虜になりたい

toriko ni naritai

虜になりたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
18
評価数
6
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
宇宮有芽 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
天禅桃子 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
レーベル
ラピス文庫
発売日
ISBN
9784829654620

あらすじ

大学生の昭生は、親友の兄でありプロ野球選手の修一と秘密を共有している。もともと野球が好きな昭生は、スター選手である修一に対して淡い憧れを抱いていた。しかしファンと選手、近づきすぎてはいけない相手だと自制していた。ところが、偶然の出来事から二人だけで会うようになり、ついにはキスを交わし、修一に求められるままに身体までも重ねてしまう。昭生は修一が本気だとは思えないため、彼に会うのが怖くなってしまい----。

表題作虜になりたい

八坂修一,親友の兄,プロ野球選手
宮地昭生,大学生

レビュー投稿数3

もっとみんなに読んでほしいです

親友、世間には内緒の関係、
相手にハッキリ聞けないでモヤモヤしてる感じ、
神とまではいかないけど、何となく心にいつまでも残るような可愛い作品です。
軽く読める作品です。

0

プロ野球選手との恋愛

親友の兄で、プロ野球選手の修一と弟の紹介で知り合って、ふとしたキッカケから二人だけで会うようになる。
弟よりも一緒にいると落ち着くし楽しいからと、親友に内緒でこっそりと会うようになって……。

ブラックジャガーズ4番打者・修一×恋に臆病な大学生の昭生
野球選手と一般人のファンの恋。
ファンとしてのリアルな気持ちと、ミーハー心を知られると嫌われてしまうと自制する気持ち。
スター選手と一般人である自分とを比べて、修一の本気がわからなくて恋に踏み出せない昭生。
それぞれがよくわかって、昭生の気持ちにとても共感出来ました。

逆に、ちょっと修一がずるいかなとも、思いました。
正々堂々と思いを伝えず、脇から攻めていこうというある意味で姑息な戦法が、昭生に本気ではないんじゃ?という疑惑を抱かせたのは、しょうがないですね。
プロ野球選手のスター選手で誰でも選り取り見取りの修一でも、本命には不器用になってしまうということで。
そんな臆病さや慎重さも、萌えの一つでした。

鬼畜が苦手な方に、お勧めです。
素直で慎ましい性格の昭生の姿が、とても好感が持てました。

天禅さんの絵で、野球ユニフォーム姿の修一がなかったのが唯一の残念ですね。
背が高くすらっとした足の長い修一の姿がカッコ良かったです。

エロ:★3 普通。探りながらの初H、車の中、ラブラブ後のHなど。一番良かったのは、実はキスシーンだったり。
総合:★4 読後感が爽やかで、無理矢理や鬼畜がないのが、爽やかでよかったです。

0

プロ野球選手とファン

1冊すべて表題作の長編です。

プロ野球チーム「ブラックジャガーズ」のファンである昭生(受け)が、友人・啓二の兄でありチーム四番バッターの修一(攻め)に付き合おうと迫られるのですが、昭生は修一を好きですがどうにも信用することができず…という内容でした。

昭生と修一の両方の視点でストーリーが進むのが、二人の心情が分かりやすく、また一方に肩入れするということもなくバランスが良かったです。

修一は過去の女性とも遊び感覚だったわけではなかったのですが、それなりに場数を踏んでいたところから昭生に「慣れている」と警戒されてしまうという何とも気の毒な話でした。

修一が何度甘く口説いても、昭生はどうにも及び腰の昭生だったので、終盤で昭生が修一の言葉だけで受け入れてしまったのがちょっと不満でした。元恋人と鉢合わせして事情が分かり誤解がとけるとか、修一の言っていたことは本当だったんだという後押しが欲しかったです。

残りページ数を考えるとそろそろこの辺りで…とは分かっていたものの、昭生の頑ななさと戸惑う修一を私は結構気に入っていたので、もっと振り回されてしまえ、って思いました。

敵チームの平良がイラストで格好良かったので、修一の弟である啓二もイラストで見たかったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う