ボーイフレンド演じます

boyfriend eijimasu

ボーイフレンド演じます
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
22
評価数
5
平均
4.4 / 5
神率
40%
著者
アレクシス・ホール 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション
発売日
ISBN
9784576211145

あらすじ

ロックスターを両親に持つせいで常にパパラッチに追いかけられ、酔ってあられもない姿を写真に撮られてきたルーク。
おかげで勤務する慈善団体は多くのパトロンを失ってきたが、ある夜もまた醜態をさらしてしまい、上司から最後通牒を突きつけられる
――まともなボーイフレンドを見つけ、生活態度を改めるように、と。
白羽の矢が立ったのは、真面目で堅物の法廷弁護士オリヴァー。
彼のほうもある理由から恋人を探していたが、こうして、性格も対照的なふたりは期間限定の恋人同士を演じることになり……
原題: Boyfriend Material
翻訳:金子真弓

表題作ボーイフレンド演じます

オリヴァー(弁護士)
ルシアン(元ロックスターの息子)

レビュー投稿数1

イギリス発のロマンチック・コメディー

イギリスが舞台で、堅物の法廷弁護士×元ロックスターの息子のロマンスです。文庫本なのに…ぶ、ぶ厚い!定規で計ったらピッタリ3センチでした。イギリスの話だからなのか、ジョークとかが回りくどくて少し面倒くさい文章。訳の問題じゃなく原文もそうなんだと思います。話が軌道に乗るまでは読みにくさを感じました。

元ロックスターの息子、ルシアンはロクデナシの父親と元彼のせいで仕事も恋愛も上手くいかず、汚部屋に住んで精神状態も最悪でしたが、ある事情のため、フェイクのボーイフレンドになってもらったオリヴァーのお陰で少しずつ前向きに生きていくようになる様は感動的だし、フェイクがフェイクじゃなくなっていく様は素敵でキュンキュンします。

ルシアンを変えてくれたオリヴァーはかなり堅物の性格とはいえ、誠実なスパダリという感じで魅力的ですが、彼もまたゲイとして生きる上での重い物を抱えていました。彼らの毒親達は最低ですが、素晴らしい友人達に恵まれたのは良かったと思います。

キャラクターの心情描写が丁寧で思わず涙する場面が多々あるし、海外作品はその国在住の方がその国の現在の文化を表現してくれるのが興味深いです。ベッドインしてますがBL的な色っぽい表現は少なくゲイのロマンス小説といった感じです。挿し絵イラストも無し。受け攻めもはっきりとはわかりにくいですが、多分リバだと思います。このカップルの次作も出てるようなので、日本語訳が出たらぜひまた読みたいです。

6

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う