夏のてっぺんに咲く

natsu no teppen ni saku

夏のてっぺんに咲く
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
炬太郎 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コスミック出版
レーベル
スパイシーホイップ
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

「嫉妬するなんて思わなかった」
幼なじみで同級生でいつも一緒だった親友に彼女ができた。別々の時間が増え、寂しい気持を抱えつつ、なぜかモヤモヤとした気持ちのまま、彼女を喜ばせようとバイトに励む親友を眺めていた香一。そして、ある日そのモヤモヤの正体が“嫉妬”だと気づいてしまう。少しずつ変わっていく2人の距離……そして親友への想いは──!?

夏のてっぺんに咲く(1) 37ページ
夏のてっぺんに咲く(2) 42ページ

表題作夏のてっぺんに咲く

陽介
香一

レビュー投稿数1

DKの夏休み


男子高校生2人、親友同士のお話。
ずっと一緒に登下校していた陽介に彼女が出来て突然の事に面白くなさそうな、微妙な態度の香一。
なぜこんな気持ちになるのか、本人でも分からない。
そうそう、存在が近過ぎると気づきにくいんだよね…と思いながら読みました。
その気持ちを理解するのは早く、今後の展開もそういうかんじなのかなと。

学校では他2人の友達を含めた4人で学校生活を過ごしているよう。
お互いが近い存在だったから、いつも隣にいた存在がぽっかり空きその時になってモヤモヤ感の意味に気付くのです。
親友からの、という定番な設定ですが絵も綺麗で読みやすかったです。
はやくまとまらないかなー

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う