Collar me Dom/Subユニバースアンソロジー

Collar me Dom/Subユニバースアンソロジー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×215
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
169
評価数
41
平均
4.2 / 5
神率
43.9%
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784403667909

あらすじ

「心も身体も、ぜんぶ支配してほしい――…」 支配したい本能を持つDom(ドム)と、支配されたい本能を持つSub(サブ)の愛と服従の世界。山田ノノノ、左京亜也、スカーレット・ベリ子をはじめ超豪華執筆陣11名によるオール新作アンソロジー! 
【執筆陣】山田ノノノ、左京亜也、スカーレット・ベリ子、藤峰 式、ひつじま羊、河井英槻、園瀬もち、溝口ぐる、千野ち、カシオ、山本アタル

レビュー投稿数8

軽率に神!先生方に感謝が溢れる!!

色んなタイプのDum/Subが読めて
オメガバースに初めて出会った時のような新しい世界が薄ぼんやりからはっきり鮮明に私の性癖に変わったのを実感しました!
既存作品のスピンオフ的なものから、普通のSM作品とはまた一味違う角度からの関係構築が見えて今後作品が増えることにも期待してやみません!

0

好みは分かれるかも?

山田ノノノさん目当てで購入。
表紙も綺麗、ストーリーも良かったです。この話もっと見たい…なんなら連載してほしい。
受けが本当に気持ち良さそうで可愛い。

藤峰式さんの話は、流石の解釈といった感じで思わず笑いました。 いつもの藤峰さんで寧ろ安心。

特にキュンとしたのは園瀬もちさんの作品。
王道なんだけど、そこがまた良い。もっとイチャイチャえっちするところ見たかった…!!ページ数足りない!!

ちょっとグロ寄りの痛々しい話もあるので、苦手な方は注意した方が良いです。レトロな世界観は好きでしたが、まさかそんな展開になるとは…。

Sub攻めやSwitchもあって、自分ってどのパターン好きなんだろ?っていう確認ができて良いかもしれない。

1

Dom/Sub好きなら読んでみてもいいかもしれません!!

Dom/Subたくさん読めました〜!!

個人的にいちばんまとまってていちばん好きだなぁと
思ったのは、藤峰式先生のハローマイシュガーです!!
単行本1冊としてもめちゃめちゃ読みたいです…

そして山田ノノノ先生やっぱり大好きです。
でもこれは続きが読みたくなるやつ…
と思っていたら、レトリックのおふたりで
新連載が始まるようなので、
今から楽しみで仕方ありません!!

他には、溝口ぐる先生のお話も面白かったです。
Switchが登場する作品を初めて読んだので
とても新鮮でした!

お初にお目にかかる千野ち先生のお話は
もし続いたとしたらハピエンになるのかな?
メリバ的展開になるのかな?
と妄想が膨らんでしまいました。

山本アタル先生のも続き読みたいです!

まとめ
今回はじめてのアンソロジーでしたが、
アンソロジーは続きが読みたくなりますね…
だから短編で大満足させてくれた藤峰式先生凄い…
そしてレトリックのおふたりを描いてくれる
山田ノノノ先生に大感謝です…

2

Dom/Subをたくさん摂取したいときに

Dom/Sub好きなんですが、まだ商業としては数が少ないのでアンソロジーにも手を出してみました。
いろいろな話を読めるのが醍醐味なので、求めていたDom/Subのいろんな話を読むことができて楽しかったです。

中でもお気に入りの作品を3つ。

『君のものだと目を見て言って』園瀬もち
受けがめちゃくちゃ可愛かったです。
親が決めたDomとプレイするSub。Sub→Domの可愛い片想いかと思いきや...
Domのほうが、小さい頃から自分のSubだと囲っていたお話でした。
めちゃくちゃ癖に刺さって良かったです。

『紅い薔薇で男を買った話』河井英槻
最初から最後まで河井先生の世界観で、最高でした...
Dom/Sub要素がなければ、ただの微笑ましいカップルに見えるんですが。
最後数ページが怒涛の展開で、ゾクゾクしました。
リアルな描写ではないですが、内臓や解体描写があるのでご注意ください。

『スイッチエデュケーション』溝口ぐる
SwitchというDom/Subどちらも併せ持つ属性は、商業では読んだことがなかったので新鮮でした。
それもお互いに強く出る属性が真逆で、相性抜群。
純粋に面白くて、このお話を1冊で読みたいと思いました。

1

変化球は今後も期待

Dom/Subユニバースといえば火付け役とも言える「跪いて愛を問う」の山田ノノノさんが表紙と巻頭。
商業BLのD/Sをいくつか読みましたが、SM的なテーマに反して優しいプレイやキャラクターの作品の方が多いですよね。その方が好まれやすい(個人的にも)ですし。アンソロジーでどんな変化球があるか楽しみに読みました。特に面白かった作品を書き出します。

藤峰 式さん「ハローマイシュガー」
突き抜けているキャラクターはお手の物、安定した完成度の藤峰式作品でした。
スーパーサディスティックな見た目に反して甘やかしたいDomと、ハード系ドMで物足りなく感じてるSubの組合せ。命令される前からノリノリでPresentするSub面白くて可愛いです。連載してほしい!!

山田ノノノさん「レトリック」
山田さんの描くD/Sだからなのか、Subは命令される側であっても人間が強くしっかり描かれているのが印象的です。Domは溺愛系。ストーリーは割とオーソドックスに感じました。エロは破茶滅茶。

園瀬もちさん「君のものだと目で見て言って」
憧れの近所の男の子とのD/S。親同士で決めた繋がりだから進んだプレイが出来ずモダモダする話。あらすじだけで可愛い。最初のサンドイッチをパクついてる日和が可愛すぎる!
ちょっとSubが女の子過ぎるけど、絵が綺麗で甘くて連載で長く楽しみたくなるお話でした。

溝口ぐるさん「スウィッチエデュケーション」
二人ともSwitchなお話。行為中に立場が入れ替わり表情と口調がガラッと変わるのがすっごく良かった!
ラッキーカラーの話題からアイテムや場所の移動、情感がとても丁寧で美しいです。

スカーレット・ベリ子さんの作品は、D/Sの命令する側と受け入れてしまう側の設定だけを生かした言葉攻めプレイで、お話というよりもムードを楽しむ感じ。Subの短髪や格好が可愛くて好きでした。

短編でエロも詰め込むので単略的だったり会話が成り立ってない?と感じるところもあったりしますが、力のある作家さんばかりで特色がありました。
しかし、1巻完結作品で余り描かれないサブスペースやサブドロップがこの一冊でもほぼ無くてちょっと残念。「赤い薔薇で〜」以外舞台はほぼ現代の日本?風だったり、オメガバースに比べるとまだ設定の変化球が少ない(と言うよりもっと読みたい)感じがするので、それは今後に期待します。

3

当たりもあれば、外れもあるのがアンソロジー

初めてアンソロジーを買いました。

山田ノノノ先生、スカーレット・ベリ子先生、藤峰式先生がどんな新しいDom/Sub作品を見せてくれるのだろうと期待したのですが…。
正直、あれ?こんなもの?って感じでした。

山田ノノノ先生と藤峰式先生は連載にしてもいいのではないかと思うくらい、設定がちゃんとしていましたが、残念ながら、やはり、アンソロジーだとページ数が少なくてストーリーに深く入り込めませんでした。もったいないなぁという感じです。

左京亜也先生とスカーレット・ベリ子先生は既存のキャラクターの夢落ち。
Dom/Subの企画にちょっと合わせただけで、Dom/Subじゃなくてもいい作品でした。ベリ子先生はあとがきでテーマはNTRって書いているようなものだったし。

河井英槻先生と溝口ぐる先生は今回、作品を初めて読んだのですが、Dom/Subの世界観の中に斬新なアイデアを入れて描いていました。最後までどうなるのかわからない展開で、少ないページの中で何度も驚かせて楽しませてくれました。
こういった内容の物ばかりだったらよかったです。

でも、ビッグネームもないと手に取る人が少ないので、致し方ないのでしょうね。
わたしも知らない先生だけだと、どんなにおもしろくても購入しなかったと思いますから。

いろんなタイプの作品があるアンソロジーには当たりも外れもあるようなので、好きな作品に出会えるといいですね。

4

びっくりした〜買ってよかった!

Dom/Subユニバース×大好きな先生も多くいる豪華執筆陣ということで買ってみました。

とにかく大満足でした。皆さんお上手で……三者三様のDom/Subが楽しめます!特に後半の世界観が独特組は、普通じゃないのが読みたい方におすすめです。

以下は気に入った作品のメモ。

まず!大好きなスカベリ先生の作品ですが、も〜最高でした(^ ^)保坂さんと三好くん!お仕置きされるために他の人に……っていうのが、性癖すぎました。

そして溝口ぐる先生の作品も、Switch×Switchで、商業では初めて読んだので楽しかったです!やっぱりこのクルクルポジションが変わる感じがいいな〜。
金髪の方が少し暗くて、黒髪メガネくんが明るい感じも好きです(´ ꒳ ` )♡︎

そしてカシオ先生……ここでぇ!?!?!ひどいヨォ……もっと読みたいよ……と嘆きました。ヤクザ×Dom/Subの世界観が好きすぎる!!!!あと反抗的なSub!!!!調教!!!!みたい!!!!Sub攻め〜!!???絶対好きなのに……ひぃん…………( ; ; )

あと、河井先生の作品も気に入ったんですが、ちょっと気になったことがあるので詳しく書きますね。
以下思いっきりネタバレしてます。

PSYCHO-PASSの王陵璃華子的な人がDomで、つまり悪趣味に飾られた死体が出てきます。受けも攻めに行為中、体にメスを入れられます。
先生の絵が綺麗だったのと、私自身はグロ耐性があるのとで楽しんで読めましたが、ちょっと注意したほうがいいかもな〜と。

ただ世界観がすごく素敵。大正×Dom/Sub×猟奇的愛……。心中(……?)エンドなので、闇の腐女子のみなさんは好きだと思います。うーん、これはもうちょいじっくり読みたかった!

3

Dom/Subユニバースもの×人気作家さま、=最高。

実は全くのノーマークだった今作品。
本屋さんでお見掛けして、Dom/Subユニバースもの、しかも今を時めく人気作家さま方ばかり、そして山田さんの描かれたこの表紙。

こんなん買うわー!
買っちゃうわー!

ということでお買い上げ。
11人の作家さまがDom/Subユニバースをテーマに寄稿されたアンソロジー。数が多いので、気になった作品をチョイスしてレビューを書こうと思います。

山田ノノノさん「レトリック」
良家の子息で優秀でイケメンの御門。当然のようにDomだと思っていたが実はSubだった。月に一度抑制剤を病院にもらいに行くが、そこで彼は同級生の蓮にあう。普段の学校での様子から、蓮もSubだと思う御門だったが―。

アンソロということもあってかなり短いお話なのですが、Dom/Subユニバースを軸に蓮の御門への恋心や御門の心の奥底に隠した葛藤を描き切ったストーリー。この少ないページでこれだけ描き切れるその才能に圧倒されました。山田さんらしい高い画力で描かれる濡れ場もめちゃんこエロくてそれも最高な作品。

ぜひとも続編を描いていただきたいと思う素晴らしき作品でした。

左京亜也さん「クロネコ彼氏のいじめ方」
左京さんの超人気シリーズ「クロネコ彼氏」シリーズを、Dom/Subユニバースをベースに描かれた秀作。

ちゃんと「クロネコ彼氏」なんですよ、ベースは。
なのにDom/Subユニバースとコラボ(っていうんかな)しても全く違和感のないストーリー展開はさすが左京さんというべきか。圭ちゃんと真悟の間のセーフワードに萌え、最後のオチに爆笑しました。

スカーレット・ベリ子さん「アンダーコントロール」
ベリ子さん作品の『ジャッカス!』のスピンオフ、「保坂さんと三好くん」の二人のお話。
あれ、え、こんなシリアスな話だったっけ?とちょっぴり混乱しました。

保坂さんの命令で、他の男に抱かれてきた三好くん。その三好くんを見てお仕置きをする保坂さんだが…。

シリアス、に見えて実はコミカルさもミックスされたバランスのいい作品、がベリ子さん作品の真骨頂のような気がしていますが、今作品もオチに爆笑。が、「アンダーコントロール」。コントロールされているのは果たしてどちらなのか?という点も良かった。

園瀬もちさん「君のものだと目を見て言って」
大学生の日和。
彼はSubだと診断されて以来、過保護な両親によって信頼できるDomをあてがわれた。日和の幼馴染で、今は同じ大学の法学部に通う朔。
学生だからという理由で清いお付き合いしてしていないが、もともと策のことが大好きだった日和は月に一度の朔とのプレイの日が楽しみだった。が、朔には実は別に想い人がいるようで―?

初読みの作家さまでしたが、絵柄も可愛くって非常に読みやすい。ストーリーとしては王道というか、バッサリ言ってしまうと既視感ありありな展開だった気は否めませんが、その王道さがきちんと生きている感じのお話で萌えました。

カシオさん「カストレーション」
劣悪な家庭環境だったがゆえに子どものころから過酷な日々を送ってきた青年。ある日、一人の男に拾われるが―。

カシオさんらしいダークな雰囲気満載なお話。
登場人物の名前も登場しませんが、この少ないページ数でこれだけの世界観が描けるカシオさんの才能に感服しました。シリアスベースですが、最後笑いを呼ぶシーンもあって、シリアス過ぎないところもナイス。

喰うか食われるか。
二人の「その後」を読んでみたいです。

山本アタルさん「キレイな上司は好きですか?」
部下×上司のお話。4Pしかないんですよね。でもちゃんと彼らの関係性が読み取れる。
で、山本さんの美麗絵柄がめっちゃ良い。綺麗だし色っぽいのが堪りませんでした。

作家さまによって解釈や描き方は様々ですが、基本的にはきちんと愛情があることがベースでの濡れ場が描かれていることが多く、シリアス度や痛さは低め。 Dom/Subユニバースもの初心者さんでも手に取りやすい1冊かと思います。

税込み1089円と若干お高めなお値段ではあるのですが、厚さもそこそこありますしこれだけの人気作家さまの寄稿作品が一気に読めるというのはなかなか素晴らしい。非常に満足度の高い1冊でした。

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う