• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作溺愛スリーピングボイス

榛名 慧,ゲーム実況系有名配信者K,大学生
進藤秀一,甘え下手のサラリーマン

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

真面目で外面がよくて空気を読める頼られポジの進藤秀一は、実は豆腐メンタルの寂しがりや。ある日、同棲していた恋人に勇気を出して甘えようとしたことが原因でフラれてしまい、仕事のストレスも相まって一人で眠れなくなった進藤の目に入ったのは、《おやすみ配信》というタイトルの配信。「頑張ってるね」「えらいね」「おやすみ」――そこでささやかれる言葉と、Kという配信者のイケボは進藤を深い眠りへいざなってくれた。
それ以来“甘やかされたい”願望を叶えてくれたKにすっかりハマり、日々の活力をくれる推しを見守っていた中、ひょんなことから同じマンションに住む大学生・榛名慧と知り合う。彼の声は推しそのもので、榛名とのエピソードをKが話していたことで進藤はすべてを理解してしまう。
「推しの邪魔にならないよう、自分がリスナーとバレないようにしなければ…!」しかし、その決意とは裏腹に榛名との関係は親密になっていき…!?

作品情報

作品名
溺愛スリーピングボイス
著者
茶野まめこ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344851412
4.2

(113)

(51)

萌々

(42)

(12)

中立

(8)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
13
得点
467
評価数
113
平均
4.2 / 5
神率
45.1%

レビュー投稿数13

秀一くんの留まることを知らない可愛さに悩殺される

再読レビューです!
茶野まめこ先生にどハマりすることになったきっかけの1冊。

配信者×甘え下手な寂しがりリーマンのお話。
まず甘やかしたい×甘え下手だけど甘やかされたいの組み合わせが癖すぎる。甘え下手が甘やかされてふにゃふにゃになってるのも前よりもより寂しがりになってすぐダメダメになっちゃうのも本当に推せる。

そしてそんな甘え下手である秀一くんがもうひたすらに可愛くて可愛くて…外面しごできリーマンでスペック高いのに、一人寝苦手で重度のヲタク気質で泣き虫なのひたすらにギャップ萌えだし、かと思いきやKくんの粘着ファンとか陸に対しては毅然として接することもできるところも良い。何より慧くんに対してどんどん可愛くなっちゃうの最高に良い〜!!!泣き顔も笑顔も可愛すぎる秀一くん、慧くんに甘やかされ甘やかしずっと可愛くいてくれ…推し…

0

よしよしされたい

誰にでも頼られるデキるリーマン像が独り歩きして
少々無理しがちな受
ほんとは誰かに甘えたい、よしよしされいたい
そんな受を癒やしてくれる優しい声の主と
ふぁ!!?

本体よしよしされる前に
ちんこヨシヨシされてて笑う(*´∀`*)w
いや、ちんこヨシヨシ最近なんかツボではあるが。
うっかり大好きな配信者さんと遭遇して
なんか懐かれちゃって
ほのかな淡い気持ちを抱くも、視聴者だってばれたらたいへん!!!
微妙なすれ違いと、そのすれ違いを可愛いとみてる攻がすごく良かった。
年下攻で執着溺愛してくんのもいいし
いうて自分も甘えたいけど、甘やかされんの好きでしょ、あの人
みたいのも好きが滲んでてよかった。

茶野のさんらしい
おちゃめな表現もオイシイ1冊でした。

0

男前受けがかわいい(変態発言多数注意)

受けの進藤が特に良かった。
進藤は普段、周りの期待に応えるために仕事のできる男、自慢したくなる彼氏等、持ち前の内面もイケメンな性格を活かして完璧イケメン男子として取り繕っていたが、
やはり愚痴など甘えたいときはあって、「よしよしされたい…」と思うのであった。

攻めの配信者Kこと榛名の声に癒されたときの進藤がホワホワと花をまき散らしてニコニコしているのが激かわ。
進藤は彼女と同棲していた経緯があり、別れてから1人で寝るのが寂しくて眠れないことがきっかけで配信を聞くようになる。
なんかそこらへんから合法的なノンケNTR感堪んねえな!と少しなる。
中身は案外かわいいという受けの描写や絵柄でますますそう感じ、
その後、榛名の口から彼女がいた頃から気になっていたと告白されたあたりで、自分史上最高なノンケNTRとなりました。(変態)
進藤がパシッと榛名のストーカーからカッターを取り上げるところなどカッコいいところなどがさらに女性を男らしく守ってきたんだろうなとか、ストーカーに物腰柔らかに対応しようとしているところとかが、できる男や育ちの良さを感じさせてさらに興奮する材料となりました。(変態)

エッチのときは男らしくも、
えっ、そんなんで今まで抱いてたん⁉︎というくらい榛名に淫らにアンアン喘がされ、攻めのイケボで達してしまうところ、後ろが初めてなのに気持ちよくなっちゃうところとか、そんな敏感なのによく抱く側だったな!とか、こちらも興奮しまくり。
受けてる姿もかわいいですが、きちんと社会人男性としての雄もきちんと残しての男前受けだったのでとてもよかったです。
年上受け特有の攻めへの抱擁感も堪らんです。

攻めもめっちゃエッチでした…!

0

ゲイ配信者✕ノンケ社会人

配信者Kこと榛名とKのファンである進藤が出会って恋人になるまでのお話です。

エレベーターで出会ってすぐに榛名が進藤を気に入っていたので不思議でしたが、榛名が進藤をマンションで見かけてから気になっていて、やっと接点を持てたからアピールしていたと分かり最高に萌えました。

榛名の友人であり配信者でもある陸の登場で進藤がナマモノBLに詳しくなる流れには笑いました。

シーモアは白抜き修正でした。
初夜を覚えてない進藤に初夜を思い出させるように攻めていく榛名に萌えました。
榛名に気持ち良くなってもらおうとフェラをする進藤も大変えっちでした。

陸と進藤の同僚の井上の話を是非スピンオフで見たいです。

3

飼い猫が

話の展開やキャラクターはそこまでツボではないはずなのですが、配信者モノが何故かとっても好きでして。こう言う類の配信はほとんど見たことがないし、推しがいたことも無論課金したこともないのに何故か。

進藤の最初の方のできる男風(本人が参ってるにせよ)なところが好きだったのに、だんだん女々しいポンコツ受けっぽくなってくところが惜しかった。そこが軸の話だから仕方ないんだけれども!と思ったら作者さんもカバー下で乙女になってしまったと書いてらした…ですよね〜

同期井上の株が上がったところ「飼い猫が」の一言で、その後のページを見ずに全てを察する。井上ぇ

萌〜萌2

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP