杉村とそんな杉村に欲情した椎名。
なんだかんだ良いバランスのふたりのやり取りはエロいし面白くて、もっともっとふたりのお話が読みたかった〜!
お互いに気持ちを伝えた後の話、いつか読めたらいいなと思いました。

0

表紙買いです

「ヤバいコ居る…」
初めて書影を見た時、自然とそんな言葉が出ました、
それくらい表情にインパクトと吸引力がありスルー出来なかったです。

やばい、こわい…

この杉村の顔を眺めていると思考が停止し、
ただでさえ皆無な語彙力が完全に喪失する。

ところが意外にも中の絵はうるつやで美形、
特に目の大きいキャラは瞳もキラキラしていて綺麗。
その高い画力で描かれる元々は美形&可愛らしいハズだった人物達の、
表情豊か過ぎる顔芸も魅力の一つだと思います。

表題作は様々なお道具を使用しハードプレイ三昧!
アブノーマルプレイを見る為の作品といった印象を受けました。
椎名はいつの間にか杉村に惹かれているし(あの酷い顔のせいか?)
杉村は1回のプレイで速攻SMにハマってしまうし、
ちょっと展開が唐突過ぎてもう少しストーリー部分が欲しい。

最後に杉村が好きって言ったら…と言う所で終わっているので、
それを伝えるもう1話があったらもっと楽しめたかも。
逆にこの余韻が残る結末が好きな方も少なく無いと思います。
当然エロは見応え十分!
会話などのやり取りは笑いを誘う所も多々あり良かったです。

同時収録「アバンギャルドとスト●カー」は楽しめました。
ダイヤの行動は褒められたモンじゃないけれど、
好意を自覚する所から始まり、エロより恋愛感情の方が強調されたお話。

栄作はスランプが口実になりお互いそうだろうと、
今の関係に疑問を抱きつつ今のままで良いと思っている。
ところがダイヤはスランプから脱却させなきゃ!と本気で思い始める。
これに始まり以降、相手を想う気持ちの歯車が上手く噛み合わず、
チグハグにすれ違い続けるのが面白く、
その流れがまさか正式なお付き合い開始時までに至るとは…(^-^;

すべり台でのHシーンはヒヤっとする箇所もありますが、
夜空の下ロマンティックでした。
栄作はダイヤが遠慮なく話しが出来る心の拠り所となり、
ダイヤは「アーティスト」と言う型に囚われる栄作を、
自分らしい生き方に連れ出してくれた存在。
色々あったけれどお互いがハッピーになれて結果オーライですね。

一見立場が弱そうな受けの方が実は結構大胆で強い、
という点は両作品共通、このギャップは好みでした。
作品間の繋がりが好きなので、
描き下ろしが両カップル共演なのも良かったです。

1

刺さる人には刺さる痛めの作品

表題作はソフトかハードかで言えばハードよりのソフト。

痛いのあんまり得意じゃないんです…。なので表題作はちょっと合いませんでした。導入が面白そうだったので読んだのですが、まさかの痛エロという失敗。ごめんなさい。

救いは2CP目が入っていたことです!

こちらはアーティスト×無自覚ストーカーという組み合わせ。アーティストの栄作に恋をしたダイヤは栄作のことを調べあげ、なんだかんだで栄作の家に上がることになり、スランプを解消するためにエッチしませんか?と持ちかけて、関係が進んでいく展開です。

無自覚に、天然で狂気をまとったダイヤがいい意味でヤバい。すっごくいいキャラです。そして栄作が自分のことをしっかりと自覚し、それゆえにダイヤに惹かれているのもとても良かったです。この二人は多分末永く幸せになれる。おもにダイヤの狂気によって。

0

同時収録が苦手

元々レーベル的にエロに力を入れているし、作者さんも他ではみないレベルのハードなSMプレイを得意とする方なので、ストーリーよりもそちらを期待して購入しました。表題作は想像通り、エロ中心ですがプレイも好みで面白く読めました。bov先生のSM力の高さよ。
しかし、同時収録のアバンギャルドのほうが苦手でした。こちらもストーリーよりはエロ重視で最初から意識していましたが、ストーカーな受けの感情があまりにも理解出来なくて怖さを感じました。ストーカーゆえにわざとそういうテイストなのかと聞かれると違うと思う。最初から最後まで全く理解できない受けと比較的凡人寄り?な攻めで、攻めに同情するしなんでこのストーカーと両想いになったのかもわからず、あまりにも置いてけぼりでした。

表題作のみで電子単話売りもされているので、そちらを買えばよかったなあと思います。

紙 修正 白線ぐしゃぐしゃ

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う