夏のてっぺんに咲く

natsu no teppen ni saku

夏のてっぺんに咲く
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×228
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

175

レビュー数
12
得点
226
評価数
56
平均
4.1 / 5
神率
35.7%
著者
炬太郎 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コスミック出版
レーベル
キュンコミックス スパイシーホイップコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784774732268

あらすじ

「俺が陽介の恋人になれたらよかったのに」
幼なじみで親友でいつも一緒にいた陽介。
今年もいつもの夏のように陽介やいつもの連中と海に花火に祭りに…
そんな毎日を過ごすんだろうと思っていた。
あの日、陽介に彼女ができるまでは。
陽介の隣の彼女に胸がちくんと痛む。
彼女とのデートの為にバイトに励む陽介にモヤモヤした。
それが“嫉妬”だと気付いたのは少し経ってから。
陽介への想いは日に日に大きくなり、そしてある日想いが溢れてしまって━━?

幼なじみで親友で…それ以上…DKたちの真っ直ぐで不器用な青春グラフィティ

表題作夏のてっぺんに咲く

天野陽介,高校2年生→大学生
綾辺香一,高校2年生で陽介の幼馴染→大学生

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下イラスト
情報修正依頼中

レビュー投稿数12

この攻め、意外とちょろくないぞ

好みドストライクなシチュエーションと帯文句に惹かれて試し読み後即購入。
いやほんと、帯文句のチョイスが最高…(感嘆)

親友じゃなくて彼女の方に嫉妬してるのに気づいた香一が、さてこれからどうするのか。
すごくわくわくさせる始まり方。

これが陽介が、思ったより靡かない。ちょろくない。そして正直者。
正直さ、ストレートさは良さでもある反面、無神経に言葉を投げてしまうので、
特に「ほのかと来るはずだったのになあ」ってセリフ。
香一の心を思うとあまりに無神経で、あの一言だけは今でも私は許せてない。(笑)
そんな香一にとって不憫な言葉がこの他にも数多くあって切なかったです。
でもこの切なさが作品の醍醐味なので、もう5周くらいしたら許してあげようかな?

それにしても青春ものだからか、颯爽感がすごかったです。
当て馬であるほのかちゃんが絡んで来ても、関係性がドロドロしてこない驚きの爽やかさでした。

2人の大学生編もちらっと拝めました。当たり前のように好き合ってえっちをしてる幸せそうな2人が見れて嬉しかったです。
最後の最後まで楽しめました。

3

青春DKが可愛い初コミックス

炬太郎先生の別の商業単話作品を読んで以来ファンだったので書籍化待ちに待ってました!表紙からも分かりますがやっぱり絵がとても綺麗です。初の単行本とは思えない。


↓ネタバレ含みます
ストーリーはまさに青春!という感じです。前半部分では親友に彼女が出来たことで意識し始め受けが恋を自覚するまでが地元の田舎や都会の綺麗な背景と共に描かれていました。攻めが元々恋愛感情を意識してなかった受けに告白され、色々考えた結果告白の時「挑戦してみるって感じにはなるけど」とすぐに完全な恋心を自覚しないのがリアリティがあって良かったです。その後日談や2年後の話で攻めもちゃんと受けを好きになっているのが分かるので「気持ちが受けの一方通行のままなのでは?」という心配はないです。最初は作品の雰囲気的にエロなしなのかな?と思いましたが2年後の話でありました。誘い方も本番前のイチャイチャも可愛くて、まだ中ではイけないのか攻めがイった後に手で前と後ろをいじってもらってイクというのも良かったです。
メインの2人を含め友達、元カノ、お母さんまでみんないい人達でストレスなく読めました。このまま大学生生活を送る2人をもっとみたいです。続編でも次回作でも炬太郎先生の次の作品をまた読めるのを楽しみにしています。
※こちらの1冊で応募出来る初BLコミックスフェア第2弾は9/15締切なので迷っている方はお早めに。

3

ど青春

上質な小説を一本読んだ気分になりました
嫉妬する香一がかわいく陽介の性格がさっぱりしていて真っ直ぐなところ、そして絵がとても綺麗で引き込まれました

ネカフェのシーンがかわいすぎます!
好きなことを少し自覚しながら、ヘンタイなのかと思っている香一が甘酸っぱくてしょうがなかったです
そこからの夏祭りに陽介が彼女から誘われたとわかると、背中を押す言葉をかける笑顔が悲しくて切なく、落差で心が痛くなりました
陽介のsnsを開いたり、ずっと相手のこと考えたり、遊びで手を繋いで傷ついたり、青春……
ほのかちゃんいい子でとてもよかったです 

陽介の明るい性格に香一の暗めな部分が救われていて、最終回の最後のシーンで心底救われたように思いました

最終回のあとのお話しがあまっあまで最高でした……ご褒美……
カバー下表紙の小さい頃と今の寝ている姿がめちゃくちゃどエモくてしにそうな程よかったです……ありがとうございました

1

アオハルだ…!

初読みの作家さまでしたが、青い空、海、脱ぎ捨てられたシューズにラムネの瓶。

そして、DK。

良い。
めっちゃ素敵な表紙に、吸い寄せられるようにしてお買い上げしました。




主人公は高校生の香一。
幼馴染で親友の陽介と、いつも通りの朝を迎えた。
が、そこで香一は陽介から「彼女ができた」と言われる。親友の恋を応援しよう。そう思う香一だったが、なぜか胸は痛んで―?

もうね、これぞアオハル!っていう感じの1冊でした。
何よりも大切にしたい、親友の陽介。
その親友の「彼女」の存在。
今までに感じたことのない感情に苛まされる香一の心情が、「高校生の夏休み」を舞台に紡がれていきます。

王道と言えるストーリーですが、そもそも香一は自分の陽介への想いを自覚していたわけではありません。陽介に彼女ができて初めて、彼は自分の想いと対面する。

だからなのかな、陽介×香一の恋、という部分はめちゃめちゃゆっくり進みます。好き、はいすぐにセックスしちゃいます、といった流れのお話ではなく、香一自身、自分の想いを持て余し、揺らぎ、疲弊していく。その過程が凄く甘酸っぱくて萌える。

陽介と彼女の件、の部分が切ないです。
彼女のために奮闘する陽介、を見る香一の想いが。誰が悪いわけでもなく、だからこそ燻っていく、この年齢ならではの青さとか、苦しみとか、そういったものがきちんと描かれているところも良い。

二人の恋の成就、という部分の時間軸は、たったひと夏のお話なんです。が、そこに彼らの幼馴染としての、そしてそこから親友となっていった歴史がきちんと描かれているので、奥行きがあるっていうのかな。読みごたえがある感じ。

二人の濡れ場という部分に焦点を当てると、これがまためっちゃあっさりなの。が、このあっさりの中に隠れたエロさが堪らなかった。

彼らが高校を卒業し大学生になって、一緒に住んでるのかな?
その時に、彼らのセックスシーンが描かれているのですが、この濡れ場がめっちゃ良かった…。
陽介が、自分がイッた後に香一を指でイかせるシーンがあります。ここに、二人の若さと愛情が詰まってる気がしました。挿入だけじゃなかなか受けさんはイけないよね、たぶん。すごく生々しく、なのに不快な感じじゃなくて二人の愛情しか感じない。

エロ度はかなり控えめです。
エチエチな作品が読みたいときには、正直お勧めしません。

青く、若く、そして優しく温かく。
読後心がほっこり温かくなりました。
これだけ王道なストーリーでありながら、様々なスパイスを加えることで「良くある話」に留まらずそれらとは一線を画す作品でした。

3

片思いDKの爽やかアオハルBL

すごく見応えのある漫画でした。1コマ1コマの構図がすごく良い!あおり・俯瞰・強弱が効果的に使われててメリハリがあって、画面に引き込まれていきます。見開きも素晴らしい~!どんなジャンルの漫画でも面白く描いてくれそう。好きです。
主人公の香一は性格にクセのないDKで、イイトコの子っぽい描写がちらほら。穏やかで平和な家庭で育ったことが分かります。陽介は健康的な明るさを持つノンケDK。ネアカな性格が見ていて気持ち良かったです。
彼女に振られた陽介と、陽介への恋心に気付いてしまった香一は、夏休みに一泊のデートプランを実行します。陽介は何も知らず切ないのは香一だけっていう、片思いのキュンが詰まってて萌えます。告白シーンの儚げな作画は最高でした!
いったんは振ってしまったものの、陽介の中でも何かが燻っていて、彼女をとるか香一をとるか…という展開。ここだけはちょっと彼女のキャラとしての扱いがご都合的で、嫌なキャラにしないよう気を使ったのは分かるけど…とモヤりました。放置されて振る彼女像とちぐはぐで、話の進行上、陽介に空白を作る道具みたい。BLに違和感なく嫌味もなく女子キャラを絡ませるのは難しいのかな。
ラストはDKらしく、まだ覚悟が決まっていない未熟さをさらけ出しながらのハピエン。爽やかでとても良かったです!
Hシーンは二人の生活感が垣間見えそうな始まりで、最中は静かで濃密な空気が伝わってきて良かったです。

3

気付いてしまったら元には戻れないって萌えますね!!!

評価は神寄りです。

「彼女に嫉妬するなんて思わなかった」(帯より)

~~~~~~~~ッ!!!!!(∩´///`∩)
この一文だけでもめっちゃ萌えますね!!

まさか、恋すると思わなかった
まさか、恋してると思わなかった
ーーーっていうね!

恋と友情の狭間で腹の中にモヤを抱えたまま過ごす夏。
ものすごーく青春してて甘酸っぱい気持ちになりました。
少しずつ意識していく過程が丁寧に綴られる作品でとても良かったです…!


さてさて。
いつも一緒にいた幼馴染みに彼女ができた。
隣がポッカリ空いて一人で登下校が増えた。

"彼女ができて羨ましい"とは思わない。
"幼馴染を彼女に取られてしまった"感情が先立つ違和感。

これっておかしいよな…?
変だよな…?でも……。
ーーと葛藤を抱える男子高校生のお話ですヾ(*´∀`*)ノ


攻め:陽介は夏の青空のようなカラッと元気な性格。
いつも周囲をグイグイ引っ張って常に盛り上げる人。
個人的には読んでて気持ちが良いキャラでした。

受け:香一は陽介に比べると物静かなキャラかな…?
(ストーリー上、色々悩んでたからそう映ったのかも)
9割方、香一視点のお話になっています。


個人的にすごく萌えたのは、
陽介が彼女といる所を遠くからみている香一の姿。
この時点では明確に自覚していないけれど違和感が膨らみつつあるのが良きです。
幼馴染関係から打って変わり、恋心を含んだ目線になっていくのがグッときます!

で。ちょっとネタバレですが、
陽介は早々にフラれるので元通りのポジに戻るんです。

彼女が出来る前と同じように、陽介の隣には香一。
彼女と遊ぶはずだった予定をすべて香一と楽しむ。
海・花火・旅行…と青春のキラッキラが詰め込まれます。

でもね~~~~~~!!
陽介に彼女が出来る前の香一はもういないんですよ!
今までと同じなのに心のどこかはモヤモヤしててね。
すっごく楽しいのと同時に"彼女"の影がついてまわるのがシンドイ…(;///;)

もうね、今までと同じに戻るのは無理っていうね。
こういう関係の変化はめっちゃ萌える…好き…////

楽しいけれどどこか違和感を抱えた日々を過ごし、
とうとう本音が漏れてしまう夏の終わりが……(;///;)

香一の言葉に対し、
正直に答える陽介がちょっと悲しいけれどグッときました。
悪ふざけで逃げることもなく真剣に本音で答える友情良き。
だけど、ううう…このシーンは何度読んでも泣いちゃう…。

関係を変えるのが「すげぇ怖い」と漏らしつつ、
けれどもう戻れないところまで進んじゃってるんですよね。
怖いけど一緒に越えよう!って感じもまた爽やかでキュンキュンしました。

描き下ろしのBonusTrackでは初チューが!
ぶっちゃけ私はエロよりチューに萌えたッッ(∩´///`∩)

これが友情の一線を越えた瞬間なんですけどね、
陽介が欲情してる表情なのが個人的にめっちゃ嬉しい…!!
(本編では戸惑いをみせてたから余計に)
香一はたぶん無自覚でフェロモン撒くタイプですねw
エロイ顔がとっても可愛かったです♡♡

夏にぴったりな高校生BLでしたヾ(*´∀`*)ノ 良き!!!

2

自然

DKの青春夏休み!という感じでキラキラしている中に幼なじみの陽介に彼女ができた事で好きだと気づいた香一の甘酸っぱいストーリーでした!

攻めの陽介が漫画らしからぬノンケという感じで香一(受)から告白された時と後の反応がリアルで読みながら苦しくなりました。付き合うことになる時も香一が『嬉しいのにすげえ怖い』と言うのですが漫画にそんな現実的な思考はやめてくれと少し思いながらもこのリアルなやりとりがこの作品の良さなのかと気づきました!
大学生になって金髪にした香一の姿を見て『懐かしー!夏って感じする』と陽介が言うのですが夏休み限定の金髪とか学生ならではだし高校生の時の2人の夏休みの様子がよぎってすごく萌えました!一緒に夏を過ごした気持ちになれました笑

香一の行動が可愛くて陽介よりモテるだろうと個人的に思ってました。bonus trackは可愛すぎました!!!!もっとみたかったです!!

2

キラキラ眩しいDKの恋と友情を見守れる♡

初めて読んだ炬太郎先生の作品です。

高校2年生 天野 陽介と高校2年生 綾辺 香一のお話。

幼なじみで親友の陽介。
その陽介に彼女が出来たのが1ヶ月前。
彼女と2人でいるのを見るとやるせない思いになる。
それは、陽介を彼女に取られたことに嫉妬しているから…。

小学3年生の時に出会った陽介と香一。
ずっと仲良しでずっと一緒…変わらないと思っていた日常が、ある日を境に変わり始めます。
「彼女ができたから」
陽介から彼女が出来たことを打ち明けられて、香一は衝撃を受けました。
自分より先に彼女が出来たことではなく、陽介が誰かのモノになってしまったことに。
休み時間もお昼休みも放課後も…香一にとって今までとは違う日々。
陽介と彼女の姿を見る度にやり場のない想いを募らせる香一でしたが、終業式で予期せぬ展開が…。

仲良しの友達に恋人が出来れば、今までと全く同じ関係ではいることは難しくなります。
寂しさはあれど、友達の恋は応援したい。
しかし、その友達に特別な感情を抱いてると気が付いたら?
…はぁぁ、そんなの辛すぎて耐えられない(泣)
陽介には普通を装いながら、本当は別の感情が支配している。
それは、辛くて苦しくて…叶わない恋心。

炬太郎先生の可愛く透き通ったような絵柄が作品のテーマに合っていて、より爽快感が増しています。
些細なことで揺れ動くDKの心情を高校生活に織り交ぜながら、ゆっくりと丁寧に表現されているので物語に入り込めました。
また、都会にはない田舎の良さを感じながら新学期から夏休み最後の日までを2人と同じ目線で過ごせました。
いつもと同じ夏休みのようで、いつもと違う夏休み。
一生の思い出になる東京旅行を含めてデートプランをこなす2人にこちらまでワクワクしますよ。
ここからは、本編をご覧ください。
前半の予期せぬ展開から後半はまさかの…。

このお話には当て馬が登場します。
陽介の彼女 ほのかちゃんなのですが、すごくいい子でした(汗)
絶対に素敵な人と出逢えるよ!
脇キャラとしては、2人の友達 奏太くんと聖くん、4人の家族が登場します。
うーん、DK4人がわちゃわちゃしているところをもっと見たかった~。

Hシーンは、本編の最後に1回だけあります。
濃厚なエロさはありませんが、絵が綺麗なのとリアリティさがあって良かったです。
会話がないことで逆に、お互いの気持ちが伝わってきました。
香一の幸せそうな顔にウルっとしますよ。

描き下ろし『bonus track』
本編 act.5の後のお話。
恋人同士になっても今までと変わらない2人でしたが…。

完結『Sumer two years later』
本編の2年後のお話。
あの夏と同じように金髪にした香一。
今年も夏が始まる。

あまりにも自然なストーリー構成で、最後が2年後になっていたので動揺しましたよ(笑)
本編では、最初に香一が陽介を好きになったけれど…『Sumer two years later』では、今の陽介の気持ちがわかる描写がありました。
陽介もちゃんと好きなんだなと感じられて嬉しかったです。
個人的には、大学受験を含めて、空白の2年間が見たい‼
いや、大学生編も読みたいな。

タイトルの『てっぺん』とは、それぞれの苗字 天野と綾辺 から取ったそうです。
この先も2人の『てっぺん』に愛が咲き続けて欲しい♡

――2度と戻らない高校2年生の夏。
それは、眩しいほどキラキラ輝いて、何物にも代えがたい。
DKの青春ラブストーリーがお好きな方はもちろん、多くの方に読んでいただきたいおすすめの作品です。

1

女の子がイケメン‥。

青春DK‥等身大の恋愛ストーリー

おばさんたまにキラっキラした可愛いDKもの読みたくなります。

表紙もタイトルも爽やかでいいですね!!
思わず惹かれてしまいました。

最近の現実はただ暑いだけで何処へも何も出来ない夏の日々‥。

でも自分の変わりにとってもアクティブに夏らしい夏を謳歌する子たちが本のなかにはおります。
ワクワク出来てとても良いと思います(^^)
ストーリーとしては幼馴染で仲良しの男の子が親友から恋人の関係になっていくさまを描いたお話ですね。

絵がお上手で若者らしくてとても良かったです。
でも‥まぁ、女の子が好きと思っていた自分が親友だと思っていた男の子にそれ以上の感情を自覚するわけだし混乱もするだろうし‥仕方ないっちゃー仕方ないんだけど‥もだもだっと元カノちゃんに胸のうちを告白するんですが‥
そのときの女の子の対応がすごいです!
よくよく考えてみるとBL視点だとキュンかもだけど‥女の子側からみたらこの攻めくんめっちゃ!くずっすよ!(´ω`٥)

えっと‥感想は結局のとここの元カノちゃんが1番いい仕事してる!

あ!でも初チュウシーンは、構図がとても上手いので胸キュンです!!


1

DKの夏

親友で幼馴染の陽介と香一。

夏休み前に髪を染めちゃったり、めまぐるしいくらいに詰め込まれたスケジュール…、DKの夏、好きな人と過ごす夏。
フレッシュさ、清涼感、キラキラした感じがすごく伝わってきて、この夏の終わりに読めてよかったなあ〜、と思いました。

香一の無自覚の嫉妬から陽介への恋心に気づき、無自覚ゼロ距離な陽介の行動にやきもきして思い悩むせつなさに胸がきゅうっとしました。
花火大会の夜、想いが通じても不安がよぎってしまう香一に「大丈夫」と何度も伝える陽介の真っ直ぐな若さがまぶしい。
ちょこちょこ出てくる方言もかわいいです。
デートの場所のチョイスとか元カノに恋愛相談しちゃう陽介…、うん、もう絶対香一じゃないとダメな気がする(笑)

両想いエンド♡、でもキスなし、正直残念…、いや、それでもいい。と強がっていたのですが、描き下ろしでキス、香一のおねだりにきゅんとさせられて、さらには2年後のふたりの恋人感溢れる営みが見られたので嬉しすぎました〜(満面の笑み)。
日常を過ごすふたりの自然な空気感がめちゃくちゃよかったです。

とても爽やかで夏の匂いを感じさせてもらえる素敵なお話しでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う