• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作さよならアルファ

長谷川 遥,α,小学生〜大学生
神宮寺千夏,Ω,高校生〜社会人

その他の収録作品

  • 後日談:初めての夏
  • あとがき
  • カバー下/if パラレルオメガバース
  • ー電子限定描き下ろしー

あらすじ

「運命の番」が子供だったら――?
オメガバース業界に一石を投じた禁断"すぎる"恋、待望のコミックス化!

完全無欠の生徒会長・千夏(ちか)は、
その有能さゆえ自分の性別をアルファだと思い込んだまま、
順風満帆の人生を謳歌していた!
しかし、その人生はいたいけな子供・はるかによって一変してしまう。
不良に絡まれていたはるかと目が合った途端、
千夏に秘められていたオメガ性が爆発。
強烈な「発情」(ヒート)が起こってしまう!

「こんな子供に抱かれたいと切望してしまうなんて」
千夏の苦悩が今、始まる――!
「運命の番」じゃなければよかった。
「運命の番」じゃなければ出会えなかった。
描き下ろしは激あまラブラブH。

作品情報

作品名
さよならアルファ
著者
市梨きみ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイオメガバースコミックス
発売日
ISBN
9784799733929
4.1

(765)

(409)

萌々

(182)

(97)

中立

(38)

趣味じゃない

(39)

レビュー数
72
得点
3102
評価数
765
平均
4.1 / 5
神率
53.5%

レビュー投稿数72

相手を想いながら丁寧にきちんと生きて待った11年が尊い

市梨きみ先生の作品で初めて読んだお話。
久しぶりに読んだのでレビューします。

タイトル、表紙のイラスト、デザイン、読み終えてから見直すと、全てからのメッセージが改めて脳裏に響きました。

眉目秀麗、文武両道、完璧な高校生、生徒会長がある日、運命の番に遭遇し、自身がΩであったことを知ることから物語が始まります。

相手がなんと小学生。
他の作品もそうですが、市梨きみ先生は絶妙に難しく厳しい関係を扱う作品がお上手だと思います。
読んでいて心がしんどくなる関係の2人。

2人の心は確かにひかれあい愛し合っているけれど、高校生のΩは性的な体の反応に苦しめられます。
会いたい、けど、会うと嬉しい、けれど、身体は苦しい、という逢瀬を繰り返し、倒れてしまう高校生のΩ。

親からの説明を受け、愛しい相手と自分の関係、身体のことを知った小学生αが、しばらく別れを決意します。
それからなんと11年。
相手を想いながら、それぞれ努力してきちんと丁寧に生きて来た2人が再会します。
この11年間、詳しく描かれていないけれど、2人が本当に丁寧にきちんと生きて来たことがわかり感動します。

出会ったときは世間的にも道徳的にも問題のあった2人が晴れて再会し結ばれる、大感動、大円満のラストでした。

0

安心して読めるショタおにオメガバース作品

優しさと色気がひしめき合うお話し
ストーリーはとっても優しさが溢れる内容、そこに市梨せんせいの描かれるキャラクターが放つオメガバースでは外せない例の症状の色気が加わって一気に読めちゃう1冊でした
そして今でも割と斬新な設定だと思うショタおにオメガバース!
すごい発想力!!

新刊でオメガバース熱が再燃したので読み返し&番外を読む為の読み返しです

実は安心して読めない方(?)の番外の「僕の為のオメガ」がずーーっと気になっていて、、、
いつか読みたい!と思っていたのですが電子で読める上に特典も良さそう、との事で買う決意をして買ったのにそのまま積んでしまっていました…
たまにある…悩み過ぎていた作品を買った事で謎の達成感を得てしまう厄介な錯覚…

そんな訳で先ずはオリジナルのこちらから再読させていただきましたが、こちらも今更かとは思いますがやっぱりおもしろいオメガバース作品だとつくづく思います
そして何より優しい世界観のオメガバースで安心して読めるのが何よりも良い‼

有名な作品には有名になり得るだけの確固たるオリジナリティがありますね!
作家様のクリエイティブな発想に改めて脱帽です(*´ω`)!

それでは大本命の「僕の為~」を読んでみたいと思います♪
楽しみです〜((o(´∀`)o))ワクワク

0

そっちの意味のさよなら

市梨きみ先生の既刊作品は殆ど拝読させて頂き、今作も作家買いさせて頂きました。

個人的、各項目5段階で
ショタ 4
可愛い 3
エロ 2
な感じだと思います。

アルファの小学生×オメガの高校生のカプで年の差は9歳です。勉強も運動も出来る生徒会長の千夏さん。自分は選ばれたアルファだと思っていたのだが、小学生のはるかくんと出会ったことで、自分の本当の性を知り…。

まだ精通も自身の第2の性すらも知らない小学生のはるかくんと目が合った瞬間、後ろが濡れちゃうくらいのヒートになってしまう千夏さん。アルファだと思っていたプライドが打ち砕かれてしまったが、はるかくんを目の当たりしたら、俺のアルファだ、と喜んで抱かれたいと思ってしまう程、運命の番として惹かれていきます。

だけど相手は小学生。流石に手は出せないと我慢しますが、はるかくんと会う度にヒートになって、でもやっぱり手は出しちゃ駄目と我慢…の繰り返し。なのでヒートになった千夏さんがはるかくんを抱き締めたり、一度だけキスはしますが、それ以上の絡み描写はありません。でも千夏さんがはるかくんを想って、1人で後ろを弄っちゃうエロい描写はあります。

ショタ攻め好きには、好き嫌いが分かれるようですが、最終話で成長したはるかくんと千夏さんが11年経って、やっと結ばれます。
因みに、タイトルの意味が千夏さん自身が自分をアルファだと思っていたのに、実はオメガだったことを「さよなら、アルファだった自分」的な意味だと思っていたので、本当の意味を知って脱帽致しました。

可愛い小学生はるかくんと格好良い青年はるかくんの一粒で二度美味しい攻め。アルファと思われる位の人柄なのに、オメガと目覚めてグズグスに蕩けちゃう千夏さんのギャップが堪らないので、是非とも読んでほしいです。

0

相手が小学生じゃどうしようもないなと。

これまでずっと自分のことをアルファだと信じてきた、生徒会長の千夏。
あるとき偶然はるかという小学生に出会って、突然ヒートを起こしてから、思い描いていた人生が変わってしまう。
実は自分はオメガだった。運命の番が小学生だった。という事実に驚愕する千夏。
はるかに会いたいという気持ちも強くなる一方、発情は止められず、必然的に薬の摂取量が多くなっていく、というお話。


犯罪者になってしまいますからね、相手が小学生だと。
出会ったとき、千夏は17歳。はるかは9歳下なんで、8歳です。ランドセル背負ってまして。
そんな年齢では第二次性の検査もまだ、という状況下、なんて八方塞がりなんだろうと、萌えよりもとにかく千夏が気の毒でした。
ランドセルの子にただ会うだけでフェロモン垂れ流し発情するのでは、これまで培ってきた千夏のステータスも崩れ日常生活に支障を来すし、ただでさえ高校生なんてやりたいさかりなのに抗えるはずがない。
攻め受けが反対だったら体格差年齢差的にもただのレイプまっしぐらなので、そうならなくて良かったですが、負担は全部千夏が負うことに。抑制剤を過剰摂取するなどしてどうにか耐える千夏が本当に可哀相でした。
子供時代のはるかはとっても可愛いです。
電子限定のおまけページで、本当はあの頃に着せたかっただろうネコ耳パジャマを着せている場面がありますが、そういうことも出来なかったのかと思うともうただただ気の毒です。
別々の場所で成長しても、お互いがお互いへの思いを抱えていた、という展開はよかったですが、欲を言うと、もうちょっと年数が経ってから再会した方が好みでした。高校を卒業したといってもはるかはこの後大学生になるので。できたら双方が社会人になってからの方が良かったなあ。(本当に個人的な好みの問題ですが)

私も自分で自分をつまらない奴だと思いますが、ただただ気の毒な設定を楽しめなくて。
ずっと会っていなかった枯渇したところからの、長年のときを経て再会し達成する初セックスを堪能するには、余計なことを考えてしまいこちらも浸れずでした。

0

最高です!

この作品は私にとってすごく印象に残っています!blをすきになりたての頃少し、試し読みをしました、少し読んだだけですごく好きになりました!とにかく2人ともが尊くて、可愛くて仕方なかったです、我慢しているところとかお互いのために離れるというのもすごく感動的で、小学生なのにすごいなとも思いました、それに離れていてもお互いを忘れずずっと思ってきたというところはほんとに良かったなと思いました、結果的にハッピーエンドで終わって良かったです

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP