可愛い先輩の飼い殺し方

kawaii senpai no kaigoroshikata

可愛い先輩の飼い殺し方
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×219
  • 萌21
  • 中立11
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
14
得点
190
評価数
69
平均
3.1 / 5
神率
11.6%
著者
市梨きみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784799726068

あらすじ

「お前みたいなクソ野郎が大嫌いだ」
「…僕、先輩と仲良くなりたいんです」
キツイ性格ゆえ周りから恐れられている弁護士の侑哉と、そんな彼に懐いてくる大学時代の後輩(現ニート)の奏。
真逆の性格の奏を初めは一方的に嫌っていた侑哉だったが、子犬のようなふるまいに少しずつ心を許し始めていた――。
だけど彼には隠している顔があって――?

ガチヤンデレ攻×性ワル受の愛情過多な監禁ライフv

表題作可愛い先輩の飼い殺し方

奏,後輩,金持ちでニート
斉藤侑哉,先輩,苦労人の弁護士

その他の収録作品

  • 葵の初恋
  • 可愛い先輩の後日談
  • あとがき
  • カバー下/まだ出来てない時のやつ①
  • カバー下/まだ出来てない時のやつ②
  • 〈電子限定描き下ろし〉

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

ヤンデレにわんこがプラスされると?

ヤンデレわんこ×ツンデレ美人
…て感じですかね?
ヤンデレにわんこ入ってる分、
思っていたより可愛い攻めでした。
溺愛責めですしね!
もちろん、大好物です♡

とても、市梨先生らしさの出ていた作品だったと思います。
攻めの奏が受けの侑哉を監禁するところなんて、
まさにサイコパスでしたが、
奏も本当は葛藤していて悪者にはなりきれない感じでした。
だけど、そこがとても良かったと思います!

侑哉は、失って初めて大切なものに気付く系の受けでした。
最後にプライドを捨てて正面から奏でにぶつかっていった姿は、
とても切ないけどいい場面だったと思います。

色々あっても、最後はハッピーエンドに尽きます!
二人のその後まで読めて、とても嬉しかったです!!


0

監禁ネタ好きな人なら

みんな結構酷評ですが、私この作品嫌いじゃないです。
むしろ好きなくらいですけど、本当にリアリティがない作品ですので、監禁というシチュを楽しみたいだけなら良作だと思います。

絵もまだまだ発展途上な感じですけど、がんばって書いてるの伝わりますし

攻めの後輩くんの一生懸命さと先輩のいやだいやだ
といいながら調教されていく姿はなかなかぐっとくるものがありました。

監禁ライフが好きな方ならぐっとくると思います


0

モヤモヤの正体を説明できない!

うーん、うーん、うーん。
初コミックで初オリジナルBLだそうですしねえ…。

なんか色々モヤモヤが残るというか。ハッピーエンドなんですけどね。

まず絵がちょっと…。バランスとか大人のはずなのに10代?みたいに見えるし。

ひたすらワンコな湊が先輩になつきご飯を作りにきて、酔って記憶を無くす先輩にお尻を勝手に開発して。
いざ先輩に結婚話(見合いしただけ)が出たら即監禁。散々犯してヤりまくる。
逃げ出して熱を出した先輩を看病して先輩の為に解放する。

先輩は父親に捨てられ施設で育ち、誰かに必要とされたい!そうだ人の役に立つ弁護士になろうと必死で勉強してきた人。湊が言った父親が欲しい云々の回収は?

そもそも湊はあの先輩が泣く所で恋に落ちて、なぜそこまで溺愛執着するのか?何もかもに恵まれてきた反動にしては腑に落ちない。
監禁する用意も周到だし。なのにあっさり解放するし。中途半端に思えて。

先輩は湊に捨てられたんだと思い好きだ!って街中で服まで脱いで見せて。

なんかあるあるを繋いだ間に矛盾があるような、上手くモヤモヤを説明できない!
普通に告白するんじゃダメなの?と言ってはおしまいですけど。

0

それは夢の中の様な束縛で。いつまでも閉じ込められていたかったのに。

私の中では、Best of 監禁‼︎ です‼︎ もちろん、侑哉先輩は怖い思いをしたと思うし、薄々好意を抱いていたとは言え、緊縛の上、陵辱されてますからね、トラウマレベルの恐ろしさ、なんですが。
これをプレイと言ってしまえば。誰にも邪魔されない、二人だけのハネムーン♡ と言えなくも無い。
最初読んだ時は、メリバ予想もあって、ハラハラさせられたものですが。そこは、編集さんの尽力で、そうならなかったという。あとがきの市梨先生と編集さんの攻防戦も垣間見える様で楽しいです。

奏は、そんなにヤンデレとは言えないんだけど、愛されて育ち、友達も沢山いて。すくすくと伸びやかに育って来ていて。その奏が、侑哉先輩にだけ異常な執着を見せる。理由はあまり丁寧には描かれて無くて、物語の最後におまけの様に馴れ初めというか、キッカケをプラスしているが。
侑哉先輩のその顔や、細腰に欲情した。というだけでもいい。それくらい説得力がある。侑哉先輩は、事務所の先生にも好かれているが、そのお嬢さんにも直ぐに好意を持たれている。とっつきにくい自分の性格が嫌で、人気者の奏が羨ましくも僻んでいた様なのだが、ある種の人間には強烈に惹きつける、フェロモンの様なものを、確かに感じさせるのだ。無自覚天然煽り受け‼︎ なんだと思う。
そのフェロモンに魅せられて、狂ってしまった男の話、なんだとも思う。
しかし、奏の「金にあかせて」先輩を手に入れる、監禁大作戦!が、用意周到過ぎて、笑えます。
いや、初読の時はめっちゃ怖かったんですけども。
そして、愛されて育っただけに、お姉さんも呆れながらも手伝ってしまっている。
ラスト周辺の、お姉さんのドン引き具合も笑わせます。…ウチの弟がスミマセン…。みたいな。
お姉さんの心中お察しします。それでも、この姉も結果、奏を甘やかせてしまっている。
もともと優秀だったという奏は、検事になるというが、そのうち弁護士である侑哉先輩と対峙する様になるのかな。本当は、監禁なんて、侑哉先輩に訴えられたら一発で葬られる様な事案ですけど。
奏の家が相当な権力を持ってそうなので、全力で揉み消すんだろうな。とか、侑哉先輩が、施設育ちで、ずっと、「愛される」という事に飢えていて、とか。見え隠れする背景もあるので、そこ!もっと詳しく! という欲求もぽろぽろ。

最後に、奏はやっぱり変態ストーカーだったんだな、と、今となっては笑えるけれど。実は相当ヤバいヤツに侑哉先輩は捕まってしまった事を知る。けれど、それでも。侑哉先輩がずっと欲しがっていた愛なのだから、これも幸せのカタチなのだと思う。

監禁開け(‼︎)に、それを夢だったのかと想い、ほろほろと涙を流す侑哉が切なくて。二度とこんな風に絶対に、侑哉先輩を泣かせないで欲しい。と、願うばかりです。

0

先輩都合良すぎ

何度もコマーシャルされていたので思わず買いました。
ヤンデレ……確かにそうですが、、、ちょっと都合良すぎ。
飲んだら記憶を無くす。と言ったっていくら何でも何度も何度もオシ〇の穴に指突っ込まれて開発されておきながら「一切記憶にございません!」はどうかなぁ。
まるで他人事のようにビックリ!とか、どうかなぁ。

それと奏のチ〇コの太さが物凄く気になりました。
手首ぐらいあります。気になります。
ただ奏の変態収集癖は素敵でした。そんな変態は大好きです!

1

先生、もっと激しいヤツが読みたいです!!

かなり好みのヤンデレでした。
でもちょっと物足りなかったので、次はもう少し激いヤンデレが読みたい!!
市梨先生、是非お願い致します!!!
あらすじに「ガチヤンデレ攻×性ワル受」と書いてあったのですが、そんなにキツくはありません。むしろかなりゆるいヤンデレ(通常は年下ワンコ)奏と、プライド高めで勉強ばかりしてきた先輩(今は弁護士)侑哉のお話。
大学時代から何故か自分に懐いてくる後輩・奏。弁護士になってからも金曜日の帰りに侑哉を待ち構えています。今ではかなりほだされかけの侑哉。一緒にお酒を飲んでは必ず記憶を飛ばしてしまうのですが、その間、実はこっそり侑哉のお尻を指で慣らしている奏。
そんなある日侑哉は尊敬している上司から「私の娘と会ってみないか?」と見合いを進められます。それを知った奏は激怒。侑哉を箱根の別荘へ監禁して…。

ともかく、この作家さん、年下、わんこ攻め、敬語攻め、ヤンデレ、執着、眼鏡、黒髪…と、まるで私の萌えを狙ったような設定でお話を描かれていて、もう、ありがとうございます、大好物ですとしか言いようがありませんでした。
絵も非常にキレイでかわいらしく、表情豊かです。特に頬を染めた時と泣き顔が魅力的。病んだ表情もこれまたいいです。時々大ゴマを使ってどーんとお話を盛り上げるのも素晴らしい。

ただ、今回わからなかったのは、なぜ奏がそれほどまでに侑哉に執着するのか。
一応描き下ろし短編「奏の初恋」で、司法試験に落ちた侑哉が泣いているのを偶然見てしまい、でも「侑哉―」と声をかけられた瞬間泣き止み、いつもの冷静な表情で「何だ?」と返す侑哉の姿を見て、「危ういほどのプライドの高さがきれいだと思った。」「そして、本当に見てはいけないものをみてしまった」とドキドキしている様子が描かれているのですが、それだけだとちょっとヤンデレ化するには動機が不十分だなぁと。
それから、最初監禁プレイだったはずなのですが、途中から脱出に失敗した侑哉が風邪をひいてしまい、奏がかいがいしく看病するという全く別の展開になってしまったのが残念でした。(ヤンデレはどこへ行ったの~?)

先生のインタビューで、「ヤンデレがいきすぎてうっかり殺し合いに発展しそうだったので、担当さんにアドバイス頂きながら頑張って方向修正しました。」
『「侑哉先輩の闇落ち監禁ENDじゃだめですか!?」と担当さんにきいたら「だめですーーー!!!!!」と言われほぼ悲鳴でした』と書いてあったのですが、もしこれがゲームなら、★バッドEND1「うっかり殺し合いEND」、★バッドEND2「侑哉先輩の闇堕ち監禁END」と全部のパターンが見てみたかったです。

個人的にツボだったのは最後、二人で暮らすため荷造りをしている時出てきた侑哉先輩との思い出の品々。先輩がメモってくれた付箋に、先輩が一本で挫折したタバコなどがジッ〇ロックのようなビニールに保管されていて、ああ、ヤンデレはこうだよね、と微笑ましい気分になりました。(←ん?)
後半ちょっとわからない所もあったのですが、やはり愛のあるヤンデレはいいなぁと改めて思える作品だったので神寄りの萌2とさせて頂きました。
いつかこれより濃いめのヤンデレ作品を是非是非お願い致します。

2

ちょっと怖いけど…

初読み作家さんです。
1冊丸ごと表題作です。
主人公2人は同じ大学の先輩・後輩で、社会人になってからは先輩の斎藤は弁護士をしています。
人には愛想が悪く怖がられているのですが、なぜか大学の頃から後輩の奏は懐いてきて、卒業してからも定期的に斎藤の所へ会いにきます。
ただこのお話はそこでは終わらなくて、奏がかなりヤンデレで危ないところまで行くのですが、斎藤も元々奏の事を可愛く思っているところがあり、ダークすぎるところまではいかなかったのが良かったです。
途中の切ない展開も斎藤の心境の変化が分かって良かったです。

0

軽く病んでます

初めてのオリジナルBLだそうですが、いきなりヤンデレですか。
私はたぶんヤンデレ、得意じゃないんですけど、そこまでネチネチしてないし、ぶちギレたのもほんの短い時間だったのでそこまで怖くなかったです。もっと激しいのが好きな方には物足りないかもしれないけど、先輩の事が好きすぎて、結婚という言葉で爆発してしまったという流れだったのでなんか許せちゃったかな。
でも、監禁と言うことよりも、少しずつ酔わせて拡張してたってことの方が怖いかも。

ま、結局先輩も奏なしの生活なんて考えられないみたいだから結果オーライとしてさらっと深く考えないことにします。

2

すごい好き!(*^ω^*)

リブレの無料冊子みたいので読んで、続きが気になっていたところ、本屋で見つけたので購入しました。

監禁、といっても愛のある監禁(w)だったのでとてもよくて、個人的に年下攻が好きなので、とても好みの1冊でした。

でも、好き嫌いが別れる作品だと思うので萌え萌えのイチャラブが読みたい方にはあまりおすすめできません(´•ω•`)

でも、私はとても好みの作品でした!次回作も楽しみにしています!!(๑✪ω✪๑)

3

期待値が高過ぎた…かも

試し読みで続きが気になったので読んでみました。
元々ガチな監禁モノを期待していた訳では無く、単純にストーリーが面白そうだったからなのですが…

結果何か中途半端というか、ハッピーエンドなんだけどこれで良かったのか?と思わなくもなく、まぁ本人達がいいならいいか、という感じでした。

監禁拘束の病み系にもなり切れず、紆余曲折あって結ばれましたみたいなドラマチック系にもなり切れずモヤモヤ

そして攻めの奏がよく泣く!泣き顔可愛いし笑顔も可愛いから許すけど!(笑)

ちょっと期待値が高かったからか、表紙とタイトルから受けるインパクト程は無かったかなという印象でした。





2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ